木星人マイナスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

木星人マイナスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも木星人マイナスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについてご紹介していきます。


六星占術には土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と6つの運命星があり、ある特別な条件が揃うと霊合星人になります。それぞれの人の運命星は、生年月日によって算出された運命数、星数により決定されます。運命数により、占命盤が描かれ、これをもとに占いが行われます。

今回はその中の木星人マイナスに焦点を当てて、木星人(−)の性格の特徴や、他の運命星との相性、恋愛などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分が木星人マイナスかどうか確認する方法

六星占術で占いを行う場合にはまずご自身や占いたい人の運命星を調べる必要があります。その運命星を調べるためには、星数と運命数を計算しなければなりません。運命星は全部で6つあり、すべての人が土星人・金星人・火星人・天王星人・木星人・水星人に該当します。その運命星も干支によってプラスとマイナスがあります。さらに、生まれ年の干支によっては霊合星人になることもあります。

運命星の計算方法については以下の記事をご確認ください。
六星占術の星人の調べ方と計算方法・自動計算

木星人マイナスの性格の特徴15個

1. 第一印象は一貫して「落ち着いた人」

木星人マイナスは物静かで、派手な服装や格好を好みません。そのため、初めて人と合う場合にはほとんどの人が「この人は落ち着いているなぁ」と感じることでしょう。木星人マイナスは“ネクラな星”とも言われ、大人しく人の輪に入っても自分が中心になってしゃべるタイプではないでしょう。

また自尊心が高く、勝気でどこか人を見下しているようなところがあります。まわりの人からは“カタブツ”でとっつきにくいと思われやすいので物腰を柔らかくして話をするように心がけましょう。

2. なかなか決断できない

変化を嫌い、安定した生活を望む木星人マイナスは決断することが非常に苦手です。石橋は叩きまくって渡るタイプなので、チャンスを逃しやすい傾向にあります。

派手な行動はせず、地味でコツコツ派である木星人マイナスなので、チャンスを逃したとしても再度イチからコツコツと努力を積み重ねていき、気付いたらトップにあがっているということもあります。トップにあがっている人はほとんどが努力の人です。まわりもその人の努力を買っている人が多いでしょう。とても我慢強い人ばかりです。

3. 攻撃的な一面を持つ

木星人マイナスは自尊心の高さから人をついつい見下してしまいがちです。時に攻撃的になり、激しくケンカをすることもあります。負けん気が強く男女関係なく突っかかっていくことがあります。間違ったことが大嫌いなので、そういう人に対して怒る人がほとんどです。

基本的に自分が一番正しいと思っているので、他の人の意見は聞かず、自分の意見が通るまで口論することが多いです。少し周りの意見も聞き入れるようにすれば周りとの関係とも悪化せずに済みますので注意してみましょう。

4. 決めたら最後までとことんやる

木星人マイナスの人は一度決めたらとことんやり遂げるタイプです。中途半端に仕事を投げたしたりすることはありません。ただ、目標達成に意識が回り過ぎて不摂生な生活をしてしまうこともありますので、十分注意が必要です。

一度始めると最後までやり遂げないと気が済まないので、どう転んでも、周りに止められても、遂行してしまいます。そういった面から周りにはどうしても扱いづらい存在となってしまいがちです。最後までやり遂げるというところはとても素敵なところですがあまり無理はせず周りにも気を使えるようになると素晴らしい人間になれることでしょう。

5. ボランティア精神がある

木星人マイナスの人はボランティア精神が非常に旺盛です。社会的常識を重んじているため、ボランティア活動を行って人の役にたつことが大好きでしょう。人になにかをプレゼントしたり、お手伝いをしてあげることも喜んでします。それが友人や仕事場の人ではなく家族に対してであればさらに「何かしてあげたい」という気持ちが高まります。

木星人マイナスはいつも家庭を第一に考えるところがあり、家族に対しては無償の愛を絶え間なく注ぎ続けることが特徴です。

6. 計画的で几帳面

木星人マイナスは非常にまじめです。遊んでいるように見える人であっても実は将来を見据えて非常によく考えています。世間体を気にするので、間違ったことはしたいとも思わず、常に常識的な行動しかしません。

人生の目標を立てたり、それに向かってコツコツ行動していくことが好きです。大きな夢を追ったり、一発逆転を狙うといったようなことはしません。地道に目標に向かってコツコツと突き進んでいくことが好きなのです。

7. あまのじゃく

木星人マイナスは非常にガンコで素直な性格をしていません。そのため、相手の洋服が「カワイイ」「どこで買ったのかな」なんて気になったとしても素直に聞くことが出来ず、結局「その服変だね。」なんて皮肉屋的な言い方をしてしまったり、周りの人からすると偏屈な人と思われてしまうことも多々あります。

そういった性格を全面に出し、人とコミュニケーションをとっていくとどうしても周りからは距離を置かれがちになってしまいますので、要注意です。まわりが偏屈ばかりの人であれば早急に人脈を変えた方が良いでしょう。自分にプラスになることは一つもありません。

8. 真面目な人

ルールを守らない事を嫌うので、決まり事から外れる人を許せないのも木星人マイナスの人の特徴です。とにかく真面目なので、浮気や不倫などもしません。

人の道徳心を重んじるタイプでもあり、哲学などの文学を好み、精神論について常に考えているお堅いタイプでもあります。その為、ちょっとしたおふざけなども許さないタイプなので、恋人や結婚相手に求める理想も誠実であることが条件になってきます。また、理想像から外れる事も嫌う傾向にあります。

9. 頑固なのに大胆

柔軟な対応ができずに自分でも苦しくなることがあるようです。決めたことを最後まで責任を持つ反面、一生懸命おこなってきたことに対しての糸が、途切れてしまうと、周囲が驚くほど大胆なことをしてしまう一面もあります。普段は、消極的で目立たないように過ごしているのですが、プライベートや仕事においても目的のためなら、大胆な行動をとることもあります。

10. 結婚すると運気が上昇する

細かいことが目につきやすく、日常の中でイライラすることも多い木星人マイナスの人でも、結婚すると寛大になり、細かいことが気にならないようになるなど、捉え方やモノの見方、感じ方に変化をもたらします。

独身時代の木星人マイナスの人を見て結婚すると、うるさそうだと思われているかもしれませんが、意外と家庭的な部分があり、家族を大事にするタイプなので、結婚後は良き夫、妻、母、父になり、物事がスムーズになっていく特徴を持っています。

11. 地味で飾り気がない

派手や華やかさとは無縁で、地味で飾り気がありません。明るい色の洋服を着ることにも抵抗を感じる程、普段は目立たないようにするところもあります。そして、何十年も同じ洋服を着るなど、物を大切にするので、流行とは無縁のタイプでもあります。

結婚して子どもができると、子どもや配偶者にお金をかけても自分のことはいつも後回しにするタイプになるでしょう。贅沢を好まず質素であることを重んじているタイプでもあります。

12. プライドが高い

木星人マイナスの人は、影でとてつもなく努力をするタイプでもあります。その為、努力が見られない人に対しては、見下しているところがあります。

コミュニケーションが上手ではないのも、人に傷つけられることを極端に嫌い、人にプライドが高い人だと知られるのも嫌なところがあります。コミュニケーションが苦手なのもプライドの高さが邪魔をして、人と上手に付き合うことができないという一面もあるのです。

13. 人よりも怒られやすい

いろいろな場面で人は怒られることがあるのですが、木星人マイナスの人は、怒られやすく、酷く怒られるという特徴があります。環境が変わったりすると何かと不器用な面が際立ち、ミスを犯しがちです。

その際に、おどおどしていることが多く、自信がなさそうに見え、怒られやすくなります。真面目な分、怒っても反抗的な態度に出そうもない点からも怒られやすくなります。また言い訳をしてしまうので、より一層相手の怒りを増幅させてしまいます。

14. 心情を察することができない

周りの人の心情を読み取るのが苦手という特徴があります。人の考えていることが正確に理解できないので、見当はずれな言動が目立ったりします。あまり深く考えないで言葉にしたり、行動に出てしまいがちです。その結果、空気が読めないことが多く、対人トラブルが増えます。

自分を大切にする気持ちが強いので、なかなか人の気持ちが想像つかないとされます。相手の立場に立って気持ちを知ろうとしますが、そのメリットが見出せないこともあります。

15. 論理的で理屈っぽい

何事に対しても論理的な面があり、理屈で説明しようとします。木星人マイナスは、直感で動くようなことはなく、何らかの動機付けや理由を付けてか行動に移ります。周囲の雰囲気に流されたり軽はずみで行動することがないので、失敗や後悔は少なくなります。行動が遅い分、チャンスを逃すこともあります。

何かと正論を並べ、ちょっとでも違う点があると見逃すことができません。この正論を正義だと感じている節があり改めることはしないはずです。法律にも厳格で間違っていると気付くと、理屈っぽく責めることもあります。

木星人マイナスの恋愛傾向・結婚の運勢8項目

1. 家庭を第一に考え行動する

木星人マイナスの人は安定の地を求めます。家庭に入ると、必死の家庭を守ろうとします。女性であれば良妻賢母、男性であれば優しい夫、良い父になること間違いなしです。家庭に入らずとも女性であれば姉御肌、男性は頼りになる人と感じる人が多いはずです。

とてもまじめで浮気をする人は、ほとんどいません。家庭運があるので、温かい家庭を作ることができます。ただ、仕事で何か苦痛なことがあったとしても家庭を守るためにはへこたれることなく頑張ることができるのが木星人マイナスの特徴です。

2. 恋には奥手

恋には非常に奥手です。なかなか自分から告白等することができませんが、石橋をたたいて、たたいて「必ず成就するだろう」という確信を得ることができれば、告白することができます。とてもまじめな性格なので、告白する際には直接することが多いです。今時の人はメールやLINEなどで済ましてしまいがちですが、木星人マイナスはそういったことはせず、紳士に対応する人が多いです。

3. ワンナイトラブは少ない

木星人マイナスの人は家庭的な雰囲気から非常にモテやすいです。異性から誘われることも多々あるでしょう。しかし、だれかれ構わず相手にするわけではないのが、木星人マイナスの特徴です。自分が興味がない相手に対しては時間を割こうとはせず、思わせぶりな行動は決してしません。

自分が家庭にはいってもいいかな?と思える相手に対してのみ自分の時間を割こうと考えるタイプです。そのため、興味の無い人と遊びにいってワンナイトラブをする人は少なく、それだったら「付き合ってから」と考える人がほとんどです。

4. 恋愛のタイミングを逃してしまう人も多い

恋にとても奥手な木星人マイナスはたびたび恋愛のチャンスを逃してしまいます。好きな人に彼氏・彼女ができたとしても「そんな親しい人がいたんだ。アタックしなくて良かった」と思えるタイプです。とても慎重で、思いっきりアタックすることも苦手です。

基本的に相手からガツガツこられることも好きではありません。付き合うまでに時間をかけてしまう人がほとんどで、すぐに意気投合しない限り、出会ってすぐに付き合うという人は少ないでしょう。

5. ケンカで折れることは少ない

自尊心が非常に高く、ケンカをするときは自分が明らかに悪い時にかんしてもすぐに正当化をして相手に意見を言わせません。そして、マジメで理屈っぽく冒険心も少ない大人しい性格をしていますから、異性からは“つまらない人”“めんどくさい人”と思われてしまいがちです。

恋愛で愛を育んでいこうと思うなら、相手をリスペクトし、相手の意見を尊重できる強さをもつことが大事です。ケンカについても相手の意見を取り入れ、自分の意見を述べつつ、しっかりと解決するようにしましょう。

6. この人!と決めたら一途

木星人マイナスは真面目で非常に一途です。それが片思いだったとしても、一途にその人のことを愛します。奥手でなかなか「好き」という想いを言葉にできない性格をしていますが、一度「好き」といってしまうとフラれたとしても好きのアピールをし続けます。

ただ、厄介なのは浮気や不倫も本気になってしまうことです。基本的に木星人マイナスは家庭を一番に大事にし、家庭が一番と考える人が多いですが、もし万が一、浮気に走ってしまうようなことがあればそれは本気の合図です。こんな最悪の状況になってしまう前に、早い段階で見抜いておいたほうがいいでしょう。

7. 経験人数は少なめ

木星人マイナスの人は男女ともに快楽を求めて人と付き合うという人は非常に少ないです。そのため、恋愛の経験人数は非常に少ないです。初めてそういう関係に陥ってそのまま結婚という人も多く、生涯の経験人数は1人と言う人も多いのです。

特に多くの経験は求めておらず、本当に好きな人とだけと考えている人が非常に多いです。とても古い考え方の持ち主ですので、合コンなどの出会いの場に顔を出すことは少ないでしょう。

8. 面白みがない人と思われがち

保守的でコツコツの努力家である木星人マイナスは人にやさしく異性に対しても礼儀正しく接します。安定を求める人からすると非常にオススメではありますが、変化のある人生を好む人からするとあまり、面白みがない相手になってしまいがちです。

冒険心や革命を起こすような性格ではないため、一緒にいても安定しすぎて「楽しい」と思えない人がほとんどです。家にいることが好きなので、あまり外にも出ず、のんびりしていたら1日が経っていたという人も少なくはないため、アクティブな人からすると“面白みのない人”というふうにうつってしまうのです。

木星人マイナスの仕事運・適職・職業

木星人マイナスの人は、真面目にコツコツ努力するという仕事運になります。変化を好まず安定を望むので、新しいことには消極的とされます。慎重派で大胆な行動はあまり取らないのですが、時折、周囲を驚かすような大胆な行動に出ることがあるようです。何事も最後までやり遂げ、途中で投げ出すことはないとされます。

これらの点から公務員的なものに向いています。組織の一員として労力を惜しまないので、たいていの仕事はこなせると言えます。緻密さが要求されるプログラマーでも力が発揮できるはずです。ボランティア精神が旺盛なので、介護職、看護職も適職になります。

一獲千金を狙うような株などのトレーダーには向いていないようです。新しい分野を開発するようなベンチャー企業も不向きと言えます。

木星人マイナスと他の運命星との相性

◇木星人マイナスと土星人との相性

相性は悪くありません。どちらも基本的にまじめで考え方も似ています。2人が出会うとトントン拍子に付き合う方向へ話が進んでいくでしょう。しかし、この二人は“2人だけの世界”であれば問題なく仲良く過ごしていけるのですが、第三者が2人の間に入ってしまうようなことがあればその途端一気に様子が悪くなりますので注意してください。第三者とは両親を始め、子ども、親類、兄弟、友人などさまざまです。

2人がうまく行くためには2人の間に何も入れないことが大事です。2人が結婚し、子どもができたとするば定期的に子どもがいない2人だけの時間を作ることをおすすめします。運気の相性も悪くはありません。いい事が起こるというよりは悪いことが起こらないといって相性です。

◇木星人マイナスと金星人との相性

性格の相性は悪いです。木星人マイナスは家庭が一番安らぎ、外には一切でたいとも思わない性格をしています。一方で金星人は家の中にいるよりも常に外に出て、色んな世界を見たいと考えているような自由人です。それこそ結婚してしまえば家庭を顧みず、自由にフラフラ出かけていってしまうことも多々あるでしょう。そういった金星人の態度に木星人マイナスの人は“家庭を顧みない人”と判断し、最悪の場合に離婚に至ってしまう事もあるかもしれません。しかし、最初の印象はよくなくとも時間が経過していくにすればよくなっている相性なので早めに見切らず少し様子を見てから判断してもいいかもしれませんね。

この二人の運気の相性はよく、結婚すれば子宝にたくさん恵まれる相性です。出会って早い段階に子宝に恵まれることが多く、出来ちゃった婚する人も多い傾向にあります。運気の相性は非常にいいので、性格の不一致が我慢できるのであれば一緒に過ごしていることをおすすめします。

◇木星人マイナスと天王星人との相性

木星人マイナスと天王星人はかなり相性がいいです。特に出会った瞬間“運命”と感じてしまうような何か惹きつけられるものを感じると思います。木星人マイナスの人は真面目でカタブツ的な物事の考え方を持っていますから、天王星人の考え方の柔軟さに憧れを感じずにはいられないでしょう。天王星人といると自分が今までみることのなかった世界を見ることができると同時に少しずつ自分の堅さが柔らかくなっていくことを感じて楽しくなると思います。冒険心ゼロの木星人が運命星イチのロマンチストの天王星人と出会う事で冒険心が少しずつ芽生えていくのです。

六星占術内で統計をとったところ、この組み合わせが一番離婚率が低いそうです。お互い違う性質を持っていることでない者同士惹かれあう事はもちろんお互い相手によって自分の短所とも呼ばれる性格が緩和することができるのです。

◇木星人マイナスと火星人との相性

火星人は奇人変人で何を考えているか分からないような天然な人が多いです。一方木星人は真面目でカタブツ、ネクラ気質で家が大好きな人間です。どちらも全く違う性格をしており、当初は惹かれあうことが多いです。と、いうのは、火星人は奇人変人ではありますが非常に常識的な考え方を持っているので、木星人マイナスのことをしっかり理解してあげることができるのです。しかし二人の間には“行動力”がなく何かするにしても結局家でゴロゴロして1日が終わってしまうと言ったことがおおいでしょう。そうなってしまうとお互い何も成長せず、面白くない人生になってしまいます。

2人がうまくいく組み合わせになるためには行動することです。何が何でもすればいいというものではなくオススメしたいのはボランティア活動をするということです。宗教的な慈善運等など日常に喜びを感じ経験を積むことができるものがおすすめです。理性や知識を磨き、そういった時間を一緒に過ごすことができると悪くはない相性になります。このカップルは良い相性にもなりますが、悪い相性にもなりえるカップルだということを忘れないように行動しましょう。人間どうしても楽な方に流れていってしまいがちですが、そうなるとどうしても破局の一途をたどっていってしまう可能性が大になりますのでご注意ください。

◇木星人マイナスと木星人との相性

木星人マイナスと木星人の相性は一般的に悪い相性だとされています。どちらもネクラ気質で結婚したとしてもどうしても暗い雰囲気が家庭の中を立ちこめてしまうのです。似た者同士で始めはいいと感じることも多いでしょうが、時間がたつとどうしても気分が落ちてきてしまいます。似た者同士でいるので落ち着くのは落ち着くのですが、どうしても暗い雰囲気になってしまうのです。家庭人である二人が一緒になれば幸せな家庭が築けると一瞬思ってしまいがちですがそれは違います。

ネクラ気質である二人が家にこもり、明るくない家庭を大事に、大事にしているだけといったことになります。家庭円満で明るい家庭を築くためにはもう少し行動力や判断力が必要となります。そうなると木星人マイナス×木星人はあまり良い相性とはいえないのです。

◇木星人マイナスと水星人との相性

相性はよくありません。木星人は家庭運があり、家庭を第一に考えて行動する真面目な人間です。一方で、水星人は家庭運ゼロの自分勝手で、家庭を顧みないプレイボーイ、プレイガールです。最初は合うかもしれませんが結婚すれば100%うまく行きません。離婚しないというのは世間体を気にしてという理由だけです。さらに子どもが生まれると状況はさらに悪くなります。どうしても木星人マイナスが水星人と結婚してうまくやっていきたいと考えるのであれば、対等な関係にしないことです。どちらかがリーダーシップをとっていくことができれば理想のカップルにも、成り得るのです。

一番いいのは木星人マイナスの男性がリーダーシップをとって水星人の女性を上手に引っ張っていくことが出来ることです。もしくは木星人マイナスの女性が水星人の男性を上手にコントロールし、かかあ天下になったときもいいでしょう。

木星人マイナスで霊合星人の性格・相性・運勢

霊合星人とは運命盤の停止の位置に自分の干支がある人のことをいいます。要するに、人生は停止(大殺界)から始まっている人の事です。霊合星人ではあれば運命盤で退極する星の影響と強く受けます。木星人の場合は金星人の影響を受けるため、年運を始め、月運、日運などすべてにおいて木星人と金星人の運勢をダブルで受けることとなるのです。

◇木星人マイナス×霊合星人の性格

木星人の霊合星人の人は金星人の影響を受けます。木星人の人は大人しく変化を好まない保守主義な人が多いですが、金星人の人は真逆で革命家の人が多いです。常識を言う言葉は大嫌いで自分の中で常識を作ろうとする猪突猛進の人が非常たくさんいます。ただ、霊合星人は必ずしも半分半分の性格になるとは限らず、その配分は人によって様々だと言えます。基本的におとなしく、真面目そうに見える人が時には常識はずれの発言や行動をするような人は木星人マイナスの霊合星人の人なのかもしれません。

◇木星人マイナス×霊合星人の他の運命星との相性

<土星人>
この二人の相性はいいでしょう。木星人と土星人は運気的にも性格的にも非常に合う相性です。2人が一緒にいるととても順調に物事が進みます。結婚などもトントン拍子に進んでいくことでしょう。しかし、二人の間に邪魔ものが入るとあまりよろしくないので注意が必要です。

<金星人>
運気の相性は最悪ですので、要注意です。性格の相性もあいません。金星人の身勝手さに木星人は「この人合わないな」と感じることが多くなってしまうでしょう。一方で金星人から見ても「つまらない人間」と思われてしまうので、根本的にあわない相性だといえます。

<火星人>
相性は普通です。木星人マイナスと火星人は異質の組み合わせです。火星人の奇人変人さに木星人マイナスがついて良ければ問題ありませんが、少しでも合わないと感じるようなら一緒にいないほうがいいかもしれません。

<天王星人>
この二人の相性はかなり良いです。この二人が一緒にいると何でもうまく行きます。仕事も恋愛もすべてが自分の想いのままに進んでいくため、人生が楽しくなります。天王星人は人生を楽しむことが非常に上手な星ですから、一緒にいると勉強になることも多いと思います。

<木星人>
この二人の相性はかなり悪いです。似たもの同士なので一見良さそうにみえがちですが、それは間違いです。どちらも暗い雰囲気を持っているため、2人が一緒にいるとネガティブな発言だらけになってしまうこともあります、最悪の場合精神的な病気にもなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

<水星人>
この二人の相性は条件付きでよくなります。その条件とは“立場が対等でないこと”です。どちらが上位でもいいのですが、上下関係がしっかりとできていることがこの二人の相性がうまく行く条件です。このポイントさえしっかりと押さえれば問題なく一緒にいることができるでしょう。

◇木星人マイナス×霊合星人の運勢

六星占術では運勢を占い際に、運命盤を用いますが霊合星人の場合2つの運命星が合わさっているため、吉凶が混合のサイクルで過ごしやすく波乱の人生を過ごしやすいです。ただ、その一方で失敗もしやすいですが、時期さえ間違えなければ大成功をおさめやすいともいえます。

木星人マイナスのラッキーカラー・アイテム

木星人マイナスの人のラッキーカラーは茶色・黒・水色・グレーとされています。木星人マイナスの人は、忍耐強く努力家の面があるとされています。頑固で人付き合いが苦手とも言われています。安定性を重視しているので、変化や冒険を嫌います。何事も堅実に進めていくことを好みます。これらのことから、拒絶や頑固さなどを象徴する黒とグレーがラッキーカラーとなり、冷静沈着で堅実という側面から、茶色と水色もラッキーカラーになります。緑はアンラッキーカラーとなります。

木星人マイナスの人のラッキーアイテムは、ひまわり、ターコイズ(トルコ石)、ふくろう、時計、刀剣、貴金属、仏壇、骨董品となります。ひまわりを生けたり、ふくろうや刀剣などを飾ると幸福がもたらされます。ターコイズや貴金属のアクセサリーを身に着けたり、仏壇を飾ってもラッキーなことがあるはずです。

木星人マイナスの有名人・芸能人

◇芸能人
桐谷美鈴(1989年12月16日生まれ)
西嶋秀俊(1971年3月29日生まれ)

◇歌手
宇多田ヒカル(1983年1月19日生まれ)
きゃりーぱみゅぱみゅ(1993年1月29日生まれ)

◇文化人
宮崎駿(1941年1月5日生まれ)
永六輔(1933年4月10日生まれ)
伊坂幸太郎(1971年5月25日生まれ)

まとめ

木星人マイナスの性格や運勢等について分かりましたか?運命星はプラスとマイナスだけでも性質や運勢が大きく変わります。木星人マイナスの方は小説家や作詞家など知性が見えるような方が多いように見受けられました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


六星占術

関連する投稿


霊合星人の性格的特徴と恋愛傾向・相性!割合・芸能人【六星占術】

霊合星人の性格的特徴と恋愛傾向・相性!割合・芸能人【六星占術】

霊合星人は2つの要素を持ち合わせた星人です。六星占術の霊合星人の性格・恋愛・相性はどのようになっているのでしょうか。霊合星人の場合別に分けて詳しく解説します。自分が霊合星人の方はぜひ参考にしてください。


土星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

土星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも土星人プラスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについて説明します。


天王星人マイナスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

天王星人マイナスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも天王星マイナスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについてご紹介していきます。


天王星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

天王星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも天王星プラスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについてご紹介していきます。


水星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

水星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも水星人プラスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについて紹介していきます。