目が小さい人の特徴と目を大きくする方法27選!簡単メイク・マッサージ

目が小さい人の特徴と目を大きくする方法27選!簡単メイク・マッサージ

目が小さくて、二重でパッチリとしている目が大きい人に憧れるなんてことありますよね。この記事では、目が小さい人の特徴と目を大きくする・大きく見せる方法を紹介します。メイクや髪型など明日からでも取り組みやすいものも紹介します。


女性は小さい目よりも大きい目を望む

マスコットキャラクターやゆるキャラを見ると、目が丸く大きいものが多いようです。これは人が丸く大きな目に可愛さを感じるからとされています。これには赤ちゃんの目や愛嬌がある動物の目が該当します。そこから可愛い目と言えば、大きい目が定番になってきたようです。

しかし人の目の大きさは様々で、大きい人もいれば小さい人もいます。可愛いと言われたい女性は小さい目よりも大きい目を望み、メイクなどでいろいろな工夫をしているかもしれません。小さい目はあまり好まれないようですが、目が小さくなる理由があり、性格が読み取れたりもします。

それでは、この目が小さい人の特徴や目を大きくする方法、メイクなどについて詳しく解説していきます。

目が小さいのが悩みでコンプレックス… 

目が小さいと細い人同様に、起きているんだか寝ているんだかわからないと言われることが多いようです。両親は目が大きいのに、自分だけ目が小さいことに悩んでいる人も多く見られます。

何となく腫れぼったい一重まぶたをコンプレックスに感じている人は多いとされます。なかには生まれつきの遺伝ではなく、まぶたを上下する筋肉が不完全な状態の眼瞼下垂で、苦労が多かった人もいるでしょう。

懸命に目を見開いているのですが、暗そうだとか地味などと言われるとされます。シジミみたいな目とか、点のような目とかよく言われる人もいます。プリクラにも反応しにくい面があるようです。目が小さいのですが、手先が器用なので絶妙なメイクで何とか乗り切っている人もいます。ブスで魅力に乏しいと見なされがちなのが嫌だという声もあります。

このように目が小さいことをコンプレックスに感じている人はかなり多くいるようです。

目が小さいの基準は?縦幅・横幅は?

目が小さいと言っても顔が大きければ、顔の小さい人と同じ大きさの目だとしても小さく見えてしまいます。

この顔とのバランスでは、目の横幅の5倍が顔の横幅となるのが黄金比とされ、日本人の平均サイズは、縦幅が1.1cm、横幅が2.5cmで黒目が1.1~1.2cmとなっています。

また目の大きさは外眼角幅から内眼角幅を引いたものを2で割ると出ます。この外観角幅は左目の外側の端と右目の外側の端で、内眼角幅は右目の内側の端と左目の内側の端の直線距離です。

ちょっとわかり難いのですが「AIST人体寸法データベース 1991-92」によると、外眼角幅の平均サイズは男性(18~34歳)が9.36cm、女性(18~34歳)が8.92cm、内眼角幅の平均サイズは男性(18~34歳)が3.49cm、女性(18~34歳)が3.43cmとなっています。

目の大きさの平均サイズは男性が2.935cm、女性が2.745cmとなっています。これによって大きいか小さいかの目安にはなりますが、それだけでなくバランスも大事になるわけです。

目が小さい理由は?なぜ?

目そのものの大きさは、それほど差はないのですが、目の大きさを印象付ける上まぶたの状態によって小さく見えてしまいます。

上まぶたが上がった状態にあると、目の露出度が上がり大きく見え、下がった状態にあると露出する面積が少なくなり小さく見えるわけです。

それでは、どうして上まぶたが上がったり下がったりするかと言いますと、生まれつきの遺伝であることがまず考えられます。その他には、まぶたを引き上げる筋肉などが傷ついて外れたり、衰えたりする眼瞼下垂であることです。この眼瞼下垂は、主に間違ったアイメイクをしていることでなりやすいとされます。メイクを施す際やメイク落としの際にまぶたをこすったり、つまんだり、もんだりすることが原因になります。

人によっては先天的に眼瞼下垂になっていることもあります。その他の理由としては、まぶたの脂肪であったり、生活習慣の乱れでまぶたがむくむことなどが挙げられます。

目が小さい人の特徴6個[見た目・目の形]

1. 一重

目が小さい人は一重のことが多いとされます。一重だとどうしても目が細い感じになり、小さく見えてしまいます。奥二重も小さく見えますが、二重だと目がパッチリとして大きく見えるのが対照的です。

日本人は7割程度が一重だと言われています。一重でもむくみがなかったりすると、小さく見えない場合があるようです。目が小さいから一重なのか、一重なので目が小さいのかは微妙な所ですが、いずれにしてもこの傾向は強くなります。

また目が一重で小さくても鼻が高いとか、眉が濃い、肌が白いなど他の顔のパーツによる違い次第では、顔の印象が明るくなるようです。

2. まぶたが腫れぼったい

目が小さい人は、まぶたが腫れぼったいとされます。まぶたの脂肪が厚いことが多く、二重のように折れ曲がらないため、まぶたが腫れぼったく見えるようです。

まぶたで目を覆い隠してしまう形になるので、大きくパッチリとした印象にはなりません。まぶたが重そうで全く眠くないのに眠そうだとか言われがちです。ミスなどをした際にしっかりと目を開けて見ろなどと諭されることもあります。

泣いた後のような腫れぼったさがあり、どこか暗く地味な雰囲気が漂うことになります。場合によっては目が開いているかわかり難い程、小さく見えてしまいます。

3. 人相が悪く見られる

目が小さい場合、人相が悪いと見なされることが多くなります。本人はその気がなくても、怒っていたり、睨みつけていると勘違いされやすいようです。眼光が鋭く見えるので、少々辛辣なことを言うと相手に驚かれたりもします。

目が大きな人と違って目が小さい分、感情が読み取り難いので、何を考えているかわからないとされます。

男性の場合、ある程度は箔が付く面があり男らしく見えます。しかし女性の場合は性格が暗そうで、すぐに感情的になりそうな雰囲気を漂わせることになります。交渉事などでは、無理が押し通しやすい面があります。

4. 黒目が小さい

目が小さい場合、黒目も小さいとされます。実際、日本人の黒目の大きさは11~12mm程で差はあまりなく、黒目が小さく見えてしまうことになります。まぶたで覆い隠されている黒目の面積が大きく、露出部が少ないわけです。

大きい黒目は可愛い印象になりますが、小さい黒目はどうしても鋭い印象になります。本心が見えずらく笑っていても目が笑っていないといった雰囲気が漂います。ポーカーフェイスが上手いと言えます。

女性の場合、メイクをした際にモデルさんの印象と大きく違ったりするので苦労するようです。カラコンをしたり、メイクテクニックで補うことになります。

5. 涙袋がない

目が小さい場合、涙袋がない人が多いとされます。涙袋は下まぶたの膨らみ部分で、ホルモンタンクとも呼ばれています。人相学では精力などを見たりします。どちらかというと性的に淡泊な印象になるかもしれません。

目が小さい人は、まぶたの皮膚や脂肪が厚いため、涙袋があっても皮膚に隠れてしまうようです。大人っぽくクールさが際立つことになりますが、老けた感じにはならないとされます。

目元がスッキリとし過ぎることになり、魅力は控えめになってしまいます。しかし目が小さくても涙袋があると、パッチリとした感じになるようです。

6. 顔の印象が薄い

目が小さい場合、顔から受ける印象が薄くなるとされます。目に鋭さがあっても目力がないようです。初めて会った人や営業先で、なかなか顔と名前を覚えてもらえないといったことが考えられます。

かなり個性的な性格でも、印象は薄まってしまうようです。人を惹きつける魅力に乏しくなります。性格によっては透明感や清潔感が漂うこともあります。夏だと暑苦しさがなく、涼しげな感じになるかもしれません。

色白の場合、印象の薄さが増しますが、どこか知的な色気が見られるようです。意外に明るめのファッションが似合ったりもします。

目が小さい人の特徴6個[性格]

1. 意思が強い

目が小さい人は、意思が強く人に流されないとされます。何事にも自分なりの意見やこだわりを持ち、人の意見にあまり耳を傾けないようです。自分の意見を押し通そうとする気持ちが強くなります。

目標に向かって突き進んでいく力があり、物事は最後までやり遂げようとします。信念などが揺るがないので、人から信頼される存在になります。時として自己中心的になり、自分がイニシアチブを取らないと面白くない面があるようです。

同じ失敗やミスを繰り返すことが少ないとされます。過去の失敗を客観的に分析でき飛躍につなげられるようです。人の成功を妬まないとされます。

2. 自己表現が苦手

自分をアピールするといった自己表現が苦手とされます。人に対する警戒心が強く、人の反応や評価を気にしがちです。消極的な面がありチャレンジ精神などは乏しくなります。何事も自分を過小評価しているとされます。

人に物事を伝えようとする際に、上手く言葉が出ないようです。感情表現も得意ではなく、恋愛面では苦労が多くなります。想いを寄せている人に素直に気持ちが伝えられないようです。

仕事面でも意思の疎通が図りにくく、行き違いが多いとされます。人に心を開くことが苦手で、人見知りな面があるようです。傷つくことを恐れて殻に閉じこもりやすいとされます。

3. 内向的で慎重

何事にも石橋を叩いて渡るような慎重さを持っているとされます。真面目な性格で考え方は堅実なようです。じっくりと考えてから発言するので、失言のようなことはほとんどありません。

優柔不断な面がありますが、慎重さがあるので、失敗は少ないとされます。その分、チャンスを逃しやすいようです。計画性があり、物事はいろいろと調べてから行動に移します。

自分が表舞台に立って活躍するよりも、縁の下の力持ちになって支えたい気持ちがあります。過去の失敗から学び取る能力に優れています。未知の領域に率先して飛び込むことはなく、人がやってから自分がやる傾向にあります。

4. 几帳面

目が小さい人は、何事もきっちりとして几帳面とされます。神経質で細かいことが気になりやすいようです。きれい好きで散らかっていたり、ゴミが溜まっている状態を好まないとされます。物の置き場所が決まっていて、少しでもズレていると直したくなるようです。

時間や約束はきっちりと守り、時間にルーズな人や計画性のない人に厳しいとされます。些細な事にも手を抜かず取り組むので、人から高い評価が得られます。お金の管理も堅実で無駄な出費は少ないとされます。見方によってはケチだと見なされがちです。自分の性格や本性を隠したがる傾向にあります。

5. 粘り強さがある

目が小さい人は、何事にも粘り強く取り組むとされます。一度決めたことはやり遂げようとし、多少の問題やトラブルがあっても途中で諦めないはずです。一方で方向性に間違いなどがあった場合、方向転換や修正に手間取るとされます。

物事に対する視野が狭い面があります。自分に負けたくない気持ちが強く、人に頼らないようです。何度失敗してもへこたれない精神力を持っています。

コツコツと積み重ねて行く地道な努力を惜しまないとされます。どちらかというと大器晩成になるようです。仕事とプラベートがきっちり分けられ、気分転換や頭の切り替えに優れています。

6. 洞察力に優れる

何事にも鋭い洞察力を持っているとされます。人やモノの本質が見極められるようです。本質に神経が集中できるので物事をシンプルに捉えます。人生におけるいろいろな成功がつかみやすくなります。

人が何を考えているかがわかるので、相手が求めていることに的確に応えられます。人の動きに敏感に反応することができ、気配りができるとされます。その分、神経をすり減らしやすい面があります。

その場の雰囲気や感情に流されることなく冷静に判断できます。思いつきで行動することはないはずです。問題など解決させる能力に優れているとされます。

目を大きくする・見せる方法7個[メイク]

1. アイラインで目を強調させる

目を大きく見せるには、アイラインを用いて目元を強調させるのが効果的とされます。アイラインは、目尻よりも僅かに長めに引きます。これにより目元の印象が華やいできます。

また、顔のメリハリを付けるには、目頭にアイラインを引きます。こうすることでハッキリと目を際立たせられます。さらに下まぶたにも上まぶたと同様に縦の広がりを持たせてアイラインを引くと、より効果的になるようです。

アイラインを引く際は、強調するラインではなく、まつ毛の隙間をちょっとずつ埋めていくやり方が良いとされます。これでよりナチュラルな仕上がりになるようです。

2. アイシャドウなどで涙袋を作る

涙袋を作ることで、目が大きく見せられます。これにより表情が明るくなり、フェミニンな魅力が際立つはずです。ふっくらとした厚い涙袋になり、目がくりっとした感じになります。

この涙袋の作り方は、まず目に沿ってホワイトのラインを引きます。下まぶたにブラウン系の薄いアイライナーを引きます。ここにキラキラ系のハイライトを乗せると、ふっくらとした涙袋ができます。こうすることでナチュラル感が出て魅力的に目元になります。

3. カラコンを付ける

目を大きく見せるには、カラコンを付ける方法があります。非常に簡単で手間いらずに瞳を大きくさせて目全体を大きく見せることができます。色としては黒目の部分が大きめのカラコン良いとされます。

これで黒目が大きく見せられ目の印象が驚くほどアップして、目の小ささが気にならなくなります。視力が悪い場合は、度付きのカラコンになりますが、それでも種類は豊富に選べます。カラコンは平均価格が3000円程度でネット通販や量販店などで売っていますが、不安を感じる場合は眼科でも買うことができます。

4. マツエクを付ける

目を大きく見せるには、マツエクを付ける方法があります。マツエクを付けるとボリューム感が増してパッチリとした自然な目に仕上がります。

マツエクはよくカールしたものを使うと良いとされ、自分に合ったカールの強さを選びます。一重まぶたの場合、あまりカールしていないマツエクを用いると、逆効果になりやすいので注意が必要です。

5. 眉毛を太めに描く

目を大きく見せるには、眉毛を太めに描く方法があります。いつもよりも眉毛を少し太めに描きます。こうすることで、目を大きく見せられます。

描き方のコツとしては、眉の下側を書き足すようなイメージで眉毛と目を近づけるように太くします。これで顔の彫りが深くなり、目も大きく見えやすくなります。

6. アイシャドウメイク

目が小さい場合、ブラウン系のアイシャドウと相性が良いとされます。こうすることで自然な立体感を演出でき、目を大きく見せられます。

アイシャドウは3~4色がセットのものを選び、グラデーションが作れれば、より好印象な目元になります。アイホールの形に添ってアイシャドウを入れます。

アイシャドウを目尻側に入れる場合、濃いめの色にすれば、キリっとした印象になります。中央に濃く入れると、可愛い丸い目になります。またアイシャドウを入れると見えない眼球部分が強調されるので、目が大きく見せられるようです。

7. まつ毛メイク

目が小さい場合、まつ毛メイクも重要とされます。まつげをしっかりと上にカールさせ持ち上げると、まつ毛の付け根部分が上がり、まぶたも持ち上げるとされます。

これによって目が大きく見せられます。まつ毛のカールにはビューラーを用います。ビューラーは、温度調整ができる金属製のものを選びます。この上にカールさせたまつ毛に、マスカラを一本一本丁寧に塗っていきます。

目尻や目頭もまんべんなくきれいに塗るのがコツです。塗り重ねながらボリュームを出して行きます。こうすることで、ふっくら感を演出でき、より目が大きく見せられます。

目を大きくする・見せる方法6個[マッサージ]

1. 目の周囲のマッサージ

目を大きくするには、目の周囲をマッサージすると良いとされます。こうすることで、まぶたのむくみが取れて重い印象がなくなります。まぶたがスッキリとして目が大きく見えるようになります。まぶたは顔のパーツの中でむくみやすい部分なので、そこのむくみを取ることが大切です。

マッサージのやり方としては、まず目の周囲にたっぷりと乳液やクリームを塗ります。次に涙袋の辺り中央で指1本分下の部分を上に向けて5秒間程度押し上げます。目頭から目尻に向かってさすり、目尻を斜め上に向かって20秒間程押し上げます。

目の下をさする際は、強めにこすると色素沈着になりやすいので、皮膚に摩擦が起きないようにします。目の周囲は強くこすらないのがコツです。

2. イメージ・マッサージ

目を大きくするマッサージには、目を大きくすることを意識しながら行うという比較的手軽なものがあります。

やり方は、まず両手の親指をこめかみにあて、人差し指で上まぶたの目頭から目尻を5回さすります。次に人差し指で下まぶたの目頭から目尻を5回さすります。その後、眉頭から眉尻を5回さすります。最後に、手の平で目の周囲を5秒程優しく覆います。この際になりたい目や目元、なりたい女優の顔などをイメージします。

3. キツネ目マッサージ

目を大きくするマッサージには、目をキツネ目にしてむくみを取り目を大きく見せるものがあります。やり方はまず中指と人さし指で、目の下の部分を目頭から目尻にかけて若干強めにさすります。目尻まで来たらキツネ目になるように、目元を斜め上へ指で引き上げ20秒間維持します。

キツネ目にすると目が細くなるような気がしますが、そのようなことはありません。まぶたのむくみ解消に効果があるとされます。こちらも簡単なもので、なりたい目元などをイメージしてマッサージするとより効果的とされます。

4. 涙袋を作る筋トレ・マッサージ

目を大きくするには、涙袋を作るという筋トレ・マッサージがあります。下まぶたに涙袋を作ることで、目元がパッチリとして目を大きく見せられます。

やり方は、まず両手で裏向きのピースサインを作り、人差指は目尻、中指は目頭に押し当てます。次に目だけを動かして天井を見ます。そこで下まぶたの上げ下げを10回繰り返します。これによって涙袋ができます。

5. リンパ・マッサージ

目を大きくするには、リンパ・マッサージが良いとされます。リンパの流れを良くしてむくみ解消し、目を大きくするものです。まぶただけでなく、顔全体のむくみが取れ小顔効果も期待でき、肩こり解消にもなります。

やり方は、まず頬骨下のラインをマッサージします。次に目の下の骨を下に押します。この際、強過ぎないように目頭横のツボを指圧します。眉頭下のくぼみを上内側方向に指圧し、眉頭のツボを指圧します。眉毛の上、額も指圧します。こめかみは優しく指圧します。

続いて首を傾け浮き出てくる胸鎖乳突筋を押し出します。左右の鎖骨下ラインは押し流します。肩の周囲をストレッチし、首の前後左右をストレッチします。これで顔がスッキリとして目が大きくなります。

6. 目の周囲の筋トレ・マッサージ

目を大きくするには、目の周囲の筋トレとまぶたの筋トレをするというマッサージ方法があります。目の周囲の眼輪筋を鍛えることになります。こうすることでまぶたがしっかりと上がり、目を見開く力が強くなり目を大きく見せます。

やり方は、まず目を強く閉じて5秒間維持してから、目を大きく見開いて5秒間維持します。次に8の字を描くように視線を動かすことを5回繰り返します。続いてこれと逆の動きの8の字を5回繰り返します。これを毎日やると眼輪筋を鍛えられ、目が大きく見開けるようになります。

目を大きくする・見せる方法5個[髪型]

1. 前髪を作る

目を大きく見せるには前髪を作るのが良いとされます。目の上にある額が露出していると、見えている顔の面積が大きくなるので、目が小さく見えてしまいます。そこで、この額を髪で覆い隠してしまうことで、顔の面積が小さくなり目が大きく見えるようになります。

横幅狭めの前髪を作り、前髪を目の上ギリギリの長さにした前髪パッツンにします。髪の根元を少し立ち上げて前髪で影を作っても効果的と言えます。これが目を大きく見せる一般的な髪型になります。

2. 髪でフェイスラインを隠す

目が小さい場合、髪の毛でフェイスラインを隠し、額縁効果で目を大きく見せます。フェイスラインを隠すことで顔の面積が小さくなるわけです。額縁効果とは、色素が薄い部分を、色素が濃い部分が囲むことで額縁内のものが小さく見えることを指します。

顔が薄い部分で髪が濃い部分になります。髪の長さに関わりなく両サイドを垂らしフェイスラインを隠す感じになります。こうすることで、目がパッチリとして、エラが張っているのも隠すことができます。

3. 眉上バング

目を大きく見せるには眉上バング(眉上前髪)にすると良いとされます。こちらも前髪を作るのですが、前髪の長さを眉上にします。

眉の上に少し隙間を開けてカットし前髪パッツンにするわけです。目の上ギリギリでは目力が強くなりますが、眉上バングだと目力に優しさが見られ、目が大きく見えます。

しかし眉上バングの前髪が短過ぎると顔の面積が広がるので、注意が必要です。またウェット感のあるスタイリングに仕上げても良いかもしれません。

4. 流しバング

目を大きく見せるには流しバング(流し前髪)にすると良いとされます。こちらも前髪をつくるのですが、前髪をどちらかに流す髪型になります。

目の小ささに左右差がある場合、目がより小さい方に前髪を流します。目がより小さい方に前髪が覆うので、そこが影になり目が大きく見えます。ほぼ同じでしたらどちらに流しても問題ありません。

この際の前髪はふわっとしたエアリーな感じのスタイリングが良さそうです。透け感のある流しバングにすると大人っぽい印象になります。ショートボブではクラシックな雰囲気が演出できます。

5. センター分け

目を大きく見せる髪型にはセンター分けがあります。前髪パッツンに抵抗がある人に向いています。前髪を真ん中から分けることで、左右に髪の広がりが出てボリューム感がアップします。

これにより、前髪の曲線が顔の面積を小さく見せ、目の幅が広がり大きく見せられます。センターに分け目をつけ、そこから左右の眉山に向かって前髪を曲線状に落とす感じになります。きっちり分けてしまうと額の面積が強調されてしまうので、ふわりと落とすのがコツです。

センター分けにして額をスッキリと出すと小顔効果が期待できます。髪に緩いウェーブがかかっていると色っぽさが漂います。

目を大きくする・見せる方法3個[美容整形]

目を大きく見せる美容整形では、代表的な3つの施術方法を挙げますが、自分の目の状況やコスト面などを考え合わせて、最適と思われる方法を選んでください。目頭切開、目尻切開、二重整形を一緒にやっても、より大きくなるようなことはないので、好ましくないと言えます。

1. 目頭切開

目を大きく見せる美容整形には目頭切開があります。東洋人の多くには、目頭に被さっている三日月状の「蒙古ひだ」という皮膚が左右にあります。これが目頭の縁で眼球を覆うように被さっているので、目の幅が狭くなり小さく見えてしまうわけです。これに覆われていると、目と目の間が離れ過ぎて見え、バランスが悪くなり、目の動きも鈍くなります。

そこで目頭切開法では、局所麻酔をして目頭を覆っている「蒙古ひだ」を切開し余分な皮膚を取り除きます。目頭の左右数mmずつを切開しバランスを整え、横幅を大きくさせます。これによりバランスの良い目元になり、目が大きく見えるようになります。

縫合時間を含めて手術の所要時間は30分程度で、抜糸は5日後になるようです。だいたい手術の翌日から洗顔やシャワーはできますが、できたら抜糸が済むまで切開部を濡らさないようにします。メイクは抜糸後です。また人によっては切開部に赤みがしばらく残ることがあります。

2. 目尻切開

目を大きく見せる美容整形には目尻切開があります。目尻切開は、目の外側を広げる整形手術で、目が横方向に大きくなり、目を大きく見せます。これにより目尻からこめかみまでの距離が狭くなり、小顔効果も期待できます。

目尻切開法では、局所麻酔をして目尻に水平な小切開線を作りV宇型に縫合したりします。皮膚と結膜を縫合するので自然に外側に拡大できます。切開時には余分な皮膚は取り除き自然な目尻にします。

手術の所要時間は30分程度で、抜糸は5日後になります。手術の翌日から洗顔などはできますが、できたら抜糸が済むまで切開部を濡らさないようにします。メイクは抜糸後です。人によっては切開部に赤みが残ることがあります。

また目尻切開と下眼瞼拡大術を同時にすると、目が外側に加えて下方にも拡大し目が大きくなります。目尻切開の効果の後戻りも少なくなるようです。

3. 二重整形

目を大きく見せる美容整形には二重整形があります。二重整形によって一重まぶたを二重にしたり、奥二重の幅を大きくすることができます。目の上にライン幅ができ、目を大きく見せられます。

二重にするとメイクもやりやすくなるようです。特に一重まぶたの場合、二重にすることで皮膚が織り込まれ、目の上の皮膚のたるみが持ち上がります。これで目の見開きが良くなり、眼瞼下垂もある程度改善でき、目が大きくパッチリと見えるようになります。

二重整形には、年月が経つとはずれる可能性がある「埋没法」と半永久的な「切開法」があります。どちらも希望する二重ラインの高さになるように、まぶたの表と裏をつなげます。

埋没法は切開しない方法で、まぶたをつなぎ留めた糸をまぶたに埋め込むものです。施術時間は数10分程度と手軽で安心と言えます。

切開法は、切開してまぶたをつなぎ留め縫合する方法です。希望する二重幅に切開するので、1~2cm程切開する小切開法と3~4cm程切開する全切開法があります。施術時間は60分~120分程度になります。

ベルフィールクリニック

美容整形なら、都内でテレビにもよく取り上げられているベルフィールクリニック院長の兵藤氏のクリニックがおすすめです。

ベルフィールクリニックのサイトはこちら

目を大きくする・見せる方法6個[その他]

1. ホットアイマスク

目を大きく見せるその他の方法に、ホットアイマスクするというのがあります。ホットアイマスクを付けることで、まぶたののむくみが取れ、目が大きく見開かれ目が大きく見えます。目の周囲が温まり、血管やリンパ管も広げられ老廃物や余分な水分を流すこともできます。リラックス効果もあります。

ホットアイマスクの種類には「使い捨てタイプ」「電子レンジ加熱式」「電気式」「美容タイプ」があります。価格や使用頻度に応じて選べ、電気式はタイマー機能があると安全です。ホットアイマスクに類するものでは、蒸しタオルを目の上に乗せる手もあります。

2. 痩せる

目を大きく見せるために痩せるという方法もあります。太り気味で目が小さい場合に有効と言えます。ダイエットすることで顔も小さくなるので、相対的に目を大きく見せられます。まぶたの脂肪を取り去るので、腫れぼったさもなくなりスッキリとします。

3. アイプチをする

目を大きく見せるするその他の方法にはアイプチがあります。目が小さい場合、一重の人が多いのでアイプチで二重にすれば、目がパッチリとして大きく見えるようになります。アイプチに類するものでは、メザイクやアイテープも良いかもしれません。

4. 夜用アイプチをする

目を大きく見せるするその他の方法には夜用アイプチがあります。昼間メイクの際にするアイプチとは別物の夜用アイプチを用います。これは、まぶたが二重になる癖をつけるものです。

二重になる癖がつれば、自然な二重になり、目が大きく見えます。メイク時に毎回アイプチを付ける必要がなくなり、すっぴんでも目が大きい状態が維持できます。

5. まぶたの脂肪を減らす

目を大きく見せるするその他の方法に、まぶたの脂肪を減らすというものがあります。脂肪を減らすには、まず暖かいタオルで目を温め、血流を良くします。

次に人差し指で眉が動かさないように抑え、上目遣いでまばたきを30回します。最後に目を強く閉じて5秒間維持した後、目を大きく見開いて5秒間維持します。

この動作を1日5セット繰り返すことで、まぶたの脂肪が減らせます。時間のある人は試してみる価値はありそうです。

6. 鏡を活用する

目を大きく見せるその他の方法には、鏡を活用したトレーニングがあります。方法としてはまず、鏡を見ながら眩しいものを見るような感じで目を細めます。上まぶたを細めるのではなく、両まぶたを中心に寄せるのがコツのようです。10秒程細めたら元に戻します。

これを何回か繰り返します。一日のうちに気が付いたら、やる形で特に何回というわけではなく気軽にやるものです。鏡を見ながらまばたきをするというのもあります。これはまず、
自分の目を鏡で見ながら、できる限り大きく見開きます。

目を大きくすることをイメージして、ゆっくりと30回程度まばたきをします。最後に大きく目を見開いて終りです。こちらも無理せず回数もあまり気にせず気が付いたらやるものです。

目が小さい男性芸能人・イケメン15人

目が小さい男性芸能人などには次の方々が挙げられます。

藤ヶ谷太輔、松田翔太、小山慶一郎、綾野剛、要潤、星野源、反町隆史、大沢たかお、市原隼人、深瀬慧(SEKAI NO OWARI)、森山未來、向井理、長谷川博己、及川光博、中村トオルなどです。

目が小さい女性芸能人・美人16人

目が小さい女性芸能人などには次の方々が挙げられます。

足立梨花、蒼井優、川栄李奈、黒木華、黒木瞳、黒木メイサ、スザンヌ、富永愛、小西真奈美、永作博美、松井珠理奈、剛力彩芽、多部未華子、吉高由里子、吉田羊、永作博美などです。

まとめ:解消法はいろいろとある

可愛さを求める女性にとっては、目が小さいことが何かと悩みになるようです。人は目が大きいと可愛いと認識するので、赤ちゃんやゆるキャラなどは目が大きいとされます。人の目の大きさはほぼ同じなので、主に上まぶたにどれだけ覆われているかによって大きく見えたり小さく見えたりします。

目の小さい人の見た目は、一重でまぶたが腫れぼったい感じになります。涙袋がなく、人相が悪く見られがちです。性格的には、几帳面で粘り強さがあり、洞察力に優れていることがわかります。

目を大きく見せるメイクでは、アイラインを強調したり、アイシャドウで涙袋を作ったりします。マッサージや美容整形によっても目を大きく見せることができます。

目が小さいことはコンプレックスに感じがちですが、解消する方法がいろいろとあります。性格なども読み取れるので、詳細を知って有意義に活用したいものです。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


人相占い

関連する投稿


足の指が長い人の基準と性格の特徴!メリット・デメリット

足の指が長い人の基準と性格の特徴!メリット・デメリット

足の指が長い人の基準と性格の特徴は?足の指の長さの平均、足の指が長いメリット・デメリット、足の指が伝えるスピリチュアルメッセージなどについて詳しく解説します。


涙袋ない人の特徴と人相学の性格!割合・美人でかわいい

涙袋ない人の特徴と人相学の性格!割合・美人でかわいい

涙袋がない人の特徴と人相学から分かる性格とは?涙袋ない人の割合や確率は?涙袋がなくても美人でかわいい?イケメン?涙袋がない男性女性芸能人などについて解説します。


顎が長い人の特徴と人相学の性格!メイク髪型・芸能人

顎が長い人の特徴と人相学の性格!メイク髪型・芸能人

顎が長い人の特徴と人相学から分かる性格や恋愛傾向について解説します。顎が長い人の見た目や横顔は?イケメン・美人?似合うメイクや髪型、芸能人についても解説します。


富士山唇の意味・性格は?かわいい?芸能人・人相占い

富士山唇の意味・性格は?かわいい?芸能人・人相占い

富士山唇の人相占いの意味や性格とは?人相学の観点から唇の形はどんな意味を持つのでしょうか。原因は?かわいい?似合うメイクや男性女性芸能人なども紹介します。


幸薄い顔の意味と特徴10個!幸薄そうな顔の芸能人は?

幸薄い顔の意味と特徴10個!幸薄そうな顔の芸能人は?

幸薄い顔の意味と特徴とは?人相占いで幸薄い顔の性格の特徴や恋愛運は?幸薄そうな顔と言われる芸能人やイメージを変える方法、メイク・髪型などを解説します。