水星人マイナスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

水星人マイナスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも水星人マイナスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについて紹介していきます。


六星占術には土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と6つの運命星があり、ある特別な条件が揃うと霊合星人になります。それぞれの人の運命星は、生年月日によって算出された運命数、星数により決定されます。運命数により、占命盤が描かれ、これをもとに占いが行われます。

今回はその中の水星人マイナスに焦点を当てて、水星人(−)の性格の特徴や、他の運命星との相性、恋愛などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分が水星人マイナスかどうか確認する方法

六星占術で自身や周りの人の運勢や性格を占いたい場合にはその人の運命星を知る必要があります。運命星は全部で6つあり、すべての人が土星人・金星人・火星人・天王星人・木星人・水星人があり、自分やその占いたい人が何に該当するかで運勢や性格がわかります。

運命星を出すには運命数と星数を計算し、算出する必要があります。また、干支によってプラスとマイナスがあります。生まれ年の干支によっては霊合星人になることもあります。

運命星の計算方法については以下の記事をご確認ください。
六星占術の星人の調べ方と計算方法・自動計算

水星人マイナスの性格の特徴15個

1. 自立心が強く独立する人が多い

水星人マイナスは家庭に恵まれない人が多く、特に両親との縁は薄い人が多いです。そのため、早いうちから家族から自立して独り暮らしをする人も多く、独立心も非常に強いことが特徴です。寂しいように感じる人も多いかもしれませんが、水星人マイナスの人は自立・独立してこそ本来の力を発揮できます。

水星人マイナスは両親のほかにも目上の人との縁が薄いところが特徴です。そのため、会社に入ったとしても若いうちはうまく行きません。40代そこそこの年齢になり、目下の人に指導できる立場に置いて本来の力を発揮することが出来るのです。そういった意味では大器晩成型といってもいいでしょう。

2. 頭の回転が非常に早い

水星人マイナスは頭の回転が非常に早くお話上手の人が多いでしょう。テレビやバラエティでも司会をはれるほどの芸人は水星人の人がとても多いです。

観察力も非常に長けているため、人に話題をふることも非常に上手です。とても利口で、特に営業などお金を生み出すような状況に置かれた際には自分でも驚くほどの成果をあげることができるでしょう。

3. お金には細かい

水星人マイナスの人はお金のために生きているといっても過言ではないほど、お金に関して非常に細かいです。ケチというほどでもないのですが、「あのとき○○に何をあげた」「○○に○○円渡した」など、お金の出入した詳細を事細かく覚えている人が多いです。

お金に細かいので貯金は貯まる一方ですし、自分のお金を外に出すことを嫌がります。そのうえ、お金を生み出すことが非常に上手ですので、気付けば貯金がすごい額溜まっているという人もほとんどでしょう。

4. 世渡り上手

運命星では天王星人が世渡り上手と思われがちですが、一方で水星人マイナスも世渡り上手な人が多いです。しかし水星人マイナスが世渡り上手であるのはお金が絡んだときのみです。人懐っこく、人あたりのいい天王星人に比べ、水星人マイナスはお金が生み出されてこそ世渡り上手を開始します。

損得勘定を大事にしますから、自分が得をする確証がない限り媚びを売ることはありません。水星人が水商売などに向いていると言われるのがここから来ていると思います。

5. マイペースでのびのびできる環境で力を発揮する

水星人は束縛が嫌いで、特に目上の人から物事を言われることを嫌います。自分は上の立場にたって、指導できるようになればのびのびと仕事をすることができるのですが、若いうちには自分の環境が嫌で仕事をすぐにやめてしまうという人がほとんどです。

水星人マイナスの人が仕事で成功しようと思うなら、40代くらいの自分が上の立場に上がれるまれ我慢するか、独立して自分が社長として会社を立ち上げるかのどちらかです。水星人マイナスの人は生まれながらにして初代運の運命を持っていますから、何かをいちから始めると成功しやすいです。ただ、安定を求めるのであれば前者にある“40代まで今の会社で我慢する”を選択したほうが無難かもしれません。

6. とてもクールでとっつきにくいと思われがち

水星人マイナスはクールな人が非常に多いです。そのため、初対面の人からすると「怖い」と思われてしまうかもしれません。ただ、頭の回転が速くしゃべることに長けている水星人マイナスの良さを知れば、仲良くなることができますが、見た目だけで人を判断する人からすると少し怖い印象を与えてしまうようです。

クールで頑固ですから、水星人マイナスと一緒に生活していくにはとても神経を使ってしまうでしょう。水星人は孤独の星とも呼ばれ、生涯独身を貫く人も少なくはありません。

7. 大きな障害にぶつかっても動じない

水星人マイナスは非常にクールで知的で物事を冷静に考えることが出来る人です。たとえ、大きな障害にぶつかったとしても動じることが非常に少ないです。しかも、人に頼ることなくコツコツと自分で解決していく人が多いのも水星人マイナスの特徴です。

孤独の星ですから、なかなか人に頼ることを苦手とする水星人は問題にぶつかったとき必ず自分で解決します。そんな強さを持っている水星人マイナスは気づけば“周りからの信頼されている”ということも多いです。

8. 恋愛体質

結婚には向いていませんが、常に恋愛を楽しむ性質があります。男女ともに結婚しても、家庭を第一に考えるというタイプではなく、外に意識を向けているので、一生独身でいることも珍しくありません。さらに、切り替えが早いので、別れてもすぐに新しい恋人との関係を築いていることもあり、悲しみに浸るというシーンは少ないかもしれません。

9. 第一印象は良いが計算的高い

笑顔で気さくに会話ができるところもあり、第一印象は決して悪くありません。水星人マイナスの人は、自分の利益のために、周囲を利用することは珍しくありません。常に、自分が目立とうとするところもあり、チャンスを狙っている一面もあります。

また、目標がゴールを常に決めていることもあり、何を優先にすべきか常に考えているため、何事も瞬時に対応することができるのも水星人マイナスの特徴なのです。

10. 情にもろいところがある

どんなに、周囲がダメだと思い諦めてしまうような人のことも、最後は見捨てることができない一面を持っています。情にもろく涙もろい部分があるので、利己主義に見えている部分からは、意外性を感じるかもしれません。

水星人マイナスの人は基本、孤独でいることを好む傾向にあります。一人でいる寂しさを理解しているので情にもろくなってしまうところもあるようです。男性の場合は、男泣きをする場面もあるのです。

11. 短気

非常に怒りっぽくて短気です。まるで、瞬間湯沸かし器のように一瞬で、熱くなって、一瞬で冷めるのも水星人マイナスの人の特徴でもあり、後に引きずらない性格でもあります。血の気が荒いので、格闘技などの荒々しい衝突をみるのも好きな人が多いです。

とは言え、元々は冷静なタイプなので、声を荒げて怒り狂うというより、冷静に罵倒するところもあるので、言われた方は凍りつくほど怖い思いをする人もいるでしょう。

12. 家族運が薄い

家族の縁が薄い星の元で生まれています。両親との関係の中でも、特に父親との関係性が悪く、仲が悪いというのも珍しくありません。元々自立心が強く頑固な部分が強くて衝突が多いので、両親に勘当されて家を出るというケースもあるようです。

自身も家族を作りたいという願望が薄く、一生一人でいても苦にならないという考えを持っているため、家族運に関しては非常に薄いという印象です。子どもが生まれても自分の時間を削ってまで、子育てに専念するというタイプでもないようです。

13. かなりの努力家

一度決めたことや目標として掲げたものを達成するために努力を惜しまないとされます。そのため自分に厳しい面があり、今やるべきことを着実にこなしていきます。何らかの障害があったとしても後回しにすることはありません。自分を追い込んでより一層努力することもあります。

コツコツと努力を積み重ねて行くことに長けているので、成果につながりやすいと言えます。しっかりとした計画性をもって努力し、若干自意識が過剰なので、困難は必ず乗り越えられます。

14. 飽きっぽい面がある

刺激を求める傾向にあり、いろいろなものに興味を持つのですが、目新しさや刺激が少なくなると、あっさりと手放します。すぐに何らかの成果や結果が表れないと、興味を失いやすいとされます。興味の幅が広い分、あれやこれやと手を出して、全て中途半端に終わることもあります。

物事や時間にルーズな面があり、責任感が低めなので、途中で投げ出すことは何とも思っていないとされます。目標や志が高過ぎて、途中で投げ出すことも考えられます。

15. 何事にも束縛を嫌う

何事もマイペースで進めるので、自分のペースが乱されたり、何らかの枠にはめられることを嫌います。人に何か指図されることも好まず、自分で決めたい気持ちが非常に強くなります。

年を重ねるごとにこの傾向は強くなるので、いずれは独立開業のようなことをした方が人生が充実します。プライベートな時間や空間を大切にしています。束縛を嫌う分、恋愛は長続きせず、結婚は遅くなりがちです。

水星人マイナスの恋愛傾向・結婚の運勢5項目

1. 幸せな家庭には向いていない

家庭を顧みない人が多く、家庭に入っても仕事をつづけ、仕事優先に行動したり、最悪な場合不倫してしまう人も多いです。もともと家庭運が薄い水星人マイナスは結婚したとしても円満な家庭を築くことには向いていません。とてもさっぱりしたクールな性格をしているため、人生をつねに冷めた目で見ている人が多いです。そして、お金には非常に細かく、お金を作り出すためには家庭が壊れても良いと考えている人もいます。

孤独の星でもあるので生涯、独身を貫いたり、離婚して独りで余生を過ごすという人もたくさんいます。それを寂しいとあんまり感じず、自分の人生を思いのまま楽しむというところが水星人マイナスの特徴だと言えます。

2. クールな恋愛に向いている

水星人マイナスは非常にモテやすいです。クールな雰囲気が異性から見ると非常に魅力的に感じるようです。しかし、水星人マイナスは物事を冷静に冷めた目で見る傾向があり、付き合ったとしても自分が取り乱すほど人を好きになることはありません。ベタベタしたり、頻繁に会いたいと迫ったりすることがなくとてもドライな付き合い方をしていくでしょう。

そのため、相手からすると「少し冷めているのかな?」と感じられやすく、「好き」という表現することが苦手なこともあり、嫌われたと感じ去っていく恋人たちも多いようです。ワンナイトラブが多いのも水星人マイナスの特徴です。とくに後腐れなく、相手とプレイを楽しむことができます。

3. 束縛が嫌い

水星人マイナスはたとえ結婚したとしても自分のペースを乱されることが嫌いです。束縛が嫌いで、束縛されればされるほど自由にふるまうようになります。また、家庭を大切にするタイプでもないので、家庭を顧みず仕事や遊びを優先していってしまうでしょう。

休日やアフターファイブについても自分の好きなことに費やし、自己中心的で人に合わすことは決してしません。もし、それを咎められたら、家庭を抜け出し二度と家には戻ってこないでしょう。水星人マイナスは結婚には向いておらず、生涯孤独で束縛されない場所にいる方が自分の才能を多いに発揮することができます。

4. 初代運の持ち主

初代運というのはビジネスなどを自分の力で始めるということです。運命星の中でビジネス運に非常に恵まれている水星人マイナスはお金を作り出すことに関してのプロフェッショナルといっても過言ではありません。実際に水星人マイナスの社長はかなり多く、歴史に名を残してきた人ばかりです。

水星人マイナスの人は初代運を持っているほかに、自立心や独立心が非常に強く、何事も一人でこなしていく力があります。そのため、ビジネスを始める際には非常に大きな力を発揮するので、恋愛においてよりもビジネスに力を入れる人がほとんどです。

5. 40代から恋愛を楽しむことができる

水星人マイナスは恋愛においてもビジネスに関しても大器晩成型です。恋愛に関しては40代を過ぎたころから純粋に楽しむことが出来るようになります。それまではやはり冷めた目で物事を考える性格から、真剣に恋愛はせず、とりあえずの関係を続けていたり、自分の都合のいいように恋愛をしてしまいがちだったと思います。

ただ、40代になりある程度自由を手に入れると恋愛を純粋に楽しむことが出来るようになり、ワンナイトラブからも脱出し素敵な恋愛をすることができるようになるでしょう。

水星人マイナスの仕事運・適職・職業

水星人マイナスの人は、自分を追い込んで大きな成果を上げるという仕事運になります。頭の回転が速く、いろいろな決断が迅速にできます。物事に対する観察力が優れているので、良くも悪くも要領よく立ち回れます。

人とのコミュニケーション能力に長け、話が上手とされます。人と接して契約に結び付ける営業に向いています。お金に細かい面があり、経営感覚に優れているとされます。お金に関わることは詳細に記憶できるようです。

このような点からは、経営者や経理関連の分野で活躍が期待できます。掲げた目標に対して地道な努力を惜しまないので、各種のセールスマン、保険の勧誘なども適職と言えます。性格的に束縛を嫌うので、お堅い組織になりがちな銀行員には、あまり向いていないようです。

水星人マイナスと他の運命星との相性

◇水星人マイナスと土星人との相性

電撃結婚が多い組み合わせです。どちらもクールで知的で一見似ているように見えます。しかし、根本的なところでの性格は全く違うもので、無いもの同士で非常に惹かれあいます。しかし、考え方はとても似ているので、一緒にいてとても居心地がいいと思います。出会うと急激に惹かれあいますので、二人だけの世界で生きないように注意が必要です。

水星人はとてもクールなので、一緒にいると冷たく感じてしまう人もいるかもしれません。土星人は特に、精神の世界に生きていて、妄想癖があります。それが、被害妄想を生んで「嫌われているのではないか」と思われないように適度に優しく接してあげることがとても大事です。

◇水星人マイナスと金星人との相性

金星人も水星人も行動力では運命星の中でも群を抜いています。金星人は後先かまわず猪突猛進するタイプですが、水星人は後先考えて得があれば推し進めていくタイプです。とくに水星人は“初代運”を持っていますから、起業する人が非常に多いです。起業する際に金星人をパートナーにするとかなりいい方向に物事が進んでいくこと間違いなしです。

この組み合わせは爆発的な前進力を持っているので無難に生きることはせず、大胆に行動すると吉です。恋愛においてもサバサバして束縛が嫌な金星人からすると人に興味がない水星人はとても相性がいいでしょう。お互い束縛することがなく、楽に付き合っていくことが出来ると思います。

単純に恋愛を楽しみたいだけと考えている人にとってはお金の匂いが強すぎて楽しめないかもしれません。ただ、ビジネスパートナーとして付き合っていくと、歴史に名を残すほどの大企業を作り上げることができるかもしれない組み合わせですので、とてもおすすめですよ。

◇水星人マイナスと天王星人との相性

性格の相性は悪いです。天王星人は能天気ではありますが、とてもさみしがり屋。常にロマンを追いかけており、現実に関してもお金に関して全く執着心がありません。一方で水星人は現実しか見ておらず、お金に関しても非常に細かいです。さらにはクールで冷たい面を持っているため、性格上は全く合いません。

もし、このカップルがうまく行こうと考えるのであれば、天王星人が寂しさを我慢していくしかないのです。ただ、天王星人の大きな夢は現実主義でお金を作ること長けている水星人マイナスからすると決して叶えられない夢ではありません。

水星人は発想力に欠けていますが、天王星人がそういう面も埋めることが出来るのでオススメです。ビジネスパートナーではなく純粋な恋愛を楽しみたいのであればあまりオススメの相性ではありませんので注意が必要です。

◇水星人マイナスと火星人との相性

水星人マイナスの人と火星人はとても良い相性だと言えます。火星人は奇人変人でもありますが、発想力豊かで常人が想像もできないようなアイデアを生み出すことが多々あります。ただ、火星人は行動力がないので、その才能をなかなか世に出さない性格です。そこで水星人マイナスはパートナーとなることで火星人の行動力の役割を果たし、上手にビジネスをすることができます。

火星人の才能は人並外れており、だれかが主導して引っ張っていくことで開花させることができるのです。水星人はお金を作ることに関して非常に長けていますから、火星人の才能を上手に開花させることが可能です。

ただ、ここで注意してほしいのは必ず水星人マイナスが先導して火星人を引っ張っていくことです。お金の管理もすべて水星人マイナスがする必要があります。火星人に財布のヒモを握らせてしまうと根こそぎ使ってしまいますので注意が必要です。水星人が上にたち火星人を上手に引っ張っていくことが出来ればいいパートナーとなるでしょう。

◇水星人マイナスと木星人との相性

条件がそろえばうまくいく相性です。木星人はネクラでお金よりも情を大事にするタイプです。一方で水星人マイナスは気持ちよりもお金です。お金に細かいところは木星人ともよく似ていますが、それ以外は全く違う性質を持っている二人です。

一見性格的には合わないと思われがちですが、その関係は対等なものでなければうまく行く相性です。たとえば、恋人同士で会った場合、「好き」という気持ちが同等のものであれば絶対にうまくいきません。会社に置いても同僚など立場が同じであれば仲が悪くなってしまうのです。一方で上下関係があったり、「好き」の度合いに差がある場合には非常にうまくいきます。できれば木星人が上に立つ方が良いでしょう。

結婚するようなことがあれば木星人が「かかあ天下」であるか、「亭主関白」として水星人マイナスを引っ張っていくことが出来れば良い人生が送れます。ただ、対等な関係になってしまうと次第にうまく行かなくなってしまいますので要注意です。

◇水星人マイナスと水星人との相性

悪くはないです。同じ考えの2人が一緒になるわけですから、当然理解しあえますし、ビジネスパートナーとしても問題ないでしょう。ただ、一般的なカップルで言う「ラブラブ」な関係にはなりにくく、二人が組み合わさるとどうしてもビジネス感が強すぎてしまいます。

ただ、ビジネス運はかなり強いものがあるので、一緒に企業すると間違いなくうまく行くでしょう。何を幸せに感じるか?ということで相性の良い悪いは判断しづらいものがありますが、この二人が結婚すると、お金があるが愛のない寂しい生活になってしまうということが否めません。

また、家庭運がない組み合わせなので、すぐに離婚したり、別居婚するということもあるでしょう。ホームドラマのような平和な家庭は夢見ないほうがいいでしょう。

水星人マイナスで霊合星人の性格・相性・運勢

霊合星人とは運命盤の停止の位置に自分の干支がある人のことをいいます。要するに、人生は停止(大殺界)から始まっている人の事です。霊合星人ではあれば運命盤で退極する星の影響と強く受けます。水星人の場合は火星人の影響を受けるため、年運を始め、月運、日運などすべてにおいて水星人と火星人の運勢をダブルで受けることとなるのです。

◇水星人マイナス×霊合星人の性格

水星人の霊合星人の人は火星人の影響を受けます。水星人は基本的に人当たりが良くクールではありますが、お金を成すためなら色んな人と接しますが、霊合星人となると火星人の奇人変人の性格が強くでることがあります。クールな面を保ちつつ、突発的にぶっ飛んだような発言をすることも多いでしょう。ただ、霊合星人は必ずしも半分半分の性格になるとは限らず、その配分は人によって様々だと言えます。何を考えているか分からず、奇人変人で警戒心は強いが、お金に関しては非常にシビアだという人などは水星人マイナスの霊合星人の人が多いでしょう。

◇水星人マイナス×霊合星人の他の運命星との相性

<土星人>
2人が一緒に居れば物事がうまく行かない事が多いです。精神を大事にする土星人からすると、水星人の自分勝手な行動や言動は嫌で仕方ありません。しかも、「お金」のことに関してうるさいため、一緒にいても仲が長くは続かないでしょう。

<金星人>
相性は◎です。性格の相性も悪くないです。この二人が一緒にいるとなぜかいい事ばかりが起こるので、できるだけ仲良くしておくと人生がうまく進みます。とくにビジネスパートナーとして一緒に働くと歴史に名をはせるほどの大企業を作ることができるかもしれません。

<火星人>
水星人マイナスが主導権を持って火星人をエスコートすることができればとても相性になります。しかし、逆に火星人が上に立つようになればうまく行きませんので、注意が必要です。この組み合わせで注意したいのはお金の管理のことです。お金の管理は必ず水星人マイナスが行いましょう。火星人はすぐにお金を使い果たしてしまうためです。

<天王星人>
悪くはありません。ただ、天王星人はさみしがり屋なので、水星人の冷たさに耐えなければなりません。基本的にプラス思考の天王星人は耐えることは出来ますが、浮気に走ってしまい関係が破綻してしまうことも多いので注意が必要です。

<木星人>
相性は悪いです。運気に関しては最悪です。できるだけ一緒に居ない方が良いです。性格も、木星人真面目でボランティア精神もある星です。冷たく、自分勝手な水星人の態度を見ていると嫌気がさすという人も多く、恋愛としては長くは続かないという人が多いでしょう。

<水星人>
性格の相性はまちまちです。お互い自己主張が多いので、ケンカは多くなると思います。しかし、二人ともさっぱりしていて、後腐れなく終わることが出来るのも特徴のひとつです。恋愛よりもビジネスパートナーとして一緒になったほうがうまくいくでしょう。

◇水星人マイナス×霊合星人の運勢

六星占術では運勢を占い際に、運命盤を用いますが霊合星人の場合2つの運命星が合わさっているため、吉凶が混合のサイクルで過ごしやすく波乱の人生を過ごしやすいです。ただ、その一方で失敗もしやすいですが、時期さえ間違えなければ大成功をおさめやすいともいえます。

水星人マイナスのラッキーカラー・アイテム

水星人マイナスの人のラッキーカラーは赤・茶・紫とされています。水星人マイナスの人は、独立心が強く、誰かに頼ることは好まないとされます。家族との縁が薄く、何かと孤独になりがちな面があります。活動的で意外と華やかな一面もあり、何事にも冷静と言われています。これらのことから派手さや明るさがある赤と紫がラッキーカラーとなり、自立や独立心を象徴する茶色もラッキーカラーになります。派手さの少ない黒や灰色、水色はアンラッキーカラーとなるようです。

水星人マイナスの人のラッキーアイテムは、蘭、ルビー、水晶、珊瑚、金庫、車、靴となります。蘭の花を飾ったり、珊瑚の置物を飾れば、ラッキーが呼び寄せられます。ルビーや水晶などをあしらったアクセサリーを身に着ければ、幸せに包まれます。また出掛ける時はお気に入りの靴を履き、車で出かけると幸運が訪れるはずです。

水星人マイナスの有名人・芸能人

◇芸能人
タモリ(1945年8月22日生まれ)
綾瀬はるか*霊合星人(1985年3月24日生まれ)
井上真央(1987年1月9日生まれ)
上戸彩(1985年9月14日生まれ)
柴崎コウ(1981年8月5日生まれ)
林修(1965年9月2日生まれ)

◇スポーツ選手
内村航平(1989年1月2日生まれ)

まとめ

水星人マイナスの性格や運勢等について分かりましたか?運命星はプラスとマイナスだけでも性質や運勢が大きく変わります。水星人マイナスの方はタレントの中でもクールで知的な人が非常に多いように見受けられました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


六星占術

関連する投稿


霊合星人の性格的特徴と恋愛傾向・相性!割合・芸能人【六星占術】

霊合星人の性格的特徴と恋愛傾向・相性!割合・芸能人【六星占術】

霊合星人は2つの要素を持ち合わせた星人です。六星占術の霊合星人の性格・恋愛・相性はどのようになっているのでしょうか。霊合星人の場合別に分けて詳しく解説します。自分が霊合星人の方はぜひ参考にしてください。


土星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

土星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも土星人プラスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについて説明します。


天王星人マイナスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

天王星人マイナスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも天王星マイナスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについてご紹介していきます。


天王星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

天王星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも天王星プラスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについてご紹介していきます。


水星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

水星人プラスの性格の特徴と恋愛・仕事・相性[六星占術]

生年月日をもとに導き出された運命星から人生を占う六星占術というものを知っていますか。ここでは、その中でも水星人プラスを運命星にもつ人の性格・恋愛・仕事・相性などについて紹介していきます。