生きがいとは何?人生の生きがいの意味と見つける方法20個

生きがいとは何?人生の生きがいの意味と見つける方法20個

「生きがいを見つけると人生に潤いが生まれる」という話はよく聞きますが、実際に生きがいを見つけるのはなかなか難しかったりしますよね。この記事では人生の生きがいの意味と見つける方法についてまとめています。生きがいが何か分からずに悩んでいる方は是非参考にしてください。


あなたにとっての生きがいは何ですか?
人生の生きがいの意味を見つけられない人は、どのようにしたら見つけることができるのか、人生の生きがいは何か?人生の生きがいを見つけたらどうなるのか、人生の生きがいの意味を見つける方法についてまとめたのでチェックしてみてください。

生きがいの意味とは何か?

生きがいとは、人の生を根拠づけるものであり、生きるうえでの喜びに繋がるものであります。意味としてはとても広く、客観的なもので図ることができず、全て主観的なものであること。人の数だけ喜びだと感じるものが異なるので、生きがいはその人の中にあるものとして捉えるものです。

生きがいは、周囲から判断されるものではなく、その人が楽しいと思い生きる励みや指標、支えになることも、生きがいといえます。つまり、生きがいとは、生きたいと思える何かということなのです。

生きがいとやりがいの違い

何かを得る事で評価されることがやりがいです。積極的に行いたいと思う事は生きがいもやりがいも同じかもしれませんが、生きがいは誰かに評価されることではありません。

自ら進んで何かをすることで生きる喜びに繋がっているもの。それに対して、やりがいは何かをすることで認めてもらったり、評価されることで、やる意味があるということに繋がっているようです。

例えば、仕事を例にとると、「仕事を生きがいとする」というのは、仕事をすることが生きるモチベーションに繋がっているもので、楽しかったり、仕事をすることで生きていることに喜びを感じるということでもあります。

それに対して、「仕事のやりがいがある」というのは、仕事をすることで達成感があったり、第三者に高く評価されることで、やる意味があるという気持ちになるのが、やりがいなのです。

生きがいがない人の原因・理由

生きがいを感じられないという人の中には、取り組むことから逃げている状態の人や、何もかも分かった気でいて、冷めていることが生きがいを見つけられずにいる原因かもしれません。

生きがいがない人の特徴として、自らを痛めつけている人も、生きがいを見つけることが出来ない人だといえます。自分の人生を考えて行動するというのは、責任が必ず伴います。

しかし、自分の人生に責任を持ちたくない人は生きがいを見つけることはおろか、思考を働かすことから避けているかもしれません。何か変化していくことへの恐怖を感じていたり、何事もマイナス傾向であるというのが原因かもしれません。

また、生きがいがない人は、一時的に失っているということもあります。生きる意味を失っている状態のときも生きがい見つけられずに傷ついている可能性もあります。

人生の生きがいを見つける方法10個【考え方編】

人生の生きがいを見つけられる方法は、どのようにすれば得られるのか?みんなはどのようにしたら自分の生きがいに出会えているのか?と気になる所ですよね。そこで、人生の生きがいを見つける方法のひとつとして、まずは考え方についてまとめたので参考にしてください。

1. 内観する

自分が何をしたいのか、自分の本当の気持ちはどうなのかと常に、自分自身を内観することが必要となってきます。自問自答という言葉があるように、自分に問いかけ、答を導くということが必要となってきます。

何かをすることで心に明かりが灯され、何かをすること心が満たされると感じることや、発見することが自分自身を内観し、生きがいを見つけるうえでも、今後のためにも大切なプロセスとなるのです。常に内観する癖を付けておくとよいです。

2. 周囲に流されない

自分の人生のやりがいとなることや、やりがいだと思う事は、第三者によって決められるものではありません。誰かがあなたの幸せを決めることができないので、あなた自身が周囲に流されないことが大事です。

第三者にやりがいを押し付けられるものではないので、自分がやりがいだと思うことがあれば、それが正解なのです。誰かに否定されたとしても、あなたがやりがいだと感じたらそれで良いのです。大事なのは、周囲に流されずに自分の考えに自信を持つ事です。

3. 比べない

他人から比べられるのってとても嫌ですよね。しかし、他者だけに比べられているとは限りません。多くは、自分自身が誰かと自分を比較し比べてしまっていることがあります。他者に比べて自分は劣っていると感じることもあるでしょう。

ですが、そのように他者と比べてしまうことで、あなたの人生のやりがいだと思うことから遠ざかってしまうので、まずは、あなた自身が自分と他人を比べない事です。

4. 熱中できることを探す

時間を忘れて熱中できることを探すというのも良いですね。それは、いきなり行動しなさいと言われてもできるものではありません。何も考えずに行動出来る人もいれば、そうでない人もいます。

まずは、何が熱中できることなのか、普段から考えていることで行動するヒントになるかもしれません。なので、熱中できることが何か常に探る思考を持つ事です。

5. 否定しない

あなたの生きがいだと感じる事は、他者からしてみたら、理解されないこともあるでしょう。しかし、あなた自身があなたの生きがいになる可能性のものを否定しないということです。疑ったり、否定することで生きがいになるものから遠ざかってしまうことも考えられます。

つまり、受容することで、生きがいを見つけられる可能性が高まるということです。どんなことも否定せずに、自然な心の目で見て判断しましょう。

6. 自分自身を理解する

自分のことは意外とわからないものです。良くも悪くも思いこみがあり、こうであるべきと固定概念で自分を抑えつけてしまう事もあります。

それを繰り返していると、自分自身をいじめることは得意になっても、あなたを解放するものや、楽しみ、心の明かりが何か見つけられずに、生きがいが無くなってしまいます。そこで、自分自身を理解し、自己受容することを心がけるとよいでしょう。

7. 素直であること

生きがいを見つける事で最も重要なことは、ひねくれていないことです。つまり、自分に素直でいることが大事だということです。素直であると色々なものや自身の価値観の中で受け入れることが上手になってきます。それらは決して、無理強いではなく、心から積極的に取り入れていきたいことがみえてくるものです。

8. 楽しい事を考える

何をしているときが楽しいか、何をすると気持ちがいいのかを常に考えていることが大事です。人はどこか楽しんではいけないと思ってしまうことがあるようで、勝手にダメだと決めつけてしまう事があります。

しかし、楽しむのに誰かに許可を求める必要はないのです。自分の人生に責任を持てるのであれば、自分の楽しいことが何かを考えてアンテナを張るのがよいでしょう。

9. 無理をしない

善と悪の両方を持っていることが当たり前の人間の姿ですよね。良い事ばかりでは、どこか自分に無理をしてしまうことってあるのです。良いと持って始めたことも、自分の気持ちを無視して無理を重ねていくと辛くなってしまうものです。

自分の中によいことも悪いことも両方あっていいのだと思い、無理をしないように、羽根の心を持った状態でいることが望ましいです。

10. 見直し

ライフワークの見直しをする前に考えてみてください。あなたが毎日行うことは、あなたのこれかれの人生に必要なことでしょうか。実は無駄なことではないですか?やる必要のない習慣は何か、心が喜びとならないことへの投資をしていませんか。あなたのライフワークを見直す事で人生の生きがいを見つけることが可能となります。

人生の生きがいを見つける方法10個【行動・習慣編】

人生の生きがいを見つけるために、どのように行動すればよいのか、どのような習慣をしていくことで人生の生きがいを見つけることができるか知っていますか?もし、どのように行動すれば、どのような習慣を持っていると生きがいを見つけることができるのかまとめたので、参考にしてください。

1. 人間関係の整理

人生というのは、誰かと共存するものでもあります。そのため、人間関係というのは切れないものでもあります。しかし、あなたの周りにいる人たちとの関係も、良いものとそうでない関係があります。

つまり、あなたにとって良い人間関係を築くことができない付き合いかたをしている人は整理する必要があります。あなたの生きがいを見つけるためにこれまでの環境を変えて人間関係を変えてみるのもひとつの方法なのです。

2. 情報収集する

興味関心が持てるものがあったら、情報を集めることです。あらゆる情報の中からあなたに必要な情報だけ取り出し、どうするべきか考えることが重要になってきます。

人生の生きがいを見つけるうえで、多くの情報の中からネガティブなものに偏らないように、正しいジャッジができる目を養うことも大切です。情報に溢れた社会だからこそ、あなたに必要だと思うメッセージを受け取りにくくなるということがあるので、心の声を聞くようにしてくださいね。

3. とりあえずやってみる

いきがいになるかどうかなんて、何も行動していないうちから決められるものではありません。気になったらとりあえずやってみることです。やってみて自分の心がどうなのか、どうなっていくのかその変化を見極める事も大事です。

もし、やってみてそれをすることが楽しみになったり、それをすることが待ち遠しくなるなら、それはあなたの生きがいのひとつだということです。

4. 幸せが何かを意識する

幸せが何かを意識することが習慣であれば、自分の心の声に気づくことができるものです。本当の自分の考えを内側に閉まっておかずに、表に出してみるのも悪いことではありません。ただ、誰かに認めてもらおうとするのではなく、自分の幸せの形が何かを意識し、幸せになるための行動は積極的に取ったほうがよいです。

人生の中で今ある時間は一瞬です。幸せが何か意識し、行動することで人生の生きがいが何か自然と備わっているといえます。

5. 熱中する

何でもいいので、自分が熱中できるものを探してそれに没頭してみましょう。それを行う事で時間や状況に追われることもあると思います。ただし、熱中することがあるというのは、とても幸せなことです。

何もやることがなくただ、時間が過ぎてしまう人生ほど虚しいものはありません。のんびりしているのが良いという人も、何かしら自分の没頭できるものや集中したいことを行うことがあるものです。

6. 笑顔でいること

不思議と笑顔でいることで、ポジティブなエネルギーが流れてくるものです。笑う門に福来るといいますが、人生の生きがいとなるものを見つけやすくなるのは、笑顔の習慣があるということです。

しかめっ面をしていると負のエネルギーを引き寄せてしまう可能性が高いです。笑顔でいるということは、人生上手にいきていくために必要不可欠なことでもあるのです。

7. ブレーキをかけない

何かやりたいと思った時に、ブレーキをかけてしまう事ってありますよね。ブレーキをかける要因には、時間的な余裕や、お金のこと、またはそれらをする場所などもブレーキをかけてしまう要因となるでしょう。

しかし、ブレーキをかけることが癖になってしまうと、何かしたいと思った時、できない理由を探すのは得意になっても、どうしたらできるのか考える習慣がなくなります。

8. 使命を探さない

人は、生きがいを見つけるために自分は何のために生きているのかと悩むときがくる人もいます。そして、自分がうまれてきた意味を探し、使命について考える人もいるでしょう。

しかし、無理やり自分の使命を探そうとしなくてもよくて、使命だと思う事を見つけたとしても、無理をしてまで使命のために従わなくてもいいのです。皆、幸せになるために生まれてきたので、何かに命を使わないと生きている意味がないと思う必要はないのです。

9. 幸せの選択をする

何をすると自分が幸せになるのかを考えたらあとは、それを実行に移し、幸せや楽しいと思える事に行動するのみです。自分の人生は自分で選択することに意味があります。

自分の人生は自分でコントロールしてよいのです。何をすることで幸せなのか、自分の内側にある声に耳を傾け、自分自身の心に忠実であることが大事です。

10. 時間の有効活用を

ワクワクしていますか?人生はワクワク、ハラハラ、ドキドキしていいのです。毎日同じことを繰り返すことが安定だと思ったら間違いかもしれませんよ。誰かを傷つけたりするわけではないなら、ワクワクしたり、人生が楽しいと思える時間を増やすことが大事です。そのために行動をするのです。

人生で与えられている時間は人それぞれですが、一人24時間平等に与えられているのは時間です。楽しいと思える時間を増やすために時間の有効活用をしてください。

人生の生きがいを見つけるメリット

人生を生きるうえで生きがいがあるのとないのとでは、全く違うもの。毎日同じことを繰り返すだけのように思える日々の中で、生きがいがあるというのは、生きるということが楽しいものでるという価値観が重要になります。

「刺激がない」とか、「つまらない」とか、「どうせ」、などという言葉しかでてこない人生は虚しいですよね。

人生の生きがいを見つける事で、これまで踏み出してこなかった一歩を踏み出すことができるようになるのです。あなたの人生が生きがいを見つける事で、変わることも多くあるのです。

例えば、これまで苦手意識を持っていたい事にチャレンジをしたり、辛いと思う事を頑張れたりするものです。生きがいはあなたの生きるエネルギーになるということなのです。

人生の生きがいを感じると起こる変化11個

1. ネガティブな感情との決別

生きがいを感じると、ネガティブなものの考え方やネガティブな感情と決別できるようになります。生きがいがあることで、ネガティブな事に囚われる事がないという状況がでてきます。無理やりポジティブになるというより、自然と前向きな考え方を持つようになるでしょう。

2. 自分を責めなくなる

誰かと比較して自分がダメだと思う事もなくなり、世界でたったひとりの存在であるという自分への価値が高まる事で自分を責めなくなるものです。生きがいを見つけることができるというのは、自分に価値を置くことになるので、自分を責めなくなるということなのかもしれません。

3. 毎日が楽しくなる

毎日がとにかく楽しくて、仕方がないという状況になります。生きがいがあるというだけで、同じ道を通るだけで、見えてくる景色がこれまでと違うと感じるようになります。何も変わらない道のはずでも、生きがいがあるだけで色鮮やかになり、キラキラしているように見えてしまうものです。

4. 役に立ちたいという感情が芽生える

誰かの役に立つ事が生きがいだと思う人がいますが、これまで自分の人生で精一杯だったとしても、役に立ちたいという感情が芽生えてきて、自分という存在が誰かの役に立つということに、生きがいを感じるようになります。それは、ひとつではなく習慣的に誰かの役に立とうとするようになるのです。

5. 幸せ度が高い

自分の価値観が明確になることで、これまで感じていた幸せ度とは比べ物にならなくなります。人生の生きがいがある人は、幸せへの習慣が身についているため、幸せ度はとても高いといえます。また、人から図れる幸せ度は異なるので、自分で自分の幸せへの価値を見出すことができるようになります。

6. 何事にも恐れなくなる

転ぶ心配より、転んだ後、どのように立ち直るかどのように起き上がるかということに気持ちをシフトできているので、常に新しい事を取り入れ、チャレンジを繰り返す事に抵抗がなくなります。何事にも恐れない姿勢は、生きがいを持ち明確な人生であるという証でもあるのです。

7. 付き合う人が変わる

必ず人との付き合いというのはあります。付き合う人で自分の人生が変わるといっても過言ではありません。そこで、生きがいを見つけた時は、あなたの周りにいる友人や家族関係で何らかの変化が起き、付き合う人が変わるということもあります。家族に関しては、自分の幸せが何か考えた時、必要のない名ばかりの家族であれば付き合い方が変わるものです。

8. 環境が変わる

生きがいが何か明確になることで、環境がガラリとかわることがあります。仕事が変わったり、引っ越しをしたり、色々なタイミングで色々なことが一気に変わるということもあるのです。新しい自分に出会うような感覚になるのも、あなた自身の中でこれまでに感じたことがなかった生きがいに出会えたという証でもあるのです。

9. 見え方や捉え方が変わる

他者からの言葉や行動で気になっていたことが気にならなくなったり、ものの見方や捉え方というのが変わってくるということがあります。生きがいを見つけることで、これまでにない視点で物事を捉えるようになり、一味違う自分になる感覚は他者から言われることもあると思いますが、自分の中で一番感じている事かもしれません。

10. 個性を出すことができる

周囲の目や言葉に振り回されることがなくなり、自分の好きなことや好きなモノに囲まれて生きていくことが自然になります。そこで、これまで抑えていた本来の自分をさらけ出すことができるようになるので、個性的な自分を表現することができるようになったります。

11. 周囲に流されなくなった

生きがいを見つけられるまでは、周囲に流されてばかりいたのに対して、生きがいを見つけた途端、周囲の意見に流される事がなくなります。

なぜなら、自分の人生にきちんと責任を持つようになるため、自分の中にあることに反していれば、無理やり合わせるという事もなくなるのです。そして、周囲に合わせる事で安定していた感情は、自分の価値観に従うことで安定することを知るのです。

仕事は社会人の生きがいになる?

人によっては、仕事が生きがいになるという人も存在しています。それは、否定されることではなく、むしろそのような考え方を持てる人はラッキーなことでもあります。なぜなら、好きなことが仕事になっていると胸を張って思えているからです。

大抵の人は、休み明けの仕事が憂鬱だと感じますよね。休日を与えられることがストレスだという人もたくさんいます。しかし、仕事を生きがいに感じている人は、休日こそ不要なのです。他に趣味を持つものではなく、仕事が趣味であり、特技であり、生きがいだと感じているのです。

あなたの生きがいは?と聞いた後の回答具体例

・家族
・仕事
・周りの人に必要とされること
・旅行に行くこと
・趣味をすること
・好きなことに没頭すること
・愛する人と一緒にいること
・子どもと過ごすこと
・夢を追いかけること
・食事を楽しむこと
・友人と遊ぶこと
・社会貢献をすること
・ペット

まとめ

あなたは自分の人生を楽しみたいと思っていますか?誰もが人生は、楽しむために生まれてきたのです。つまり、楽しむ権利は誰にでもあるということなのです。毎日が笑顔で過ごすための何らかのヒントを受け取って頂けたら幸いです。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


自己啓発

関連する投稿


ネガティブ思考の原因と特徴は?治す改善克服方法15個!仕事・恋愛

ネガティブ思考の原因と特徴は?治す改善克服方法15個!仕事・恋愛

この記事ではネガティブ思考の原因と特徴や悩んでいる人のための改善方法についても紹介していますので、ネガティブ思考のせいで仕事や恋愛に支障が出ている方も参考にしてください。少しずつでも意識することで良い方向に変わっていくはずです。


出世する人の特徴・共通点32個(性格・顔・習慣)若くして出世する男性は?

出世する人の特徴・共通点32個(性格・顔・習慣)若くして出世する男性は?

努力してもなかなか出世できないで悩んでいる方は意外と多いようです。この記事では出世する人の特徴や共通点を、性格・顔・仕事ぶり・人間関係・習慣などの観点からまとめています。若くして出世する男性の特徴についても記載しているので参考にしてください。


克己心の意味とは?強い人・弱い人の特徴・共通点26個と鍛える方法11個

克己心の意味とは?強い人・弱い人の特徴・共通点26個と鍛える方法11個

克己心を育てる事で日常生活がより豊かになります。この記事では克己心の意味や、克己心の強い人・弱い人の特徴と共通点をまとめています。克己心の鍛える方法についても紹介していますので、克己心が弱い自覚がある方も参考にしてください。


自分磨きの方法45選!内面・外見・仕事・恋愛・趣味の努力で男磨き

自分磨きの方法45選!内面・外見・仕事・恋愛・趣味の努力で男磨き

自分磨きをして恋愛や仕事に潤いを与えたい!と思うことがあっても、どうやって内面や外見を磨けばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。この記事では男磨きの方法についてご紹介します。努力次第で誰でも磨けますよ。


シンデレラノート(自分磨きノート)の書き方・作り方と恋愛・目標・見本

シンデレラノート(自分磨きノート)の書き方・作り方と恋愛・目標・見本

自分磨きをしたい時は、ノートに書いて視覚で自分自身を客観的に捉えることも重要です。この記事ではシンデレラノートの作り方と書き方、また目標や見本についてご紹介します。恋愛関係をよくしたい!と考えている方にとってもおすすめですので是非チャレンジしてください。


最新の投稿


タロットペンタクルの5の正位置・逆位置の意味!恋愛・相手の気持ち・復縁

タロットペンタクルの5の正位置・逆位置の意味!恋愛・相手の気持ち・復縁

タロットカードの小アルカナの1枚であるペンタクル(金貨)の5の意味についてご紹介します。正位置、逆位置それぞれ意味が異なるので注意しましょう。恋愛・相手の気持ち・復縁・結婚などの恋愛状況別、人間関係・仕事など様々なケースの占い結果について説明しています。


タロットペンタクルの4の正位置・逆位置の意味!恋愛・相手の気持ち・復縁

タロットペンタクルの4の正位置・逆位置の意味!恋愛・相手の気持ち・復縁

タロットカードの小アルカナの1枚であるペンタクル(金貨)の4の意味についてご紹介します。正位置、逆位置それぞれ意味が異なるので注意しましょう。恋愛・相手の気持ち・復縁・結婚などの恋愛状況別、人間関係・仕事など様々なケースの占い結果について説明しています。


タロットペンタクルの3の正位置・逆位置の意味!恋愛・相手の気持ち・復縁

タロットペンタクルの3の正位置・逆位置の意味!恋愛・相手の気持ち・復縁

タロットカードの小アルカナの1枚であるペンタクル(金貨)の3の意味についてご紹介します。正位置、逆位置それぞれ意味が異なるので注意しましょう。恋愛・相手の気持ち・復縁・結婚などの恋愛状況別、人間関係・仕事など様々なケースの占い結果について説明しています。


タロットペンタクルの2の正位置・逆位置の意味!恋愛・相手の気持ち・復縁

タロットペンタクルの2の正位置・逆位置の意味!恋愛・相手の気持ち・復縁

タロットカードの小アルカナの1枚であるペンタクル(金貨)の2の意味についてご紹介します。正位置、逆位置それぞれ意味が異なるので注意しましょう。恋愛・相手の気持ち・復縁・結婚などの恋愛状況別、人間関係・仕事など様々なケースの占い結果について説明しています。


洞察力の意味とは?洞察力のある人の特徴23個と鍛える方法!鋭いと疲れる?

洞察力の意味とは?洞察力のある人の特徴23個と鍛える方法!鋭いと疲れる?

この記事では洞察力の意味や洞察力のある人の特徴をまとめています。洞察力を鍛える方法についても紹介しているので、洞察力を高めたいと思う人は参考にしてください。洞察力はビジネス・人間関係・恋愛など様々な場面で役に立つはずです。