デリカシーがない人の特徴26個と対処法!改善・克服方法

デリカシーがない人の特徴26個と対処法!改善・克服方法

デリカシーがない人の特徴や対処方法についてご紹介します。デリカシーに欠ける人は男性(彼氏)に多いのでしょうか。デリカシーがない人の性格・会話・職場・恋愛などの特徴も紹介します。


デリカシーのない人と関わると、疲れますよね。カチンとくることを言われたり、自分まで仲間だと思われてしまったり、場合によっては迷惑をこうむるケースもあります。

特に日頃から気を配っていると、デリカシーのない人が全く理解できず、あなたばかりストレスが溜まるでしょう。

そこで今回は、デリカシーがない人の特徴を徹底解説!上手に付き合う方法も伝授します。

デリカシーがないの意味とは?語源は?

「デリカシーがない」の意味は、繊細さ、上品さ、優美さがない様子のこと。動作や発言だけではなく、気遣いに対しても使われ、気配りができない人や、平気で人が傷つく発言をする人を表現する言葉です。

デリカシーがないの「デリカシー」の語源は、英語のDelicacyです。直訳すると「繊細な」という意味になります。その他、「上品な」「優美な」といった意味も含みます。ちなみに、DelicacyはDelicate(デリケート)の形容詞です。

デリカシーがないの類義語

「デリカシーがない」の類義語には、以下のものが挙げられます。

・配慮に欠けている
・無神経
・下品
・考えなし

類義語からもわかるように、「デリカシーがない」とは、低い評価の時に使われる表現です。

デリカシーがない人は自覚している?

困ったことに、デリカシーがない人の多くは、自分のデリカシーのなさを全く自覚していません。それどころか、「自分は気配り上手」「親切な人」と思っているケースもあります。

そもそも、自分の言動が周囲を不快にさせている自覚があるなら、デリカシーがない人にはなれません。自覚があれば、デリカシーがない言動に気をつけるようになるからです。中には悪意を込めて、あえてデリカシーがない言動に走る人もいますが、この場合は「デリカシーがない人」ではなく、「性格が悪い人」となります。

デリカシーがない人と関わると、かなりムカッときたり、うっとうしくてたまらなかったりしますが、相手の気持ちに気付かないからこそ、デリカシガーがない人はいつまでもデリカシーがないままなのです。

デリカシーがない人の特徴10個[性格編]

デリカシーがない人が、どんな心理でデリカシーがない言動になってしまうのかを理解すれば、上手な付き合い方が見えてきます。まずは、デリカシーのない人の心理、性格的特徴を解説します。

1. バカ正直

デリカシーがない人が歯に衣を着せぬ発言をするのは、バカが付くほど正直だからです。普通の人なら心の声で留めるところを、デリカシーのない人はそのまま発言してしまいます。また、行動もバカ正直で、「やりたい」と思ったことは、法に触れなければ、周囲の迷惑を考えずにやってしまいます。

バカ正直なので、商談の場など必要に迫られない限り、お世辞や謙遜もしません。だから、もしも彼らが誰かを褒めたなら、それは心からの称賛です。正直過ぎて困りの種になりますが、裏表がないのは、デリカシーがない人の長所でもあるのです。

2. 良くも悪くもポジティブ

デリカシーのない人は、自分が「そうしたい」と思えば、場の空気を読まずに前へ出てきます。周囲が迷惑だと思っていても、本人は堂々としたものです。とってもポジティブなので、自信を持って行動できます。これも、デリカシーがない人の長所です。

しかし、自信満々の言動でもデリカシーに欠けるので、周囲を困惑させたり、迷惑かけたりしてしまいます。ポジティブ思考は長所ですが、転じて短所にもなってしまうのが、デリカシーのない人の特徴です。

3. 自分大好き

「なぜそこまで自信あり気なのか」と、デリカシーのない人に驚いた経験もあるでしょう。普通の人なら、周囲の目が気になってできないことを、デリカシーのない人は平然とやってのけます。自己肯定感と自己評価が非常に高く、自分大好きなので、自分の言動を周囲が否定的に受け取るとは、夢にも思っていないのです。

4. 羞恥心が薄い

デリカシーのない人の中でも、特に行動にデリカシーが欠ける人は、羞恥心が薄いのが特徴です。人前で平然とゲップやおならができるのは、それを「恥ずかしい」と思わないからです。

5. 洞察力が弱い

どんなに気を使っても、デリカシーのない言動を目の当たりにすると、多かれ少なかれ「イヤだな」「相手にするのが疲れた…」という思いが表情に出ますよね。

しかし、デリカシーのない人は洞察力が弱いので、自分と接している相手の変化に気付けません。羞恥心が薄いのも、洞察力の弱さゆえに、人の目が気にならないからです。

6. 想像力が弱い

デリカシーのない人は、想像力も欠けています。自分の言動で相手が何を思い、どんな対応をしなければならないのか、全く想像できません。いえ、正確には想像しているのですが、自分大好きポジティブ全開なので、「喜ぶに違いない」「更に自分の評価は高まる」と、見当違いになってしまいます。

7. 空気が読めない

普通の人に比べて、洞察力や想像力が弱いため、デリカシーがない人は空気を読むのがとっても苦手です。元々自分基準の考え方をしている上に、超ポジティブなので、空気を読む必要性を感じていないのです。

日本では、空気が読めない人は敬遠されがちですよね。実際、デリカシーがない人は度々周囲から冷ややかな目で見られます。しかし、空気が読めないので、自分がどんな目で見られているかがわかりません。わからないから、ポジティブに突き進めます。周囲は迷惑ですが、この鈍感さは本人にとって幸いなことです。

8. マイペース

デリカシーのない人は、自分基準なので当然マイペース。自分が思った行動を、思ったタイミングで実行します。デリカシーがないと、次のようなマイペースな行動になります。

・皆が盛り上がっている話題を突然変えようとする
・明らかに多忙で時間に追われている人に雑談を持ちかける
・平気で人を待たせる、なんならドタキャンをする

これはほんの一例です。デリカシーのない人は周囲の迷惑を考えず、どこまでも自分のペースで突き進みます。

9. 大雑把

デリカシーのなさは、物事を細かく考えず、大雑把な性格によるところが大きいです。周囲の目が気にならないのは、デリカシーのない人が相手の言動を気にしないからに他なりません。大雑把=大らかであり、これもデリカシーがない人の長所です。小さなことは気にないので、細やかな気遣いは不要。多少雑に扱っても問題ありません。

10. 無神経

良い所も悪い所もひっくるめて、デリカシーのない人を一言で表すなら、無神経が最もしっくりくるでしょう。色々な面において、デリカシーのない人は無神経で鈍感です。失敗をしてもあっという間に立ち直り、怒られても叱られてもへこたれません。

デリカシーがない人の特徴8個[会話編]

デリカシーのない人の特徴は、特に言葉や会話に表れます。良くあるセリフと共に、デリカシーがない人の言葉や会話にどんな特徴があるのか、解説していきましょう。

1. 口が軽い

デリカシーがない人は、口が軽いです。普通なら、口止めされなくても「周りに言うべきではない」とわかる内容を、「黙ってろと言われてないから」と、すぐに話してしまいます。

また、口止めされていても「誰にも言っちゃダメだよ」と、簡単に秘密を洩らします。話を広められた相手がどう思うか、デリカシーがないから想像できないのです。

2. 自分の話ばかりしたがる

デリカシーがない人は自分本位なので、会話も「自分」が基本です。自分が話したいと思ったら、積極的に行動できるので、どんな場面でも、どんな相手でも「聞いて聞いて」と自分話を始めます。

自分が話したいことが話せれば満足なので、聞かされる方は、延々と相づちをうつ羽目になります。デリカシーがない人との会話は、キャッチボールではなく一方通行なのです。

3. 自慢話する

デリカシーのない人は自分大好き。当然自慢話も大好きです。誰でも自慢話したくなる時がありますが、普通の人なら「この辺でやめて、そろそろ相手の話を聞こう」という気遣いができます。

しかし、デリカシーがない人はそれができません。しかも、お世辞の概念がないので、相手がお義理で「すごいね」と褒めると、「もっと聞きたいでしょ?」と、気分良くどこまでも自慢話を続けます。

4. 見たままの感想をそのまま言う

デリカシーのない人はバカ正直なので、見たままの感想がそのまま口から出ます。

・「最近太った?」
・「今日の服、すごい色してるね」
・「髪切っちゃったの?なんか似合ってないよ」
・「うわっ!それって100均一の安物でしょ」

言われた相手は、確実に気分を害する発言ですが、デリカシーがない人に悪気はありません。ただ純粋に、思ったことを感想として言っているだけなのです。

5. お金の話をする

デリカシーがない人の中には、マウンティングを目的に、根掘り葉掘りプライベートな質問攻めをしてくるタイプもいます。その中でも、特徴的なのがお金の話です。

・「それ、いくらしたの?」
・「マイホーム買ったの?良くローン組めたね」
・「家買う時、親からの援助もらったんでしょ?」
・「今の彼氏、年収どれくらい?」
・「今回のボーナスどうだった?」
・「旦那さんのお勤め先ってどこ?」

ごく普通の常識を持っていれば、親子の間ですらはばかる話題です。デリカシーのない人は「知りたいから」という理由だけで、平然と踏み込んできます。

6. 年齢の話をする

年齢の話をするのも、デリカシーがない人の会話の特徴です。特に、女性の年齢を聞く男性は、デリカシーゼロ。もしも、初対面の男性がいきなり年齢を聞いてきたら、それだけでデリカシーのない男決定です。長く会話を続けると、「早く結婚した方がいいよ」「女性はやっぱり若くないとね」と、かなりの高確率で不快な発言が飛び出します。

7. 共感を強制する

「自分が世間の標準」と、デリカシーのない人程思っているため、「君もそう思うよね?」「これって当たり前だろ?」と、聞いている相手に共感を強制します。こう言われたら、普通は「違う」とはなかなか言えませんよね。

あいまいな笑顔で聞き流すのが精いっぱい。それでも、デリカシーがない人は「否定されない=共感」と受け取り、「やっぱり自分は正しい」と満足します。

8. 人の意見を簡単に否定する

自分は共感を強制するくせに、自分と違う人の意見には一切共感しないのが、デリカシーがない人の特徴です。

・「それって変じゃない?」
・「絶対違うよ」
・「え~!ありえない~!」

バカ正直なので、オブラートに包むことなく、ストレートに否定します。自分が違うと思ったら違うので、相手がなぜそう思ったのか、そこに至るまでの経緯などを考慮してくれません。

デリカシーがない人の特徴4個[仕事・職場編]

同僚や上司にデリカシーのない人がいると、仕事のストレスは倍増しますよね。職場でデリカシーのない人が見せる特徴を解説します。

1. アドバイスするのが好き

デリカシーのない先輩や上司は、聞いてもいないのにアドバイスしてくるのが特徴です。人それぞれ仕事のペースもやり方も違いますが、デリカシーがない人はそれに気付きません。

自分の知識やテクニックが最高と思っていて、職場にそれを広めようとするのです。善意ある行動なのですが、一方的なアドバイスな上に、的外れな場合も度々あり、うっとうしがられてしまいます。

2. 自分のやり方を押し付けてくる

特にデリカシーがない上司に多いのが、仕事で自分のやり方を押し付けてくるタイプです。「これが一番早いから」「上手くいくやり方だから」と、細かなマイルールを勝手に作り、それを周囲に押し付けます。

しかも、このタイプは妙にマメで、度々仕事の進捗具合を聞いて、自分のやり方をしていないと「この前教えただろう?」と、訂正を入れてくるので厄介です。

3. ダメ出しだけでフォローがない

デリカシーがない人は鈍感なので、仕事でもダメ出しをするだけで、その後のフォローがありません。ダメ出しが正論だったとしても、言われた方は傷つくので、職場の人間関係を良くするにはフォローが必要ですよね。

しかし、デリカシーのない人は「ダメな部分をダメと言っただけ」で、相手が傷つく心理まで考えが及びません。そのため、言いたいことを言って、職場の雰囲気を気まずくさせてしまいます。

4. うわさ話は大好物

職場でも、デリカシーのない人は自分話が大好きで「聞いて聞いて」が基本ですが、うわさ話だけは別。職場のあらゆるうわさ話が大好きです。

持ち前のデリカシーのなさで、社内恋愛や出世競争、人事異動など、聞きづらいことでも「ここだけの話で聞かせてよ」と、食いついてきます。そして、ここだけの話にせず、うわさを広めてしまいます。

デリカシーがない人の特徴4個[恋愛編]

恋人がデリカシーのないタイプだと、無神経な言動に度々傷つくことになります。好きな人だからこそ、傷ついて「別れたい」と思っても、簡単には決断できないものです。

だけど、デリカシーがない恋人にはあなたを傷つけている自覚がないので、今後も以下のような仕打ちを受けるかもしれません。

1. 人前で恋人を悪く言う

デリカシーがない人は、人前で恋人を悪く言います。しかも、謙遜でではありません。普段から常々思っている小さな不平不満を、恋人がいる目の前で発信します。例えば「足が臭いんだよね」とか「頭悪いんだよ」といったように、わざわざ人に言う必要のない内容です。

デリカシーがない人は、相手を選ばず思ったことを口にしてしまうので、それで恋人が傷つくとか、言われた相手が反応に困るとか、考えられないのです。

2. 他の異性を褒める

自分の容姿が普通だとわかっていても、恋人が自分以外の異性を褒めたり、比較してあなたを貶めたりしたら、イヤな気持ちになりますよね。だけど、デリカシーがない人はそんなこともわかりません。

目の前にいる異性に魅力を感じれば褒めるし、比較してあなたの劣っている部分を見つけたら、ズバリそのまま指摘します。決して天邪鬼なのではなく、本心をバカ正直に言葉にするので、言われると本気で凹みます。

3. 聞いてもいないのに元彼・元カノの話をする

普通は、恋人に元彼や元カノの話をするのはタブーですが、そんなのはお構いなし。デリカシーのない人は自分大好きで、過去の恋愛を武勇伝だと思っているので、恋人にも過去の恋愛を自慢話として披露します。

聞いてもいないのに過去の恋愛話をするのは、あなたを嫉妬させたいわけではなく、ただただ自慢話を聞いて欲しいだけです。

4. 平気でお金を借りようとする

恋人の前では、素敵な自分を見せたいと思いますよね。だけど、デリカシーがない人は「そのままの自分最高」「飾らない自分でも愛される」と自信満々で、「親しい人にも礼儀あり」の精神は皆無。何かと無神経な態度を恋人に見せます。

その中でもデリカシーがない極みなのが、平気でお金をかりようとすること。「手持ちがないから貸して」「あ、消費税分、細かいのある?」など、何の遠慮もなく当たり前のようにお金を借りようとします。金額の大小関係ではなく、悪びれないところがデリカシーのない特徴です。

デリカシーがない人の原因

デリカシーがないのは、世界の基準が自分になっているのが原因です。デリカシーがない人は、物事を全て自分基準に考えます。

・自分はこう思っているから、相手もそうだろう
・自分は全く気にしないから、相手もそうだろう
・自分はやりたいことをやっているだけ、相手もそうすれば良い

しかも、他人への興味が薄く、「どう思われても構わない」という思いがあるため、ストレスを溜めてまで、周囲に気を配ろうとしません。これは、デリカシーがない人の短所であり、長所でもあります。不用意な言動で度々周囲を傷つけるのが短所、どんな時も自分を信じられる自己肯定感の高さが長所となります。

デリカシーに欠ける人は男性や彼氏に多い?

女性は元々共感を求められる性で、容姿の美しさも評価を大きく左右するため、デリカシーのある言動を意識しながら成長します。子供の頃から、空気を読み、周りと強調することを求められるのが女性です。

一方、男性は女性ほど外見に囚われません。ガサツな行動も、「男の子だし」という理由で、黙認されやすく、デリカシーがない言動も、むしろ子供の頃は「元気だね」「積極的だね」と、ポジティブに受け取られます。そこへ、「女性よりも察する能力が弱い」という性差も重なり、全体的に見ると、デリカシーに欠けるのは男性の方が多くなります。

欠点として囚われやすいデリカシーのなさですが、遠慮なく女性を口説けるので、恋愛ではプラスに働きます。押しに弱い女性は、ガンガンアプローチされると、つい応じてしまうからです。そのため、「彼氏にデリカシーがない!」と悩む女性は少なくありません。

デリカシーがない人はモテる?モテない?

デリカシーがない人は、相手の気持ちを汲み取れていないことが多いため、モテづらいでしょう。

ルックスがよければ、デリカシーがなくてもモテますが、付き合った後にトラブルになったり、喧嘩したりすることが多くなるはずです。

モテたいなら、接している相手のその時の心理や感情を読み取りながら、臨機応変に対応しましょう。そうすれば、もっとモテるはずです。

デリカシーがない人と結婚して大丈夫?

デリカシーがない人には困った点も多いですが、裏表がないのは最大の長所です。「結婚したら豹変した」という事態にはならないので、結婚生活を想像しやすくなります。

付き合っている時から、あなたも本性を出して、それでも交際が順調なら、結婚後もそれなりにうまくやっていけるでしょう。1つ注意点があるとしたら、お金です。恋人がお金にだらしないなら、あなたがお財布をガッチリ掴まなければ、家計が火の車になるかもしれません。

一方、今あなたが無理をしてデリカシーのない恋人に合わせているなら、結婚は慎重になるべきです。デリカシーのなさは結婚後も変わりません。あなたが察して欲しいタイプなら、ストレスフルな結婚生活が待っています。言わなきゃ伝わらない、何なら言っても伝わらないのが、デリカシーがない人なのです。

デリカシーがない人の対処法5個

身近にデリカシーがない人がいて、最低限どうしても接しなければならない…。そんな時の対処方法と使い方を伝授します。

1. 「こういう人だ」と割り切る

国民性が以心伝心な日本において、デリカシーがない人は少数派です。だからこそ、あなたは「どうしてこんなに気が回らないんだ!」とイライラするのでしょう。あなたの感性は極普通です。だけど、それをデリカシーがない人に求めると、尚更イライラするだけ。あなたが求めたくらいで、デリカシーのなさが直るなら、もっと昔にデリカシーのある人になっています。

デリカシーのない人に対しては「こういう人なんだ」と、あなたが割り切った方がずっと早いです。簡単に変われないからこそ、デリカシーがないまま、ここまできたのだと理解しましょう。

2. 適当にスルーする

愛情を抱いている相手なら、あなたが一生懸命デリカシーのない言動について注意し、一緒に修正していくのも1つの方法です。しかし、そこまでする義理も思い入れもない相手なら、適当にスルーするのが賢明です。

まともに取り合うと、あなたのストレス値が上がるだけ。「この人はデリカシーがない」と割り切った上で、あなたのスルー力を磨いていきましょう。

・適当な相づちをしながら右から左へ聞き流す
・面倒臭い会話になったら、素知らぬ顔で話題を変える
・仕事や用事(トイレなど)を理由に立ち去る

デリカシーのない人は、相手の気持ちを読むのが下手なので、多少雑に扱っても気にしません。真剣に向き合わずスルーした方が、ストレスなく付き合えるでしょう。

3. 適度な距離感を保つ

デリカシーのない人は、グイグイ踏み込んできます。そして、親しくなったと認識した相手には、更にデリカシーのなさを発揮してしまいます。そこまで親しくない相手には、一応デリカシーのない人なりに、気配りはしているのです。

だから、誘われても頼られても下手に仏心を出さず、適度な距離感をとりましょう。当たらず触らず、適当にスルーしながら、職場なら「単なる同僚」「今たまたま部下」、学校など仲間内なら「時々行動を共にする程度の関係」をキープすれば、不快な思いを最小限にできます。

4. イヤなものはイヤと言う

察する能力が著しく弱いのが、デリカシーのない人の特徴です。あなたが最大限配慮して、「傷つけないように態度に示しているから、どうか察して」と思っても、徒労に終わります。明確な拒否がないと、「まさかイヤだと思っているはずがない」と、本気で思うのがデリカシーのない人です。

だから、あなたがイヤだと思ったら「それはできません」「やりません」「イヤです」と、勇気を出してストレートに言いましょう。なぜイヤなのか、理由を伝えてあげるのがコツです。理由がわかれば、デリカシーがない人も「それなら仕方ない」と引き下がってくれるでしょう。

「傷つけちゃうかも」という気遣いは不要です。そんな程度で傷つく繊細さがあるなら、デリカシーがない人にはなれません。

5. しつこい場合は周囲を味方につける

前述した対処法が通用しない強者で、しつこくあなたに食い下がってくるなら、1人で対応してはいけません。周囲を味方につけましょう。そこまでのデリカシーがないなら、周囲も日頃から鬱憤が溜まっているでしょうから、あなたに協力してくれます。

・可能な限り2人きりにならない
・周囲に「デリカシーのない人に困っている」と相談する
・周囲にデリカシーのない人と組まないよう配慮してもらう
・グループになってデリカシーのない人に意見する

ただし、デリカシーがない人には悪意もないことを忘れてはいけません。周囲を味方につけつつ、デリカシーのない人が孤立しないようにしましょう。

デリカシーがない人の改善方法・克服方法

相手の感情を汲み取る努力をしましょう。あなたがデリカシーのない言葉を言ったときに、相手の反応をよく見ると、嫌な顔をしていたり、その後の人間関係が悪くなったりしているはずです。

そんなときは自分の行動を振り返り、改めていくことでデリカシーのなさを改善することができます。会話中は相手の言ったことをしっかりと聞いてあげて、本心を理解するようにしましょう。

また、初対面やまだ関係の浅い相手の場合は、何も言わずに去っていくので、礼儀を覚えて失礼のない態度を取れるようにしましょう。

デリカシーのない友達への対処方法

友達を続けるかどうかは、あなたに選択権があります。デリカシーのなさにムッとしながら友達関係を続けているのは、良いところがあるからですよね。今後も友達でいたいなら、長所に着目して、楽しい時間を満喫することです。

とは言え、デリカシーのない友達には、度々イラっとさせられます。そんな時は、次のように対処しましょう。

・自分も遠慮しない
・言葉の裏を読まない
・わかりやすく伝える
・改めて欲しい時は誠意をもって注意する

デリカシーのない友達は、決してあなたを不快にしようとは思っていません。ちょっと考えが至らないだけなのです。だから、友達のあなたが気を回し過ぎる必要はありません。友達は対等ですから、あなたも遠慮しなければ良いのです。

その上で、表現がストレートな友達にわかりやすい言葉をチョイスし、どうしても改めて欲しい時は、注意してあげましょう。きっと、あなたの気持ちが伝わります。

まとめ

デリカシーがない人は、その言動で周囲を不快にさせたり、迷惑をかけたりしてしまいます。だけど、そこに悪意はありません。どこまでも自分に正直なだけなのです。だから、デリカシーがない人は、度々「性格が悪い」「イヤな奴」と誤解されます。

だから、「この人デリカシーがない!」と思ったら、本当にデリカシーがないだけなのか、それとも実は性格がひねくれているのか、客観的に観察して冷静に判断しましょう。デリカシーがない人と、天邪鬼や性格が悪い人とでは、厄介さが同じでも対処法は全く変わってきます。

周囲を戸惑わせ、困らせるデリカシーがない人には、実は長所もたくさんあります。上手に付き合うためには、相手の長所を見つけて嫌いにならないことです。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


人間心理 人間関係

関連する投稿


親ガチャとは?当たりハズレのランクと人生の成功失敗

親ガチャとは?当たりハズレのランクと人生の成功失敗

親ガチャとは?言葉の意味や語源・由来は?親ガチャの当たりハズレのランク基準と、人生の成功や失敗の関係性、やり直しするための方法などについて説明しています。


精神レベルの低い人の特徴と対処法!相手にしない?

精神レベルの低い人の特徴と対処法!相手にしない?

精神レベルの低い人の特徴と対処法を説明します。レベルの低い人と一緒にいるとイライラしたりするものです。相手にしない・関わらないほうがいいのでしょうか。対処法を参考にして、少しずつ変えていきましょう。


苦労人の特徴!オーラや顔つきは?笑顔が素敵な人?

苦労人の特徴!オーラや顔つきは?笑顔が素敵な人?

苦労人の特徴は?苦労してきた人のオーラや顔つきは?苦労人は笑顔が素敵な人?苦労人の性格や、苦労せずに生きてきた人との違い、苦労人の芸能人や有名人などについても説明します。


一人が好きな人の特徴あるある12個!心理・仕事・恋愛

一人が好きな人の特徴あるある12個!心理・仕事・恋愛

一人が好きな人の特徴あるあるを紹介します。一人が好きな男性や女性の特徴、一人が好きな人の心理、向いている仕事、恋愛傾向、結婚などについて解説します。


ダメ人間の特徴22個と生き方・変わりたいときの脱出改善方法

ダメ人間の特徴22個と生き方・変わりたいときの脱出改善方法

ダメ人間の特徴や意味についてご紹介します。ダメ人間の生き方は楽しいのか?ダメ人間から変わりたい時、更生したい時のダメ人間脱出改善方法についても説明していますので、自分はもしかしたらダメ人間かもしれない…と悩んでいたら見てみてください。