4人家族生活費の統計平均内訳表と節約方法21個(30・35万収入別解説)

4人家族生活費の統計平均内訳表と節約方法21個(30・35万収入別解説)

4人家族の家庭は多いですが、あなたは毎月どのくらいの生活費をかけていますか。子どもが大きくなるので将来設計も重要です。4人家族の生活費の統計平均内訳表を説明し、節約方法もご紹介します。30万・35万・40万と月収入別の説明もありますので、あなたの状況と照らし合わせてみてください。


「4人家族の生活費はどれくらいが平均なんだろう…」これから子供にどんどんお金がかかる4人家族は、今生活が回っていても、将来本当に足りるのか不安になることがありますよね。

そこで今回は、4人家族の生活費の平均支出について解説し、様々な節約方法を紹介します。

4人家族生活費の統計平均内訳表

4人家族の生活費の平均はどれくらいなのでしょうか?総務省統計局が行っている家計調査報告では、平成29年度の世帯2人以上の月平均支出額は283,027円と記載されています。その内訳について、下記の表にまとめてみました。

2017年度消費支出(世帯2人以上)

月平均額(円)
消費支出合計 283,027
食費 合計 72,866
菓子類 5,472
飲料 4,289
酒類 3,138
外食 11,902
住居 合計 16,555
光熱・水道 合計 21,353
電気代 10,312
ガス代 4,725
他の光熱 1,300
上下水道料 5,199
家具・家事用品 合計 10,560
被服及び履物 合計 10,806
保健医療 合計 12,873
保健医療サービス 7,059
交通・通信 合計 39,691
交通 5,359
自動車等関係費 21,062
通信 13,270
教育 合計 11,062
教養娯楽 合計 27,958
教養娯楽サービス 16,700
その他の消費支出 合計 59,120
交際費 20,998

家計調査報告(家計収支編)―平成29年(2017年)より作成

この数値は、2人以上の世帯全ての平均値です。老夫婦だけの世帯も、子だくさん世帯もひっくるめた平均値なので、子供がいる4人家族の平均生活費とは少々差があると考えられます。細かな項目で注目すべきは、「教育」「教養娯楽」です。表では教育が11,062円、教養娯楽が27,958円とありますが、子供が2人いる世帯だと、子供の年齢によっては幼稚園代、私立学校学費、義務教育以降の学費、習い事や塾代等を合計すると、この金額で収めるのは難しくなります。

一方、食費の平均が72,866円というのは、一般家庭から見ると高く感じますよね。2人以上の世帯でくくられているだけなので、高収入世帯や大家族も含まれているため、平均が高く出ていると推測されます。これらを考慮すると、4人家族の平均支出は、25万~30万円程度と推測するのが妥当でしょう。

※生命保険の保険料を見直して安くすることができるかもしれません。無料相談してみませんか?

月収30万円家庭の生活費の内訳目安

収入によって家庭の支出は変わります。あなたの家庭と収入が離れている人の生活費はあまり参考にならないでしょう。そこで、月収別の平均生活費を紹介します。

まずは、月収30万円家庭の生活費の内訳です。総務省統計局が行っている家計調査報告では、世帯収入を階級別に分けた家計収支の統計も調査しています。

年収が455万円以下の家庭を第Ⅰ階級としていますが、この階級の平均実収入(月)は304,777円、平均世帯人数は3.08人ですので、目安として適切な数値です。月の生活費の平均支出は、以下の表の通りになります。

<月収30万円家庭の生活費の内訳目安表>

月平均額(円)
消費支出合計 224,263
食料 59,731
住居 20,614
光熱・水道 19,327
家具・家事用品 8,190
被服及び履物 8,138
保健医療 8,692
交通・通信 35,720
教育 6,804
教養娯楽 18,277
その他の消費支出 38,770

家計調査報告(家計収支編)―平成29年(2017年)より作成

子供が2人いる4人家族の場合、全体的にもう少し支出が増えるので、生活費の月の合計はもう少し上がり、25万円前後と推測できます。

月収35万円家庭の生活費の内訳目安

総務省統計局が行っている家計調査報告では、年収が455万円超~592万円以下の家庭を第Ⅱ階級としていますが、この階級の実収入平均は月額396,979円と、約40万円です。

そこで、第1階級と第Ⅱ階級の平均値を出して、月収35万円の生活費を算出しました。以下の表は、第1階級と第Ⅱ階級の支出を各項目別に足して2で割った数値です。

<月収35万円家庭の生活費の内訳目安>

月平均額(円)
消費支出合計 238,317
食料 62,618
住居 18,516
光熱・水道 19,686
家具・家事用品 8,620
被服及び履物 9,026
保健医療 9,161
交通・通信 37,877
教育 8,704
教養娯楽 20,742
その他の消費支出 43,370

家計調査報告(家計収支編)―平成29年(2017年)より作成

第Ⅱ階級の世帯平均人数は3.26人ですので、この金額より上がり26万円前後が、4人家族の平均生活費と推測されます。

月収40万円家庭の生活費の内訳目安

前述しましたが、総務省統計局が行っている家計調査報告では、年収が455万円超~592万円以下の家庭を第Ⅱ階級としており、この階級の実収入平均は約40万円です。内容は以下の通りになります。

<月収40万円家庭の生活費の内訳目安>

月平均額(円)
消費支出合計 252,371
食料 65,505
住居 16,418
光熱・水道 20,044
家具・家事用品 9,049
被服及び履物 9,913
保健医療 9,630
交通・通信 40,034
教育 10,604
教養娯楽 23,206
その他の消費支出 47,969

家計調査報告(家計収支編)―平成29年(2017年)より作成

4人家族の場合はこれよりも多少金額が上がり、27万円程度が4人家族の平均生活費と推測されます。

※生命保険の保険料を見直して安くすることができるかもしれません。無料相談してみませんか?

4人家族の生活費を節約するときに重要なポイント3つ

前述した月収別の生活費支出を見ると、月収30万円と月収40万円の生活費支出の差は、約2万円程度しかありません。月収に10万円の差があっても、生活の内容が大きく変わらないので、支出も大差がないのでしょう。ということは、4人家族の生活費を節約するポイントは、どの世帯も共通していると考えられます。

どんなことに注意して生活費を節約すれば良いのか、重要なポイントを解説します。

①まずは固定費から見直す

節約で大事なのは、固定費の見直しです。毎月必ずかかってしまう固定費を洗い出し、「本当にこれ以上出費を減らすことができないのか」を、改めて考えましょう。僅かでも今より安く済む方法があれば、すぐに実行するのがポイントです。

固定費は毎月出ていく決められた金額なので、良い方法があるならば、1日でも早く変更した方が節約できます。

②必要になってから購入を検討する

4人家族は何かと物入りで、特に成長して体が大きくなる子供の衣類や靴、学用品等は毎年購入しなければなりません。だけど、「安いから」という理由で、今すぐ必要ではないけどいずれ使うであろうものを購入すると、返って無駄遣いになる可能性が大きいです。先に購入すると、使うタイミングを逃して結局未使用になってしまったり、子供の趣味が変わって拒否されたりするリスクがあるのです。安く購入できると節約した気分になりますが、使わなければ無駄な支出になるだけです。

新しい物を購入する際は、必要になってから検討するのが賢明です。必要に迫られて購入した物は確実に使用するので、無駄にならないのです。

③娯楽はメリハリをつける

生活費の節約で真っ先に切り捨てようと考えられるのが娯楽費。だけど、4人家族で子供がいる場合は、節約ばかりに目を向けて、娯楽への出費を過度に抑えるのはおすすめできません。家族レジャーはお金では測れない価値があるのです。とは言え、娯楽にばかりお金を使っていると、支出は増える一方。だから、メリハリをつけるようにしましょう。

普段は出費を抑えて近場の公園などで楽しみ、年に数回は家族でお出かけしたり、時には旅行をしたりすれば、全体的な出費は抑えつつ、家族との思い出をたくさん作れます。

4人家族の生活費の節約方法21個

4人家族の生活費は、どのようにして節約すれば良いのでしょうか。具体的な節約方法を紹介します。

1. 自炊を増やして食費を節約

前述した平均生活費を見ると一目瞭然ですが、食費は生活費の中で大きなウェイトを占めています。だからこそ、節約する余地があるのが食費です。まずやるべきは、自炊を増やすこと。今は便利な総菜や安価な外食もありますが、やはり自炊が最も経済的です。手間はかかりますが、節約効果が高いので、自炊を頑張りましょう。

2. 1週間の献立を考えて無駄をなくして食費を節約

自炊は食費の節約になりますが、作り過ぎや買い過ぎで食べきれず捨ててしまうのは、非常に勿体ないです。せっかくの節約の効果を最大限にするために、捨てる食材は限りなくゼロに近づけましょう。

計画的に食材を使いきるには、1週間の献立を考えるのがおすすめです。「1週間はしんどい」というなら、3日間から始めると良いでしょう。献立を考えたら、量を考えながらまとめ買いするのです。買い物の回数も減らせるので、時短にもつながります。

3. お茶類は自分で沸かして食費を節約

前述した平均生活費では、飲料の支出が月4,289円と、かなりの金額を閉めています。ここは大きな節約ポイントです。購入した方が楽ではありますが、お茶類は自分で沸かしましょう。外出時は小さな魔法瓶を持ち歩き、そこにお茶を入れて、なるべく外でお茶を買わないようにすれば節約できます。また、職場などで状況が許すならば、インスタントコーヒーやティーパックを持参するのもおすすめです。

4. 菓子類等し好品は節度を持って食費を節約

菓子類も、月平均支出が5,472円と、かなりの金額になっています。4人家族で育ちざかりの子供が2人いるとオヤツ代は嵩みますが、菓子類等のし好品は厳選し、節度を持つのが食費の節約ポイントです。

大袋で購入すると、結局全部食べてしまいがちなので、個装のお菓子を選びましょう。また、賞味期限が短いと、食べきれない場合もありますので、保存がきくものがおすすめです。

5. 契約アンペア数を下げて電気代を節約

節約で大事なのは固定費削減と説明しましたが、光熱費の固定費は全て見直すのが基本です。まずは、電気代の契約アンペア数を見直しましょう。例えば、東京電力エナジーパートナーの場合、アンペア数によって基本料金が変わります。

・20アンペア:561.60円
・30アンペア:842.40円
・40アンペア:1,123.20円
・50アンペア:1,404.00円
・60アンペア:1,684.80円

引用:http://www.tepco.co.jp/ep/private/ampere2/ampere02.html
参照:東京電力エナジーパートナー(2018年10月現在)

4人家族の場合、部屋数や広さにもよりますが、30~40アンペア程度欲しいところです。あなたの家庭の電気がどれだけ使われているかを計算して、最適なアンペア数の契約に変更しましょう。

6. 電力会社を変更して電気代を節約

今は電力会社も複数あります。今あなたが契約している電飾会社よりも、電気代が安くできる電力会社があるかもしれません。電力会社によっては、ポイント還元やガソリン代値引きなどのサービスを行うところもあるので、総合的に考えて最も節約につながる電力会社を検討しましょう。

7. こまめにコンセントを抜いて電気代を節約

電化製品はコンセントを指している時に待機電力が生じますが、これが実は馬鹿にできません。全体の電気代の約5%が待機電力という説もあります。だから、こまめにコンセントを抜いて電気代を節約しましょう。

8. 洗濯はまとめて行い電気代を節約

洗濯機の使用も電気代を消費するので、なるべく洗濯物をまとめて洗濯の回数を減らすのが、電気代の節約につながります。ただし、容量オーバーで洗濯機を使用するのはNG。汚れが落ちづらく、故障の原因にもなるので、返っていらぬ出費になるリスクがあります。

ちなみに、洗濯物は水を吸って重くなるものは下に、小さくて軽いものは上にして入れると、回転しやすくなります。

9. 部屋の断熱性を上げて電気代を節約

エアコンは電気代の中でも多くを占めます。そのため、エアコンの節電は、電気代の節約に必須です。とは言え、暑さ寒さを我慢して体調不良になり、医療費がかかったら本末転倒です。部屋の断熱性を上げて、エアコンの電気代を節約しましょう。

断熱性のあるカーテンをとりつけたり、窓に断熱フィルムを張ったりすれば、リフォームをしなくても部屋の断熱性を高められます。

10. ガス会社を変更してガス代を節約

固定費にはガス代もありますが、今より安くなるガス会社はないかを調べて、条件が合えば変更することも視野に入れましょう。特にプロパンガスの場合、ガス会社を変更するだけで、年間で大きな節約につながることもありますので、ガス会社の比較は必須です。

11. 給湯温度を低め設定にしてガス代を節約

普段何気なく使っている給湯器のお湯ですが、温度設定を低くするだけで、実はかなりガス代が節約できます。

冬場と夏場では風呂の温度設定を変更し、食器洗浄や洗顔でお湯を使う時は、32~35度程度の低い温度に変更するだけでも、ガス代が変わってきます。年間で計算すると、大きな節約になるので、面倒でもこまめに給湯機の温度設定を変更しましょう。

12. 給湯機を買い替えてガス代を節約

給湯機がそろそろ寿命ならば、本格的に故障する前に買い替えるのがベストです。ゆっくり業者を選べますし、何よりお湯が使えず不便な思いをせずに済みます。この時、給湯器は価格の安さだけで選ばず、ガス代の節約を見越して10年単位で考えてください。

節約には省エネ効果重視型給湯器(エコジョーズ)がおすすめです。従来の給湯機と比較すると、本体価格も設置費用も少々高めですが、毎月のガス代を節約し、給湯器の寿命と言われる10年で計算しても、充分に節約効果を得られます。

13. 保温調理器具を使ってガス代を節約

煮込み料理はおいしいですし、たくさん作って保存すれば節約につながりますが、ガス代がかかりますよね。そこでおすすめしたいのが、保温調理器具です。沸騰させた後保温器に入れるだけなので、ガス代の節約になります。

14. お風呂は立て続けに入ってガス代を節約

お風呂の追い炊き機能は便利ですが、ガス代を大きく消費します。4人家族でそれぞれバラバラの時間に入浴すると、その度に追い炊きが必要で、ガス代がかさんでしまいます。だから、なるべくお風呂は立て続けに入りましょう。追い炊き回数が減れば、ガス代を節約できます。

15. 風呂場のシャワーヘッドを節水型に変えて水道代を節約

毎日何気なく使っている水道も、こまめに節水すれば水道代が安くなります。まずは、風呂場のシャワーヘッドを節水型に変えましょう。入浴時に使用するお湯は、水道を多く使用するので、シャワーを節水モードにするだけでも、水道代を大きく節約できます。

16. 風呂の残り湯を洗濯に使って水道代を節約

水道代の節約方法で、風呂の残り湯を洗濯に使うのは基本中の基本です。「お風呂の残り湯は雑菌が気になる…」という人は、入浴後すぐに洗濯をしたり、洗濯時に酸素系漂白剤を入れたりすれば、臭いやぬめりが気にならなくなります。

17. 便利グッズでトイレを節水して水道代を節約

毎日使用するトイレも、水道を多く使っていますので、節約ポイントです。レバーの大小の使い分けはもちろん、便利グッズを利用してトイレの節水をしましょう。4人家族が使用するトイレの水道の量はかなり多いので、トイレを節水するだけで水道代が節約できます。

18. 携帯電話のプランを見直しして通信費を節約

今や携帯電話は1人1台の時代。中学生からスマホを持ち始める家庭も多く、4人家族で全員がスマホを利用したら、莫大な通信費がかかります。スマホの利用料金プランは変わったり新しいプランができたりするので、こまめに見直しをしましょう。

19. 携帯電話会社を変更して通信費を節約

利用状況によっては、携帯電話会社の変更も検討してください。家庭でWi-Fiを使用し、外では調べもの程度にとどめるならば、格安スマホで充分事足りるかもしれません。格安スマホならば、月額1,000円台のプランが多数あります。

20. 子供の習い事を整理して教育費を節約

4人家族の生活費を何気に圧迫するのが子供の教育費。幼稚園や学校にかかる費用は節約しようがありませんが、子供の習い事を整理すれば、月数千円の節約になります。

子供がやる気を持って好きで取り組んでいる習い事ならば、お金をかけても続ける価値がありますが、惰性で続けているだけだったり、子供が嫌々通って親子でストレスだったりするようなら、いっそスパッとやめるのもありです。

21. 各種保険を見直して保険料を節約

4人家族で子供がいるからこそ、保険に加入している人は多いと思います。しかし、最初に安易に入会した保険ならば、見直しすることで大きな節約につながるかもしれません。生命保険や車の保険など、保険会社やプランを見直すことで、場合によっては保険料を大きく節約できます。

※生命保険の保険料を見直して安くすることができるかもしれません。無料相談してみませんか?

4人家族の貯金と将来について考えるべきこと

4人家族はこれからお金がかかる子供2人を抱えた家庭です。文部科学省が発表した「平成28年度子供の学習慣調査の結果について」では、学習費(学校・学校外活動)の1年間平均総額は以下のようになっています。

・公立幼稚園:234,000円
・私立幼稚園:482,000円
・公立小学校:322,000円
・私立小学校:1,258,000円
・公立中学校:479,000円
・私立中学校:1,327,000円
・公立高等学校(全日制):451,000円
・私立高等学校(全日制):1,040,000円

引用:
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf
出典:文部科学省「平成28年度子供の学週間調査の結果について」

また、文部科学省が発表している「諸外国の教育統計」平成27(2015)年版では、初年度の大学学生納付金の平均額は以下のようになっています。

大学の学生納付金(初年度)平均
・国立大学:817,800円
・私立大学:1,312,590円
引用:http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/data/syogaikoku/1366171.htm
出典:文部科学省「諸外国の教育統計」平成27(2015)年版

4人家族は、今の生活が回っているだけでは安心できません。将来子供にどれだけのお金がかかるかを計算し、計画的に貯金をする必要があります。

例えば、中学まで公立、高校と大学が私立だった場合、小学校入学から大学卒業までザックリと計算すると、少なく見積もっても1,000万円以上になります。着実に貯金する為には、子供の学費だけで1人につき50万円で、子供2人分だと毎年100万円が必要です。それでも、子供が医学部や薬学部を目指した場合、1,000万円では到底足りません。

家庭によって子供にかけられる金額は違いますが、「子供が目指した進路を応援したい」と思うならば、あらゆる事態を想定して対応できるように、しっかりと貯金をするべきです。

まとめ

4人家族は「いつ出費が増えるのか」を考えながら、生活費を節約して計画的に貯金する必要があります。自分の老後についても心配でしょうが、まず乗り越えるべきは子供の自立です。子供が社会に出るために必要な教育を受けるために必要な教育費の確保が、4人家族の大きな課題となります。

何かと物入りではありますが、毎日の生活を丁寧に見直して工夫すれば、生活費の節約は可能です。節約を楽しみながら貯金をして、将来の安心材料を増やしましょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


節約

関連する投稿


ミニマリスト男性の全持ち物リスト53個!バッグ・部屋・服

ミニマリスト男性の全持ち物リスト53個!バッグ・部屋・服

ミニマリスト男性は一般的な男性よりも持ち物が少ない事が特徴ですが、最低限必要な持ち物は一体何なのか、どの持ち物が必要ないのか、初心者にとっては線引きが難しいですよね。この記事ではミニマリスト男性の全持ち物リストをご紹介します。


一人暮らしの節約術37個!100万円貯まる成功者の貯め方のコツは?

一人暮らしの節約術37個!100万円貯まる成功者の貯め方のコツは?

一人暮らしだと生活費だけでお金がどんどん無くなっていく…節約を始めたくても実際にどのようなことをすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。この記事では一人暮らしの方におすすめの節約術をまとめています。


最新の投稿


あけましておめでとうの挨拶は新年でいつまで言える?ビジネス

あけましておめでとうの挨拶は新年でいつまで言える?ビジネス

新年の挨拶で使う「あけましておめでとうございます」という言葉はいつまで言える?使えるものなのでしょうか?さらに、ビジネス・年賀状・電話・メールなどでいつまで使えるのか、返事の返し方はどうするべきか、について解説します。


霊格の高い人の特徴6個!オーラ・苦労・職業は?顔立ちがいい?

霊格の高い人の特徴6個!オーラ・苦労・職業は?顔立ちがいい?

霊格の高い人にはどんな特徴があるのでしょうか。そもそも霊格の意味とは?霊格の高い人は、オーラがある?顔立ちがいい?苦労が多い?さらに、霊格の高い人が多い職業や芸能人なども解説します。


ツインソウルチェイサーの特徴・魅力は?使命・試練・覚醒

ツインソウルチェイサーの特徴・魅力は?使命・試練・覚醒

ツインソウルチェイサーの意味や特徴は何でしょうか。またチェイサーの魅力・使命・試練とは?覚醒に必要なものや、ランナーとの再会についても解説します。


ツインソウルランナーとは?試練・気持ち・変化・戻る条件・再会

ツインソウルランナーとは?試練・気持ち・変化・戻る条件・再会

ツインソウルランナーの意味や特徴は何でしょうか。またツインソウルランナーとの試練、気持ち、ツインソウルランナーに起こる変化、戻る条件などについても解説します。


犬に好かれる方法10個!初対面でも犬が寄ってくる人とは?

犬に好かれる方法10個!初対面でも犬が寄ってくる人とは?

犬に好かれたい…。そんな人のために、犬に好かれる方法を詳しく説明します。初対面の知らない犬とでも仲良くなるにはどうしたらいいのでしょうか?犬が寄ってくる人の特徴とは?接し方を変えるだけでもっと仲良くなれるかもしれませんよ。