徹底解説!ダイヤモンドの意味、効果、浄化方法、見分け方

徹底解説!ダイヤモンドの意味、効果、浄化方法、見分け方

ジュエリーとしても高価で人気のあるダイヤモンド。どうしてここまで人を魅了するのでしょうか。この記事ではダイヤモンドの意味、高価、浄化方法、見分け方について詳しく解説します。


宝石やパワーストーンのなかでもっとも有名な石といえば、やはりダイヤモンドでしょう。古来から他の鉱物を寄せつけない硬さで知られていたダイヤモンドは、強い力を秘めた石と考えられていました。

その何者にも犯されない硬度と比類ない輝きは永遠と栄光を象徴し、パワーストーンとしてもトップクラスの力をもっているといいます。

そんな宝石の王様でもあるダイヤモンドのパワーについてご案内します。

ダイヤモンドとは

ダイヤモンドという宝石を知らない人は、まずいないことでしょう。地球上でもっとも硬い鉱物であり、非常に高価な宝石であることは有名ですが、それ以外にもさまざまな特徴を持っています。

ダイヤモンドは炭素のみでできています。元素だけで見るなら鉛筆の芯の材料となるグラファイト(石墨)と同じです。しかし、地下120キロメートル以上のマグマ層という高圧高温の環境下で、炭素原子が圧縮され規則正しく結晶化したために、グラファイトとは比べ物にならない硬さと透明度を得ました。

また結晶構造から生じる特徴として、水を弾き油と馴染む性質をもっています。
さらに金属のなかでもっとも熱伝導率が高いとされている銀の5倍に達するほど熱を伝えやすく、また熱膨張率がとても低いという特性があるため、工業用の素材としても利用されてきました。

このように、ダイヤモンドは宝石としての価値だけでなく、特別な性質をもっている鉱物なのです。

そんな特徴があるダイヤモンドは、古代からパワーストーンとして考えられてきました。ダイヤモンドはモース硬度10という硬さを誇ります。このモース硬度は物質を互いに擦り合わせたときに、傷つくかどうかでランクを決める尺度です。モース硬度が高いほど傷つきにくく摩耗しにくいことを表しています。

ちなみにモース硬度9のルビーやサファイアに比べて、硬度10であるダイヤモンドは約9倍の傷つきにくさを示すといわれています。つまり自然界においてダイヤモンドを傷つけることができるのは、同じダイヤモンドだけなのです。

通常自然にあるものは、雨や風に混じった鉱物の粉塵によって長い年月をかけて擦られ傷ついていきます。また太陽光による熱の影響で膨張と収縮を繰り返しひび割れていきます。しかしダイヤモンドは、粉塵による摩耗にも熱膨張にも高い耐性があり、普通の環境ならほとんど摩耗しません。

このようにいつまでも輝き続けるダイヤモンドを見て、古代の人が永久不滅の宝石だと考えたのは当然だったのでしょう。その証拠に、ダイヤモンドの語源はギリシャ語で「征服できないもの」を意味する「adamas」だとされています。

透明な宝石というイメージがありますが、意外と色の幅は広く、黄色、褐色を中心に、ピンク、青、緑、黒とさまざまなカラーダイヤモンドが存在します。

ダイヤモンドの石言葉

・誕生の秘密
・永遠の絆
・栄光
・清浄無垢
・不屈の精神

パワーストーンとしてのダイヤモンドが象徴する言葉は、その高い硬度に由来します。
自然界において他のどんな物質にさらされても傷つくことのない姿は、永遠と絶対に破れない守護の力をイメージさせたのでしょう。

ダイヤモンドの意味

パワーストーンとして見たときに、ダイヤモンドを象徴する基本的な概念は「永遠不滅」です。ですから、その本質を活かした使い方は護符や守護石としてでしょう。大切なものを守り保ちたいとき、厄災や困難を退けて目的を達成したいときに優れた効果を発揮するといわれています。

さらにダイヤモンドを身に着けた人は不屈の精神力を得るとも伝えられます。どんなに辛いことにあっても、挫けずに輝き続け最終的に栄光をつかむ成功の守護石です。

また「永遠」を象徴することから、人と人の絆や愛の誓いといった、長く続いて欲しい人間関係を守るためにも使われます。ダイヤモンドが婚約指輪や結婚指輪にセッティングされるのは、美しく高価な宝石というだけでなく、永遠の絆を意味しているからです。

その高い透明度と輝きの美しさから「純粋無垢」を表し、ストレスやネガティブな感情を浄化して、健やかな精神状態を保つ効果もあるともされています。

さらに、ダイヤモンドの輝きは才能のきらめきをイメージさせ、身につけることで本人のポテンシャルを引き出し、さまざまなインスピレーションを呼び起こすといいます。

ダイヤモンドは強力なお守りであり、栄光をつかむ可能性を高める、成功を意味するパワーストーンなのです。

ダイヤモンドの効果

・災いを払い、人生を守る守護石。
・永遠の絆、愛の誓いを象徴する。
・精神力を強め、不屈の信念をもたらす。
・人間関係運や金運・財運を高め、成功をもたらす。
・才能を育て開花させる。
・豊かな創造力を育む。
・チャンスを呼び寄せる。
・魔除けの護符。

ダイヤモンドは4月の守護石であり、牡羊座・獅子座の星座石でもあります。生まれ月・星座の人にとっては最高の守護石になると言い伝えられています。守る力に優れ、災いや悪いエネルギーを跳ね返し、困難に負けずに立ち向かう手助けをしてくれるでしょう。ダイヤモンドによって育まれる不屈の精神は、あなたを支えてくれるはずです。

また、長いときを乗り越えて守りたい絆や約束、想いをお持ちなら、ダイヤモンドは最高の守護石になります。大切な人との縁を強め、より深い関係を築く手助けをしてくれるのです。

仕事運の向上にもダイヤモンドはオススメです。王者のパワーストーンでもあるダイヤモンドは、組織のリーダーになる人に部下を率い守る力をもたらすといいます。

その輝きは智慧の光となり、特に創造力や芸術的な感性が必要な仕事に就いている人に、必要な力をもたらすともいわれています。

ダイヤモンドの相性

このようにダイヤモンドは守護の護符として強い力を持ち、持ち主を守り支えます。ですから、同じ魔除けや護符系の石と組み合わせるとより強いお守りになるでしょう。

また、仕事運や人間関係、財運の石とも力を高め合う効果が期待できます。恋愛運のパワーストーンと組み合わせると、関係を長く続ける力を与えてくれるともいいます。

◯エメラルドとダイヤモンドの相性
生命力と繁殖を象徴する緑色の宝石エメラルドは「産み増やす」概念を持ったパワーストーンです。「永遠不滅」を意味するダイヤモンドとの組み合わせは、創造し増やした財力を守り保つパワーを与えてくれるといいます。

◯ターコイズとダイヤモンドの相性
成功と栄華をもたらすという神秘のパワーストーン、ターコイズがもつ守護石としての歴史は、ダイヤモンドに負けていません。特にネイティブアメリカンや中南米の諸部族にとって、ターコイズは最高の守護石の1つとされていました。ダイヤモンドとはお互いの力を高め合う組み合わせになるでしょう。成功と繁栄をもたらし、困難を乗り越えて栄光をつかむ、仕事運のパワーストーンとしてオススメです。

◯パールとダイヤモンドの相性
パール(真珠)は、古くは最高級の宝石として扱われたパワーストーンで、財運や健康運の石の石として知られています。ダイヤモンドとの組み合わせは、主に財運や家族運、仕事運のアップに最適でしょう。パールが呼び寄せた金運と生命力によってもたらされる財力を、護符となるダイヤモンドが強力に守護し、運気を保ってくれます。

◯ブルーサファイアとダイヤモンドの相性
深い精神性と清廉潔白のパワーストーン、ブルーサファイアは欧米では結婚式のときに身につけると幸せになるといわれている宝石です。実際に結婚指輪の裏側に小さなブルーサファイアをセッティングするサービスはとても人気があります。純粋無垢と永遠の愛の誓いを意味するダイヤモンドとの相性は、恋愛運を高める点でもっともオススメです。カップルの心を深く結びつけ、お互いに大切に思う気持ちを育ててくれるとされています。

◯ルビーとダイヤモンドの相性
宝石の王様と呼ばれた真紅の石ルビーは、古くから強力な護符とされ、勝利をもたらすパワーストーンとされてきました。特に血のようなカラーから生命力を高めると考えられ、戦いにおけるお守りとして使われてきたといいます。ダイヤモンドとの組み合わせは、勝利と栄光をもたらし、不幸を退けるお守りとなるでしょう。

◯翡翠(ネフライト・ジェダイト)とダイヤモンドの相性
翡翠の名を持つ2つのパワーストーン、ネフライトとジェダイトは長寿と繁栄、成功をもたらす東洋随一の守護石です。永遠不滅の守護をもたらすというダイヤモンドとあわせて身につけることで、翡翠が呼び寄せる幸運の効果が長く保たれるといいます。金運、財運、仕事運、健康運、家庭運、人間関係運と、さまざまな運気を呼び寄せ守ってくれる組み合わせです。

ダイヤモンドの浄化方法

・水晶クラスター:◯
・太陽光:◯(ただしカラーダイヤモンドは△)
・月光浴:◯
・流水:◯
・塩:△
・ホワイトセージ:△
・音:◯

硬度が高く化学的にも安定しているダイヤモンドは、ほとんどすべての浄化方法が可能です。ただしカラーダイヤモンドの場合は、日光に含まれる紫外線の影響で色が変化する可能性がありますので、日光浴はオススメできません。また、塩浄化やホワイトセージによる煙浄化の場合、まれに輝きが鈍ることがあるといわれています。

ダイヤモンドは親油性が高い鉱物なので、煙に含まれる僅かな油成分をひきつけてしまうのかもしれません。他の方法で浄化したほうが安心です。もし浄化後に輝きが鈍ってしまったら、水で表面の汚れを洗い流すといいでしょう。同じように手の脂もつきやすいので、ダイヤモンドに触ったら、その後に柔らかな布で表面を拭くことをオススメします。

ダイヤモンドの鉱物情報

名称:ダイヤモンド(Diamond)
和名:金剛石
分類:元素鉱物
結晶系:等軸晶系
化学組成:C
色:無色、黄、褐色、ピンク、青、緑、黄緑、橙、灰、黒
条痕:測定不可
光沢:金剛光沢
モース硬度:10
比重:3.52
劈開:完全

ダイヤモンドの偽物との見分け方

高価な宝石であるダイヤモンドは昔から偽物も多く出回ってきました。
模造石としては鉛を加えて透明度を上げたガラス。類似石は無色のトパーズ、ジルコン、ゴッシェナイトなどのほか、人造石としてGGG(ガドリニウム・ガリウム・ガーネット)、YAG(イットリウム・アルミニウム・ガーネット)、CZ(キュービック・ジルコニア)などがあります。また、同じ炭素元素から人工的に作り出した合成ダイヤモンドも偽物の1つです。

これら偽物は、素人には判断するのは非常に難しいといえます。どれも比重や光の屈折率、インクルージョン(内包物)、表面の傷のつき方など、本物のダイヤモンドとは異なる点が必ずあります。ですが、それは非常に些細な違いであることも多く、見た目だけではわかりにくいのです。

さらにダイヤモンドの偽物は数多くあるので、どの偽物がどのような点で本物と異なるのか判断する知識が必要になります。

ですから、宝石学を学び、機材を揃え、何千何万ものダイヤモンドを見比べて経験を積むことで、初めて見極めがつくようになるのです。素人で判断するのは避けたほうが良いでしょう。

ダイヤモンドを購入するなら、信頼できるお店で買うこと、鑑別書がついている石を選ぶことをオススメします。

まとめ

いかがでしたか。宝石の頂点に君臨するダイヤモンドは価値が高いだけでなく、珍しい特徴をもった鉱物でした。自然界に存在する鉱物でもっとも硬く、金属よりも高い熱伝導力をもち、その耐久性は長い年月のなかでも傷つくことがない、特別な石だったのです。

それゆえに、古来から「永遠」と「栄光」をイメージさせるパワーストーンとして扱われてきました。

もしあなたがなにか大切なものを守りたいと願っていたり、高い目標に向けて頑張っていたりするなら、ダイヤモンドを身につけてみてはいかがでしょうか。

不幸を退ける強い護符であり、不屈の精神で目的を達成する手助けをしてくれるといわれているダイヤモンドは、パワーストーンとしてあなたの心を支えてくれるでしょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


天然石 パワーストーン

関連する投稿


インペリアルトパーズの意味・効果・浄化方法・見分け方

インペリアルトパーズの意味・効果・浄化方法・見分け方

シャンパンゴールドに輝くインペリアルトパーズは、高貴なものを引き寄せてくれる効果などがあるので、玉の輿運をあげたい人や、婚活パーティーで素敵な人と出会いたい人にはお勧めです。そんなインペリアルトパーズの意味・効果・浄化方法・見分け方をご紹介いたします。


ローズクォーツの意味と効果・石言葉・浄化方法!効果すごい?

ローズクォーツの意味と効果・石言葉・浄化方法!効果すごい?

特に女性に人気が高いローズクォーツ。ローズクォーツの意味・効果・石言葉・相性・浄化方法・見分け方など、ローズクォーツの情報についてまとめました。ブレスレットや素材などで迷っている人は参考にしてみて下さい。


水晶の意味・効果と種類一覧30個!クリスタルクォーツ

水晶の意味・効果と種類一覧30個!クリスタルクォーツ

たくさんある水晶(クリスタルクォーツ)の意味と効果をまとめて種類別に説明します。水晶は、パワーストーン・天然石の中でも非常に人気があります。どんな水晶があり、どんな意味や効果をもっているのか確認していきましょう。


誕生石365日の石言葉・意味・効果一覧!誕生日のパワーストーン・守護石

誕生石365日の石言葉・意味・効果一覧!誕生日のパワーストーン・守護石

自分の誕生日の守護石はどれなんだろう?と気になったときに役立つ一覧です。あなたの守護石の意味と効果について説明しています。1年365日(366日)分の説明が一覧ですべて書かれています。気になる人や友達にも誕生石を教えてあげましょう。


復縁に効果あり?おすすめのパワーストーン13種類と組み合わせ例

復縁に効果あり?おすすめのパワーストーン13種類と組み合わせ例

「あの人とヨリを戻したい…」そんな復縁を願うあなたにおすすめのパワーストーンを紹介します。相性の合う石を探してみて下さい。さらに、パワーストーンの組み合わせも紹介します。