頑張らない生き方とは?疲れている人が考えたい13のこと

頑張らない生き方とは?疲れている人が考えたい13のこと

日本社会は基本的にハードワークで働き過ぎ…なのは分かっていても、思うように休みが取れないのが現実ですよね。その上「もっと頑張らなければ、自分はダメ人間だから」と自分を追い詰めてしまう人も多いかもしれません。この記事では人生に疲れている人のためにリラックスできる「頑張らない生き方」について説明します。


「人生に疲れた…」「毎日がしんどい…」と感じるなら、あなたは頑張り過ぎかもしれません。疲れを癒せず、それでも毎日何とか乗り切るだけの生活を続けていると、いつか疲れ果てて心身に悪影響が出てしまうかも…。

そうなる前に、一度頑張らない生き方について考えてみませんか?頑張るのは素晴らしいことですが、それで倒れでもしたら本末転倒ですよね。今回は、頑張らない生き方とはどんな生き方なのかを解説し、疲れている人が考えたいことについて紹介します。

頑張らない生き方とは?

「頑張る」というのは、やりたくないこと、辛いことをやる場面で多用される言葉ですよね。好きなことに取り組んでいる時には使わない言葉です。「私は頑張って趣味をやっています」とは言いません。また、目標の達成を目指す時にも「頑張る」は使われますが、その行為が楽しくて仕方がない場合、周囲からは「頑張っている」と思われても、本人としては「楽しくてたまらない」という状況ですよね。

「頑張らない生き方」とは、周囲からどう思われるかを気にせず、あなたが大切なことだけに注力することです。そして、「必要ないことに頑張るのを止めた生き方」です。仕事や人間関係の渦に飲まれ、必要以上に仕事を抱え込んだり人に気を遣い過ぎたりするのを止めて、自分自身のために生きるのが、頑張らない生き方です。

仕事で頑張らなくても生きていける?

「好きな事だけに注力したいけど、生きていくには収入を得なければならない」という大問題があります。生きることと仕事は、切っても切れない関係です。そして、仕事は人を疲れさせる大きな原因です。やりたくもない仕事をするには、自分を頑張って奮い立たせなければなりませんし、純粋に仕事量が多い場合は、それに追われて頑張るしかない状況に追い込まれます。

「ならば、やはり仕事は頑張るしかないのでは?頑張らない生き方なんて無理では?」と思う人も多いことでしょう。でも、仕事で頑張らなくても生きていける方法はないと結論を出すのは早計です。ここで、2つの考え方を提案したいと思います。

人生の比重を仕事に置かない

1つめは、人生の比重を仕事に置かないという考え方です。出世や収入アップを目指すことは止め、仕事は生きていくための収入を得るための手段として考えます。仕事を取り組む際、「可能な限り自分への負担を減らす」という姿勢で取り組み、プライベートな時間を確保するのです。この場合、仕事は「好きなことをするための手段」となるので、上手に仕事を割り切ることができるようになり、心身共に負担を減らすことができます。

好きなことを仕事にしてしまう

もう1つは、好きなことを仕事にしてしまうという考え方です。世の中には「仕事が楽しくて仕方がない」という人が存在します。周囲から見ると、仕事ばかりに打ち込んで、努力の塊のように感じられますが、本人は好きで仕事をしているだけで、「仕事を頑張る」という意識ではありません。好きなことと仕事を繋げることができれば、仕事で頑張らずに生きていくことが可能になります。ただし、生きていくためには一定量の収入が必要ですから、必ずしもあなたの好きなことと仕事が繋がるとは限らないのが難しいところです。

人によって、どちらを選択するかはそれぞれですが、このような考え方をすることによって、「仕事を頑張らざるを得ない」という状況を変えることが可能です。もちろん、状況を変えるためには、一時的に頑張ることが必要になります。でも、結果的に頑張らない生き方を手に入れることができるなら、その頑張りはあなたにとって大きな意味を持つことでしょう。

頑張る生き方と頑張らない生き方の違い

日本は「頑張ること」が美徳とされる国です。子供の頃から「頑張れ」と言われ続けて大人になります。そして、いつの間にか頑張らないことが悪いことではないかと、罪悪感を持つようになります。また、「頑張れば報われる」という考え方も子供の頃から言われ続けます。これは裏を返すと「結果が出ないのは頑張りが足りないからだ」という意味です。本当に努力して頑張ったのに、結果が出ないと「怠けたのではないか?」と疑われるのです。これは、かなり苦しい状況です。

でも、「頑張ったら報われる」というのは本当でしょうか?「頑張ることが美徳」の根拠とは?人には向き不向きがありますから、どんなに努力しても達成できないことはありますよね。また、労力が少なくても上手なやり方で良い結果を出せば、それに越したことはありませんよね。この考え方こそ、頑張らない生き方です。

「頑張らない生き方」とは、ある意味超成果主義的な考え方です。物事をシンプルに考え、自分が大切なことに注力し、余計な手間をとことん削って心身共に身軽になり、それでも必要最低限な成果を出すことが、頑張らない生き方です。

一方、「頑張る生き方」とは、自分に頑張ることを強いた生き方です。植え付けられた「頑張ることが美徳」を信じ、報われることを信じてひたすら頑張り続けます。運良く成果が出て、周囲からの評価を得ることができれば幸福ですが、頑張りが実らなかった時、酷く辛い状況に陥ります。それでも「頑張りが足りないんだ」という思考が働き、頑張ることを止められず、時には心身に悪影響を与えてしまうことがあるのです。

頑張らない生き方と頑張る生き方の決定的な違いは、「頑張ること」に対する考え方の違いなのです。頑張らない生き方は、頑張らずに成功する術を考えます。一方、頑張る生き方は失敗した時の原因を「頑張らなかったから」と考えます。成功するか否かの基準が頑張りにあるかどうかが違うのです。

疲れている人が考えたい13のこと

「心底疲れた…」と思っているのに、状況を打開できないのには、状況はもちろん、自分の中に問題を抱えているケースがあります。

「疲れたら頑張るのを止めて休めば良い」

言葉にするのは簡単ですが、実行するのが困難だという人も多いことでしょう。それでも、今のまま頑張り続けたら、いつか限界がきて心や体がぽっきり折れてしまうかもしれません。そうならないために、あなたの負担を少しでも軽くするために必要なこととは、一体何なのでしょうか。疲れている人が考えるべきことについて提案します。

1. 何に疲れているのか?

人は疲れると、思考がまとまらなくなりますよね。慢性的に疲れると、生活全てに疲れているような気持ちになります。だけど、24時間全てが疲れる時間ではないはずです。1日の生活を振り返ると、自分を疲れさせることと、案外そうではないことがあることに気付きます。この気付きがとても大切です。「何を今更」と思うかもしれませんが、改めてあなたが今何に疲れているのかを考えてみましょう。

・職場の人間関係
・プライベートな人間関係
・仕事の内容
・仕事量
・仕事のスケジュール
・通勤など肉体的疲労
・気配りなど精神的疲労

これはほんの一部です。生きていれば、ただそれだけで疲れることが色々あると思います。それを思い返し、「自分を大きく疲弊させるものは何か」を、まずは明確にするのです。

2. なぜ疲れを癒せないのか?

次に、なぜ疲れているのにそれを癒すことができないのかを考えましょう。何に疲れているのかを考えた時に、今あなたが抱えている全容が見えたことでしょう。きっと、キャパ以上のものを抱えているから、疲れ果てているのだと思います。「なぜ疲れを癒せないのか?」との問いに、きっと「疲れを癒す時間がない」という答えを出す人が多いことでしょう。でも、本当にそうなのでしょうか?疲れを癒せないのは、「疲れを癒す時間がない」という思考が原因ではありませんか?

「疲れを癒す時間がない」と思ってしまうのは、高過ぎる志や強すぎる責任感によるところが大きいです。そのような思考を持つと、「自分がやらなければ」という思いから、休むことができず、頑張り続けてしまいます。実は、自分を休ませずに頑張らせているのは、あなた自身だという可能性についても考えてみてください。

3. 休むことへの弊害とは何か?

「休みたいけど休めない」と考えてしまうのは、一時的に休むことによって、結果的に後から大変な事態に陥ると先が見えているからですよね。漠然と、「今休むとやるべきことが後に残る」と不安になり、ギリギリのところで踏ん張って頑張り続けてしまいます。そして、いつまでも休息する時間を作らず、疲れ果ててしまいます。だから、疲れた時こそ、自分が休むことを躊躇する理由について、事細かに考えましょう。忙しくて常に追い立てられているけど、やりようによっては休むことへの弊害を最小限にする方法が思いつくかもしれません。

4. 休むことに罪悪感がないか?

何とかすれば疲れを癒すために休む時間を作り出すことは可能だったとしても、休むことに罪悪感を持っていると、それを自ら否定してしまうことがあります。例えば、労働者の場合は法に定められた有休休暇制度があり、会社の都合問わず、有給休暇を使うのは労働者の自由です。しかし、厚生労働省が行った平成28年就労条件総合調査によると、日本の有給消化率は48.7%です。

労働者としての休む権利を半分も放棄してしまうのには、「自分が休むことによって周りに迷惑をかけたくない」と、休むことに罪悪感を持つという日本人ならではの感性によるところではないでしょうか。だけど、頑張り過ぎた結果、疲れて突然倒れてしまったら、もっと大きな迷惑を周囲が被ることになります。だから、休むことに罪悪感をもつひつようはないのです。

それでも、休むことに罪悪感がある場合は、「自分の周囲は倒れるような頑張り方を求めるほど冷酷ではない」と考えてみましょう。もしも、「いや、周囲は冷酷だ」と言うのであれば、「自分を無下にする冷酷な人達に多少の迷惑をかけても気にしなければ良い」と、思考を転換すれば良いのです。

5. 現実的に獲得できる休息の時間はどれくらいか?

疲れている原因と、休める可能性についてとことん考えたら、次は現実的に獲得できる休息時間について考えましょう。疲れの原因は仕事とは限りませんよね。育児、介護、人間関係など、様々な理由があると思います。1日どころか半日継続して休息する時間もとれないというケースもあることでしょう。その場合は10分でも5分でも良いです。とにかくあなたが休息することを前向きに考えることが大切です。

そして、獲得できる休息時間が把握できたら、とりあえず休んでしまいましょう。疲れている時、判断力、思考力、行動力、全ての能力のモチベーションが下がります。だから、疲れている時は休息を優先にして、あなたが持つ力を少しでも多く発揮できるようにパワーを蓄えてください。

6. 自分が大切にしたいことの優先順位とは?

疲れた時は、まず何としても疲れを癒す時間を捻出して、少しでも良いので体力と精神力を回復させましょう。そうすれば、色々な事を整理して考える気力が湧いてきます。少しでも休んで、自分と向かい合う気持ちが生まれたら、あなたが大切にしたいことは何かを、シンプルに考えてみてください。大切にしたいことはいくつあっても構いません。実際に大切にできることが可能かどうかは別として、「こんなことがしたい」「これを大事にしたい」という気持ちがあるものは、全て書き出すのです。

大切にしたいことを描き出したら、今度は優先順位をつけていきましょう。現実問題、自分の希望を全て叶えるのは困難でしょう。だからこその優先順位です。書き出して自分の想いを整理することで、わずかな時間ができた時に、何を優先すべきか正しい選択ができるようになります。

7. 絶対やらなければならないものとは何か?

大切にしたいこととは、きっとあなたを明るい気持ちにしてくれるものですよね。そういうことを考えるのは楽しい作業です。でも、人には「絶対にやらなければならないこと」がどうしても存在します。楽しい作業をした後は、ちょっと苦しいですが、「絶対にやらなければならないこと」が何かを考えてください。大事なのは「絶対に」という部分です。「やった方が良い」「周囲からやることを期待されている」という項目は入れてはいけません。

「絶対にやらなければならないもの」は、生きていく上での最低限の作業になると思います。例えばこんなことです。

・食事
・睡眠
・生活に必要な収入を得ること
・自分が守らなければならないものへの対処

これを達成するためにどうしてもやらなければならないことだけを考えましょう。そうすると、とてもシンプルなものが残ると思います。それこそが、今あなたが絶対にやらなければならない最低限の項目です。疲れてどうしようもなくなった時は、それだけを何とかクリアすれば大丈夫と思うだけでも、心の負担が少し軽くなります。

8. 捨てられるものはないか?

疲れた時、楽になりたいなら、今抱えている荷物を減らさなければなりません。「絶対にやらなければならないこと」を考えると、自分が背負わなくても良いかもしれない何かを抱えていることに気付きます。それが手放せるものか、捨てられるものかを考えましょう。

部屋の大掃除をすると、ビックリする位不要なものが出てきますよね。人の忙しさも同じです。忙しさに翻弄されて、いつのまにか不要なものまで抱え込んでいるというのは良くあることです。だから、自分を棚卸し、断捨離することが必要なのです。

9. 余計なことに力を使っていないか?

捨てられるものを捨てる作業が終わったら、今度はパワーバランスについて考えましょう。余計なことに力を使っていないか、あなたの行動を見直してください。仕事や日々の作業、人との付き合いで、必要以上に頑張っていることはありませんか?より良い結果を求めるために人は頑張るものですが、その頑張りが本当に良い結果をもたらすものかどうか、改めて考えましょう。

頑張ってしまう人は、与えられたものを精一杯取り組み、与えられた時間ギリギリまで全力を尽くそうとするクセがあります。それは素晴らしい努力ですが、そのことで疲れ切ってしまっては、本来の力を発揮できません。だからこそ、冷静に自分の行動を振り返り、努力の量と結果について分析し、程々の値を見極めなければならないのです。

10. 人に投げることができる荷物はないか?

頑張り過ぎてしまう人は、問題や課題を一人で抱え込みがちです。そして、自己犠牲の精神があり、「人に迷惑をかけてはいけない」と常に周囲に気を遣っています。でも、一人で抱えられる荷物の量など、たかが知れているのです。抱え過ぎた荷物でつぶれる前に、人に投げることができる荷物がないかを考えてみましょう。

この時、人に投げる時に発生する手間を面倒に感じてはいけません。「相手が嫌々引き受けるくらいなら、自分がやった方がマシ」「投げる荷物を受け止めるための方法を教えるのが面倒」という理由で、自分だけが抱える必要がないのに荷物を背負い続けると、負担はどんどん増えてしまいます。一時的に手間がかかっても、結果的に荷物を投げることができるなら、その手間を引き受けましょう。

11. 結果的に楽になる方法はないか?

楽になるための手間を惜しまないというのは、人に荷物を投げることに限りません。やり方や考え方を変えたり、新たな技術を身につけたりすることで、結果的にあなたが楽になれる方法があるかもしれませんよね。

忙しくて余裕が全くない時は、課題をクリアするだけで精一杯ですが、疲れている時こそ、新しい方法について考えることが大切です。追われるだけでは、いつまで経っても負担を減らすことはできません。一度流れを止めてでも、改善できることはないかを考えましょう。

12. 頑張りが自己満足になっていないか?

どんなに疲れても頑張ってしまう人は、手抜きすることに罪悪感を持ちます。また、手抜きすることで周囲の評価が落ちるのではないかと、大きな不安を感じます。だから、手を抜くことができず、常に頑張り続けてしまうのです。でも、その頑張りは自己満足になっていませんか?「自分は頑張っている」という言い訳がしたいがための頑張りになっていませんか?

心身共に疲れ切ってしまう状況を変えるためには、手を抜くことを覚えなければなりません。周囲に気付かれずに手抜きをするテクニックを持ち、頑張らなくてもいいんだと自分を納得させることが重要なのです。どんなに負担を減らそうとしても、頑張り続けなければならないことをあなた自身が自分に強いているなら、状況を変えることはできません。そのことを肝に銘じておきましょう。

13. 全く別の道を選ぶという選択肢があるか?

疲れた時、今の状況を打破して負担を軽くする方法を考えるべきですが、そのために自分を見つめて「今の生活に未練はない」と感じるならば、全く別の道を選ぶという選択肢が生まれます。仕事に例えるなら転職です。でも、人は無意識に現状維持を求める心理があります。大きな変革を起こすためには、物凄いパワーが必要です。だから、人は疲れていてもその状況に甘んじてしまうのです。

だから、どうしようもなく疲れた時こそ、自分の人生を考えるチャンスだと思いましょう。とことん自分と見つめ合ってください。その上で、全く別の道を選ぶという選択肢があるなら、それに向けて動き始めましょう。辛い状況を変えられるかどうかは、あなたの行動力次第です。

人生を充実させるために大切なこと

人生を充実させるために大切なことと一言で表すと、「自分を喜ばせること」です。そして、その方法は人によって違います。今回頑張らない生き方について書き綴ってきましたが、人によって喜びを感じるポイントは違いますから、「頑張る生き方」をすることが、人生を充実させる方法だという人もいます。

また、人生を充実させたいなら、無闇に人と自分を比較してはいけません。他人が感じる充実と、あなたが感じる充実が全く違うケースもあるのです。周囲の評価を気にする必要もありません。「人から見て充実した生活」と、「自分が充実していると感じる生活」も、違うからです。

だから、シンプルに考えれば良いのです。「これが好きだ」と思うことがあれば、それをすれば良いのです。極める必要はありません。その時間が心地良ければ、それであなたの人生は充実していると言えるのですから。

まとめ

疲れた時は、とにかく休息が大切です。人は限界まで付かれると、判断力も思考力も低下してしまいます。そして、日々疲れる最悪の状況を打開する方法を考える気力もなくなってしまいます。これでは、疲れる生活から抜け出すことができません。それでも、なかなか休むことができないなら、頑張らない生き方について考えてみてください。頑張らない生き方を選ばなくても、選択肢の1つとして頭の隅に置いておくだけで、心の負担を少し軽くすることができます。

そして、時々自分を喜ばせてあげましょう。背負わなければならないものがあるかもしれませんが、あなたの人生はあなただけのものだということを忘れないでくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


自己啓発

関連する投稿


生きがいとは何?人生の生きがいの意味と見つける方法20個

生きがいとは何?人生の生きがいの意味と見つける方法20個

「生きがいを見つけると人生に潤いが生まれる」という話はよく聞きますが、実際に生きがいを見つけるのはなかなか難しいものですよね。この記事では人生の生きがいの意味と見つける方法についてまとめています。生きがいが分からずに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


インナーチャイルドとは?嘘・いない?特徴・見つけ方・克服改善方法10個

インナーチャイルドとは?嘘・いない?特徴・見つけ方・克服改善方法10個

インナーチャイルドとはどんな意味なのか、インナーチャイルドの特徴、見つけ方は何なのか詳しく説明します。さらに、インナーチャイルドの克服改善方法も紹介しますので、より充実した人生を歩むための役に立ててください。


自己評価が低い人の原因・特徴19個と改善方法!治らない?謙虚で優秀?

自己評価が低い人の原因・特徴19個と改善方法!治らない?謙虚で優秀?

自己評価が低い人の原因は何なのでしょうか。自己評価が低い人の特徴や改善方法について説明します。自己評価が変われば、人生が変わるかもしれません。あなたや周りの人がもし悩んでいたら、ぜひ参考にしてください。


自己肯定感の意味とは?低い人の原因・特徴17個と高める方法!接し方は?

自己肯定感の意味とは?低い人の原因・特徴17個と高める方法!接し方は?

自信がない人が多く、自己肯定感が大切と言われますが、自己肯定感という言葉はどんな意味なのでしょうか。自己肯定感の低い人の原因・特徴や高める方法について説明します。自己肯定感がない人、自己肯定感を育てたい人はぜひ参考にしてください。


マイナス思考の人の原因・特徴15個と改善方法!恋愛・メリット・チェック

マイナス思考の人の原因・特徴15個と改善方法!恋愛・メリット・チェック

マイナス思考になってしまう人の原因や特徴、恋愛傾向についてまとめています。また、マイナス思考の人のための改善・克服方法も紹介しています。マイナス思考かどうか確認したい人は診断チェックリストも紹介しているので試してみてください。


最新の投稿


【夢占い】血の夢の意味45選!血が出る・血を吐く・吐血・血尿

【夢占い】血の夢の意味45選!血が出る・血を吐く・吐血・血尿

血の夢は夢占いでどんな意味や心理を暗示しているのでしょうか。血が出る・血を吐く・吐血する・血尿が出る・生理で出血するなど、状況別に夢診断の内容を詳しく解説します。


二黒土星の相性ランキング!相性良い・相性悪い相手[九星気学]

二黒土星の相性ランキング!相性良い・相性悪い相手[九星気学]

二黒土星の相性をランキング形式の一覧表で紹介します。九星気学で二黒土星と相性の良い本命星、相性の悪い本命星は何でしょうか。最高の組み合わせも紹介します。今後の付き合い方の参考にしてみてください。


二黒土星の女性の性格的特徴・恋愛・仕事・相性[九星気学]

二黒土星の女性の性格的特徴・恋愛・仕事・相性[九星気学]

九星気学の二黒土星の女性には、どんな性格や恋愛の特徴があるのでしょうか。二黒土星女性の好きなタイプ・仕事や、相性が良い相手、攻略法などについても解説します。


二黒土星の男性の性格・恋愛・適職・相性は?浮気は?[九星気学]

二黒土星の男性の性格・恋愛・適職・相性は?浮気は?[九星気学]

九星気学の二黒土星の男性には、どんな性格や恋愛の特徴があるのでしょうか。二黒土星男性の好きなタイプ・浮気・適職や、相性が良い相手、攻略法・復縁方法などについても解説します。


グレートデーンの性格・寿命・大きさ・値段は?優しい?事故は?

グレートデーンの性格・寿命・大きさ・値段は?優しい?事故は?

超大型犬として人気のある犬種「グレートデーン(グレートデン)」。グレートデーンの性格・寿命・大きさ・値段や、過去に起きた事故などについて詳しく解説します。


ランキング


>>総合人気ランキング