婚活ブームの影に婚活地獄!婚活地獄にハマる人の特徴10個と対処法6選

婚活ブームの影に婚活地獄!婚活地獄にハマる人の特徴10個と対処法6選

独身の男女が増え、婚活ブームとも言われる状況になり、婚活を行う男女が増えています。その代わりに婚活してもなかなか結婚できずに婚活地獄にハマる人も。婚活地獄にハマる人の特徴と対処方法などについても説明します。


2008年、「婚活」時代という著書が発売され、2009年に「婚活」が流行語大賞にノミネート。その後、空前の婚活ブームが到来しました。婚活をテーマとしたドラマが次々放映され、最近では結婚相談所がテレビCMも流れています。この不況の中、婚活市場は盛況です。

しかし、婚活市場が活性化する中、「婚活がうまくいかない…」と、婚活地獄にハマる人が増加。婚活は必ず成果が出るとは限らず、努力を重ねてもうまくいかない人も多いのです。

そこで今回は、本当に婚活ブームなのか、明確な数字を元に現在の婚活市場を解説!婚活の波に飲み込まれて、婚活地獄にハマる人の特徴と、その対処法を紹介します。

本当に婚活ブーム?婚活市場の状況と今後の予測

婚活ブームと呼ばれて数年が経過していますが、婚活をする人は本当に増えているのでしょうか?様々な角度から分析します。

まず、最近の婚活ブームが本当なのかを分析するために、大手結婚相談所の会員数の増減を調べてみました。

・IBJメンバーズ:2012年(4万人突破)→2017年(約6万人)

・パートナーエージェント:2013年(7,442人)→2017年(12,205人)

・ツヴァイ:2012年(約3万6千人)→2017年(約3万人)

・楽天オーネット:2014年(40,558人)→2017年(48,436人)

ツヴァイはここ数年で会員数は約6千人減っていますが、それ以外の結婚相談所では、軒並み増加傾向です。

結婚相談所の会員数の増加を見ても、婚活市場が盛況だというのは充分推測できますが、他の婚活では、どのような状況なのでしょう。

株式会社マッチングエージェントが2017年2月から3月にかけて行った調査の結果、オンライン恋活・婚活マッチングサービス市場規模は、以下のように推移すると予測しています。

2015年:120億円
2016年:156億円
2017年:208億円
2018年:273億円
2019年:367億円
2020年:451億円
2021年:517億円
2022年:577億円

婚活市場はスマホ普及により、結婚相談所だけではなく、婚活サイトの市場規模も拡大しているのです。

少し古いですが、経済産業省が2006年に行った「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書」では、結婚情報サービスを、仲人・結婚相談所型、データマッチング型、インターネット型の3タイプに分け、その会員数を分析して市場規模を推測した結果、500億~600億円という数字を算出しています。

では、実際に婚活サービス事業はどれくらいの売上高があるのでしょうか?上場企業である大手結婚相談所3社の売上高は、有価証券報告書に記載されています。それによると、IBJパートナーズの2016年度の売上高は約51億円で、僅か5年で売上高を倍増させています。パートナーエージェントの2016年度の売上高は約38億円で、こちらも毎年右肩上がりです。唯一、会員数が減少しているツヴァイのみ、売上高は減少していましたが、2015年度は前年比で微増しています。上場企業ではありませんが、楽天オーネットでは、2016年からテレビCMを開始。引き続き2017年もテレビCMを流し、注目を集めています。

これらのことを全て考慮すると、2006年に推測された500億~600億円という婚活の市場規模から、随分成長していることが伺えます。婚活は日本の人口減少を留める効果があると政府も注目しており、今後も婚活ブームは続いていくことでしょう。


※婚活には、累計登録者数250万人以上で、カップルになって結婚する人も多くいるomiaiがおすすめです。真面目に婚活をしている人や年収の高い男性もたくさん登録しています。

Omiaiの公式サイトはこちら

婚活に疲れて地獄だと思うタイミング5つ

昔のように、会社の上司や親戚などが、独身者を見つけてはお見合いをさせるような時代は終わりました。そのため、結婚したくても普段の生活に出会いがないことを理由に、婚活を始める独身者は増えています。

しかし、勉強や仕事と違い、結婚は縁の力が大きく作用するものです。努力しても報われるとは限らず、婚活地獄にハマる人が続出しています。どんな状態に陥った時に、人は「婚活は地獄だ…」と思い、疲れ果ててしまうのでしょうか。

①申し込みを断られ続けた時

婚活を始めれば、確実に異性との出会いは増えます。しかし、自分から行動しなければ、出会いを次につなげることはできません。婚活では「お見合いを申し込む」「交際を申し込む」「婚活パーティーで相手を選び申し込む」といったように、自分からアクションを起こす必要があるのです。しかし、婚活をする人の中には、今までの人生積極的に恋愛をしてこなかった人も少なくありません。異性に「もっと知り合いたいです」という意思表示をした経験が少ない、もしくは皆無で、もちろん自分からの告白経験がなければ、異性から断られるという経験もありません。

そのため、「断られる」ということに免疫がなく、懸命に努力して相手にアプローチしているのに、断られることが続いてしまうと、自分を否定されたような気分になります。そして、「婚活は地獄だ…」と、心が折れてしまうのです。

②結婚したいと思える相手に出会えない時

「結婚するぞ!」という決意のもと、婚活を始めた時は、皆新たな出会いに期待で胸を膨らませていました。しかし、婚活する人は恋愛に奥手で、元々恋愛体質ではないという人も多く、婚活を始めて出会いが増えても、「結婚したい」「交際したい」という相手と巡り合えないことがあるのです。特に女性の場合、意を決して婚活を始め、男性からのアプローチも少なくないのに、本人がどうしても相手を生理的に受け付けられないこともあります。

何人もの異性と出会っているのに、自分から行動を起こそうと思える相手と出会えず、ただ時間だけが過ぎていくと、焦燥感に駆られます。そして、無駄に焦って空回りし、益々婚活がうまくいかず、「本当に結婚できるのだろうか…」と、不安に押しつぶされそうになってしまうのです。

③交際に進んでも破局を繰り返す時

婚活では、交際開始後にも壁が待ち受けています。異性との出会いが劇的に増え、間もなく交際に発展する人も一定数いるのですが、交際できたからといって、それが結婚に繋がるとは限らないのです。

例えば、大手結婚相談所のパートナーエージェントでは、入会から成婚までの平均交際人数が7.5人と公表しています。(公式サイト参照)。交際開始後初デートで交際解消、という流れもありますが、1人の異性と向き合い、関係を深めた後の破局は、やはり精神的に応えます。何人もと交際しては破局という流れを繰り返すと、「自分には何か欠点があるのではないか」と、絶望的になってしまうことがあるのです。

④金銭的にキツくなった時

婚活はお金がかかります。婚活の期間が長くなればなるほど、経費は積み重なっていきます。お金で結婚という幸せを掴めるならば、安いものだという考えもありますが、実際に出費が続いていくと、金銭的なことはもちろん、精神的にもキツくなっていくのです。「ここまでお金を払い続けたのだから、結果を出さなければ」という気持ちと、「このまま続けても、結局お金をドブに捨てるだけなのでは」という気持ちがぶつかり合い、葛藤します。未来は確定できませんから、悩み続けることになり、強いストレスを感じて、疲れ果ててしまうのです。

⑤婚活が長引いて先が見えなくなった時

金銭的には余裕があっても、婚活が長引くと、精神的に落ち込みます。婚活が長引くのは、結果が出ない状態が続くということですから、落ち込むのは当然です。どんなに苦しくても、終わりの期限がわかっていれば、耐えられるものです。しかし、婚活については、結婚というゴールがいつ訪れるのか、予測不能です。しかも、婚活は経験を積み重ねても、相手は全く別人なので、経験値が活かせないことも多く、長引けば長引くほど、疲弊してしまいます。

人は落ち込むと、どうしてもネガティブになりますから、終わりが見えない婚活地獄にハマり、酷い場合は鬱病になってしまうケースもあるのです。

婚活地獄にハマる人の特徴10個

婚活を始めて、短期間で結婚を勝ち取る人がいる一方、婚活地獄にハマり、いつまで経っても結果が出せない人も多数存在します。結婚は縁がもたらすものですから、「たまたま良縁が巡ってこなかった」ということもあるでしょう。しかし、婚活地獄にハマる人には、いくつかの共通点があるのです。そこで、婚活地獄にハマる人の特徴を解説します。

1. 優柔不断で決断力がない

婚活地獄にハマる人は、漏れなく優柔不断で決断力がないと言っても過言ではありません。婚活は決断の連続です。どの相手とお見合いするか、お見合い後交際するか、交際後結婚するか、決断しなければ先に進むことはできません。もちろん、婚活パーティーも、婚活サイトも、大勢の中から誰をピックアップするか、どうやってことを運んでいくのかなど、決断しなければならないことは山ほどあります。

だから、優柔不断で決断力がないというのは、婚活では致命的な弱点となってしまうのです。婚活に「ちょっと待った」は通用しません。今出会ったその人と交際する決断ができなければ、それっきりです。「ゆっくり考えて返事したいから、その間あなたは婚活をしないで待って」とは言えません。だから、決断できなければ、多くの異性を見送ることになり、婚活地獄にハマってしまうのです。

2. 超奥手で受け身

婚活は弱肉強食の戦場です。皆、人生の伴侶を求めて、「この人こそ」と思った相手にアプローチしていきます。そうしなければ、自分の存在に気付いてもらえません。だから、婚活では超奥手で受け身なタイプは、圧倒的に不利になります。

婚活の場には、元々恋愛に奥手で、それでも決意と勇気を持って参戦している人も多く、相手が受け身過ぎると「もしかしたらウザいと思われているのでは?」「脈なし?」と、勇気がしぼんでしまいます。そして、別の相手を探し始めてしまうのです。超奥手で受け身過ぎると、せっかく相手からアプローチしてくれても、結局自分の立ち振る舞いが原因で、チャンスを不意にしてしまいます。超奥手で受け身なタイプは、情熱を持って猛プッシュしてくれる相手に巡り合えない限り、結婚できずに婚活地獄にハマっていくのです。

3. 結婚のイメージが漠然としている

「多くは望まないから、暖かな家庭が欲しい」「異性のタイプに拘りはない」「何でもいいから、結婚して幸せになりたい」そんな漠然とした考え方で婚活をしているのも、婚活地獄にハマる人の特徴です。婚活とは、数万人規模の異性の中から、たった1人を見つける、大変困難な作業です。漠然としたイメージだと、大勢の対象者から絞り込むことができません。その結果、「悪くないけど、決め手もない」という状態が続き、婚活地獄に陥ってしまいます。

また、結婚へのイメージが漠然としている人は、実は自分の直感を最も信じている人が多く、これもまた、婚活地獄にハマる要因です。直感を別の言葉に変えると、「この人と結婚したい!と強く惹かれる相手」となりますが、そのような相手と確実に出会う方法はなく、運に身を任せることになります。運だけで結婚相手に巡り合えるなら、とっくに結婚しているはずです。

4. 結婚までの明確な期限を設定していない

「結婚したいから婚活する。できればすぐにでも結婚したいけど、好きじゃない人と無理に結婚したいとは思わない」これは、ごく普通の恋愛観であり、結婚観です。しかし、婚活においては、「好きな人と結婚できるまで」という設定にしてしまうと、事実上無期限状態となります。これが、婚活を長引かせ、婚活地獄にハマる原因の1つなのです。

なぜならば、婚活をしていれば、いくらでも新しい出会いを生むことができるから。婚活に期限を設定しないと、適当なところで手を打つことができなくなってしまいます。「まぁ、良い人だし、結婚したら幸せに暮らせそうだけど、でも心が燃え上がらない」そんな理由で、新しい出会いに期待して、せっかく掴みかけた結婚のチャンスを、自ら逃してしまいます。婚活では、異性との出会いは無限に近いです。だからこそ、「今年中に結婚する」「1年以内に相手を決める」という期限を作らなければ、婚活地獄にハマってしまうのです。

5. 自分を客観的に見る力が弱い

恋愛は、身体的人間的レベルが同じ人が惹かれ合い、カップルになるという説があります。これをギブアンドテイクの理論と言います。婚活でも、この理論は当てはまり、例えば婚活パーティーならば、男性と女性の人気上位同士がカップルになりやすいです。婚活では、自分が婚活市場において、どのレベルに位置するのかを冷静に分析し、高望みをせず身の丈に合った相手を見つけることが、成功の秘訣と言えます。

しかし、自分を客観的に見る能力が弱いと、自己評価が甘く、気付かぬうちに高望みをしてしまうことが多いです。当人は、「自分の条件なら、あの人に申し込めば良い返事がもらえるかもしれない」と思っているのですが、それが全くの見当違いで、断られることが続いてしまいます。そこで、婚活市場に置かれた自分の現実に気付けば、作戦も立てられるのですが、何せ客観的思考がないため、「どうしてうまくいかないんだろう」と、悩み続けることになります。そして、婚活地獄にどっぷりハマっていくのです。

6. 実はロマンチストで運命の出会いを信じている

自ら婚活をしておきながら、心のどこかで、「運命的な出会いがあるかもしれない」と思っているロマンチストは、婚活地獄にハマりやすく、しかも婚活疲れしやすい人の特徴です。婚活では、結婚の現実的な問題に向かい合わなければなりません。相手もそれを求めています。もちろん、自ら婚活の道を選んだので、頭ではそれを理解しているのですが、根がロマンチストだと、「夢がない」「殺伐とし過ぎる」と、どうしても心が否定してしまいます。

しかし、婚活を止めれば出会いがなくなり、結婚への道は途絶えてしまいます。運命の出会いを信じているけど、ドラマのように偶発的な出会いに賭ける程、夢見がちでもありません。だから結局、「なんだか違うような気がするけど、結婚するなら婚活しかない」と、納得いかないまま婚活を続けて婚活地獄にハマり、強いストレスを感じて婚活疲れしてしまいます。

7. 「そのままの自分を愛して欲しい」と思っている

婚活地獄にハマる人の中には、結婚というものを誤解しているタイプがいます。「そのままの自分を愛して欲しい」と思っている人です。「え!?それってダメなの!?」と思ったあなたは要注意。あなたは既に婚活地獄にハマっているかもしれません。

結婚生活を穏やかに送るためには、お互いを思いやり、協力することが必須となります。しかし、違う人間が夫婦になるのですから、意見がぶつかり合うこともあるでしょう。この時、お互い譲歩し合うことになります。感情を優先させず、理性的に結論を出さなければならないのです。婚活では、結婚生活のすり合わせが行われますから、「そのままの自分」を押し通すと、交際に発展しても相手が逃げだすか、あるいはあなたが不満に感じて別れを選択してしまいます。「そのままの自分を愛して欲しい」というのは、非常に傲慢な考え方だと気付かなければ、婚活地獄にハマってしまうのです。

8. 「幸せにする」より「幸せにして欲しい」願望が強い

婚活では、結婚の条件のすり合わせが行われます。条件が多ければ多いほど、それを全てクリアする相手の数は少なくなりますので、当然婚活は困難を極めることになります。しかし、婚活地獄にハマる原因は、「条件が多過ぎる」という表面的なものよりも、むしろ「条件を多く出してしまう理由」にあるのです。なぜ、結婚相手に多くの条件を求めるのか、その理由は「幸せにして欲しい」という願望が強いからに他なりません。

「幸せにして欲しい」願望が強いと、どうしても相手を見る目が厳しくなります。結婚とは、本来自分を幸せにしてくれる相手ではなく、「この人と一緒にいたい、幸せにしてあげたい」と双方が想いあって成立するものです。だけど、婚活では条件から入るため、恋愛結婚とは違い、自分の利益を優先させようとしてしまいます。ところが、結婚はギブアンドテイク、支え合ってこそうまくいくものなので、「幸せにして欲しい」という思いが強いと、婚活もうまくいかず、婚活地獄にハマってしまうのです。

9. 他力本願

他力本願というのも、婚活地獄にハマる人の特徴です。自主的に行動したのは、「婚活を始める」ということのみ。婚活すれば、適当な相手と自然に巡り合えると思っており、自主的に相手を深く知る努力や、相手の為に頑張ろうという気持ちが足りません。本気で婚活している人に比べると、圧倒的に本人の情熱が足りないのです。誰かが自分を見つけて、結婚という世界へ引き上げてくれることを、ただ待っているだけなのですから、婚活地獄にハマるのも当然と言えるでしょう。

10. 問題解決力が弱い

物事がうまくいかない時、その原因を探り、どうすればうまくいくのかを考え、実行に移さなければ、事態は好転しないものです。これは、婚活にも当てはまります。ということは、婚活地獄にハマる人は、問題解決力が弱いということです。仕事や勉強ができたとしても、恋愛や人間関係の問題解決力が、著しく弱いのです。だから、いつまで経っても婚活地獄から抜け出せないのです。

婚活地獄にハマった人が抜け出す対処法6選

婚活がうまくいかず、「婚活地獄にハマっている」と自覚したら、そこから抜け出す為には工夫が必要です。闇雲に婚活を続けても、運命の出会いが突然ふってくる可能性は限りなく低いのです。では、具体的にどうしたら良いのか、婚活地獄にハマった人が抜け出す為の対処法を解説します。

①本気で結婚したいのか改めて自問自答する

「婚活地獄が辛い…」そう思ったら、自分が本気で結婚したいのか、改めて自問自答してみましょう。婚活地獄から手っ取り早く抜け出す一番の方法は、婚活を止めることです。もしも、周囲に流されて何となく婚活をしていただけなら、スッパリと婚活を止めるというのも1つの手段なのです。

しかし、真剣に自問自答して、「どうしても結婚したい!」と思うなら、婚活を続けるしかありません。辛い状況が続くことになりますが、改めて結婚への気持ちを自覚することで、「頑張るしかない」という気合が沸いて、今よりもポジティブになれます。

②結婚相手の条件を1つだけに絞る

「結婚するんだ」という決意を固めたら、今度は結婚相手の条件について、考え直してみましょう。今までの婚活経験を踏まえて、本当に自分が必要としているものを見極めていくのです。条件はたくさんあるでしょうが、「これだけは絶対譲れない」というもの1つだけに絞ってください。

婚活地獄にハマるのは、多くの出会いから1つに絞りきれないことも原因です。条件が多いと、まず全てクリアする人には出会えませんから、どこかで妥協することになります。しかし、最初から条件が多いと、本当は妥協してはいけないところを妥協して、交際しても「合わない」ということが続き、時間を無駄にしてしまいます。婚活地獄から抜け出して、結婚に辿り着くためにも、条件は1つに絞り、その代わり、その条件だけを絶対死守しましょう。一番大切なことが守られていれば、他の欠点は案外許容できるものなのです。

③外見レベルを上げる努力をする

婚活を成功させるためには、もちろん外見も重要です。お洒落を勉強して、身なりを整えるだけで、申し込みをOKしてもらえる確率が高まります。もちろん人は内面が大切ですが、婚活では第一印象が今後を左右するので、少しでも初対面の印象値を高めるためにも、外見を磨くことは必須です。

④コストの安い婚活で対人スキルを上げる

会話力や、異性との接し方も重要です。婚活では基本的に初対面の場で相手に好印象を残せなければ、それっきりとなってしまいます。どんなに本質が素晴らしくても、最初にそれを相手に示せなければ、次に繋げることができないのです。

しかし、恋愛経験が少なく、異性の前で緊張してしまう場合、すぐに社交的になるのは難しいですよね。そこで、コストの安い婚活に参加して、対人スキルを上げていきましょう。人は場数を踏めば、どんなことでもある程度慣れていくものです。基本的に婚活は「全て本番」ですよね。だから、あえて「今回は練習」という場を作るのです。練習には、1回で色々なタイプの異性と出会い、実際に会話することができる婚活パーティーがおすすめです。

練習と割り切ったら、まずは周囲の様子を良く観察しましょう。人気がある人はどんなファッションで、どんな立ち振る舞いなのかを研究してください。そして、トークタイムでは、「これは練習だ」と自分に言い聞かせて、肩の力を抜いて、どのような会話が異性に喜ばれるのか考えながら、色々な話題を出してみましょう。練習すれば僅かですが自信がつきます。自信がつけばポジティブになり、明るい雰囲気になります。それがあなたの魅力となって、異性から選ばれる機会が増え、婚活地獄から抜け出すきっかけになります。

⑤人に相談する

婚活に行き詰った時は、人に相談することも大切です。自分の問題点は、なかなか自分では気付けないものです。信頼できる人に、婚活がうまくいかないのはなぜか、結婚とはどんなものなのか、どうすれば結婚できるか、話を聞いてもらいましょう。具体的なアドバイスがもらえなかったとしても、人に話すことで自分の考えが整理され、良い答えが見つかるかもしれません。何より、人に悩みを聞いてもらうことがストレス発散になり、婚活地獄で疲れた心が癒され、「また頑張ろう」という意欲が沸いてきます。

⑥婚活方法を見直す

色々な方法を試し、それでも婚活地獄から抜け出せない場合は、婚活方法を見直してみましょう。今の婚活があなたに合っていない可能性もあります。婚活には様々な方法がありますよね。

・結婚相談所
・婚活パーティー
・婚活サイト
・趣味コン
・街コン
・合コン
・知人、友人からの紹介
・習い事や趣味サークルの出会い
・SNS

まだ試していない婚活があったら、一度経験してみるのも1つの方法です。いくつも並行して活動するのも良いでしょう。あなたの魅力が相手に最も伝わりやすい婚活方法を見つけることができれば、婚活地獄から抜け出せます。

まとめ

婚活ブームはまだまだ続き、婚活市場は今後も活性化していきそうです。しかし、婚活すれば必ず結婚できるとは限らず、婚活人口が増えるということは、婚活地獄にハマる人が増えるということでもあります。もしも、あなたが婚活地獄にハマってしまった時は、今回紹介した対処法を試してみてくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


婚活

関連する投稿


孤独で寂しい…40歳独身女性が結婚できない理由と共通点17個

孤独で寂しい…40歳独身女性が結婚できない理由と共通点17個

40歳にもなると結婚して子どもを持つ女性も多くなってきます。そうなると、独身女性は孤独さや寂しさを感じてしまうもの・・・。40歳独身女性が結婚できない理由と共通点を説明します。もしこれに当てはまっていたとしても必ずしも結婚できないわけではありません。変えられることから変えてみませんか?


再婚(バツイチ)の婚活必勝法!成功させる20のポイント

再婚(バツイチ)の婚活必勝法!成功させる20のポイント

婚活をしたいけどバツイチが気になる・・・。そんな人も多いはずです。さらに子持ちだと子どものことも気になりますよね。離婚や再婚(バツイチ)の現状や婚活を成功させるための必勝法について詳しく説明していきます。


30代婚活の現実は厳しい?! 婚活に成功する6つの方法と服装

30代婚活の現実は厳しい?! 婚活に成功する6つの方法と服装

30代になると婚活が難しくなるイメージがありますよね。実際の現実はどうなのかデータを踏まえて説明します。さらに30代の女性が婚活に成功するための方法とおすすめの服装を紹介します。婚活をしている人は、数字でもたくさん分かりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。


お見合いとは?お見合い結婚する人の割合と結婚相手の決め手10つ

お見合いとは?お見合い結婚する人の割合と結婚相手の決め手10つ

お見合い結婚は昔のテレビの話…なんてイメージを持っていませんか?昔は家柄を理由に行われていたお見合いですが、現代でもなかなか出会いが無い!という理由でお見合いを活用されている人もいるようです。今回はお見合い結婚する時に決め手となる事柄を紹介していきます。


婚活用プロフィールカードの書き方で成功するポイント10個[例文付き]

婚活用プロフィールカードの書き方で成功するポイント10個[例文付き]

婚活を頑張る人達が多い中、なかなか恋愛上手出来ずに悩んでいる方もいるかもしれませんね。そこで今回は婚活に成功するためにプロフィールカードの上手な書き方をレクチャーします。この記事を参考に自分の魅力を存分に引き出してください。


最新の投稿


【夢占い】キスする・キスされる夢の意味と心理32パターン

【夢占い】キスする・キスされる夢の意味と心理32パターン

誰かとキスする夢を見たら、起きてからもしばらくドキドキしてしまいますよね。自分からキスする、もしくは誰かからキスされる夢には一体どのような意味や心理が隠されているのか、この記事では32パターン別の夢占い診断をまとめています。


【夢占い】付き合う夢を見たときの意味と心理30パターンを夢診断

【夢占い】付き合う夢を見たときの意味と心理30パターンを夢診断

片思いの人と付き合う夢を見たら、もしかして正夢なのかも…なんてドキドキしてしまいますよね。夢占いでの付き合う夢にはどんな意味が隠されているのでしょうか。この記事では30パターンに分けた夢診断を紹介しています。


人付き合いが苦手で疲れる理由7個と対処方法13個を徹底解説

人付き合いが苦手で疲れる理由7個と対処方法13個を徹底解説

人と接する事が大好きな人もいれば人間関係が苦手で、なんだか疲れてしまう…という人もいます。一体どうして人付き合いが苦手で疲れてしまうのか、理由と対処法についてまとめています。人間関係についてお悩みの方はぜひご覧ください。


北枕とは?意味と効果8つ!北枕で寝るのは縁起が良くない?[風水]

北枕とは?意味と効果8つ!北枕で寝るのは縁起が良くない?[風水]

枕を北に向けて寝るのは縁起が悪いからしてはいけない…という話はどの家庭でも1度は耳にするのではないでしょうか。でもどうして北枕が良くないといわれているのか意外と知られていないかもしれませんね。そもそも北枕にはどんな意味や効果があるのか、詳しく解説していきます。


鼻が大きい女性の性格的特徴11個と女性芸能人20人[人相占い]

鼻が大きい女性の性格的特徴11個と女性芸能人20人[人相占い]

鼻が大きい女性には、目鼻立ちがくっきりしていて美人顔な人も多いですよね。そんな鼻が大きい女性の性格的特徴について人相学の観点からお伝えします。さらに、鼻が大きい女性芸能人もご紹介します。


スピコミ公式メールマガジン