天才の特徴30個(性格・顔・身体)凡人との違いは?芸能人16人

天才の特徴30個(性格・顔・身体)凡人との違いは?芸能人16人

自分が天才なのか凡人なのか、自己判断するのは難しかったりしますよね。この記事では天才の特徴を性格や顔、身体の観点からまとめました。あなたはいくつ当てはまりますか?芸能人についてもご紹介しますので判断材料にしてみてください。


誰もが天才に憧れます。特に、人生が上手くいかない時「自分にも才能があれば…」と、天才に強い羨望を抱きます。凡人に手が届かない天才は、どんな特徴があるのでしょうか。

今回は、天才の特徴を、性格・顔・身体別に徹底解説し、凡人と何が違うのかを考察。天才と言われる芸能人や有名人も紹介します。

天才とは?どんな人を指す?

天才には、「天性の才能」という意味があります。天才は生まれながらの存在ということです。やはり、天才の域に達する人は、凡人が血のにじむ努力をしても追いつかない才能を持て生まれてきたのでしょう。では、具体的にどのような人が天才と評価されるのでしょうか。

共通して言えるのは、「歴史に名を遺す程の偉業を達成した人」「世界中に多くの感動を与えた人」という点です。学問、発明、芸術、スポーツなど、ジャンルは問いません。ある分野で、極めて高い結果を出し、一部ではなく、多くの人を感動させるのが天才なのです。

天才は幼少期から特徴があり飛び抜けている?

天から与えられた才能を持つ天才は、幼少期から特異な言動が見られるケースは少なくありません。知能指数が高く、周囲の子供たちと遊びが合わなかったり、誰に教わったわけでもないのに、素晴らしい身体能力を持っていたりというのは、良く聞く話です。天才発明家のエジソンが、小学校入学から僅か3ヶ月で退学したというのは有名な逸話でが、本当の天才は、明らかに子供時代から「他とは違う何か」を持っています。

しかし、天才の中には凡人に埋もれ、成長してからあることをきっかけに才能を開花させるケースもあります。例えば、天才司会者のタモリが芸能界デビューしたのは30歳です。天から与えられた才能を持っていても、それを世に放つ機会がなければ、天才は凡人として終わります。「才能を発揮する環境に恵まれた」というのも、天才の共通点と言えるでしょう。

天才の特徴20個【性格編】

天才にはどのような特徴があるのでしょうか。性格の特徴を、天才発明家トーマス・エジソンの名言を引用しながら解説します。

1. 頭の回転が早い

天才は頭の回転がとにかく速いです。物凄い思考スピードで物事を考えて判断します。凡人には到底及ばないスピードです。そのため、天才の発言は、しばしば周囲を困惑させます。普通の人が10段階に分けて考えるようなことも、天才は一足飛びに結論を出してしまうので、「なぜ、そのような発言に繋がるのか」が、凡人に理解できないのです。

しかし、天才は自分の思考スピードが特別だという意識はありません。だから、周囲に対して「なぜこんなことが理解できないのだろう」と、本気で不可解に思っています。説明を求められても、天才の思考回路はスピードが早いだけではなく独特なので、凡人が理解できるように自分の思考を解説するのは困難です。

2. 集中力が高い

天才は集中力が高く、特に秀でた分野に関しては、集中力を保ったまま何時間でも取り組めます。「気が付いたら朝だった」というのは、天才に良くあるエピソードで、寝食を忘れる程の高い集中力で、物事を成し遂げるのです。

トーマス・エジソンは、集中力の重要性について、このように唱えています。

「成功に不可欠なのは、肉体的にも精神的にも疲労をためずに、1つの問題にエネルギーを注ぎこめる力である」

しかし、天才の集中力はいつでも発揮するものではありません。過集中した後は、当然エネルギーが多く消費されています。集中から解き放たれると、天才は凡人以下となり、休息モードに突入するのです。また、何にでも集中力を高めて取り組めるわけでもありません。天才は自分の興味の分野には、とても高い集中力を見せますが、無関心な対象物には意識を全く向けません。

3. 探究心が強い

天才は探究心が強く、気になったらそのまま放っておくことができません。自分が納得するまで追求し、理解を深めようとします。結論の出ていない未開の分野でも、天才は強い探究心で真実を見極めようとします。この探究心が、歴史に残る素晴らしい発見や発明を生み出すのです。

4. 感受性が高い

感受性が高いのも、天才の特徴です。多くの人が見過ごすような刺激や変化も、天才は敏感にキャッチします。そこから、大きな発明や発見に道をつなげるのです。

しかし、天才の感受性の高さは、本人に大きなデメリットももたらします。僅かな刺激や変化も気になるということは、日常にストレスが溢れているのと同じです。「なんでもない」と流せない高い感受性なので、天才は小さな事柄にも心を痛め、悩んでしまうのです。時にはこの世に絶望してしまうこともあります。特に天才文豪や芸術家にはこの傾向が強く、太宰治やゴッホなどは、自殺した天才として有名です。

5. 思考力が柔軟

天才はとても柔軟な思考力を持っています。発想が豊かで、思考がどんどん広がります。1つの事柄に対して、凡人が頑張っても2~3通りの考えしか思い浮かばないようなことも、天才は柔軟な思考で、色々なケースを想定したり想像したりできるのです。

天才の思考力は、単なる思い付きではありません。一見何の関連性もない事柄も、天才の脳内では線で繋がっています。物事に繋がりを見つける柔軟な思考力が、天才のひらめきに繋がっているのです。

6. 固定概念がない

天才の思考力が柔軟なのは、固定概念がないからです。「AはBであるべき」といった社会的概念に縛られず、いつでも自分だけの答えを求めています。

トーマス・エジソンの名言に、こんな言葉があります。

「大事なことは君の頭の中にある。常識という理性をきれいさっぱり捨てることだ」

時代と共に常識は変化しますが、新しい発見は固定概念を覆した先に良くあるものです。天才は常識や固定概念に支配されず、新しいものを生み出していきます。

7. 第六感がすごい

天才は天才故の素晴らしい勘があります。本人も説明できないけど、「なぜかわかってしまう」という瞬間が天才にはあるのです。第六感と呼ばれる直観力が優れていて、まるで予知のような能力を発揮することもあります。天才には、科学では解明できないような能力が備わっているのかもしれません。

8. アイディアマン

天才は柔軟な思考力と第六感で、たくさんのアイディアを発案します。役に立つか経たないかは別として、天才は自由な発想で次から次にアイディアが思い浮かんでくるのです。そして、アイディアが尽きた後も考えることを止めず、更に素晴らしいアイディアを考えてしまいます。

トーマス・エジソンはこう発言しています。

「殆ど全ての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だという所までいきつき、そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに」

多くの人が諦めてしまう終着点が、天才エジソンにとってはスタート地点なのです。

9. 意志が強い

天才は例外なく強い意志の持ち主です。学問、芸術、スポーツ、ジャンルを問わず、天才の域に届くためには、何度も壁を乗り越えなければなりません。結果が出るまで長い時間を要することもあります。それでも、「やり遂げる!」という強い意志を持って、志を貫くのが天才なのです。

10. こだわりが強い

天才はこだわりも強いです。こだわるところは、とことんこだわります。そのこだわりが結果に繋がることもありますが、周囲から理解されないこだわりの場合も少なくありません。天才は独自の感性を持っているため、普通の人が見ると、そのこだわりが奇妙に映ってしまうのです。

しかし、一見無意味に感じられる天才のこだわりは、本人にとって必要不可欠。平穏を保つためにも、天才は自分のこだわりを貫くのです。

11. 諦めが悪い

強い意志とこだわりを持って、天才は自らの道を歩き続けます。そのため、結果が出るまで周囲からの理解はなかなか得られません。場合によっては、「いくら続けてもダメなのでは?」「そろそろ諦めたら?」と、周囲から見放されるケースもあります。

それでも、天才は自分の力を信じて諦めません。簡単に諦めるようでは、大きな結果は残せないのです。そして、天才の天才たる所以は、多くの人が諦めてしまうような事柄にも引き下がり、乗り越えてしまう点です。結果が出るまで諦めないのが天才です。

トーマス・エジソンも次のように発言しています。

「私たちの最大の弱点は諦めることだ。成功するのに最も確実な方法は、常にもう1回だけ試してみることだ」

12. 努力家

天才は努力家です。トーマス・エジソンの「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」というのは、あまりにも有名な名言ですが、全ての天才は努力の上に成り立っていると言っても過言ではありません。トーマス・エジソンは、努力の素晴らしさについて、次のように発言しています。

「待っている間も頑張る人に、全てのものはやってくる」

凡人が天才に嫉妬する時、「自分が努力してもできなかったことを、天才は何食わぬ顔でやってのける」と思いがちです。しかし、天才は誰よりも努力をしているのです。そして、努力を続けられるというのもまた、立派な才能です。何もしない天才は無名のまま終わりますが、自分を信じて努力を惜しまない凡人は、天才に近い結果を残します。

13. 個性的で独創的

天才は秀でた能力があります。それは、普通の人より突出した何かを持っているということです。そのため、平均値から見ると、個性的で独創的で、時には「変わり者」と言われてしまいます。しかし、時代が天才についていけないだけで、天才が成し遂げた結果は、後に社会のスタンダードとなっていきます。天才は時代の先駆者でもあるのです。

14. マイルールがある

天才には独自のマイルールがあります。周囲のルールに囚われず、自分の感性を信じて作り上げたルールです。天才のマイルールは、常人には理解できないことも多々あります。しかし、天才を常人の型にはめようとすると、せっかくの才能が発揮できません。天才は天才だけが理解できると良く言われますが、秀でた能力を持っている人が主張するならば、そのルールを貫かせてあげるのが、ただ1つ凡人にできることと言えるでしょう。

トーマス・エジソンは、自分の目標を成し遂げるために、すごいルールを作って、それを守り続けていました。

「自分は毎日、18時間働くことにしている」

働き方が社会問題となる今の日本にとっては、考えられないルールです。しかし、本人が自分の意思で「やる」と言うならば、才能を発揮する為に必要な時間なのかもしれません。

15. 超ポジティブ

天才が諦めずに努力を続けられるのは、「いつか上手くいく」「必ず結果を出す」と、超ポジティブ思考だからです。素晴らしいものを生み出す時、大業を成し遂げる時、その辛い過程を乗り越えられるのは、明るい未来を描く力があってこそ。だから、天才は周りのネガティブなオーラに巻き込まれず、自分を信じて突き進むことができるのです。

トーマス・エジソンは、失敗を失敗と認識しない超ポジティブ思考の持ち主で、それを表す明言は複数存在します。

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ」

「失敗は失敗ではなく、その方法でうまくいかないことがわかったという成功だ」

「失敗を誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言うべきだ」

「失敗は成功の基」を実証するのが天才です。

16. 超合理主義者

天才には合理主義者が多いのも特徴です。こだわりやマイルールが多く、周囲からは無駄なことをしているように見えていても、天才は意味を持って行っています。どんなことも無駄にしないから、天才は凡人より密度の濃い時間を過ごしているのです。

17. 得意と不得意の差が大きい

「天は二物を与えず」ということわざがありますが、複数のジャンルに渡って才能を発揮する天才も存在します。しかし、天才の多くは、素晴らしい才能の裏に、普通の人が簡単にできることができず、極端な苦手を抱えているケースが多いのです。全てがパーフェクトではないという意味では、このことわざは人間の心理をついていると言えます。

18. コミュ力や社会性はイマイチ

突出した能力を持つ天才は、思考が凡人とは違います。そのため、凡人の中では浮いた存在になることが少なくありません。どうしても、多数派とは考え方が違うため通じ合えず、コミュニケーション力や社会性はイマイチなのです。天才にとって、普通に合わせるのはとてもストレスがかかるのでしょう。

19. 誤解されてしまうことも…

独自の思考を持つ天才は、なかなか凡人から理解されません。そのため、結果を出すまでは「変わり者」「能無し」などと、誤解されやすいです。特に幼少期から学生時代は、「前へ倣え」の世界なので、天才にとっては窮屈で辛い思いをする機会が多くなります。天才たちの逸話には、子供時代に「態度に問題あり」と学校から指摘された話や、興味のない分野では酷い成績を残した話などがあります。

しかし、全ての人に理解されなくても、一部の良き理解者が天才の才能を見つけ、適切に環境を整えることで、才能は一気に花開きます。誤解された天才の陰には、必ずキーパーソンとなる理解者の存在があるのです。

20. 孤高の人

周囲とは比較にならない才能を持った天才は、世の中では共感されない存在です。天才の苦労や苦悩は、天才にしか理解できません。必然的に天才は孤独になります。しかし、孤独を苦しみだと捉えないのが天才の感性です。自分を持ち、我が道を貫く強い意志を持った天才は、周囲に理解されるための努力はしません。自分を理解しない多くの人の意見に左右されず、自分自身を信じて突き進むのです。

小学校で集団生活に馴染めず、わずか3ヶ月で退学の道を選んだトーマス・エジソンは、次のような名言を残しています。

「人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる」

天才の特徴5個【顔編】

天才には、顔にも特徴があると言われています。国や性別を超えた共通点があるのです。天才の顔の特徴について解説します。

21. 面長

天才の多くは、面長な輪郭の持ち主です。また、IQの高い人は面長だという説もあります。天才の顔は、丸顔童顔ではなく、大人っぽい印象の人が多いのです。人相学的には、面長は「知的」「創造力が高い」「センスが良い」と言われていて、天才の性格的特徴に当てはまります。

22. しっかりとした鼻

しっかりとした鼻も、天才の顔の特徴です。スッと通った高い鼻は、意志の強さと知性を感じさせます。人相学的には、高い鼻は「思考回路が早い」「完璧主義」であり、大きい鼻は「強運(特に金運が良い)」「意志が強い」「チャレンジ精神がある」と言われています。どれも、天才に必要な要素です。

23. 目の間隔が広い

天才の顔は、目の間隔が広いという共通点が多く見られます。目の間隔が広いと、表情が穏やかな印象になります。人相学的には、目の間隔が広い人は「視野が広い」と言われています。天才は広い視野で物事を柔軟に考えるということなのかもしれません。

24. 切れ長の目

天才の目は、切れ長タイプが多く見られます。スッと横に長い切れ長の目には、強い意志の力を感じさせます。人相学的には、切れ長の目は「聡明」「知的」で、高い地位につく人が多いと言われています。

25. 表情が穏やか

天才の顔は、表情がとても穏やかです。もちろん、歯を食いしばって努力を積み重ねる時の顔は険しくなります。しかし、普段の表情は穏やかで、その裏に凄まじい努力があるようには感じさせません。凡人から見ると、天才は何食わぬ顔で偉業を成し遂げたように見えるのです。

天才の特徴5個【身体編】

天才には体つきや身体能力にも特徴があります。天才に多く見られる身体的特徴について解説します。

26. 左利きが多い

天才には左利きが多いと言われています。左利きの割合は人口の約10%弱と言われていますが、名だたる天才には左利きが多いのです。例えば、以下の天才は左利きです。

・ピカソ
・ミケランジェロ
・モーツァルト
・ベートーベン
・エルヴィス・プレスリー
・坂本龍一
・ビル・ゲイツ
・松本人志

脳科学的にも、左利きは右脳の発達が素晴らしいという説があります。芸術家に左利きが多いのは、偶然ではないのかもしれません。また、スポーツ業界、特に球技では左利きはそれだけで希少価値が高まります。

27. 幼少期から才能を発揮

天才の中には、幼少期から発達が早く、子供の時から才能の一角を見せているという逸話が数多くあります。

・モーツァルトは僅か5歳で初めて作曲をした
・ピカソは8歳の時に素晴らしい画力でリンゴを描いた
・羽生善治は小学5年生でアマチュア名人戦の予選を通過した

天才は小さな頃から発達が早く、周囲を驚かせることも多いのです。もちろん、例外もあります。アインシュタインは5歳まで殆ど言葉を話さなかったと言われています。

28. 身体能力が高い

天才は、スポーツジャンルに関わらず、身体能力が高い人が多いです。体を動かすには神経の伝達が必要で、身体能力の高さは、神経伝達の早さ、思考の早さに繋がるものなのです。子供には、卓上の勉強よりも、自然の中で思いっきり体を動かして遊ぶことが重要だという説がありますが、脳科学的には、子供の頃に多様な体の動かし方をすることによって、脳機能が発達すると言われています。

29. 強靭な肉体

スポーツ界の天才は、当然ですが素晴らしい筋肉をしています。努力を積み重ねて獲得した筋肉ですが、ある程度遺伝子で筋肉の強さの傾向が決まってしまうので、スポーツ界の天才は「生まれ持った筋肉の質に恵まれた」とも言えます。天才には努力が不可欠ですが、努力に耐えられる強靭な肉体があってこその天才なのです。

30. 細身

天才には肥満体型が極端に少ないです。むしろ、痩せ型が多いです。自己管理能力がなければ体型は維持できませんが、それには天才のように強い意志が必要ということなのかもしれません。また、天才はストイックなので、太る暇がないとも考えられます。

天才と凡人の違い5つ

天才と凡人には、決定的な違いがあります。何が違うのかを解説していきましょう。

①思考速度

天才と凡人は、思考速度が全く違います。凡人が天才を理解できないのは、凡人が順序立てて時間を使って考えるようなことを、天才は一瞬で処理してしまうからです。また、天才は感覚が優れているため、無意識に感じたことを総合して考慮し、結論を導き出します。その過程には、超高速で思考が働き、膨大な情報量が動いているのですが、その内容を天才が凡人に説明するのは不可能なのです。「わけのわからないことを言っているのに、なぜか成し遂げてしまう」というのが天才です。

一方、努力型の秀才は、コツコツと積み上げて結果を出します。そのため、秀才は凡人にもわかる説明ができるのです。天才は教師に向きませんが、秀才は優れた教師になれるというのが、天才と秀才の違いになります。そして、凡人が天才になることは不可能ですが、秀才にならばなれる可能性を秘めています。

②発想力(ひらめき)

天才と凡人は、発想力も違います。凡人は自分の人生の枠の中で物事を考えます。一方、天才の発想力には垣根がありません。だから、凡人が思いもよらない発想ができます。また、豊かな発想に必要なひらめきも、天才は兼ね備えています。

ひらめきには、「頭脳の回転の速さ」「直感」「素晴らしいアイディア」という意味がありますが、天才のひらめきは単なる思い付きではなく、無意識に自分の経験を繋ぎ合わせた根拠あるものです。だから、天才のひらめきは結果に繋がります。

③記憶力

天才と凡人は、記憶力が違います。学術的な天才に限らず、芸術やスポーツ界の天才も、特定の分野においての記憶力が素晴らしいのです。例えば、著名なスポーツ選手の中には「勉強はからっきしだった」という人もいますが、学校の成績と天才の記憶力は関連しないケースもあるのです。

天才的なスポーツ選手は、自分の細かい体のパーツ別の筋肉の動きや、あらゆる場面で最も適切な行動パターンなどを、実は体で記憶しています。だから、超人的な動きが可能になるのです。

④粘り強さ

天才と凡人は、粘り強さも違います。凡人が「努力したけど結果が出なかった」と諦めるタイミングは、天才にとって「ここからが正念場」なのです。凡人が「アイディアは出尽くした」と思っている時、天才は「自分に見えない可能性がまだある」と、粘り強く努力を続けます。

もちろん、凡人だって努力しますが、努力の終着点が天才とは全く違うのです。凡人は自分で限界を決めて、自ら諦めます。一方、天才は「結果こそが終着点」です。結果が出るまで決して諦めません。努力を続けるのもまた、才能が必要ということです。そして、努力を続けても耐えられる肉体も、天才の条件になります。

⑤常識の内容

天才と凡人は、何より常識が違います。結果を出すまで天才が周囲から理解をなかなか得られないのは、根本的な常識が違うからです。思考速度、ひらめき、記憶力、粘り強さ、全てが凡人より優れている天才の才能は、凡人と同じ方法では伸びず、むしろ停滞させてしまいます。だから、天才は集団生活に強いストレスを感じることが多く、人間関係に恵まれないと、精神を病んでしまうケースもあります。

天才の逸話を見ると、必ず人に恵まれています。天才が孤高を貫いていたとしても、その才能を発揮する場は社会です。天才には、天才の才能に気付き、それを伸ばそうとする支援者が必要なのです。

天才と言われる芸能人・有名人16人

最後に、天才と言われる芸能人やスポーツ選手、歴史に名を遺す有名人を一部紹介します。

・アインシュタイン
・モーツァルト
・レオナルド・ダ・ヴィンチ
・ウィリアム・シェークスピア
・チャールズ・チャップリン
・スティーブ・ジョブズ
・ビル・ゲイツ
・ミハエル・シューマッハ
・羽生結弦
・長嶋茂雄
・イチロー
・中田英寿
・松本人志
・宇多田ヒカル
・ビートたけし
・宮崎駿

まとめ

天才には、凡人とは比較にならない能力があります。だからこそ、人々は天才に憧れの念を抱くのです。残念ながら、凡人として生まれた人が天才になることは不可能です。その理由は、生まれ持った能力が決定的に違うからです。しかし、天才の素晴らしい部分を上手に取り入れながら、自分を高めることはできます。また、天才の良き理解者、協力者として、一緒に目標を目指す仲間になることも可能です。

天才と凡人には、どうしても超えられない壁がありますが、それは能力に限ってのこと。天才も凡人も同じ人間です。「自分とは違う」と認めながらも、人として心を通わせることを諦めず、天才の素晴らしい部分を自分に取り入れていけば、あなたの人生はきっと、有意義で輝いたものになるでしょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


自己啓発

関連する投稿


自分磨きの方法45選!内面・外見・仕事・恋愛・趣味の努力

自分磨きの方法45選!内面・外見・仕事・恋愛・趣味の努力

自分磨きをして恋愛や仕事に潤いを与えたい!と思うことがあっても、どうやって内面や外見を磨けばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。この記事では男磨きの方法についてご紹介します。努力次第で誰でも磨けますよ。


引き寄せの法則のすごすぎる効果とやり方!恋愛・結婚・お金

引き寄せの法則のすごすぎる効果とやり方!恋愛・結婚・お金

「引き寄せ」とはその名の通り、運や出会いを引き寄せること。お金を引き寄せたり好きな人を引き寄せたり…そんな凄い力には法則というものが存在します。引き寄せのスピリチュアル効果や方法、コツについて解説していきます。


マイナス思考の人の原因・特徴15個と改善方法!恋愛傾向は?

マイナス思考の人の原因・特徴15個と改善方法!恋愛傾向は?

マイナス思考になってしまう人の原因や特徴、恋愛傾向についてまとめています。また、マイナス思考の人のための改善・克服方法も紹介しています。マイナス思考かどうか確認したい人は診断チェックリストも紹介しているので試してみてください。


頑張らない生き方とは?仕事で疲れている人が考えたいこと13個

頑張らない生き方とは?仕事で疲れている人が考えたいこと13個

人生に疲れている人のためにリラックスできる「頑張らない生き方」について説明します。頑張ることが求められる世の中で疲れている人は自分を見つめ直すきっかけになれば幸いです。仕事で疲れた人も参考にしてください。


お金持ちになる人の特徴・共通点44個!習慣・行動・見た目は?

お金持ちになる人の特徴・共通点44個!習慣・行動・見た目は?

お金持ちになるには習慣や行動に意識を向けることが大切です。この記事ではお金持ちになる人の特徴や共通点についてまとめています。彼らの見た目や言動を学び真似ることから始めることで少しずつお金持ちに近づけるかもしれませんよ!