猫猫寺の徹底レポ!入館料・おすすめ展示は?

猫猫寺の徹底レポ!入館料・おすすめ展示は?

京都府京都市八瀬にある「猫猫寺(にゃんにゃんじ)」。⼈気観光場所として⼝コミで評判のミュージアムですが、ホームページなどだけでは分からないところがありますよね。そのため、徹底取材を⾏ってきました。来訪前の参考にしてください。


京都府京都市にある「猫猫寺」へ取材を⾏ってきました。「ホームページの情報だけではよく分からない」「インターネット上の⼝コミや評判だけではよく分からない」という⽅は、ぜひ参考にしてください。

取材先の美術館名:猫猫寺(にゃんにゃんじ)

Q. どんな施設ですか?

猫猫寺(にゃんにゃんじ)は京都市八瀬にある「猫」をご本尊とした世界初の本格的寺院型テーマパークです。

最寄り駅は、叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」、徒歩約20分歩いた場所に位置しています。駐車場も利用可能です。(16台駐車可)

正式名称は「招喜猫宗(まねきねこしゅう) 総本山 猫猫寺」。日本のみならず海外からも来訪者が来る今話題の開運ミュージアムです。

設立のきっかけは、東日本大震災でした。当時文化財の修復をしていた絵師・加悦徹は震災を受けて家族会議を開きました。

議題は「みんながそれぞれやりたいことをやろう!」「周りの人を喜ばせよう!」ということでした。「お金は関係ない!今できることを1歩ずつ」という想いで、その日のうちに家族みんなで物件探しに奔走をしました。

そこで見つけたのが、築100年以上の古民家でした。
クラウドファンディングで資金を集め、思い立って半年後2016年9月に「猫猫寺」を開館しました。
「なぜ猫なのか?」というと家族みんなが、自由で可愛い猫が大好きだったからです。

「猫猫寺」は、好きなことをとことん追い求める私たち家族の想いが詰まった場所なんです。

Q. どんな展示物がありますか?

管長・徹による猫のアート、約150名の作家さんによる猫雑貨、2020年10月のリニューアルオープン時に「天井画プロジェクト」で44名の作家さんに描いていただいた44枚の猫の天井画、猫作家である息子の加悦雅乃によるアート作品など、猫をモチーフにして製作した作品が数多く展示されています。

作家さんによるおすすめ雑貨①

作家さんによるおすすめ雑貨②

44名の作家さんが描いた天井画

加悦雅乃さんによる招き猫の襖絵

施設内写真撮影はどこでも可能となっております。

Q. 見どころを教えてください。

ミュージアム内「猫猫寺ギャラリー」に展示されている加悦雅乃による作品です。11歳から数々の賞を受賞してきており、今では世界的猫作家なんです。愛らしい猫を色鮮やかな色で表現しており、見ていて元気が出る作品ばかりです。

特におすすめの3点を紹介いたします。

奇抜な神話(2016年製作)

招き猫建造祭(2017年製作)

猫の楽団(2020年製作)

2022年からは「成長する画」という常に描き続ける、新しい発想の作品の製作も開始するので、楽しみにしていてください。

来館された方には記念として、雅乃さんが描いたポストカード(全10種)も配布されているんです。

また、「常にクリエイトし続けたい!」という想いからユニークな作品も展示しています。

徹さんが製作した三種の猫器
上から「にゃが玉」「にゃたの鏡」「くさにゃぎの剣」

Q. 人気の企画やイベントについて教えて下さい。

1番の人気企画は「招き猫の絵付け体験」です。
利用時間は30分~1時間で1,500円で本格的な絵付けが体験できます。猫好きの方はもちろん、親子やカップルにも人気の企画となっています。

そのほかにも「御朱印帳絵付け体験」(30分~1時間 2,500円 )や「羊毛フェルト教室」(1日ストラップ体験 2,000円)など人気なイベントも行っています。

猫住職の猫ちゃんたちは、気まぐれなため運良く会うことができたらラッキーです。手作りの袈裟に身を包んだ可愛い姿を見ることができるかもしれません。

Q. 併設施設について教えてください。

「猫猫寺」には秘密基地があるんです。地上での和のイメージとはまた違う、イタリアのアンティーク家具を主役にした「22GBar」という空間が地下にあります。

ここは「ギャップを楽しんでほしい」という遊び心から作った場所です。どこの空間よりもゴージャス仕上げるために、和室だった場所を自分たちでリノベーションしました。

ここでしか見ることができない、加悦雅乃の作品もあります。

入場料・・・2,000円 ※拝観時間は1グループ、2時間まで 

また、滋賀県伊香立南庄町と離れていますが、菅長・徹による「龍」をコンセプトにした
「龍乃蔵」が2021年9月にオープンしました。

滋賀県知事賞を受賞した水墨画など「龍」にまつわる作品が展示されているギャラリーです。拝観料は地域へ寄付しております。

Q. どんな利用者が多いですか?

猫好きの方、親子連れ、カップルで訪れる方も多いです。さらに、京都ということもあり
「ご利益がありそう」とお寺の住職さんが来られることもしばしばあります。

Q. 料金を教えて下さい。

入館料は以下のとおりです。

◎大人・・・500円
◎小、中、高校生、障害者手帳お持ちの方・・・300円
◎乳幼児・・・無料

Q. 付近のおすすめ観光スポットを教えて下さい。

私たちがよく訪れるおすすめの場所は、「猫猫寺」から車で10分ほど離れている、「大原 リバーサイドカフェ 来麟」です。地産地消を大切にした野菜ソムリエが営むカフェで、大原のお野菜やお米を
使った料理を提供しています。

「里の恵み おにぎりランチ」(1,500円)は、有機野菜を中心とした野菜バイキングもセットで
味わうことができます。

Q. これから利用したい方へのメッセージをお願いします。

ご来館されたお客様には、「猫猫寺」周辺の自然と猫の芸術を見て癒されて楽しんでもらいたいです。

全国の猫好きの方、そうでない方、海外へも想いを伝えていき、たくさんの方に喜んでもらうことが、私たちの夢です。一歩一歩積み重ねてその夢を達成したいと思っています。

現在新しく猫をテーマにしたアート製作や最新の技術を利用したコラボ企画も進行中です。
ジャンルを飛び越えて、これからも「猫猫寺」は発展していきますので、是非ご来場ください。

猫猫寺の基本情報・営業時間・定休日

事業者名:猫猫寺
住所  :〒601-1253 京都府京都市左京区八瀬近衛町520
電話番号:075-746-2216
営業時間:11:00~17:00(土日祝18:00)
※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため変更の場合があります。
定休日 :火曜日
URL  :https://nyannyanji22.www2.jp/

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


美術館

関連する投稿


岡田紅陽写真美術館・小池邦夫絵手紙美術館の徹底レポ!料金・評判は?

岡田紅陽写真美術館・小池邦夫絵手紙美術館の徹底レポ!料金・評判は?

山梨県南都留郡にある「四季の杜おしの公園 岡田紅陽写真美術館・小池邦夫絵手紙美術館」。⼈気観光場所として⼝コミで評判の美術館ですが、ホームページなどだけでは分からないところがありますよね。そのため、徹底取材を⾏ってきました。旅行や来訪前の参考にしてください。


淡路市立 中浜稔 猫美術館の料金・評判は?

淡路市立 中浜稔 猫美術館の料金・評判は?

兵庫県淡路市にある「淡路市立 中浜稔 猫美術館」。⼈気観光場所として⼝コミで評判の施設ですが、ホームページなどだけでは分からないところがありますよね。そのため、徹底取材を⾏ってきました。旅行や来訪前の参考にしてください。


良寛記念館の徹底レポ!料金・評判は?

良寛記念館の徹底レポ!料金・評判は?

新潟県出雲崎町にある「良寛記念館(りょうかんきねんかん)」。⼈気観光場所として⼝コミで評判の記念館ですが、ホームページなどだけでは分からないところがありますよね。そのため、徹底取材を⾏ってきました。旅行や来訪前の参考にしてください。


三甲美術館の徹底レポ!入場料・評判は?

三甲美術館の徹底レポ!入場料・評判は?

岐阜県岐阜市にある「三甲美術館」。⼈気観光場所として⼝コミで評判の美術館ですが、ホームページなどだけでは分からないところがありますよね。そのため、徹底取材を⾏ってきました。旅行や来訪前の参考にしてください。


桑山美術館の徹底レポ!料金・評判は?

桑山美術館の徹底レポ!料金・評判は?

愛知県名古屋市にある「桑山美術館」。⼈気観光場所として⼝コミで評判の美術館ですが、ホームページなどだけでは分からないところがありますよね。そのため、徹底取材を⾏ってきました。旅行や来訪前の参考にしてください。