ヤバイ人の特徴15個で診断チェック!行動・職場・見分け方

ヤバイ人の特徴15個で診断チェック!行動・職場・見分け方

関わるとヤバイ人っていますよね。ヤバい人かどうか診断チェックできるように特徴を詳しく説明します。さらにヤバい人の行動・職場・見分け方なども説明します。近くにいたら要注意です。


あなたの周りに「ヤバイ人」はいますか?目つきや顔つき、様子が明らかにヤバイという人も時にはいますが、普通の人や、むしろ良い人に見えて心の中ではとんでもないことを考えている、非常にヤバイ人の方が多いのではないかと思います。

今回は、そんなヤバイ人の態度や行動、職場や恋愛に見られる特徴について解説していきます。

ヤバイ人の見分け方や対処法についてもご紹介していますので、ぜひ最後まで読んで、ヤバイ人を見抜くための参考にしてみてください。

ヤバイ人の意味とは?

ヤバイ人、と一言でいっても様々な種類のヤバイ人がいますが、大まかな意味としては「あなたの邪魔をする、悪影響を与えるような危険性を持った人」だと思ってください。

ヤバイ人の中にはいわゆるサイコパスと呼ばれるタイプの人から、いい人そう、気が弱そうに見えて、実は自分の欲求のためなら相手を平気で傷つけたり陥れたりできる人、あなたに依存したり生活に入り込もうとしてくる人もいます。

しかし、どんな人も共通しているのが、あなたに悪影響を与える、人生の邪魔をしてくるという点です。

そういった危険性があれば、いくら周囲からの評価が良くてもその人はヤバイ人だと思ってよいでしょう。

ヤバイ人は目つき・顔や直感で分かる?

ヤバイ人は目つき・顔や直感で分かる?

サイコパス、危険人物と呼ばれる罪を犯す危険性を秘めたようなタイプの人には、顔や目つきに独特な特徴を持っている人が多いといわれています。

ヤバイ人も同様で、明らかに目がギラギラしている、目つきが悪い、悪人顔をしている、直観的に「この人はヤバイ」と感じることがあるといった特徴を持っている場合もあります。

しかし、前述の通り、あなたの人生を脅かすのがヤバイ人の定義ともいえるので、見た目だけでは判断できないことももちろんたくさんあります。

目つきや顔、表情がとても柔らかく、仏のような人だと思われていても、実は心の中は真っ黒でヤバイ人というのも存在しますし、逆に見た目はヤバイ人な感じがするけれど、話してみたらとてもいい人だったというケースもあるので、見た目だけで判断することはやめた方が賢明です。

ヤバイ人の特徴5個[態度・行動]

ここからは、ヤバイ人の特徴をご紹介していきます。まずはヤバイ人の態度や行動に見られる特徴です。

1. 陰口が多い

ヤバイ人は陰口、悪口が大好き。噂話にも目がなく、人から聞いたあることないことを様々な場所で言いふらします。自分も陰口や噂話に参加しておきながら、「あの人があなたのことをこう言っていた」と相手に伝えることも多く、周囲の人間関係を複雑にします。

また、陰での話に尾ひれをつけたり脚色したりして、別の場所で大げさに話すこともあり、話のネタにされた人は不快な思いをするのはもちろんですが、知らないうちに周囲からの評価がさがる、名誉を傷つけられることもあるので危険です。

陰口が多い人を見かけたら、その人には個人情報をあまり話さない方が良いでしょう。

2. 嘘つき

ヤバイ人は嘘つきであることが多いです。前述の通り、噂話にあることないことを付け足して話すことはもちろん、自分都合が悪くなりそうな場面でも平気でうそをつきます。

嘘をついて周囲に傷つく人がいても、他の人に迷惑がかかっても自分の保身のためなら何とも思いません。

3. 見栄っ張り

見栄っ張りな人も、ヤバイ人である可能性、ヤバイ人になる可能性があるので注意が必要です。見栄っ張りな人、つまり自己顕示欲が強い人は自分が上に立ちたいと思っています。

普通の見栄っ張りな人ならばここで、自分が人の上に立つための努力をします。しかし、ヤバイ人はそういった努力を一切せず、自分がいかに素晴らしいか、いかに優れているかを言葉で証明しようとします。

自慢話や人を見下したような発言が多い人はヤバイ人である可能性が高いので、関わり方には十分気を付けましょう。

4. 圧力をかけてくる

パワハラ上司、などという言葉はよく耳にしますが、言葉や態度でじわじわとあなたのメンタルに圧力をかけてくる人がいたら、その人はヤバイ人だと思って良いでしょう。

もしあなたが何かミスをしてしまった時などに人前で大声で注意をする、そのミスや関係のない欠点をネチネチと責めてくるような人は、あなたのため、あなたの成長のために注意をしているのではありません。

あなたを追い込み、精神を弱らせ、弱みを握ったり利用してやろうと思っているので危険です。

5. いじめや嫌がらせをする

学校、職場など様々なところで起こるいじめ。いつの時代になってもなくなることがないのは悲しいですが、このいじめ、そして嫌がらせの首謀者はヤバイ人であることが多いです。

生粋のいじめっ子気質がある、という人ももちろんヤバイ人であるといえますが、もっとヤバイのは、自分の手は汚さず、周囲を動かしていじめや嫌がらせを行うタイプ。

先生や上司など上の人からの評価が高く、異性にはモテているのにいじめや嫌がらせをしているような人は、ほぼ確実にヤバイ人ですから、関わり方には気を付けなければなりません。

ヤバイ人の特徴5個[職場・会社]

続いては、職場・会社で見られるヤバイ人の特徴です。あなたの同僚や部下、上司にあてはまる人がいないか注意して観察してみましょう。

1. 特別扱いをしてくる

特別扱いをしてくる人が、必ずしもヤバイ人というわけではありませんが、初対面から特別扱いがちょっと行き過ぎているな、と感じる場合には注意が必要です。

ヤバイ人はあなたとの心の距離を縮め、あなたの利用価値を探ります。利用価値を見出せば、利用するためにあなたの弱みを握ろうとしてきます。

どんなにいい上司、部下でもはじめから心を開くのは危険です。本当にいい人かどうか、信頼して良い相手かどうかをしっかりと見極めてから、相手との深い関係を築いていきましょう。

2. 理不尽な厳しさがある

些細なミスで尋常じゃない怒られ方をする、責任を取らせようとしてくる、修行と称して理不尽な要求をしてくるような人がいたら要注意です。

そして理不尽な厳しさに加え、前述のような特別扱いをしてくる、つまり矛盾した2つの行動であなたを混乱させるような人は確実にヤバイ人だと思ってください。

「あなたに期待している」「できると思っているから」という巧みな言葉であなたを利用するだけ利用し、人前では激しく叱責する。仲が良いのか、あなたの自信を喪失させたいのかわからない人がいたら関わり方を改めてください。

3. 喜怒哀楽が激しい

社会人にもなれば、怒りや悲しみなど負の感情を人前であまりさらけ出さないのが普通。ですが、ヤバイ人は自分の感情を激しく表に出します。

これは自身の感情をうまくコントロールできていないからであり、周囲に暴言を吐いたり、自分の感情を共有させようとしたりしてきます。

感情の起伏が激しい人が職場にいる場合には、近くにいると負の感情のはけ口にされてしまう可能性があるので、あまり近寄らないようにするのがベストでしょう。

4. ミスや欠点を見つけるのが得意

嫉妬心が強い、噂が好き、自己顕示欲が強い、などが重なって構成されているタイプのヤバイ人は、他人のミスや欠点に敏感です。

相手の落ち度を見つけてはあからさまに指摘や批判をしたり、陰で言いふらしたりします。そうして相手に恥をかかせる、相手の評価を下げることに注力してくるので、職場内の噂好きな人、悪口が好きな人には注意してください。

5. 言葉遣いが悪い

言動には育ちや性格が出る、と言われますが、職場内、仕事中という場面においてきちんとした言葉遣いができない人がいたら、ヤバイ人である可能性があるので注意が必要です。

言葉遣いが悪い、と言っても様々なタイプがありますが、特に「お客様を客という」など、人を見下しているような雰囲気が言葉の端々から感じられるタイプや、相手が傷つくような言葉の選択をするタイプが危険です。

自分の立場が上だと思っている、相手がどう思うかを考えていない、というのはヤバイ人によくある特徴です。

ただ言葉遣いが乱暴な人も、決して良いとはいえませんが、言葉のチョイスがあまりよくない人は性格に難ありな可能性が高いので気を付けましょう。

ヤバイ人の特徴5個[恋愛]

最後に、恋愛に見られるヤバイ人の特徴です。

1. 矛盾した2つの行動をとる

職場で見られる特徴にも挙げましたが、恋愛においても、とても優しかったかと思えば、尋常じゃない怒り方をする、酷いときには暴力も加わる、という矛盾した2つの行動をとるような相手はヤバイ人です。

暴言や暴力のあとに泣いて謝る、すごく優しくするというのは、いわゆるDVですね。DVをする人は相手を苦しめることと優しくすることという正反対の言動をとり、不確実性を持たせ、相手をコントロールします。DVをされた相手はどちらが本性なのかわからず、優しい部分もあるからと別れられなくなってしまうのです。

2. 友達がいなくて恋人との予定が最優先

恋人との時間は特別なものですから、できるだけ優先したい、という気持ちは誰しもあります。しかし、仕事も友人との付き合いもそこそこに、恋人との時間を最重視する人はヤバイ人かもしれません。

こういった人の中には、友達がいない、または少なく、恋人ができると恋人に依存するタイプの人がいます。

相手が友人との時間を大切にしようとすると、嫉妬したり不貞腐れたりすることもあり面倒です。また、別れようとすると脅しや泣き落としでなんとか引き留めようとしてくることもあります。

3. 過度にネガティブ

ヤバイ人は攻撃的だったり行動的だったり、という印象が強いですが、実は超ネガティブな人もヤバイ人である可能性があります。

いつも不平や不満ばかり言っている、ネガティブなことばかり言っている人には、一緒にいるこっちまでネガティブな気持ちにさせられてしまいます。

ネガティブな相手との恋愛は、ネガティブな発言のみならず「本当に好きなのかわからない」「浮気をしているんじゃないのか」「一緒にいてくれないと死ぬ」など、相手からの依存なども加わることがあり、あまり良いことはないでしょう。

4. ドタキャンが多い

誰しも急な用事でドタキャンをしてしまう場面はあります。しかし、ドタキャンが何度も続くような人はヤバイ人かもしれません。

ドタキャンをすることで、相手に迷惑がかかる、相手が空けていてくれた時間を無駄にしてしまうなど、相手の気持ちになって考えることができない、自己中心的な性格だからです。また、相手のことを見下している、敬意がないから何度もドタキャンをしているとも考えられます。

ドタキャンが多い人は口では謝っても本当に悪いとは思っていません。恋人についても「彼氏(彼女)のいる自分」を演出するための道具くらいにしか思っていない可能性がありますので、付き合いを改めた方が良いかもしれません。

5. モテる自慢が激しい

聞いてもいないのに自分がいかにモテるかをアピールしてくる人は、ヤバイ人かもしれません。

恋人がいないのにモテる自慢をする人は、口ばっかりで行動が伴っていない人の可能性があります。また、恋人がいるのにモテる自慢をする人は女たらしや男たらし、浮気者、恋人に心配をかけて気を引こうとする、などの面倒な性格の持ち主である可能性が高いです。

口だけの人は指摘すると逆ギレしてくることもあるので要注意。そして、浮ついた気持ちを持っている人は、異性を悲しませても自分の欲求に素直でいたいタイプなので、恋人にすると非常に厄介です。

関わるとヤバイ人の見分け方

ヤバイ人の様々な特徴を挙げてきましたが、実際にヤバイ人に出会ったら、見分けることはできるのでしょうか。職場や学校などで関わるとヤバイ人には前述のような特徴以外にも、よく観察していると「あれ?なんかおかしいぞ」と思うような言動が多いです。

例えば椅子に座るときにまっすぐに座らず、斜めに座っている。そして初対面なのにやたらと馴れ馴れしく、ベラベラと聞いてもいない自慢話をしてきます。

関わるとヤバイ人は常に上から目線な発言が多く、他者に対して批判的な意見も多いです。あなたの話は基本聞いていませんが、そのくせプライベートな情報、弱みになりそうな情報はやたらと興味を示し、探ろうとしてきます。

さらに、関わるとヤバイ人は図々しいです。そして話しているとスピリチュアルや陰謀論などが好きであることも多いので、あてはまる部分が多い人と出会ったら注意してくださいね。

付き合うとヤバイ恋人の見分け方

続いて、付き合うとヤバイ恋人の見分け方です。人間は不確実なものに惹かれるという習性があるのですが、思わせぶりな態度を取る異性には要注意。あなたに気があるようなそぶりを見せて、あなたを利用しようとしてくる可能性が高いです。

また、異性を軽視するような発言が多い人も、付き合うとモラハラ気質を丸出しにして、あなたを精神的に追い詰めてくるかもしれないので要注意。

他にも、すぐに体の関係に発展させようとしてくる人や、あまり親しくない時期にやたらと馴れ馴れしくしてくる人、自分の予定や意見を優先してあなたの行きたいところやしたいことにはおかまいなしな人も、付き合うとあなたを利用するだけ利用し、飽きたり利用価値がないと判断したりしたらバッサリ切り捨ててしまうようなヤバイ人かもしれません。

電車でヤバイ人の見分け方

電車の中でヤバイ人に出会ったら…逃げ場がないですし怖いですよね。できれば電車に乗る前にヤバイ人だと判断し、離れたところに乗車したいところです。

1人でぶつぶつ何かを話している人、大声で何かに怒っている人、ホームを何往復も歩いている人のように、あからさまにヤバイ人は避けることができるでしょう。

また、知らない人に話しかけている人や、ホームや電車内のど真ん中に立ち、演説をしているような人もヤバイ人なのでできるだけ近づきたくないですよね。

多くの人が黙って乗っている電車では、残念ながらあからさまにヤバイ人以外は見分けがつかないことも多いです。ヤバさを秘めた人を刺激しないよう、電車では静かに過ごすことをオススメします。

ヤバイ人とトラブルになった時の対処方法

ヤバイ人とは良い距離感で、波風を立てずに過ごせることがベストですが、もしトラブルに発展したら…そんなときはどう対処したらよいのでしょうか。

もし相手が感情をむき出しにしてあなたを攻撃するようであれば、まずは理不尽だと思っても謝りましょう。そして、その後は相手の顔色をみつつ、うまく付き合い、徐々に距離を離していきましょう。

ヤバイ人は普通の人が思わないようなところで嫉妬したり、恨んだりしてくるので、とにかく刺激をしないようにして、トラブルは避けたいところ。怒らせると何をしてくるかわからないので、対抗したり闘ったりせず、早めに白旗を挙げるのが賢明です。

まとめ

今回は、ヤバイ人の特徴や見分け方、対処方法などをご紹介しました。ヤバイ人は見た目だけでは判断できないことも多く、関わるとあなたに迷惑がかかります。

ヤバイ人は周囲を見下し、利用し、自分の利益ばかりを求めているので、職場などでは距離を保ちうまく立ち回ることが大切です。

もし恋人や好きな人がヤバイ人であるとわかったら、無理せずお付き合いをやめることをオススメします。あなたの人生を邪魔する人、プラスにならない人に振り回され、心身を壊さないよう、ヤバイ人には注意して生活してくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


人間関係

関連する投稿


精神レベルの低い人の特徴と対処法!相手にしない?

精神レベルの低い人の特徴と対処法!相手にしない?

精神レベルの低い人の特徴と対処法を説明します。レベルの低い人と一緒にいるとイライラしたりするものです。相手にしない・関わらないほうがいいのでしょうか。対処法を参考にして、少しずつ変えていきましょう。


毒親のタイプ・特徴23個!診断チェックと対策・離れる絶縁方法

毒親のタイプ・特徴23個!診断チェックと対策・離れる絶縁方法

毒親と呼ばれる親がいます。毒親とはどのような意味なのでしょうか。毒親のタイプ・特徴を説明するとともに、毒親の対策や離れる方法なども説明します。毒親で悩んでいる方はご参考にしてください。


クズ人間の特徴・共通点25個とエピソード!クズばかり・クズしかいない?

クズ人間の特徴・共通点25個とエピソード!クズばかり・クズしかいない?

世の中みんなクズばかり!そう感じさせられる程クズ人間に振り回されていませんか?この記事ではクズ人間の特徴や共通点、またクズ人間にまつわるエピソードをご紹介します。本当にあなたの周りにはクズしかいないのか?これについても解明しましょう。


精神レベルの高い人の特徴9個!孤独?魂のレベルが高い人

精神レベルの高い人の特徴9個!孤独?魂のレベルが高い人

精神レベルの高い人の特徴とは?直感ですごいとわかる?孤独な人が多い?また、精神レベル・魂のレベルとはどんな意味を表すのでしょうか。そして精神レベルが高い人と出会い、付き合うためにはどうすればいいのでしょうか。


人と関わらない仕事おすすめ52選!正社員・女性・大卒・新卒

人と関わらない仕事おすすめ52選!正社員・女性・大卒・新卒

人とのコミュニケーションが苦手な人にとって仕事選びは難しいものです。この記事では人と関わらな仕事を探している人におすすめの職業をご紹介します。高卒なのか大卒なのか、また正社員になりたいのかバイトがいいのかによって内容は異なりますので自分にあった仕事を見つけましょう。