2月13日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

2月13日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

2月13日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。2月13日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。2月13日生まれの人や好きな人が2月13日生まれの人は、ぜひ見てください。


生まれた日だけで占うことのできる「誕生日占い」からは、基本的な性質や能力、運気の流れを読み取ることが出来ます。悩みごとや判断に迷ったときは生まれた日で占ってみましょう。きっと解決に向けたよいアドバイスを受け取ることが出来るでしょう。

「誕生日占い」はコミュニケーションツールとして活用することもできます。付き合い方に悩んでいる人がいれば、その人の誕生日をチェックしてみてください。良好な関係構築のためのヒントを見つけられますよ。

今回は2月13日生まれの人について詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

2月13日の誕生日占いの運命とは?

2月13日生まれの人は優しく、人に対する配慮や思いやりを欠かしません。空気を読むことに敏感で、相手の気持ちを先回りして臨機応変な対応を心がけていくでしょう。頼もしい人です。

しかし、その行動にはどこか義務感が付きまとっているようです。「しなくちゃいけない」などと、みずからの理念やあるべき姿に縛られてはいないでしょうか?

そんな2月13日生まれの人の使命は「自分に誠実に、自然体で人と向き合い、サポートしていく」ことです。

2月13日生まれの人は責任感が強く真面目、かつ人目を気にしすぎます。自分や人が思う完全な姿を追求しすぎるあまり中途半端に終わったり、自己犠牲を強いることになってしまうでしょう。そこからは「ここまでやったんだから…」と見返りを求める気持ちが生まれがちです。

人のためにあれこれ行動する前に、まずは自分自身に優しくしましょう。自分を愛し、大切にすれば、自然とその愛は周囲へと向かっていきます。そこから生まれる優しさは多くの人の心動かし、協力者を増やしていくこととなるでしょう。

2月13日生まれの人の性格的特徴

2月13日生まれの人は生まれながらのコミュニケーター。感受性に優れ、人の心や本質を見抜く力に優れていますから、すぐに相手の心を開いてしまうでしょう。誰とでも気さくに打ち解け合える社交上手です。

多気多才で、たいていのことはなんでもできてしまうでしょう。集中力の高さから仕事や趣味を極める人が多い傾向にあります。創造性に優れていますから、クリエイティブ分野に進む人が多いのではないでしょうか。

正直者で嘘が付けないピュアな人です。その分、いわなくてもいい余計な一言を口にしてしまうことも。曲がったことが許せない正義感の強さからトラブルを引き起こすこともありそうです。あまり頑固になりすぎないよう心がけたいですね。

冷静で落ち着いた人です。どんなときも慌てることなくベストの判断を下せるので、失敗やミスも少ないでしょう。頼りになる人です。弁が立ち交渉事を得意としますが、たまにやりすぎて反感を買うこともありそうです。自己中心的な言動は控えましょう。

2月13日生まれの男性の運勢

2月13日生まれの男性は大器晩成型の運気にあります。若い頃はユニークな個性が「風変わり」とみられ、なんとなく人から遠ざかるような存在になりがちです。

運気もいまひとつパッとしません。なんとか環境を変えようと大きなチャレンジに出ることもあるでしょうが、なかなか思うような成果が出せないでしょう。ただ、運そのものが悪いわけではありません。希望どおりの進学・進路に進むことはできますから、焦らず地道に進んでいくことです。

40代突入寸前に「選択」の暗示があります。ここでの選択が40代以降の人生に大きな影響を与えるでしょう。運気はここを境に大きく飛躍していきますから、迷うことなく思い切った判断をしてよさそうです。

50代はすべての運気が好調です。積み重ねてきた地道な努力が大きな花を咲かせるでしょう。ただし、驕らないことです。

幸運に気をよくしていると足元を掬われかねません。特に人間関係は要注意です。どれほど成功しても、謙虚な姿勢を崩さないことが幸運期を持続させるコツです。

2月13日生まれの女性の運勢

2月13日生まれの女性は順調な運気にあります。より運気を高めるには、憧れの存在として周囲を引っ張り、よい影響を与え続けていくことを心がけるといいでしょう。

10代後半からグングンと運気は上昇していきます。特に対人関係が好調で、多くの友人に囲まれて過ごすことになりそうです。人と接することが好きな人ですから、楽しく充実した時間を過ごすことが出来るでしょう。

仕事でもコミュニケーション能力をフル活用して人脈を広げ、次々と成功を収めていけそうです。ただ、仕事と家庭の両立には向いていないようですから、どちらかの選択を迫られることになるでしょう。

40~50代前半頃までの運気はやや低調気味です。金運・恋愛運が足を引っ張りそうです。仕事を辞めて家庭に入った場合はパートナーの収入が頼りになります。自由に使えるお金には困るかもしれません。

50歳以降、運気は再び盛り返しますが、60代に入ってすぐ「選択」の暗示が。なにかしら大きな決断を迫られる出来事に遭遇しそうです。運気自体は悪くないのですが、健康管理にはくれぐれも気を付けてください。

2月13日生まれの人の恋愛傾向

2月13日生まれの人は人が大好きでコミュニケーション上手ですから、その気になればいつでも恋愛相手が見つかるでしょう。ただ恋愛に対する理想が高く、なかなか友達以上の関係に進めないかも。一方で、情に流されやすいので気を付けてください。

恋愛には真面目で一途ですから、浮気の心配はないでしょう。ただし、一定の距離感が必要な人です。いつもベタベタと一緒にいるような関係は疲れてしまい長続きしません。自立したバランスよい距離感がベストです。

男性は男らしい人が多いようで、頼られることを求めます。自立した女性よりも、自分に甘えてくれる家庭的な女性に惹かれるでしょう。非常に真面目で、将来を見据えて付き合える相手でないとなかなか踏み切れそうにありません。

女性は嘘のない誠実な関係を求め、じっくりと時間をかけて相手に惹かれていくでしょう。一目ぼれはまずありません。共通の趣味などあると距離も縮めやすそうです。真面目で奥手な一方、気になった相手には自分からアプローチしていく積極性があります。

2月13日生まれの人の結婚運

2月13日生まれの人は恋愛中から結婚を意識しているでしょう。付き合う中でじっくりと相手の人間性を確かめ、結婚の意思を固めていきます。

結婚後はよき夫・妻として家族を大切に守っていくでしょう。自分を追い込みがちな人ですから、弱音を吐ける環境を築いていくよう心がけましょう。共通の趣味など持つといいかもしれません。

男性は30代にいわゆる「モテ期」が訪れそうです。あまりにモテすぎて一人に絞り込めず、婚期を逃してしまうことも。

結婚後は仕事も家庭も大切にし、休日は家族サービスに勤しむでしょう。自分の弱さをみせない人ですから、パートナーとなる人はしっかりと見抜き、フォローしてあげましょう。

女性は20代半ば~30代前半にチャンスが訪れそうです。30代のうちは仕事と家庭の両立はあまりお勧めできません。完璧主義な人ですから疲れ切ってしまうでしょう。

結婚後も仕事を続けるのであれば、理解があり協力的なパートナーを選びましょう。

2月13日生まれの人の金運

2月13日生まれの人の金運は安定しています。みずから稼ぎ出す力がありますし、貯金はもちろん、資産運用の能力もありそうです。お金の使い方に計画性があり、無駄遣いはしませんから堅実にためていけるでしょう。

ただし、ケチになりすぎるとせっかくの金運も逃げていってしまいます。ほどほどにしておくことです。

男性は30代以降に人生が花開くといっていいでしょう。仕事も順調に軌道にのり、それに合わせて金運も急上昇していきます。

40歳を迎える頃にはまとまった資産を手に入れられる可能性も。お金には一生困ることはなさそうです。

女性は結婚によって金運が左右される可能性があります。仕事に邁進していけば順調に昇進を重ね収入もアップしていくでしょう。

結婚を機に仕事を辞めることになれば、30~40代に経済的困難に見舞われる可能性があります。家庭に入るのであれば、収入に不安のないパートナーを選ぶことが大切です。50代を過ぎれば金運は上昇していきますから、老後の心配はなさそうです。

2月13日生まれの人の仕事運・適職・職業

2月13日生まれの人は頭の回転がはやく創造性も豊かな多芸多才な人です。どのような仕事でも器用にこなしていくでしょう。コミュニケーション能力が高く目配り気配りができる人ですから信頼度も高く、多くの人に慕われます。上から引き立てられるなど順調に出世コースに乗れるでしょう。

チームプレイも個人プレイも対応できますが、上から目線で指示されることは苦手なため、リーダーとなるか自営業やフリーランスのほうが伸び伸びと活躍できそうです。

仕事としては頭脳労働が向いています。計画性があり実践的な人ですから公的機関などいいでしょう。弁が性質交渉上手なところは弁護士などの士業や政治家、教育関連などへの適性が高いといえそうです。

勘の鋭さは科学や哲学、開発・研究分野で活かせるでしょう。思いやりや気配りのよさは福祉関連やカウンセリング業向きです。

この日生まれの人は仕事にのめり込みすぎてプライベートを犠牲にする傾向があります。また対人関係が大きなストレスとなることもありますから、程よいバランスをとって神経をすり減らさないよう心がけましょう。

2月13日生まれの人の健康運

2月13日生まれの人は自律神経が弱いかもしれません。神経質でストレスを感じやすい人ですから、胃腸の健康に気を配りましょう。疲れたと感じる前に休息をとることです。

なかば強制的にでも休憩時間を設定して定期的にリフレッシュしていきましょう。健康運は肉体的には心配はないのですが、精神面にやや不安があります。

2月13日生まれの人の星座は何座?

2月13日生まれの人の星座は「水瓶座」です。

水瓶座の人はかなりユニークな個性の持ち主。人とは異なるものに価値を見出すなど、スペシャル感を大切にします。少し穿った見方をすることもありますが、ボーダレスな捉え方は多様な価値観を受け入れる器の広さを備えています。どんな人も受け入れる博愛精神に溢れた人です。

冗談が大好きで、いつも面白いことをいってはみんなを笑わせるムードメーカーですが、親しみやすいタイプではありません。クールでカッコつけなところがあります。ただ素直で単純なので褒められると嬉しくなります。

常識にとらわれない自由発想で、次々とアイデアを出していきます。物事がうまくいかないときも、すぐに新しいルートをみつけ軌道修正していける柔らかい頭脳と行動力で現状を打破していくでしょう。頼もしい人です。

好奇心旺盛で新しいことが大好き。最先端のことは誰よりも先に試していきます。どんなことも知っておかないと気が済まない情報通です。

2月13日生まれの人の相性

■友人(ソウルメイト)
1月18日、1月24日、2月16日、2月22日、3月14日、3月20日、4月12日、4月18日、5月10日、5月16日、6月8日、6月14日、7月6日、7月12日、8月4日、8月10日、9月2日、9月8日、10月6日、11月4日、12月2日

■恋人(運命の人)
1月12日、2月10日、2月15日、2月19日、3月5日、3月8日、4月6日、5月4日、6月2日、6月13日、6月20日、8月7日、8月15日、8月16日、8月17日、8月18日、11月25日

水瓶座と相性がいいのは「双子座(5/21~6/21)」と「天秤座(9/23~10/23)」です。

双子座とはちょうどよい距離感での関係を構築できるでしょう。一緒にいたいとき、ちょっと離れていたいときの感覚がピッタリです。お互いが求めるものもよくわかるので、居心地の良い組み合わせとなりそうです。

天秤座とは価値観や感性がとてもよく似ています。独創的な二人ですから、いつもたのしい会話で盛り上がれるでしょう。似たもの同士、気持ちの良い付き合いができそうです。

2月13日生まれの誕生石

2月13日の誕生石は「バイカラー・フルオーライト」と「ペリドット」です。

■バイカラー・フルオーライト
石言葉:「二面性の魅力」

フルオーライト(フローライト)は「蛍石」のことです。ひとつの石の中に2色の異なる色が混在するものを「バイカラー・フルオーライト」といいます。

バイカラー・フルオーライトは心身の成長を促し、しなやかさと強さをバランスよく整えてくれます。潜在的な才能や魅力を引き出し、理想の自分に近づくようサポートしてくれるでしょう。

美意識を高めてくれる石なので、芸術や美容、宝飾、建築など美しさを追求する人におすすめです。

■ペリドット
石言葉:「幸せ」「夫婦間の愛」「和合」「平和」「豊穣」

「太陽の石」として崇められてきたペリドットは黄緑色の美しい石です。まさに太陽のようなエネルギーで暗闇を砕き、光を与えてくれます。邪悪を跳ね返し、智慧を与え、希望と勇気をサポートしてくれるでしょう。

穏やかに内面から輝かせ、円満な人間関係へと導いてくれるパワーストーンです。

2月13日生まれの誕生花

2月13日の誕生花は6種類あります。

■プリムラ・マラコイデス
花言葉:「運命を開く」「開運」「気取らない愛」

和名は「化粧桜/乙女桜」。カラーが豊富でなので色とりどりの寄せ植えがおすすめです。

■フリージア(紫)
花言葉:「憧れ」

香水の原料にも使われるほどよい香りのする花です。色に関係ないフリージアの花言葉は「期待」です。

■エーデルワイス
花言葉:「大切な思い出」「尊い思い出」

アルプス原産のキク科の植物です。全体が白い毛に覆われていることから和名を「西洋薄雪草」といいます。

■ローダンセ
花言葉:「情に厚い」「変らぬ思い」「終わりなき友情」「飛翔」

ローダンセ(広葉花簪/ヒロハノハナカンザシ)は発色の良いピンク色などの可愛らしい花を咲かます。乾燥に強く、ドライフラワー向きです。

■イワレンゲ
花言葉:「よき家庭を築く」「勤勉」「豊かな才能」

イワレンゲ(岩蓮華)は日本固有種で観葉植物として人気ですが、現在は絶滅危惧種に指定されています。

■雲竜柳
花言葉:「素早い対応」

クネクネと捻じれて伸びる枝の様子から「雲竜柳」と命名されました。中国を原産とするヤナギ科の低木です。

2月13日生まれの誕生日カラー

2月13日の誕生日カラーは「うぐいす色(#83823D)」です。

■うぐいす色
色言葉    :「家庭」「几帳面」「向上心」
パーソナリティ:己の価値観を大切に育む芸術家

うぐいす色はウグイスの羽のような「くすんだ黄緑色」です。抹茶色を濃く暗くした感じで、抹茶とモスグリーンの間の色味となります。実際のウグイスの羽はもう少し明るめです。

そんな「うぐいす色」を誕生日カラーに持つ2月13日生まれの人は、独創性に優れた発明家タイプ。なにごとも創意工夫して自分なりのカタチを生み出していくでしょう。向上心あふれる勤勉家です。

自己表現が得意で、創造性を活かす分野で大きな成功を収める可能性が高いようです。
情熱的でロマンチック、高い美意識は芸術や文学などの分野で才能を発揮する人が多い傾向にあります。

2月13日生まれのラッキーナンバー

2月13日生まれのラッキーナンバーは「1」「4」「6」です。

ラッキーナンバーのほかに「運命数」と呼ばれる数字があります。「運命数」は生年月日を1桁になるまで足してみましょう。

(例)1999年2月13日生まれ

1+9+9+9+2+1+3=34
3+4=7

1999年2月13日生まれの人の運命数は「7」となります。

■運命数「7」を持つ人の特徴
運命数「7」の人は独自の世界観を大切にします。物事を突き詰めていく職人・研究者タイプといえそうです。
タフな精神力を備え、強い心でみずからの信念を貫いていくでしょう。

頑固でまっすぐ過ぎるがゆえに、誤解されたり反発されることも。人付き合いはあまり得意ではないようです。簡単に心を開くことがなく、ポーカーフェイスで感情の所在がわかりにくい人です。

運命数「7」の有名人には木村拓哉、きゃりーぱみゅぱみゅ、永瀬廉、菊池風磨、高地優吾、新垣結衣、ヒカキン、竹内涼真、長澤まさみ、平手友梨奈、水川あさみ、せいや、YOSHIKI、妻夫木聡などがいます。

2月13日生まれの有名人・芸能人・偉人

森本レオ(俳優)
タチアナ・タランソワ(フィギュアスケート指導者)
南こうせつ(シンガーソングライター)
佐藤B作(俳優)
竹宮恵子(漫画家)
矢野顕子(ミュージシャン)
深水黎一郎(小説家)
出川哲郎(タレント)
ヒロミ(タレント)
南原清隆(お笑いタレント/ウッチャンナンチャン)
生田智子(女優)
今井トゥーンズ(イラストレーター、キャラクターデザイナー)
ロビー・ウィリアムズ(ポップシンガー)
飛永翼(お笑いタレント/ラバーガール)
栗山絵美(ファッションモデル)
芹沢央(作家)
森ななこ(声優)
加藤諒(俳優)
チャベス愛(ファッションモデル)
有村架純(女優)
中川愛理沙(ファッションモデル)
葉月ひとみ(女優)
外川燎(子役)

2月13日生まれのアニメキャラクター

大村白菊(球詠)
加藤葉月(響け!ユーフォニアム)
金山彦(貧乏神が!)
大門忍(貧乏神が!)
菊池静(地獄先生ぬ~べ~)
多賀敦史(初恋モンスター)
竹井醇子(ストライクウィッチーズ)
辰己琉唯(スタミュ)
日向マコト(新世紀エヴァンゲリオン)
松山空音(推しが武道館いってくれたら死ぬ)
水城冴子(ガラスの仮面)
森山由孝(黒子のバスケ)
百合っぺ(スクールランブル)
ガチャ(どうぶつの森シリーズ)
コユキ(吸血鬼すぐ死ぬ)
コロレ(夢王国と眠れる100人の王子様)
シャーロット・E・イェーガー(ストライクウィッチーズ)
ナイン(ファイナルファンタジー零式)
ネフェルタリ・コブラ(ワンピース)
ヨブ・トリューニヒト(銀河英雄伝説)

2月13日生まれは何の日?歴史は?

■日本遺産の日
日本遺産に対する理解と関心を深めることを目的に、文化庁および日本遺産連盟が制定した記念日です。2月がゴールデンウィークや夏休みの旅行先候補選びに対して宣伝効果の高い時期であること、「に(2)ほんい(1)さん(3)」の語呂合わせからこの日になりました。

■苗字制定記念日
1875年2月13日の太政官布告(「平民苗字必称義務令」)によって、日本国民はすべて姓(苗字)を名乗ることが義務付けられました。「苗字の日」(9月19日)もありますが、こちらは「平民名字許可令」(1870年)に基づきます。

■NISAの日
2014年からスタートした少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」を広く知らしめることを目的に特定非営利活動法人「確定拠出年金教育協会」が制定した記念日です。

■豊後高田市恋叶ロードの日
豊後高田市(大分)の海岸線(国道213号線)は全長20kmにわたって縁結びの「栗嶋神社」、絶景の夕日がみえる「真玉海岸」、花とアートの岬「長崎鼻」などロマンティックなスポットが点在しています。これを「恋叶ロード」」と命名、カップルをはじめ多くの人が訪れることを目的に記念日を制定しました。

まとめ

2月13日生まれの人は40~50代が踏ん張り時です。偏った行動をすればどこかにしわ寄せがきて信頼を失いかねません。運気自体に揺れが見られますが、焦らないことです。どんなときも冷静な判断力を失わず、上手にバランスをとっていきましょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


誕生日占い

関連する投稿


10月10日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月10日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月10日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。10月10日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。10月10日生まれの人や好きな人が10月10日生まれの人は、ぜひ見てください。


10月9日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月9日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月9日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。10月9日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。10月9日生まれの人や好きな人が10月9日生まれの人は、ぜひ見てください。


10月8日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月8日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月8日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。10月8日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。10月8日生まれの人や好きな人が10月8日生まれの人は、ぜひ見てください。


10月7日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月7日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月7日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。10月7日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。10月7日生まれの人や好きな人が10月7日生まれの人は、ぜひ見てください。


10月6日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月6日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

10月6日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。10月6日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。10月6日生まれの人や好きな人が10月6日生まれの人は、ぜひ見てください。