ゴキブリを見失った…放置で寝るといなくなる?対処法10個

ゴキブリを見失った…放置で寝るといなくなる?対処法10個

ゴキブリが深夜に部屋の中で出てきて見失った…。安心して寝られない…放置で寝るといなくなる?ゴキブリを見失ったときの対処法について説明します。


ゴキブリが部屋に出てきて、追いかけるうちに見失ってしまったという経験がある人も多いでしょう。どこかにゴキブリがいるわけですから、このままだと寝付けないですよね。いったいどうすればいいのでしょうか。

そこでこの記事では、ゴキブリを見失ってしまったときの対処法などについて解説していきます。

ゴキブリが出てきて深夜に見失った…

ゴキブリが出てくると、思わず慌ててしまいますよね。退治しなければと、殺虫剤を取りに行っている間にゴキブリがいなくなってしまい、完全に見失ってしまうこともあります。

それが深夜のことで、翌日も仕事なのであれば、最悪ですよね。ゴキブリがいつ出てくるかわからない部屋では、安心して寝ることもできませんし、いつまでもゴキブリを探していれば朝を迎えてしまうことになります。

早くゴキブリを見つけて退治したいものですが、一度見失ってしまったゴキブリはなかなか見つけられないものです。いったいどうすればいいのでしょうか。

ゴキブリを放置して寝るといなくなる?

見失ってしまったゴキブリを放置しておけば、そのうちいなくなると信じたいものですよね。しかしそのような都合の良いことは起こりません。

見える場所にいなくても、ゴキブリは必ず室内のどこかにいます。そしてそのまま放置してしまえば、家の中で繁殖してしまう可能性もあるでしょう。

ゴキブリにとっては外よりも、人がいる室内のほうがエサもある快適な環境です。そのままそこに居ついて、巣を作ってしまう可能性もあるため、放置して寝るのはあまりおすすめできません。

ゴキブリが増える繁殖スピード

ゴキブリが増える繁殖スピード

ゴキブリが増える繁殖スピードは驚異的です。ゴキブリは一回の産卵で40匹の卵を産むとされています。それが孵化すれば、どんどんゴキブリは増えていくことになりますよね。

また、ゴキブリの卵は丈夫な殻で覆われているため、殺虫剤が効きません。目の届かない場所に卵を産み落とされてしまえば、それらのほとんどが孵化してしまうということです。

何もしなければその家はゴキブリだらけになってしまうでしょう。そのため、たった一匹のゴキブリだとしても、放置してしまうととんでもないことになってしまう可能性があります。

見失ったゴキブリの見つけ方

ゴキブリを見失ってしまったら、まずはその部屋を密室にしましょう。もしもゴキブリが部屋の外に出てしまったら、さらに見つけるのに時間がかかってしまいますよね。探す場所を限定させるためにも、まずは部屋から逃がさないようにしてください。

そうしたらゴキブリが隠れていそうな場所を一か所ずつ探していきましょう。もしも嫌でなければ、隙間に殺虫剤を噴射してみるというのも良いです。殺虫剤を嫌がってゴキブリが出てくることもあります。

ただしこれをやると、見えない場所でゴキブリが死んでしまうこともあるため、しっかり退治できたのを確認したい場合や、物を動かせないという場合はやめておいたほうがいいです。

ゴキブリを探しているときは突然、目の前を横切るということもあるため、いつでも殺虫剤を噴射できるように身構えておきましょう。

ゴキブリを見つけた時の対処法3個

ゴキブリを見つけた時の対処法3個

ゴキブリを見つけたときは、いったいどうすればいいのでしょうか。そこでここからは、ゴキブリを見つけたときの対処法を紹介していきます。

1. 殺虫剤で退治する

ゴキブリを見つけたときの対処法としては、殺虫剤で退治するという方法があります。やはりゴキブリを退治するときには、殺虫剤が欠かせないですよね。触れる必要がないですし、一瞬で退治できます。

ゴキブリを見つけたら見逃さないうちに、すぐに殺虫剤を取りにいきましょう。そしてゴキブリに目掛けて真っ直ぐ噴射してください。躊躇してしまうと、逃げてしまうためすぐに退治しましょう。

2. 卵を産んでいないか確認する

ゴキブリを退治したら、ゴキブリが卵を産んでいないか確認するというのも大事なことです。実はゴキブリは身の危険を感じると、卵を産み落とすという習性があります。それを放置してしまえば、大量のゴキブリが生まれてしまうことになりますよね。

そのため、ゴキブリが通った場所をしっかりチェックしてください。できれば掃除機をかけておいたほうがいいです。卵は殺虫剤をかけても効かないため、しっかり除去するようにしましょう。

3. すぐに退治する

ゴキブリを見つけたときは、すぐに退治するというのも大事なことです。少しでも躊躇したり、別の人に退治してもらおうと他の人を呼んだりしていると、その間に見失ってしまう可能性があります。

もしも殺虫剤が別の部屋にあるという場合、殺虫剤を使わずに退治したほうがいいこともあります。ゴキブリはすぐに物陰に隠れてしまうものですので、注意しておいてください。

ゴキブリを見失った後の対処法7個

ゴキブリを見失ってしまったら、いったいどうすればいいのでしょうか。そこでここからは、ゴキブリを見失った後の対処法を紹介していきます。

1. とにかく探す

ゴキブリを見失った後の対処法としては、とにかく探すというものがあります。見失ってしまったとはいえ、まだその近くにゴキブリは潜んでいるかもしれません。時間が経っていなければ、見失った場所の近くにいるでしょう。

ゴキブリを見つけることができれば、退治するだけで全てが解決するわけですから、まずは探すということが大切です。物の隙間などに潜んでいる可能性が高いため、探してみてください。

2. ゴキブリがいそうな場所に殺虫剤を噴射する

ゴキブリがいそうな場所に殺虫剤を噴射するというのも、ゴキブリを見失ったときの対処法です。殺虫剤を噴射してみれば、それを嫌がったゴキブリが出てくるかもしれませんよね。また、その隙間で死んでいるということもあります。

そしてゴキブリの死骸を見つけて処分すれば、全てが解決します。ゴキブリの死骸はしっかり処分しないと、卵を持っていた場合、そこからゴキブリが発生してしまいます。注意しておきましょう。

3. ゴキブリ用粘着シートを使う

ゴキブリ用粘着シートを使うというのも、ゴキブリを見失ったときの対処法です。どうしてもゴキブリが見つからないという場合は、罠を仕掛けておきましょう。

粘着シートを使えば、ゴキブリがおびき出されてその上で身動きできなくなります。ただし、その間に卵を産み落とされている可能性もあるため、注意も必要です。

KINCHO コンバット ゴキブリ駆除剤 スマート容器 20個入 1年いなくなる [防除用医薬部外品]

4. バルサンを焚く

バルサンを焚くというのも、ゴキブリを見失ったときの対処法です。バルサンを焚けば、部屋中が煙に包まれて、ゴキブリがどこに居たとしてもしっかり退治することができますよね。また、新たなゴキブリを寄せ付けないようにすることもできます。

バルサンを焚くときは、煙感知器が反応してしまうことがあるため、しっかりカバーをつけた上で行うようにしましょう。ただし、ゴキブリの死骸がどこにあるかわからないという難点もあります。

5. 毒餌を設置する

毒餌を設置するというのも、ゴキブリを見失ったときの対処法です。毒餌を設置しておけば、それをゴキブリが食べることで駆除することができますよね。

また、もしもゴキブリの巣が近くにある場合、他のゴキブリも駆除することができます。ただし、外からゴキブリを呼び寄せてしまう可能性もあるため、注意しておきましょう。

6. 部屋の掃除をしっかり行う

ゴキブリを見失ってしまったときは、部屋の掃除をしっかり行うということが大切です。そもそもゴキブリが部屋にやってきたのは、あなたの部屋が汚いからかもしれません。

そのため、掃除をすることでゴキブリがやってこない部屋にすることができます。また、それによりゴキブリの卵を排除できるため、掃除は定期的に行いましょう。

ルームクリーニングを業者に依頼して一気にきれいにしてもらうのも手です。その場合、部屋全体だと以下くらいの料金がかかります。

1K:50,000円前後
2LDK:100,000円前後
3LDK以上:100,000円以上
参考:タスクル

7. ゴキブリが入ってきそうな場所をチェック

ゴキブリが入ってきそうな場所をチェックするということも大切なことです。あなたの部屋にゴキブリが現れたということは、外から入ってきた可能性が高いです。そのため、そこを防いでおくことでゴキブリが出ない部屋作りをすることができます。

よくあるのが、窓と窓の隙間から入ってくるというものです。窓を開けると、二枚の窓の間に隙間ができますよね。そこを防ぐためのグッズもあるため、そのようなものを貼り付けておくと良いでしょう。また、換気扇などから侵入してくることも多いです。

一人暮らしのワンルームでゴキブリを見失った時の対策

一人暮らしのワンルームでゴキブリを見失った時の対策としては、まずは探すことが大切です。ワンルームであれば、ゴキブリを見つけ出すのもそれほど難しいことではないですよね。

探していればひょっこり顔を出すものですので、とにかく物と物の隙間などを重点にゴキブリを探してみてください。

どうしても見つからないのであれば、粘着シートを仕掛けたり、バルサンを焚いたりすると良いです。そうすることでゴキブリを駆除することができます。

まとめ

ゴキブリを見失ってしまうと、最悪の場合、卵を生まれてしまい、たくさんのゴキブリが発生してしまいます。

そのため、まずはゴキブリを見逃さないように注意しておきましょう。そして見逃してしまったら、必ず見つけるようにして、しっかり駆除しておくということが大切です。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


害虫駆除

関連する投稿


ゴキブリ恐怖症の原因と克服方法10個!怖い助けて

ゴキブリ恐怖症の原因と克服方法10個!怖い助けて

ゴキブリが怖い…助けて…。ゴキブリが怖くてたまらない…・ゴキブリ恐怖症とは?ゴキブリ恐怖症の原因と克服方法について説明します。


ゴキブリが平気な人の心理・特徴と平気になる方法10個

ゴキブリが平気な人の心理・特徴と平気になる方法10個

ゴキブリが家でいきなり出てきても平気な人っていますよね。ゴキブリが平気な人の心理と特徴、ゴキブリが平気になる方法について説明します。


ゴキブリ退治できる女性の割合と特徴!ゴキブリが怖くない女

ゴキブリ退治できる女性の割合と特徴!ゴキブリが怖くない女

ゴキブリ退治できる女性の割合と特徴は?ゴキブリが怖くない女の人は性格に特徴がある?ゴキブリが怖い心理やゴキブリが怖くなくなる方法も説明します。