再婚(バツイチ)の婚活必勝法!成功させる20のポイント

再婚(バツイチ)の婚活必勝法!成功させる20のポイント

婚活をしたいけどバツイチが気になる・・・。そんな人も多いはずです。さらに子持ちだと子どものことも気になりますよね。離婚や再婚(バツイチ)の現状や婚活を成功させるための必勝法について詳しく説明していきます。


「バツイチだけど、再婚したいなんて贅沢?」そう思っているなら、もっと自信を持ってください。謙虚なのは美徳ですが、バツイチを負い目に感じて再婚を諦めるなんて、あまりに勿体ないです。それに、今時は自分が初婚でも、相手の婚姻歴に拘らないという人も少なくないのです。それを実証するために、国が発表しているデータを元に、再婚の可能性を分析し、現在の離婚事情と再婚事情を解説。

再婚を目指すバツイチが婚活する時の心構えと、成功法を紹介します。

離婚者(バツイチ)は増えている?!

夫婦の3組に1組が離婚すると言われていますが、それは事実なのでしょうか。厚生労働省が発表している「平成28年(2016)人口動態統計の年間推移」に記載されている、婚姻件数と離婚件数をピックアップし、グラフ化してみました。2016年は推計値となります。

「離婚件数は増え続けている」と言われていますが、実際には2002年をピークに、年度によって増減はあるものの、離婚件数は緩やかに減少傾向です。ただし、婚姻件数も減少しているため、離婚率はほぼ横ばいとなっています。その年の離婚件数を同年の婚姻件数で割った、単純な離婚率は35%前後を推移し、3組に1組が離婚するという計算になります。
(参照:平成28年(2016)人口動態統計の年間推計)

最近の婚活事情!再婚する人の人数

3組に1組が離婚する時代、もはや離婚は特別なことではありません。「バツイチだから、再婚なんて無理かな…」と諦める必要は全くないのです。

国立社会保障・人口問題研究所の人口統計資料によると、2015年の再婚者数は、男性が94,373人、女性が80,381人。合計174,757人が、再婚しています。2015年の婚姻数は635,156件ですので、2015年に結婚した人の内、13.8%が2回目以降の結婚ということになります。

また、全体の婚姻に対する同年の再婚率は、男性が19.7%、女性が16.8%で、約5~6組に1組が、どちらかが再婚、もしくは双方が再婚という組み合わせです。

これは、見過ごせない数字ですよね。もしも、あなたが再婚したいと思うならば、前向きに行動する価値は大いにあるということです。
(参照:人口統計資料集2017改訂版)


※再婚には、累計登録者数250万人以上で、カップルになって結婚する人も多くいるomiaiがおすすめです。バツイチの方やバツイチ子持ちの方もたくさんいます。真面目に婚活をしている人や年収の高い男性もたくさん登録していますので、ぜひのぞいてみてください。

Omiaiの公式サイトはこちら

再婚の婚活を始める前の心の準備3つ

「なんだか再婚できそうな気がしてきた!」そう思ったら、いざ婚活開始です。だけど、やはりバツイチの場合、初婚とは違う心構えが必要です。

①再婚だからこそ年齢が上がっても結婚できると自信を持とう

バツイチということは、既に結婚適齢期と言われる20代後半から30代前半を過ぎている人も多いかもしれません。だけど、離婚歴がある人は、初婚の人に比べて、年齢が上がっても結婚できる確率が高いのです。

国立社会保障・人口問題研究所の人口統計資料には、年齢階級別に初婚と再婚の婚姻件数の詳細が記載されています。下のグラフは、2015年度の資料からデータを抜粋して作ったものです。初婚の婚姻件数は、25~29歳の階級が山で、殆どの婚姻が30代の間で行われ、50代を過ぎた婚姻は全体の1%にも届きません。

一方、再婚の婚姻件数の山は35~39歳で、折れ線グラフの形は緩やかな丘状。注目すべきは40代を過ぎてからの婚姻率の高さです。再婚全体の内、40代以上の婚姻の割合は、なんと半数以上なのです。

なぜ、このような現象が起こるのかを分析した文献は、残念ながら見つけることはできませんでした。しかし、人は年をとればとるほど、未経験なことにチャレンジするハードルが上がることを考えると、1度結婚したという経験は、無駄にならずに、後に活かすことができるという意味ではないかと考察します。

再婚ならば、年齢が上がっても結婚できる可能性は決して低くありません。まずは、自分に自信を持ちましょう。

(参照:人口統計資料集2017改訂版)

②再婚は結婚できた実績だと前向きに捉えよう

一昔前は、バツイチといえば「一度結婚に失敗した」というレッテルでした。しかし、現在は違う見方をする人が増えています。バツイチを、「一度は異性から『結婚したい』と思われた経験がある」という安心材料に捉える人が増えているのです。

むしろ、結婚適齢期をとっくに過ぎているのに、ずっと独身でいる方が、「誰にも選ばれなかったのか」「何か致命的な欠点があるのでは」と、マイナスの印象を持たれることが多いのです。今の時代、バツイチは一種のステータスだと思って、離婚歴を前向きに捉えるようにしましょう。

③別れた伴侶とこれから出会う相手を比べないよう注意しよう

離婚は辛い経験です。辛い経験は2度と繰り返したくないと考えますから、これから婚活を始めた時、出会った相手に別れた伴侶と似た部分を見つけると、「またうまくいかないかも」と不安を感じるかもしれません。だけど、別れた伴侶と似た言動があっても、目の前の相手は違った理由で動いている可能性があります。「失敗したくない」と神経質になり、別れた伴侶と似た部分を見つけては、過剰に反応していては、相手と親密になることはできません。

また、相手があなたの離婚歴を気にしていなかったとしても、別れた伴侶と比べられていると気付いたら、とても嫌な気持ちになります。大切だと思う相手だからこそ、他の誰かと自分を、比べられたくないと思うのです。だから、これから新たに出会う相手と、別れた伴侶を比べるのはご法度です。

再婚(バツイチ)が婚活を成功させる20のポイント

心の準備はできましたか?再婚を考えて婚活するというのは、人生を前向きに考えている証拠で、それだけでも、あなたにとってはプラスになります。でも、せっかく始めた婚活ですから、成功させたいですよね。そこで、再婚(バツイチ)が婚活を成功させるためのポイントを紹介します。

1. 離婚した原因を整理する

婚活を成功させるために、バツイチが真っ先にやるべきことは、離婚した原因を改めて考え整理することです。どうして結婚がダメになってしまったのか、その原因を整理しなければ、婚活を始めて交際に発展しても、「また失敗したらどうしよう」と根拠のない不安に襲われてしまいます。不安に流されないためには、「離婚した原因はこれだ」と、自分なりの考えで良いので、答えを出すことです。原因がわかっていれば、対処法を考えることができますし、同じ間違いを繰り返す確率も、減らすこともできます。

2. 本当に再婚したいのかよく考える

シンプルな問題ですが、本当に再婚したいのかを、よく考えることも大切です。一度結婚を経験しているからこそ、結婚がもたらす幸せなことも、辛いことも、面倒なことも、ある程度見えていると思います。再婚を目指す場合、婚活には傷つく覚悟が必要です。バツイチのイメージは昔に比べて随分良くなりましたが、それでも離婚歴があるというだけで、相手の態度が激変したり、周囲から猛烈な反対をされたりする可能性があります。それを乗り越えるためにも、「また結婚して今度こそ幸せになりたい!」という強い決意と覚悟が必要です。

3. 離婚理由を聞かれた時の答えを準備する

婚活していると、必ず「どうして離婚したんですか?」と聞かれる時がきます。しかも、どのタイミングで聞かれるかわかりません。離婚問題は複雑で、一言で説明できるものではありませんよね。心の準備がない時に質問されると、相手にうまく伝えられないかもしれません。そして、誤解をされてしまうかもしれません。そうならないためにも、離婚理由の答えを前もって準備しておきましょう。この時、離婚した原因を整理し、本当に再婚したいのかを考えたことが役に立ちます。

4. 自分が我慢できないことを明確にする

離婚してしまったのは、結婚生活の中で、どうしても我慢できないことがあって、耐えられなかったからですよね。結婚相手を選ぶ条件を考えた時、「優しい人」「収入が良い人」「家事の能力が高い人」など、「どんなことができるか」を基準にする人が多いです。しかし、長い結婚生活を穏やかに過ごすためには、相手に我慢ならないような欠点がないことの方が重要です。それは、離婚したからこそ、経験で良くわかっていると思います。同じ過ちを繰り返さないためにも、自分が我慢できないこと、耐えられないことは何かを明確にしておきましょう。

5. 離婚歴に引け目を感じず卑屈にならないようにする

婚活をする時、「バツイチの自分なんて…」と、引け目に感じないように気を付けましょう。謙虚な姿勢は好まれますが、引け目を感じると、つい卑屈になってしまい、あなたの魅力が伝わり辛くなってしまいます。また、引け目を感じていると、それに付け込まれる危険性もあります。誰だって、生きていれば失敗を経験します。あなたは、たまたまそれが結婚だったというだけですから、堂々と婚活してください。

6. 離婚した相手の悪口を言わない

婚活中、離婚原因を聞かれることが度々あると思いますが、この時、あなたに全く非がなかったとしても、離婚した相手の悪口を言わないように気を付けましょう。悪口、陰口は聞いている人の気分を悪くさせますし、何より「一度好きになった相手なのに、こんなに酷いことを言うんだ」と、あなたの印象を悪くしてしまいます。逆に、一切悪口を言わず、むしろ自分にも非があったのかもしれないという発言をすれば、「離婚した相手まで思いやることができる優しい人」と好印象を与えることができます。

例えば、離婚の原因が相手の浮気だったとしても、「浮気されて辛かったけど、もしかしたら、自分が知らない内に寂しい思いをさせていたのかもしれない」といった感じで、言葉を選ぶようにするのです。心の中では「浮気最低」「100%あっちが悪い」と思っていても、ここで少し計算して発言することで、あなたの印象を大きく良くすることができます。婚活にはテクニックも大事ですよ。

7. 異性を好きになる気持ちを思い出す

「いざ婚活!」と、張り切って行動を始めても、結婚後、夫婦のすれ違い生活が続き、その後離婚という経験をしてしまったため、すっかり恋愛モードへの入り方を忘れているかもしれません。まずは、ウォーミングアップとして、異性を好きになる気持ちを思い出してみましょう。恋愛ドラマを観たり、恋愛小説を読んだりなど、仮想世界で恋愛を疑似体験するだけでも、恋のウキウキ感を取り戻すことができます。

8. 子供のためではなく自分のために恋愛する

子供がいる場合、どうしても「子供の良き親になってくれるかどうか」を考えてしまうと思います。だけど、それを考えるのはずっと先です。あなたに好きな人ができて、交際し始めてからでも遅くはありません。恋愛は自分のためにするものですから、子供のことは抜きにして、あなたが恋できる相手を探してください。交際したから、必ず再婚しなければならないわけではありません。離婚後の恋愛は、結婚せずにずっと恋人同士の関係でいるという選択肢もあるのです。

9. 毎日を楽しく過ごす

婚活は茨の道でもあります。特にバツイチは、ただそれだけで断られてしまうことが少なくありません。この先婚活に疲れて、精神的に落ち込むこともあるでしょう。でも、ネガティブになったら、うまくいくこともいかなくなってしまいます。離婚して、せっかく生活をリセットしたのですから、毎日楽しく過ごすように心がけましょう。毎日やることが多くて追われる生活かもしれませんが、「1日1回は、自分を楽しませる何かをする」を目標にしてください。楽しく過ごせば、自然と笑顔が増えます。笑顔は人を惹き付ける何よりの魅力です。

10. 出会いの絶対数を増やす

婚活の基本は、初婚も再婚も大きく変わりません。結婚するためには、好きな人を見つけて交際することが不可欠です。だから、出会いの絶対数を増やすようにしましょう。仕事と家の往復だけでは、新たな出会いは増えませんから、外へ出るように心がけてくださいね。

11. 低コストの婚活サイトを利用する

「出会いを増やすってどうすればいいの?時間もお金も余裕がないんですけど」という場合は、低コストの婚活サイトがおすすめです。平均して月額使用料3,000円弱で活動でき、スマホがあれば、いつでもどこでも結婚相手を探すことができます。また、婚活サイトは利用者数が多いのも、おすすめしたい理由の1つです。数十万~数百万人という膨大な登録者がいますから、再婚に理解の深い人と出会える可能性も高まります。

12. 離婚歴OKの婚活パーティーに参加する

手っ取り早く出会いを手に入れたいなら、離婚歴OKの婚活パーティーに参加してみましょう。婚活パーティーは毎日のように開催されていますが、「出会い→離婚歴を説明→断られる」という無駄を省きたいのであれば、離婚歴をオープンにでき、それに理解がある人のみが参加する婚活パーティーが効率的です。何より、最初から相手が離婚歴のことを知っているというのは、気持ちが楽です。

13. 結婚相談所で活動する

婚活にお金をかけることができるなら、結婚相談所がおすすめです。本気で結婚したい人が集まり、仲人やコンシェルジュのサポートを受けながら、真剣に再婚相手を探すことができます。結婚相談所のメリットは、最初に自分のプロフィールを細かく登録し、相手は全てそれに目を通した上で、お見合いを了承してくれる点です。最初から、離婚歴があってもOKで、しかも共通点が多い人と出会うことができます。再婚プランが用意された結婚相談所もあり、費用は掛かりますが、それに値する手厚いフォローを受けることができます。

14. バツイチならではの魅力を自覚して武器にする

婚活では、自分を上手にアプローチできるかどうかが、交際を左右します。バツイチはマイナスイメージにもなりますが、一度結婚を経験しているという部分を魅力を感じる人も少なくありません。だから、バツイチの自分を、初婚の人とあえて差別化し、「離婚経験者だから相手に寛容」「一度結婚生活をしているからこそ、求め過ぎない」といった、バツイチならではの包容力を武器にしましょう。「前妻(前夫)には、自分が至らないせいで、辛い思いをさせてしまったから、次はきちんと話を聞いてあげたい」といったアプローチ方法も、バツイチだからこそ可能です。

15. 積極的に自分からアプローチする

婚活を成功させるために、自分から積極的にアプローチしましょう。「バツイチからアプローチなんて、相手には迷惑かも…」といった、妙な遠慮はいりません。交際の意思がなければ、ストレートに断られるのが婚活の良いところ。アプローチを迷惑と思う必要はないのです。気になる人が現れたら、どんどんアプローチしましょう。もちろん、玉砕することもあるでしょうが、それを恐れて待っているだけでは、状況を変えることはできませんよ。

16. 交際前に離婚歴があることを伝える

婚活を始めて、相手と交際したいと思ったら、交際が始まる前に離婚歴があることを伝えましょう。最初からバツイチだとわかっている関係なら良いのですが、そうではない場合、相手が離婚歴のことを知らないまま交際を始めると、後にトラブルの種になり兼ねません。再婚するためには、交際相手の理解が不可欠です。離婚歴を伝えたら交際が実現しないというなら、例え黙って交際を始めたとしても、その相手と再婚することはありえないでしょう。お互いの時間を無駄にしない為にも、交際前に離婚歴を伝えることは必須です。

17. 再婚を急がない

いざ、交際が始まったら、「早く再婚したい!」という気持ちになるかもしれません。しかし、焦りは禁物です。特に相手が初婚の場合、結婚についてじっくり考えられるように、あなたから再婚を急かさないようにしましょう。結婚は大きな決断です。大きな決め事は、焦ってはいけないのです。あなたも、「本当にこの人で良いのか」ということを、良く考えてくださいね。

18. ネガティブな思考を捨てて幸せな未来を信じる

離婚経験があると、一度は「また結婚したい!」と前向きになっても、交際中「本当にこのまま幸せになれるのか」「結婚しても、また離婚してしまうのではないか」と、ネガティブなことを考えてしまう時があります。離婚で大きく傷ついた後、「結婚したら離婚の可能性も生まれる」という事実に、不安になるのは仕方のないことです。だけど、無理してでもネガティブ思考を捨ててください。「これから幸せになる」「きっと一生仲良く暮らせる相手に出会える」そう信じましょう。

スピリチュアルな話になりますが、思考は実現するという考え方があります。引き寄せの法則と言うのですが、この法則に従うと、「再婚して幸せになる」と信じればそれが叶い、「また失敗するかも」と考えると、不安が実現となってしまうことになります。また、ネガティブな時、人はどうしても消極的になり、印象も暗くなってしまいます。ポジティブになることで、明るく魅力的になって、人との出会いに恵まれるようになるので、幸せな未来を描いて、それを信じてくださいね。

19. 交際後の不安はパートナーとじっくり話し合う

いくらポジティブになろうとしても、やはり、不安になることもあるでしょう。そんな時は、1人で抱え込まずに、交際中のパートナーに正直に気持ちを話して、受け止めてもらいましょう。パートナーと再婚して幸せな結婚生活を送りたいならば、自分の気持ちを言葉にする努力を怠ってはいけないのです。離婚原因の1位は性格の不一致ですが、そこに気付かず結婚してしまったのは、交際中お互い良いところばかりを見て、欠点については隠したり、見ない振りをしたりと、都合の良い解釈をしてしまったからです。「こんな不安を相手に伝えたら、嫌われるかもしれない」そう思うかもしれませんが、嫌われることを恐れて、自分の気持ちを押しつぶしたら、また同じ間違いを繰り返してしまいます。

不安は、2人でじっくり話し合って解消するしかないのです。そして、このやり取りが、2人の絆を強くしていきます。受け止めてもらえば、相手への信頼が増し、あなたも「この人のためなら頑張れる」と思えることでしょう。

20. 交際相手を信頼できる親友に紹介して意見を聞く

「それでも、どうしてもどうしても不安だ」と言うのであれば、結婚に踏み出す前に、あなたが最も信頼している親友に、交際相手を紹介してみましょう。そして、後で親友から意見を聞くのです。一度離婚していると、自分の見る目が信じられなくなることもあるでしょうが、親友の目なら、きっと信じることができますよね。誰よりもあなたを知る親友が、「あの人なら大丈夫だと思う」と言ってくれれば、最後の不安を払拭できます。

バツイチ子持ちの場合の注意点5つ

同じバツイチでも、子持ちの婚活と単身の婚活は、やはり違います。バツイチ子持ちの場合、どんなことに気を付けなければならないのか、注意点をお話しします。

①子供のパパ、ママ探しにならないようにする

まず、最も気を付けなければならないのは、婚活が恋愛ではなく、子供のパパ、ママ探しにならないようにすることです。再婚するということは、相手が自分の子供の親になることですが、子供を基準に考えると、どうしても相手との感情にズレが生じてしまいます。また、せっかく交際してうまくいっているのに、相手が「自分は異性としてではなく、親としてどうかを見られている」と勘付いてしまうと、大きなショックを受けてしまいます。再婚を目指すなら、まずはもう一度あなたが「ずっと一緒にいたい!」と、強い感情を持つことが、何より大切です。

②子持ちを負い目に感じない

バツイチに引け目を感じてはいけないと前述しましたが、子持ちの場合も同じです。バツイチ子持ちを負い目に感じてしまうと、「こんなに条件の悪い自分と、結婚したいと言ってくれる人は、他に表れないかもしれない」と考え、相手の本質や自分との相性を、見誤ってしまいます。結婚を決める時、一番大事なのは、「この人とずっと一緒にいたい」という気持ちなのです。迷ったら、「自分に子供がいなかったとしても、初婚だったとしても、この人と結婚したいと思うか」と、自分に問いかけてみてください。

③子供の存在を伝えるタイミングを計る

再婚を目指した婚活は、交際前に離婚歴があることを伝えることが重要です。もちろん、子持ちであることも、正直に伝えなければなりません。しかし、バツイチ子持ちの場合は、いつ子持ちだとカミングアウトするか、そのタイミングが難しいのです。

例えば、初対面でいきなり「バツイチ子持ちです」と言ってしまうと、完全恋愛対象外にされてしまう危険性があります。また、相手から告白された後に伝えると、「隠していた」と思われてしまうかもしれません。伝えるタイミングは、お互いのことを良く知り合ってから、交際に発展しそうな雰囲気になる前、あなたがバツイチ子持ちだという事実を知った時、相手が「今後どうするか」を真剣に考えてくれるタイミングを計りましょう。

④子供との相性を見極める

再婚を目指すなら、子供の親探しにならないよう気を付けなければなりません。しかし、本当に再婚するなら、パートナーと子供との相性はとても重要です。あなたがバツイチ子持ちを承知の上で、交際してくれる相手ですから、あなただけではなく、その子供も愛してくれようとする気持ちはあるでしょうが、相性を見極める必要があります。

交際し始めは、2人だけで過ごして恋人の絆を深め、2人の間で結婚の話が出るようになったら、子供と一緒に出掛けて、少しずつ家族としてどうなのかを見ていきましょう。血のつながらない子供の親になるというのは、相当の覚悟と、そして深い愛情がなければできないことです。決して焦らず、時間をかけて、充分考える時間を作りましょう。

⑤相手の家族の理解を得る努力を怠らない

バツイチ子持ちの再婚は、あなたと子供、そしてパートナーだけの問題ではありません。再婚相手となるパートナーの家族との関係も、この再婚が成功するかどうかの要となります。相手が初婚で、しかもまだ若い場合、相手側のご両親から猛反対をされるかもしれませんし、両親からの了承を得るまで、時間がかる可能性も高いです。

もしかしたら、パートナーはあなたのことを思いやり、「両親のことは、気にしないでいいから」と言うかもしれません。だけど、最後まで相手の家族に理解を得る努力をしてください。それが、あなたが見せるべき最低限の誠意であり、幸せな再婚をするためでもあるのです。根気良く、誠意を持って、懸命に歩み寄れば、きっと理解してもらえる日が来ます。周囲に祝福された結婚をすることが、あなたのためであり、そして、あなたを選んでくれたパートナーのためです。

まとめ

離婚が珍しくない時代となり、再婚者は増えていますが、それでもバツイチの婚活は、困難なことも多いです。だけど、あなたがポジティブになって、充実した毎日を過ごせば、きっと運命の相手が現れます。決して焦らず、自分の気持ちに正直になって、好きな人を探してくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


婚活

関連する投稿


孤独で寂しい…40歳独身女性が結婚できない理由と共通点17個

孤独で寂しい…40歳独身女性が結婚できない理由と共通点17個

40歳にもなると結婚して子どもを持つ女性も多くなってきます。そうなると、独身女性は孤独さや寂しさを感じてしまうもの・・・。40歳独身女性が結婚できない理由と共通点を説明します。もしこれに当てはまっていたとしても必ずしも結婚できないわけではありません。変えられることから変えてみませんか?


婚活ブームの影に婚活地獄!婚活地獄にハマる人の特徴10個と対処法6選

婚活ブームの影に婚活地獄!婚活地獄にハマる人の特徴10個と対処法6選

独身の男女が増え、婚活ブームとも言われる状況になり、婚活を行う男女が増えています。その代わりに婚活してもなかなか結婚できずに婚活地獄にハマる人も。婚活地獄にハマる人の特徴と対処方法などについても説明します。


30代婚活の現実は厳しい?! 婚活に成功する6つの方法と服装

30代婚活の現実は厳しい?! 婚活に成功する6つの方法と服装

30代になると婚活が難しくなるイメージがありますよね。実際の現実はどうなのかデータを踏まえて説明します。さらに30代の女性が婚活に成功するための方法とおすすめの服装を紹介します。婚活をしている人は、数字でもたくさん分かりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。


お見合いとは?お見合い結婚する人の割合と結婚相手の決め手10つ

お見合いとは?お見合い結婚する人の割合と結婚相手の決め手10つ

お見合い結婚は昔のテレビの話…なんてイメージを持っていませんか?昔は家柄を理由に行われていたお見合いですが、現代でもなかなか出会いが無い!という理由でお見合いを活用されている人もいるようです。今回はお見合い結婚する時に決め手となる事柄を紹介していきます。


婚活用プロフィールカードの書き方で成功するポイント10個[例文付き]

婚活用プロフィールカードの書き方で成功するポイント10個[例文付き]

婚活を頑張る人達が多い中、なかなか恋愛上手出来ずに悩んでいる方もいるかもしれませんね。そこで今回は婚活に成功するためにプロフィールカードの上手な書き方をレクチャーします。この記事を参考に自分の魅力を存分に引き出してください。


最新の投稿


女性の脈なしサイン30個(LINE・態度・会話)!断り方を勘違いしない

女性の脈なしサイン30個(LINE・態度・会話)!断り方を勘違いしない

女性の態度や会話から脈ありか脈なしかどうか探るのは、男性にとっては難しいかもしれませんね。この記事では女性のLINEも含めた脈なしサインを30個まとめています。勘違いしてしつこくアプローチするとますます縁遠くなってしまうので気をつけてくださいね。


好きな人とのLINEのきっかけ・始め方と盛り上がる話題ネタ20選!頻度は?

好きな人とのLINEのきっかけ・始め方と盛り上がる話題ネタ20選!頻度は?

好きな人ができたらできるだけ接点をつくったり、会話を楽しみたくなりますよね。この記事では、好きな人とのLINEをするきっかけ、始め方から盛り上がる話題ネタまで一挙にご紹介!話し下手の方はぜひ参考にしてくださいね。


[手相占い]親指のほくろの意味15個!右手・左手・内側・外側で違う?

[手相占い]親指のほくろの意味15個!右手・左手・内側・外側で違う?

手の親指にほくろがある人っていますよね。あなたの親指にはほくろはありますか?手相占いでは、親指のほくろの位置によって意味が異なります。右手・左手・内側・外側など場所によってどのように意味が異なるのか確認していきましょう。


[動物占い]ひつじ6色の男女別性格・恋愛・相性・適職

[動物占い]ひつじ6色の男女別性格・恋愛・相性・適職

動物占いにおけるひつじには6つの種類に分けられます。この記事ではひつじ6色の男女別性格や恋愛傾向、相性の良い動物から適職まで一挙にまとめています。同じひつじでも全然違う占い結果ですので見比べてみるのも楽しいですね。


[動物占い]粘り強いひつじ(ブラック)の男女別性格10個・恋愛・相性

[動物占い]粘り強いひつじ(ブラック)の男女別性格10個・恋愛・相性

生年月日から詳しい自己分析できるのが動物占い。この記事では粘り強いひつじ(ブラック)の男女別性格や恋愛傾向、更に適職から人間関係まで占います。相性診断も出来ますので、気になる相手がいる方も最後までご覧ください。


スピコミ公式メールマガジン