人付き合いが苦手で疲れる理由7個と対処方法13個を徹底解説

人付き合いが苦手で疲れる理由7個と対処方法13個を徹底解説

人と接する事が大好きな人もいれば人間関係が苦手で、なんだか疲れてしまう…という人もいます。一体どうして人付き合いが苦手で疲れてしまうのか、理由と対処法についてまとめています。人間関係についてお悩みの方はぜひご覧ください。


疲れたなぁ。。。と感じる時、人付き合いの中で、疲れると思ったことの方が多くないですか?人と会うと疲れると感じても、人と付き合わずに生きていくことは難しいことです。

色んな場面において、人と関わることがあり、付き合っていかなくてはいけない状況もあると思います。疲れることが続くと、人付き合いも苦手になるものですよね。

そこで、なぜ人付き合いが苦手で疲れてしまうのか?そこには、きちんとした理由があるからなのです。

ここでは、人付き合いが苦手で疲れる理由とその対処法についてまとめたので、今後の参考にしてみてくださいね。

人付き合いに疲れた…

何でも思ったことや、感じた事を言えばいいというものではありませんよね。子どもの頃は感じたことや、自分が見えている範囲のことを嘘や偽りなく、ストレートに何でも言っていたという経験があります。

しかし、大人になると本音と建て前を持つことが礼儀となり、本音を隠して愛想笑いしてみたり、つまらない、興味のない話にも合わせてしまうような状況が多々あると思います。

良いとか、悪いという単純な判断ではなく、人とコミュニケーションをとる中で、自分との違いを受け取り、付き合い方を学ぶスタイルも増えてきました。

人付き合いに疲れる理由8個

なんで、わたしばっかり・・・。そんな想いをしたことはないですか?人付き合いの中で、いつも犠牲的な自分に気づいた時、人付き合いをすることに疲れてしまうと感じる事がありますよね。煩わしいと感じたり、一人が楽だと感じる時、人付き合いをするうえで、疲れていることが原因でもあります。人と付き合う上で疲れるには理由があるのです。

そこで、人付き合いに疲れる理由をまとめたのでチェックしてくださいね。

1. 周囲の反応を気にしてしまう

自分がどのように思われているのか、気にし過ぎてしまい気疲れしていることが原因です。自分の発言や、行動をどのように周囲に評価されているのかだけが気になってしまうようです。人は誤解しやすい生き物でもあるので、説明をすればきちんと理解してくれるのは分かっていても、そういうことが面倒になってしまうというのも事実です。

そんなことから、人付き合いをする=周囲の反応が気になるというサイクルになり、人に合うことも苦通になるようです。

2. 争いやイザコザに巻き込まれる

人ですから、好きや嫌いという感情を避けて通ることはできません。本当は、分け隔てなく誰とでもお付き合いができれば良いのですが、人付き合いをする中で、よく思っている人とそうでない人というのは必ずいます。争いに巻き込まれるなんて、誰もが嫌なことです。

しかし、人と付き合いを重ねていく中で派閥が起るケースもあり、争い事やイザコザに振り回されるのも嫌なのです。

3. 本音を言えない

場の空気を悪くしてはいけないという思いから、自分の気持ちを伝えることができないことが続くと、人付き合いも疲れる傾向にあります。自分さえ我慢していればいい。自己主張して周囲を困惑させてしまうことが一番嫌うのです。

冗談であっても気分を害することを言われたとしても、顔に出さないようにして、気にする素振りすら見せません。感情的になることを避けているだけで、本音を言えないストレスになっていることで、人付き合いが疲れてしまうということなのです。

4. 気を使い過ぎる

空気が読めない人はいますが、空気を読み過ぎてしまう人もいます。自分の発言したことや行動は全て自分に返ってくると言いますよね。それが良いことも悪いことも。

周囲のことばかりに目が行き、神経を使っていたり、気を使い過ぎて気持ちを休める環境が無い状態の時もストレスを溜めていることから、人付き合いが疲れてしまう傾向にあるようです。

5. 緊張状態が続く

近くに人が居るだけで緊張してしまい、疲れてしまう人もいます。男性の人に多いと言われますが、パーソナルエリアと言って、自分のテリトリーに他人が入ってくるというだけでストレスを感じるところがあるようです。電車などでも他人が隣に座る事で緊張してしまうというのも、特徴的です。

人に対しての不安が大きいことから、人への不信感が払拭できずに、人と付き合うと疲れてしまう傾向があるようです。

6. 意見を合わせることが多い

協調性を大事にしていることで、意見を合わせてしまうことが多いのです。自分はどちらでも良いという考えを持っているので、他人の意見に合わせてばかりで、疲れてしまうという状況があるようです。

本当は、こうしたいという気持ちを持っているのに、それを伝えて意見が通らないかもしれないから言わない方がいいと諦めてしまうことが原因のようです。行きたくなくても、付き合いで行って、疲れてしまうことが多いのもこの特徴です。

7. 愚痴や悪口を聞かされる

人と付き合うと必ずと言っていいほど、人の悪口や愚痴を聞かされることがあります。人から愚痴や悪口を聞くのは、ストレスだったりするのですよね。悪口を言われている人のことをそんな風に思ったことがなくて、悪い人だと思っていなくても、悪口を聞かされ続けると、人付き合いに疲れることがあります。また、愚痴や悪口は誰のことも幸せにできるものではないですよね。

さらに、悪口を言う人は必ず、別の人にも悪口を言います。そうすると、自分のことを言われているのかもしれないと不信感が芽生えるので、更に人付き合いが疲れるようになります。

8. 真意が伝わらない

こちらの思っていることを丁寧に伝えても、相手の捉え方では受け取られかたも異なり、疲れた経験はないですか。こちらの真意が伝わらないのは、ストレスだったりしますよね。いちいち説明するのも大変で正直うんざりしてしまうというのが本音だったりします。

どうして、そういう考えや受け取り方をするのかと腹を立てることもあるでしょう。こちらの真意を理解しようとしてくれない人と付き合うと疲れてしまうということもありますよね。

人付き合いに疲れてしまう人の特徴

空気を読み過ぎてしまうことで、人に対して疲れてしまう傾向があるようです。図々しくなれないことで、自分を抑制してしまい、一人でいる時以外リラックスできない状況にしていることが原因です。誰にでも良く思われたいという気持ちが、周囲のことを気にし過ぎてしまい、自分の意見を言えずに中身のない人だと思われていることもあるのです。

他人と共存するうえで、協調性を持つことは大事なことではありますが、自分の意見を言わずに周囲に合わせてばかりいるというのは、あなた自身も疲れてしまう原因を作っているということになります。

他人からどのように思われるのかを気にせずに、ありのままの自分を出すことに抵抗がある人が、人付き合いに疲れてしまう傾向にあります。

人付き合いを楽にするために重要なこと

人と付き合うのに、疲れてしまうのは自分の意見を蔑ろにしていることが、大きな原因でもあります。人付き合いをラクにするために重要なことは、自分の意見を大事にすることでもあります。

自分の価値観を大事にして、他者とコミュニケーションを取るようにしないと、相手のマイナスな部分に引きずられてしまう可能性があります。

相手に合わせてばかりいたり、周囲の評価ばかり気にしていると、本来の自分がしたいことが何かも見失ってしまうのです。自分のポリシーを大事にしている人は、まっすぐでブレが無く、他者との上手に共存しているように思います。

例え、初めに誤解をされたとしても、ポリシーを持っている人は、他者を惹きつける魅力へと変換されるものです。人付き合いを楽にするために、あなた自身が誰にも流されないことが重要なのです。

人付き合いで疲れるときの対処方法13個

これであなたも大丈夫!これまで、人付き合いをすると疲れていたあなたに、疲れた時の対処法をお伝えします。どんなに嫌な人であっても、相手を変えることは不可能なのです。相手に変わってもらう事を願うより、少しの工夫でこれまで味わってきたストレスを軽減することが可能になります。

これからお伝えする対処法を取り入れてみると、あなたもこんなことに悩まされる時間が勿体ないと思うようになるでしょう。それでは、早速人付き合いで疲れた時の対処方法をまとめたので、チェックしてくださいね。

1. 捉え方を変えてみる

人の発言に反応することは誰にでもあることです。なんで、そういう言い方をするのか、もっと言い方を変えることはできないのかと思う場面もあったのではないでしょうか。そんなことが積み重なると、人との付き合いに疲れてしまいますよね。そこで、相手の言動に対して、感情的に反応するより、一旦飲み込んで、捉え方を変えるようにすることをおすすめします。

きっと、相手は無意識の中で発言していますが、それってかわいそうなことでもあるのですよね。そういう発言しかできない、そういう思考でしか物事を捉えることができないと半ば同情に近い形でいることで、捉えてみると心に余裕が持てるようになりますよ。

2. 意見をきちんと伝える

グループなどの小集団でも、必ず一人は自分の意見に合わせてもらおうとする人がいますよね。わがままだと言えばわがままなのですが、色々な局面に対応できないということでもあるのです。言ってしまうと、周囲に合わせてばかりいるというのは、流されやすい人だと思われることもありますが、実際は、柔軟性のある人だということもあるのです。

こだわりがない部分に関しては、意見を言わなくても合わせていればラクなこともあります。しかし、自分が譲りたくないと思ったことに関しは、意見をきちんと伝えるようにしましょう。

意見を言うことはわがままでもないですし、自分勝手というわけでもありません。とてもシンプルなことで、誰もが自分の意見を持っているので、意見を言うようにしましょう。

3. 人間関係を整理する

あなたにとってマイナスな人間関係ならサッパリと縁を切りましょう。会えば、人の悪口しか言わずに、注意をしてもこちらの、顔や態度を気にせず構わずあなたに対して、不利益な状況を作る人に対しては、今後も良い関係を築くことができないと思ってよいでしょう。

もし、整理できない環境や状況である場合は、あなたのこれまでの態度を変える事で、相手も変わることがあります。あなたには何を言っても大丈夫だと過信しているのであれば、適度なところで距離を保つようにすると、効果が期待できます。自分にとってプラスの考えを持つ人との付き合いは良いですからね。

4. 一人の時間を設ける

社会にでると、嫌でも人付き合いが増えるものです。ですから、一人の時間を設けて、趣味に没頭する時間を作るように心がける事をおすすめします。趣味が無い人は、興味のあったことにチャレンジしてみたり、散歩したり、ボーっとしてみたり、決して特別なことをしないといけない、というわけではありません。

他人をコントロールすることはできなくても、自分自身をコントロールすることは可能ですよね。一人で過ごす時間を設けて、心に正直にリセットする時間を作るようにしてみてください。大事なのは、気を紛らわすことなのです。

5. 嫌われる覚悟を持つ

本当の自分を出すことで、周囲に嫌われるのではないかと思う人もいます。だからと言って、意見を言う人に付いていくだけは、自分のストレスもたまる一方ですよね。そこで、どんなシチュエーションにおいても、状況においても、自分をさらけ出すようにしましょう。物語のように、自分の生い立ちから説明する義務はありません。

しかし、自分の考えや行動は自分で責任を取っていることなので、誰かにとやかく言われる筋合いもありませんよね。リラックスしたありのままの自分でいることが、周囲から何を思われようとも良いのです。気にしないことがポイントになってきます。

6. 他人を変えずに自分が変わる

他人のことは変えることはまず無理です。それが家族であっても、変えさせようとすることは難しいのです。家族ですら思い通りにならない状況があるのに、他人のことを変えようなんて無茶なことですよね。その場合は、他人に変えてもらうのではなく、自分が変われば良いのです。臨機応変に対応することを心がけるだけでも全然違いますからね。

相手に無理強いしようとしても、反発してくるだけです。それは、反抗期だった自分を想像するだけでも理解できることではないでしょうか。正論をぶつけられたとしても、反発することは大人でもありますからね。自分が変わる事だけ考えていれば人に対して疲れる事はありません。

7. 良いところにフォーカスする

相手の悪いところ、いわゆるマイナスポイントはとても目につきますよね。ただし、相手の悪いところを見て過ごすより、相手のよい面にフォーカスするだけでも全然違います。

自分にはない素晴らしい面を見てあげること、相手の素晴らしい面を見つけることができる思考を持つだけでも、人付き合いが疲れてしまうということは、軽減されます。自分に広い心を持つことで、余裕を持ち、相手の悪いところに目を光らせるより、良いところにフォーカスするようにしてみてくださいね。

8. 過度な期待はしない

疲れたり、絶望したり、落胆したり、これらには共通していることがあります。それは、相手に期待をかけている事で、相手が期待に沿えなかった時、あなたは疲れてしまうのではないでしょうか。相手ができると思っているから、できなかった時のショックがあまりのも大きいと感じるのです。

しかし、相手が出来ない人だと思っていれば、相手に過度な期待をしていなければ、できないことに対して、感情が左右されるようなことはないのです。関係が近いからこそ芽生える期待ではありますが、他者に対して過度な期待はしないことです。

9. シンプルに思考を持つこと

誰かに好かれようとしないこと、常に必要な存在の人であろうとしないことです。そして、過度に必要な存在だと思われるような行動をしないことです。不特定多数の人と無理やりお付き合いをするというのではなく、自分が好きな人たちと付き合いを重ねて、自然と広がる関係で充分なのです。

今は、SNSなども相手を深く知ることなく、フランクに繋がれてしまうことで、相手の思考を知らずに危険な目に合う事もないとは言えません。相手の合わせてばかりではなく、自分自身をまず知り、シンプルに人と付き合うようにしてみてください。計算されたお付き合いほど、うまくいかないものはありませんからね。

10. 改善されない時は相手との距離を置く

何を頑張っても、相手との距離が遠い場合や関係性が改善されない場合は距離を置くことも大事です。いきなり関係を断ち切るというより、一歩距離をおいて相手を見た時、本当の相手の姿を見ることができる可能性もあります。そして、一度冷却期間を設けることで、感情的にならずに済むケースもあります。

自分の考えが少しまとまると相手の距離を保ちながら良い関係を築くことができることもあります。距離や時間を置くことで問題が解決するケースもあります。

11. 紙に書いて整理する

まず、何が問題となっているのかを整理することが重要だと思います。頭の中でごちゃごちゃしていると小さな問題も、複雑にしてしまうのが人間の特徴でもあります。問題が何か明確にすることから始めてみましょう。そして、問題を紙に書いた後、どのように解決していくかひとつずつ整理することから始めてみてください。

その時、嫌だなぁという感情は、別にして取り組むようにしましょう。マイナスな思考で物事を進めようとしてもプラスの方向になることは難しいです。

12. 疲れるという感情を手放す

自然の法則には逆らえないことがあります。例えば、あなたが良いという人、あなたのことを良いと思わない人、どちらでも良いという人、10人いたら、10人があなたを支持することはありません。10人中2人はあなたのことを特別良いと思い、また2人はあなたのことを良いと思わない人がいて、残りの人はどちらでもないという意見に分かれるものです。

ですから、人と付き合う仲ですべての人に良い印象を与えるなんていうことはないのです。

そう考えると、疲れている時間さえもったいと感じませんか?そんな自然の法則があるなら、無駄に考える必要もないし、疲れるという感情を手放して、こんなものかな?という感じでいればいいのです。

13. 多くの人とコミュニケーションをとる

特定の人としかコミュニケーションをとるのではなく、あえて新しい出会いがある場に行くのもひとつの手です。色々な人がいるということを社会勉強のひとつだと思って、人付き合いを多くして、免疫を高める事も良いですね。

本来なら避けて通りたいことも、敢えて関係性を作ってみると意外と、疲れ知らずになるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私たちが生きていく中で、避けては通れないのが人間関係ですよね。人付き合いは、良いときもあれば、そうでない時もあるものです。しかし、少しの工夫で人付き合いが、快適になるなら、工夫を取り入れることも大事ではないでしょうか。これからのあなたが、より良い関係性を築けるために少しでも参考になれたら幸いです。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


メンタル

関連する投稿


メンヘラ女性の特徴47個と見分け方!見た目・対応・別れ方

メンヘラ女性の特徴47個と見分け方!見た目・対応・別れ方

精神的に不安定で依存心の強いメンヘラ女性。この記事ではメンヘラ女性の特徴や見分け方についてまとめています。彼女への対処法や別れ方に困った時には参考にしてください。


メンヘラ彼女の特徴21個・対処方法・付き合い方・結婚・別れ方

メンヘラ彼女の特徴21個・対処方法・付き合い方・結婚・別れ方

彼女がもしかしたらメンヘラかも…。そう思った男性は、メンヘラ彼女の特徴をお伝えしますので、その対処方法や付き合い方などについて知っておきましょう。そうすることでより良い関係が築けるはずです。


豆腐メンタルの意味と特徴25個!治し方・克服方法・仕事

豆腐メンタルの意味と特徴25個!治し方・克服方法・仕事

この記事では豆腐メンタルの意味や、豆腐メンタルを持つ人の特徴、共通点をまとめています。豆腐メンタルで悩んでいる人のために治し方や克服方法、またおすすめの仕事についても紹介しているので参考にしてください。


自分に自信を持つ方法34選!思考・習慣・容姿・恋愛・仕事・言葉

自分に自信を持つ方法34選!思考・習慣・容姿・恋愛・仕事・言葉

自分に自信がなくて悩んでいる方の中には、自信を持つ方法がそもそも分からない…という方も多いのではないでしょうか。今回は自信を持つための思考や習慣、容姿についてご紹介。恋愛や仕事面でも自信を持つ方法があるので試してみてください。


すぐ怒る人の心理・性格の特徴15個と対処法!病気や障害?

すぐ怒る人の心理・性格の特徴15個と対処法!病気や障害?

突然スイッチが入り、すぐ怒る短気な人は身近にいますか?もしくは自分がキレやすいタイプだったりしませんか?この記事ではすぐ怒る人の性格的特徴や対処方法をご紹介します。