11月6日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

11月6日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運・星座【誕生日占い】

11月6日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。11月6日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。11月6日生まれの人や好きな人が11月6日生まれの人は、ぜひ見てください。


悩んだり迷ったりしたとき、何かに頼りたくなりますよね。そんな時は「誕生日占い」がおすすめです。

生まれた日だけ占える「誕生日占い」では、基本的な性質や能力、運気の流れを知ることができます。自分にどんな可能性があるのか分かれば、より幸せになるための解決策も見えてくるでしょう。

付き合い方に困っている人がいたなら、その人の誕生日を占ってみてください。敵を知れば危うからず。上手に距離を縮めていくことができるでしょう。

今回は11月6日生まれの人について詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

11月6日の誕生日占いの運命とは?

11月6日生まれの人は調和を愛する心優しい人。誰に対しても分け隔てなく接し、周囲を和気藹々とした和やかで温かな空気にしてしまうでしょう。情に脆く、困っている人がいれば積極的にサポートしていきます。

しかし、ときに気をまわし過ぎてお節介になったり、無意識のうちにコントロールしようとしたり。自分を犠牲にしてまでも人に尽くそうとするでしょう。人を優先するということは、自分の決断を人に委ねているとみることもできます。

そんな11月6日生まれの人の使命は「みずからの言動に責任を持ち、真の自立を得る」ことです。

この日生まれの人は確固たる信念をもってバリバリ進んでいるようにみえて、どこか不安定で自信なさげです。その不安を人への干渉や同情で補おうとしている節があります。

本当に人の役に立とうとするのなら、まずは自己を確立しましょう。自分の意志で行動、決断をし、しっかりと意思表示していくのです。感情に惑わされることのない心の強さを育て、自分に自信を持つことができれば、真の愛情で周囲と繋がることができるでしょう。

11月6日生まれの人の性格的特徴

11月6日生まれの人は穏やかで温厚な印象を与えますが、その内側には鋭い感性と激しい情熱を秘めています。理想主義の野心家で、高い目的に向かってモチベーション高く挑んでいくでしょう。考えるより先に行動するフットワークの軽さと問題解決力が魅力です。

基本的には揺るぎない信念を持ち流されることはないのですが、苦境に立った時、心配症で優柔不断なところが顔を出します。いわゆる自滅タイプなのですが、なぜか要領よく難を逃れる運の良さがあります。弱い部分を修正していけば、どんなチャンスも逃すことなくつかみ取ることができるでしょう。

優れた観察眼を備え、場の空気を上手に読み取っていきます。周囲との協調を何よりも大切にし、波風立てない穏やかなコミュニケーションを得意とするでしょう。

共感力が高く、人の気持ちに寄り添っていきますが、その分、他者の不安や恐れといったネガティブ感情も取り込みがちです。デリケートなあまり敏感に反応し、精神バランスを崩してしまうことも。必要以上に踏み込まないよう注意しましょう。

11月6日生まれの男性の運勢

11月6日生まれの男性の運気は前半に勢いがあるようです。後半は総合運こそいまひとうなものの、それ以外の好調な運気が支えてくれるでしょう。トータルとして安泰です。

20代前半までは総合運がピーク状態にあります。活発で優しく面倒見のよい性質が多くの人を惹きつけ、充実した楽しい青春時代を過ごすことが出来そうです。社会に出ても良好な人間関係は続きますが、仕事的には地道な努力が求められるかもしれません。

30代に入ると少しずつ仕事運が上向きになり、40代に近づく頃には仕事も順調に回り始めるでしょう。45歳付近に「飛躍」があります。ここから大きく運気が上昇していく予感です。この日生まれの男性に定年は関係なさそうです。副業がメインとなったり独立起業するなど、定年年齢を過ぎても活躍することとなるでしょう。

60代以降は総合運が低めですが、金運・恋愛運がピークを迎えます。老いてなお、仕事も恋愛も現役状態が続きそうですから、健康には十分留意してください。

11月6日生まれの女性の運勢

11月6日生まれの女性の運気は、ほどよい状態で安定しているといえるでしょう。総合運・金運・愛情運のすべてが同じような動きを見せます。

10代からグングンと運気は上昇していき、20歳前後でピークを迎えます。50代半ば頃までは全体的に非常に高い状態で運気が推移します。多少の波はあるものの、いたって穏やかで幸福感の強い日々を送れるのではないでしょうか。

30~50代は、仕事も恋愛も望むような形で実現できそうです。定年を迎える頃には予想以上の結果を手に入れているかもしれません。夢や目標はできる限り具体的にイメージするといいでしょう。

50代後半から運気は下り坂に。緩やかというよりも、一気にガクッと落ち込む可能性があります。それまで多幸感にあったものですから、いきなりの急展開に心が戸惑うかも。下降を緩やかなものにするには、好調期の過ごし方が大切です。

この日生まれの女性は健康に不安があるようです。若いうちから節制し、健康管理を怠らないようにすれば、悠々自適の老後を過ごすことができるでしょう。

11月6日生まれの人の恋愛傾向

11月6日生まれの人は安定・安心の関係を求めますが、情にもろい尽くし型のため、手のかかる相手を選んでしまうことも。別れを切り出せないままズルズルと関係を続けることもあるでしょう。好きな人には嫌われたくないという思いから、相手の意見に振り回されがちなので気をつけてください。

男性は、恋愛に対してかなり積極的です。気になる人がいたらグイグイとアプローチしていくでしょう。10代は異性から告白されることも多く、軽い感じで恋愛を楽しみます。

20代にもなれば落ち着きが生まれ、穏やかで安定した恋愛を求めるようになるでしょう。一人の人と長く付き合い、そのままゴールインとなりそうです。

女性は、ドライでサッパリ系の人が多く、それほど恋愛に固執するタイプではなさそうです。人に対する観察眼が優れていますから、付き合う相手は上手に選別していきます。

若いときの恋愛は失敗も多いですが、その分、学ぶこともたくさん。恋愛経験を重ねることで恋愛上手となり、堅実かつ誠実な愛を育んでいけるでしょう。

11月6日生まれの人の結婚運

11月6日生まれの人の結婚運

11月6日生まれの人は家庭を大切にします。自分よりも家族を優先し、気にかけていくでしょう。よき夫・妻として役割を果たしていこうと努力しますが、過保護になりすぎるとパートナーや子供の自主性を損なってしまうので気をつけてください。

男性は20代中~30代前半に結婚のタイミングを迎えそうです。家族思いの人ですから、家族サービスは欠かしません。コミュニケーションを大切に、家族全員で温かく幸せな家庭を築いていこうと努力します。

シングル状態が続いていも大丈夫!50代後半以降に大恋愛のチャンスが訪れます。老後まで手を取り合って過ごせる相手とめぐりあえるでしょう。

女性は20代後半~50代前半までと、その気になればいつでも結婚のチャンスをつかみ取ることができます。

結婚後は家庭を大切にしますが、仕事をやめる気はないでしょう。結婚によって仕事環境や内容が変わることは好ましくありません。理解があり、なんでも話し合えるパートナーが理想です。

11月6日生まれの人の金運

11月6日生まれの人はあまりお金に興味がないようです。あれば嬉しいけれど、なければないで構わない。そんな感覚ではないでしょうか。基本的な金運は堅実で恵まれていますから、もう少しお金を意識するようにすればよい運気を活かすことができるでしょう。

この日生まれの人は、付き合う相手に影響を受けそうです。浪費家と付き合うとお金で苦労することになりかねないので気をつけてください。

男性は仕事が軌道に乗るまでは、あまり高収入には恵まれないでしょう。お金に無頓着なこともあり、20代は少し苦労するかもしれません。30代にもなれば少しずつ運気は上昇し、70歳付近でピークを迎えます。老後は悠々自適な日々を過ごせるでしょう。

女性は優秀な人が多く、40代半ばには一財産築けるほどの収入を得られそうです。ただ、50代以降は金運も失速していきますから、老後に備えてはやい段階でライフプランニングしておくといいでしょう。人の良さにつけこまれてお金をだまし取られないよう注意しましょう。

11月6日生まれの人の仕事運・適職・職業

11月6日生まれの人は頑張り屋で、すぐに結果が出ないことにも辛抱強く取り組むことができます。焦ることなく地道に努力を重ねていける適職に収まれば、大きな成功を収めることができるでしょう。

理想が高いものの、現実的な思考・行動が出来る人です。観察力に優れ、問題解決能力も高いですから、組織のトップやリーダーとして活躍できるでしょう。独立心旺盛で束縛や命令を嫌いますから、裁量権のある立場を目指すか、もしくは独立起業するといいかもしれません。

人間関係のバランスがよい人ですから人と接する仕事は適職です。営業や接客、販売など向いているでしょう。深い思いやりと優しさは福祉や介護、ボランティア事業など向いています。人を見抜く観察眼と共感力の高さはカウンセラーやアドバイザーといった仕事でも活かせそうです。

美を愛し、芸術センスに優れた人です。美術系の仕事やデザイン、インテリアコーディネーターなど審美眼を活かせる仕事もおすすめです。

11月6日生まれの人の健康運

11月6日生まれの人はあまり丈夫ではないようです。自覚をもってきちんと健康管理をおこなえば、大きな病気やケガの心配はないでしょう。年齢を重ねたときに健康問題が発生するリスクが高いようです。健康運はやや心配です。

栄養バランスの良い食事、適度な運動と定期的な健康診断など、健康管理の基本を外さないようにしましょう。特に女性は肥満に注意です。

11月6日生まれの人の星座は何座?

11月6日生まれの人の星座は「蠍座」です。

蠍座の人はとにかく真面目で研究熱心。相当な努力家で、探究心が強く、中途半端は許せません。「とりあえず」「適当に」済ますことができず、徹底して物事を追求していきます。周囲が目に入らなくなるほどの驚異的な集中力で取り組み、完成度の高い成果を挙げていくでしょう。

ひとつのことを極めることが得意で、目まぐるしく変化するような状況は苦手なようです。高い順応性で合わせていくことはできますが、ストレスを感じやすいでしょう。安定した状態を求める保守派です。

どちらかといえば寡黙で、自分のことは語りませんから、周囲にはミステリアスなイメージで受け止められているのではないでしょうか。口の堅さは一級品で、相談事を持ち掛けられることも多いでしょう。人の感情や本質を読み取ることが上手なので、アドバイスは的確です。

プライドが高く、自尊心を傷つけられることには敏感です。自分を攻撃したり侮辱するような相手には感情を出すことなく、静かに見切りをつけていくでしょう。

11月6日生まれの人の相性

■友人(ソウルメイト)
1月25日、2月13日、2月23日、3月21日、4月19日、5月17日、6月15日、7月13日、8月11日、8月12日、9月9日、10月7日、10月8日、11月5日、12月3日、12月30日

■恋人(運命の人)
1月12日、2月10日、2月28日、3月8日、3月18日、4月6日、4月20日、5月3日、5月1日、5月5日、5月6日、6月2日、9月6日、9月14日、9月25日、9月29日、11月30日、12月9日、12月19日、12月23日

蠍座と相性がいいのは「蟹座(6/22~7/22)」と「魚座(2/19~3/20)」です。

蟹座とはフィーリングがピッタリ!言葉にしなくても通じ合える関係です。いったん深い絆で結ばれたなら、めったに離れることはないでしょう。感情の激しい二人ですから、ケンカには気をつけて。

魚座も抜群の相性です。性格や価値観はそれほど似ていないのですが、逆にそれがよい刺激となってお互いの興味をかきたてます。長所・短所をフォローしあうことで良好な関係を継続できそうです。

11月6日生まれの誕生石

11月6日生まれの誕生石アメトリン

※写真はアメトリン

11月6日の誕生石は「アメトリン」と「トパーズ」です。

■アメトリン
石言葉:「調和」「安定」「光と影」

アメトリンは「アメジスト(紫水晶)」と「シトリン(黄水晶)」がひとつになった石です。紫と黄のバイカラーの輝きはとても魅力的です。パワーバランスもよく、まさに理想的なコンビネーションといえそうです。

アメジストは主に内面を整え、シトリンは外に向けたエネルギーを活性化してくれます。調和と循環によって、心身をベストな状態に保ってくれるでしょう。

陰と陽が混在していることから、守りにも攻めにも活用できるパワーを備えているとされます。交渉や駆け引きを成功させたいとき身につけると強力なサポートを得られそうです。

■トパーズ
石言葉:「誠実」「友情」「友愛」「希望」「潔白」

トパーズは、そのとき最も必要なものを教えてくれます。直感力と洞察力を高め思考をクリアにし、本当に大切なこと、必要なものを見極められるようサポートしてくれるでしょう。人との縁や仕事など、探し物を見つけやすくし、チャンスを引き寄せてくれるパワーストーンです。

11月6日生まれの誕生花

11月6日の誕生花は「フジバカマ」と「サネカズラ」です。

■フジバカマ
花言葉:「ためらい」「躊躇」「あの日を思い出す」

フジバカマはキク科の多年草で、奈良時代に薬草として日本に渡来し、その後、野生化したとされます。秋の七草のひとつですが、いまでは絶対数が減少、レッドリスト(絶滅危惧種)入りしています。

藤の花のような色をしていること、花の形が袴に似ていることから「藤袴」となりました。
別名は「香草(こうそう)」。桜餅の葉ような独特な香りがアサギマダラ(蝶)を引き寄せます。

■サネカズラ
花言葉:「再会」「また会いましょう」「好機」

サネカズラは日本などを原産とするマツブサ科の常緑つる性樹木です。光沢のあるツヤツヤした葉が特徴で、クリーム色の花を下向きに咲かせます。秋には赤い実を付け食べることもできますが、味はしません。庭木や盆栽として楽しむのがいいでしょう。

蔓からとった粘液を男性の整髪料として使っていたことから、別名を「美男葛(びなんかずら)」といいます。

11月6日生まれの誕生日カラー

11月6日の誕生日カラーは「ジョーンドナープル(#FFCC7B)」です。

■ジョーンドナープル
色言葉    :「気配り」「予感」「バランス」
パーソナリティ:思考と行動のバランスがとれた人

ジョーンドナープルは「浅い赤みの黄」です。日本では聞き慣れない色名ですが、フランスの伝統色です。

「ジョーン」はフランス語で「黄色」、「ナープル」はイタリアの港町「ナポリ」のことです。ちなみに英語では「ネープルスイエロー」(ネープルス=ナポリ)。ナポリのヴェスビアス火山の鉱物から作られたと信じられていたことから「ナポリイエロー」と呼ばれるようになったようです。

そんなジョーンドナープルを誕生日カラーに持つ11月6日生まれの人は、つねに全体の幸福を考えています。人の気持ちに敏感で、みんなが優しく穏やかな気持ちでいられるよう気を配るでしょう。上手にバランスが取れているうちはいいのですが、少しでも感情が乱れるとネガティブ思考に囚われがちなので気をつけてください。

11月6日生まれのラッキーナンバー

11月6日生まれのラッキーナンバーは「0」と「8」です。

ラッキーナンバーとは別に「運命数」があります。「運命数」は生年月日を1桁になるまで足して求めます。

1988年11月6日生まれの場合

1+9+8+8+1+1+6=34
3+4=7

1988年11月6日生まれの人の運命数は「7」となります。

■運命数「7」を持つ人の特徴
運命数「7」の人は、まわりに流されることなく独自の感性と信念を貫いていきます。批判精神旺盛ですが、関心のないことは完全スルー。興味のある分野はマニアックに追求していくでしょう。

ストイックな職人気質で、ちょっとしたズレも許せないこだわりの強い人です。興味あることをとことん極めていけば、その道のプロフェッショナルとしておおいに活躍できるでしょう。

運命数「7」の有名人には木村拓哉、きゃりーぱみゅぱみゅ、永瀬廉、永野芽衣、菊池風磨、高橋大輔、藤原紀香、新垣結衣、ヒカキン、竹内涼真、長澤まさみ、平手友梨奈、松嶋菜々子、イチロー、城田優などがいます。

11月6日生まれの有名人・芸能人・偉人

アドルフ・サックス(楽器製作者)
チャールズ・ダウ(経済アナリスト)
ジェームズ・ネイスミス(バスケットボール考案者)
広瀬正志(声優)
飛田展男(声優)
伊原剛志(俳優)
松岡修造(タレント、スポーツ解説者)
遠藤あど(ダンサー、女優)
ジェリー・ヤン(実業家、Yahoo! 創業者)
宍戸留美(声優)
町田昌弘(ミュージシャン)
窪塚俊介(俳優)
Sowelu(歌手)
渡辺大輔(俳優)
濱家隆一(お笑いタレント/かまいたち)
出田奈々(アナウンサー)
大谷秀和(サッカー選手)
金ちゃん(お笑いタレント/鬼越トマホーク)
松本浩代(プロレスラー)
日高薫(ファッションモデル)
アナ・イバノビッチ(プロテニス選手)
エマ・ストーン(女優)
円野つくし(ミュージカル俳優)

11月6日生まれのアニメキャラクター

雨谷小雨(魔法少女サイト)
石田雨竜(ブリーチ)
石田三成(イケメン戦国◆時をかける恋)
影浦進一郎(ミラクル☆ガールズ)
京塚志温(スロウスタート)
周防桃子(アイドルマスターミリオンライブ)
園崎茜(ひぐらしのなく頃に)
橘英雄(H2)
本城遊理(天空侵犯)
三朝歌蓮(温泉むすめ)
雪平創真(食戟のソーマ)
吉川ちなつ(ゆるゆり)
ウェディ(夢王国と眠れる100人の王子様)
エックス(ポケットモンスター)
カドモン・リッシュ(Re:ゼロから始める異世界生活)
ストレア(ソードアート・オンライン)
ラップ(シャーマンキング)
リップ(シャーマンキング)
リューマ(ワンピース)

11月6日生まれは何の日?歴史は?

■戦争と武力紛争による環境搾取防止のための国際デー
国連が定める国際デーです。戦争/紛争による環境破壊・環境被害、戦争/紛争自体の防止を目的とします。

■いいマムの日
「マム」は日本の国花「菊」のことです。「日本の菊から世界のマムへ」の思いを込めて、マムの普及を目指すOPTIMUM(愛知県)が制定した記念日です。「いい(11)まむ(6)」と読めること、マムがもっとも輝く時期であること、菊まつりが開催されるなど「菊の季節」であることからこの日となりました。

■馬琴忌
「南総里見八犬伝」で有名な江戸時代の読本作家・曲亭馬琴(滝沢馬琴)の忌日です。

■いいもち麦の日
「いい(11)む(6)ぎ」 もち麦の美味しさと健康に良いことを広くPRすることを目的に、穀物の加工品販売を手がける「石橋工業株式会社」が制定しました。

■財閥解体、はじまる
1945年11月6日、GHQ総司令官であるダグラス・マッカーサーが四大財閥(三井、三菱、住友、安田)の解体を目的とした「持株会社解体令」を承認。ここから財閥解体がスタートしました。

まとめ

11月6日生まれの人は仕事に生きる人です。定年など気にすることなく、生涯をかけた仕事に携わる人も多いでしょう。そのためには、人との関わりが欠かせません。

不安定な心をサポートしてくれる心強い味方は、そのまま人生におけるキーパーソンとなるでしょう。信頼できるパートナーとともに、人生を楽しんでいきましょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


誕生日占い

関連する投稿


12月14日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月14日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月14日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。12月14日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。12月14日生まれの人や好きな人が12月14日生まれの人は、ぜひ見てください。


12月13日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月13日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月13日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。12月13日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。12月13日生まれの人や好きな人が12月13日生まれの人は、ぜひ見てください。


12月12日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月12日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月12日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。12月12日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。12月12日生まれの人や好きな人が12月12日生まれの人は、ぜひ見てください。


12月11日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月11日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月11日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。12月11日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。12月11日生まれの人や好きな人が12月11日生まれの人は、ぜひ見てください。


12月10日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月10日生まれの運勢!性格・恋愛・結婚・金運【誕生日占い】

12月10日生まれの人の誕生日占いについてまとめています。12月10日生まれの人の性格・恋愛・結婚運・金運・相性などについて詳しく説明します。12月10日生まれの人や好きな人が12月10日生まれの人は、ぜひ見てください。


\メディア掲載多数/

Spicomi掲載実績はこちら