死んだら死んだ人に会える?魂は?死んだ人に会える方法

死んだら死んだ人に会える?魂は?死んだ人に会える方法

死んだら死んだ人に会える?亡くなった人に会いたい心理や気持ちはどうすればいい?死んだ人の魂はどこへ行く?どの場所なら死んだ人に会える?死んだ人に会える方法とは?などについて解説します。


「もう1度だけでもいいから死んだ人に会いたい!」肉親や友人といった大切な人が亡くなってしまうと、誰でもこのように強く願うものですよね。私自身も自分の肉親を亡くした直後には強く思った経験がありますから、このように思う気持ちは痛いくらい理解できるのです。

そこで今回は、人の死後の世界などについて触れていきます。死後の世界に興味がある人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

死んだ人に会いたい心理

会えないことに対する寂しさや悲しみ、そして恋しさといった感情を覚えるために、死んだ人に会いたいと思ってしまうのです。

自分の近くにいるのが当たり前の存在だった人がある日突然居なくなってしまうのですから、胸にポッカリと穴が空いてしまったようになり、寂しさや恋しさを感じるのは当然でしょう。

今までは会いたい時にいつでも会えたのが、どれだけ会いたいと思っても叶わないことを理解していますからね。亡くなった人との関係が親しければ親しいほど、感じる悲しみや寂しさは強くなるのです。

そして失ったあとで後悔の念を感じる場合も多くあり、後悔することがある場合にも、死んだ人に会いたいと思うようになるでしょう。

死んだら死んだ人に会える?

死んだら死んだ人に会える?

自分が寿命を終えた後で先に亡くなった人に会えるのかは、正直なところ分かりません。実際に死んでから生き返った人がいないため、誰にも確実な答えを出すことができないのです。

しかし色んな説があり、自分の死ぬ瞬間には迎えに来てくれる・あの世で会えるともいわれていますよね。

会える・会えないという話は答えを出すことが難しいのですが、スピリチュアル的には死後の世界で会える場合もあるといわれているのです。

魂の目的が会いたい人と同じだった場合には、死後の世界でも同じグループに属するために、会えるでしょう。しかし魂の目的が違う場合には、違うグループに属することになりますから、会えないのです。

そして魂レベルで縁が深い相手であれば、お互いの魂が共鳴し合って会えることもあるといわれています。

死んだら自分の意識はどうなる?

肉体が活動を終えた直後でも、意識は肉体にしばらく留まった後で肉体を離れて自由に動けるようになります。

意識というのは肉体に魂が入っている状態をさし、肉体から離れた後には魂や霊体(霊魂)と呼ばれるものに変わるのです。つまり、意識は魂や霊体(霊魂)に変化していくということでしょう。

魂や霊体(霊魂)に変わった後には、生前に縁があった人達に別れを告げに行ったり、感謝を告げに行くことができるといわれているのです。そしてスピリチュアル的には、死んだからといって一瞬で真っ暗になり意識も消滅するといったことはありません。

また魂のレベルや波動が高い人の場合には、死んだ直後に肉体から意識が離れて、形や認識を変化させてから守護霊と呼ばれるものに変わるともいわれています。自分が守りたいと強く思う相手の元へ行き、守り導く存在になるのでしょう。

死んだ後の魂はどこへ行く?

肉体を離れた魂は49日の間は現世に留まり、その後で次の世に向かうといわれています。49日の間に現世での未練や想いといった感情を精算しつつ、死後の世界に向かう準備をするのです。

現世での記憶や肉体で感じた痛みなどの感情を時間をかけて忘れていき、魂が傷ついた部分を修復しているともいわれています。

一般的に死後の世界というのは「あの世」と呼ばれており、現世を終えてから次の世に生まれるまでの期間を過ごす場所だといわれていますよね。

また、現世での未練が綺麗に精算できた場合にはあの世に旅立ちますが、現世に残した未練が強く残っている場合には、旅立たずに現世に留まり続けることもあるでしょう。

死後の世界

信仰する宗教によって死後の世界を「天国と地獄」と表現したり、「極楽浄土」などと表現をします。

一般的には「あの世」と「この世」という呼び方をして、この世は私達が生きている現世で、あの世は死んだ後に過ごす世界です。この2つの世界は異空間とも捉えられており、交わることがないともいわれているでしょう。

そして天国と地獄の場合には、どちらの世界に向かうのかを閻魔様が決定するともいわれています。生前に良い行いをしている人は天国へ行くように告げられ、人を騙したり裏切ったりしている場合には、反省させるために苦痛ばかりの地獄に行かされるという説もあるのです。

また極楽浄土の場合には、苦痛などを味わうことがない世界で、仏様の元で平穏な生活を送れるともいわれています。

死んだ人に会える場所

死んだ人に会える場所

※愛媛県の霊峰である石槌山の天狗岳山頂

日本には数多く「霊峰」と呼ばれる場所が存在しており、そういった場所に行けば死んだ人に会うことができます。

青森県にある「恐山」はイタコと呼ばれる人の力を借りて、死んだ人と会話ができることで有名な場所です。また自分自身に霊能力がある人の場合には、霊峰を訪れなくても会えるでしょう。

しかし霊能力がない人は自分の目で死んだ人に会うのが難しいため、霊峰を訪れるか、心の中で会うしか方法がありません。

また先ほども触れたように、死んだ後でも49日の間は現世に留まっているため、故人の想いが残っている場所などを訪れて想いを伝えると、存在を感じることができる場合もありますね。

死んだ人に会える方法3個

死んだ人に会える方法3個

1. 潜在意識でアクセスする

自分の精神を集中して潜在意識を研ぎ澄ますと、あの世と意識が繋がって死んだ人にアクセスをすることができます。

直感や不思議な感覚を感じる場合には潜在意識が働いており、通常よりも集中することであの世にもコンタクトが取れるようになるのです。

頭の中・心の中を空っぽの状態にして瞑想モードに入ると、潜在意識が研ぎ澄まされていくようになり、やがてあの世にも繋がれるでしょう。

2. 送られてくるメッセージを見逃さない

実際に目で姿を確認することはできませんが、存在をすぐ近くに感じることはできます。死んだ人との縁が深ければメッセージを送ってくれていますから、それに自分が気づけば良いだけなのです。

霊的なアンテナが敏感になっている時やお盆や命日といった日には、死んだ人が戻ってくるといわれていますから、そういった時に死んだ人に向かって心の中で語りかけてください。

3. 霊能力者にお願いする

自分の力では限界を感じる場合には、霊的な能力が高い人にお願いをする方法もあります。霊能力者と呼ばれる人に頼んで、死んだ人とアクセスをしてもらうのです。

自分が伝えたいことや聞きたいことを事前に準備していき、霊能力者に自分の代わりに伝えてもらってください。直接会話をすることは難しいですが、本物の霊能力であれば想いを繋げてくれるでしょう。

本物の霊能者がいるおすすめ電話占いはこちら

まとめ

親しい人を亡くしてしまうと、寂しさや恋しさを感じて会いたくなってしまうものです。自分が死んだ後で会える可能性もありますから、あまり悲しまずにその時を待ちつつ、一生懸命生きていきましょう。

死んだ後で再会をした時に、自分が恥ずかしくない生き方をすることが、先に死んだ人の供養にも繋がりますからね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


霊感占い

関連する投稿


守護霊からの警告5個!ご先祖様からの警告

守護霊からの警告5個!ご先祖様からの警告

守護霊からの警告とは?ご先祖様からの警告サインにはどんなものが?守護霊のメッセージを受け取る方法についても解説します。警告を受け取って次の行動へ役立ててください。


亡くなった人が音で知らせる?物音で挨拶にくる?

亡くなった人が音で知らせる?物音で挨拶にくる?

亡くなった人が音で知らせる?物音で挨拶にくる?亡くなった人からのメッセージ?亡くなった人はどんな思いで知らせを届けに来ているのでしょうか。


亡くなった人を思い出すと涙が出る時の対処法7個

亡くなった人を思い出すと涙が出る時の対処法7個

亡くなった人を思い出すと涙が出る時の対処法は?亡くなった人に会いたい…なんで死んでしまったの?そんな気持ちになることもあるでしょう。亡くなった人を思い出すスピリチュアルな意味や対処法を解説します。


自分の神様を調べる方法4個!自分の守護神は?

自分の神様を調べる方法4個!自分の守護神は?

自分の神様を調べる方法は?自分の守護神はどんな神様?守護神の種類、自分の守護神を見つける方法、自分に縁のある神社の調べ方などについて解説します。


守護霊が神クラスに強い人の特徴15個!強くする方法

守護霊が神クラスに強い人の特徴15個!強くする方法

守護霊が神クラスに強い人の特徴とは?守護霊にはどんな種類がいる?守護霊が変わる時、守護霊を強くする方法などについても説明します。


\メディア掲載多数/

Spicomi掲載実績はこちら