涙袋がある男性はモテる?大きい人の特徴と涙袋の作り方

涙袋がある男性はモテる?大きい人の特徴と涙袋の作り方

涙袋がある男性はモテる?涙袋が大きい人の特徴と涙袋の作り方も説明します。涙袋のある芸能人や有名人も紹介しますので、イケメンかどうかも確認してみてください。


涙袋がある男性も、ないという男性もいますよね。女性の場合、涙袋があるとかわいいと思われるものですが、男性の場合は気にしたことがないという人が多いでしょう。

しかし涙袋があることで、男性もイケメンに見えたり、モテるようになったりするものです。

そこでこの記事では、涙袋の作り方や涙袋が大きい人の特徴などについて解説していきます。

涙袋とは?

涙袋とは?

涙袋とは、目の下にある、ぷっくりと膨れ上がった部分のことです。目の周りには眼輪筋と呼ばれる筋肉があります。この眼輪筋が発達していると、目の下がぷっくりと膨れ上がり、涙袋になるのです。

目の下といえばクマもありますが、クマは目の下が黒くなってしまうことです。疲れや睡眠不足、加齢などが原因で目の下が黒くなってしまいます。

涙袋とは違い、クマはあってもかわいい、カッコいいと思われることはないため、できないように注意しておきましょう。

男性の涙袋はモテる?イケメン?

女性の涙袋はかわいいというイメージがありますが、男性はどうなのでしょうか。実は男性も涙袋があると、モテることが多いです。実際イケメンの人には涙袋があることが多いですし、涙袋がある男性が好きという女性も少なくありません。

涙袋があると表情が明るく見えますし、目も大きく見えます。一重でも涙袋があると、優しい表情に見えるため、涙袋の効果はかなり大きいのです。

涙袋のない男性は?なくてもイケメン?

涙袋のない男性もいますが、涙袋がないからといってイケメンではないというわけではありません。涙袋がなくてもイケメンな男性はたくさんいます。

芸能人にもたくさん涙袋のないイケメン男性がいるため、それだけで全てが決まるというわけではないのです。

しかしやはり涙袋があったほうが、目が大きく見えたり、大人っぽく見えたりするというのは事実です。そのため、涙袋のないイケメン男性に涙袋を作ったら、もっとイケメンになるということもあります。

涙袋のある男性芸能人・俳優

・小栗旬
・星野源
・菅田将暉
・山崎賢人
・山下智久
・高橋一生
・瀬戸康史
・松坂桃李
・佐藤健
・斎藤工

涙袋が大きい人の特徴・性格は?

涙袋が大きい人の特徴としては、目が大きいというものがあります。涙袋は眼輪筋が発達してできています。それだけ発達しているということは、目もしっかり開いているということになるため、必然的に涙袋がある人は目が大きいということになるのです。

性格的な特徴としては、好奇心旺盛というものがあります。何でもチャレンジしたくなるタイプで、イタズラ好きなお茶目な部分もあるでしょう。

基本的な性格は明るく、優しいです。友達も多いため、女性からすれば理想的な男性となることが多いです。

涙袋の作り方5個

涙袋がないという男性は、なんとか涙袋を作れないものかと思いますよね。そこでここからは、涙袋の作り方を紹介していきます。

1. ウインクトレーニング

涙袋の作り方としては、ウインクトレーニングをするという方法があります。やり方は右目をウインクしたら、次は左目をウインクする、これを繰り返すだけです。5回ずつを1セットとして、1日3回程度行いましょう。

これを行うことで、涙袋を作るために必要な眼輪筋を鍛えることができます。筋肉が鍛えられることにより、徐々に涙袋も浮き上がってくるものですので、試してみてください。

2. 目を細めるトレーニング

目を細めるトレーニングも、涙袋の作り方となります。やり方は、下まぶたを持ち上げるイメージで目を細めます。その状態を20秒ほどキープしてください。そしてこれを1日、3回程度行いましょう。

下まぶたが上に上がっていないと、効果はあまり期待できないため、それを常に意識しておいてください。ただ目を細めるだけではないので、注意しておきましょう。

3. まぶた持ち上げトレーニング

まぶた持ち上げトレーニングというのも、涙袋を作るためのトレーニングです。まずは上のまぶたを指で持ち上げましょう。そのままの状態で目を閉じると、下のまぶたが上にぐっと上がりますよね。

これを5回1セットとして、1日3回程度行ってみてください。下まぶたがなかなか持ち上げられないという人でも、このやり方であれば簡単にできるため、おすすめのやり方です。

4. ピーストレーニング

ピーストレーニングというのも、涙袋を作るためのトレーニングとなります。まずは指でピースサインを作り、人差し指を目尻、中指を目頭に当ててください。そして目線を上に向けながら、指で軽く目尻と目頭を持ち上げましょう。

そしてこのとき下まぶたを上に持ち上げるようにして、目を細め、これを3秒キープしてください。これを1日10回程度繰り返せば、眼輪筋を鍛えることができます。

5. 整形する

整形するというのも、涙袋を作る方法です。眼輪筋を鍛えるのが面倒だという人は、こちらのほうが手っ取り早いです。目を切開するのは怖いと思うかもしれませんが、切開しないでもできる方法があります。それがヒアルロン酸注入です。

涙袋の部分にヒアルロン酸を注入し、涙袋を作るという整形です。ただしヒアルロン酸注入はずっと持つわけではないため、それを維持するためには、お金も手間もかかります。そのことだけは理解しておきましょう。

男性の涙袋のメイク方法

男性でもメイクで涙袋を作ることができます。そこでここでは涙袋のメイク方法を紹介していきましょう。

まずは薄めの黒色のアイラインを使って、涙袋のラインを書いていきましょう。目頭から目尻に向かっていくようにしてラインを引いていってください。描き終えたら、目尻の部分を指で違和感のないように、軽くぼかしてください。

次にハイライトを使います。ハイライトを先ほど引いたアイラインの内側に塗っていきます。目とアイラインの間ですね。

軽くハイライトを乗せるようにして、それを指で横に広げていってください。これを行うことで、ぷっくりとした涙袋を作ることができます。

UNO(ウーノ) メンズメイクセット

¥ 2,750

※初心者でもメイクしやすく、Amazonで高評価。

まとめ

涙袋の作り方やメイクのやり方などについて解説してきましたが、男性にとっても涙袋は大きな武器となります。

涙袋を作るだけで、見た目の印象は大きく変わるものです。そのため、モテたいと思う男性は、涙袋を今回紹介した方法で作ってみてくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


目元ケア

関連する投稿


まつ毛が長い人の基準は何センチ?特徴・メリット・長くする方法

まつ毛が長い人の基準は何センチ?特徴・メリット・長くする方法

まつ毛が長い人の基準は何センチ?自まつ毛が長い人の特徴やメリット、まつ毛を長くする方法を説明します。上まつげと下まつ毛の長さの違いや測り方なども解説します。