メンタルが弱い人の特徴・共通点28個!仕事続かない?克服方法・接し方

メンタルが弱い人の特徴・共通点28個!仕事続かない?克服方法・接し方

メンタルが弱い人は日常面で様々な支障をきたしがち、仕事が続かないのもメンタルが弱い人の特徴なのでしょうか?この記事ではメンタルが弱い人の特徴や共通点をまとめています。メンタル面での克服方法や、メンタルが弱い人への接し方もご紹介。


メンタルが弱いと生きづらさを感じるときがありますよね。「もっと自分が強ければ…」と、自己嫌悪することもあるでしょう。でも、それは「変わりたい!」という前向きな気持ちの表れです。

今からでもメンタルは鍛えられます!今回はメンタルが弱い人の特徴を解説し、克服方法と接し方を紹介します。

メンタルが弱いの意味とは?

メンタルとは精神力のこと。メンタルが弱いとは、精神力が弱く挫折しやすい弱い気持ちを意味します。その他、プレッシャーに弱い、ストレスに弱いという意味でも「メンタルが弱い」と表現されます。

よくスポーツ選手の解説記事などで「メンタルが弱い」という表現が使われますよね。スポーツは肉体を鍛え技術を磨く毎日の積み重ねが重要ですが、メンタルが弱いと磨き込んだ能力を本番で存分に発揮できません。実力を全て出すにはメンタルの鍛錬も必要なのです。ちなみに、肉体面はフィジカルと表現します。

スポーツ選手に限らず、メンタルが弱いと仕事や恋愛、プライベートの人間関係に困難さを感じることが増えます。誰だって悩みはありますが、メンタルが弱いと悩みは深く、数は多くなってしまうのです。

メンタルが弱い人はめんどくさい?ずるい?泣く?

メンタルが弱い人は、些細な発言でも傷つきやすく、しかも感情が顔に出るので周囲は気を使います。正直、「めんどくさい」「苦手」「嫌い」と思っている人もいるでしょう。また、メンタルが弱くて涙もろいと、「すぐ泣くのがウザい」「泣けばいいと思っている」と、あなたの本意に関係なく、煙たがられてしまうかもしれません。

しかも、メンタルが弱いと周囲の評価が気になりますよね。少しイヤな顔をされたような気がしただけで、「嫌われた…」「恐い…」と委縮してしまいます。だけど、委縮したって人間関係がギクシャクするだけです。

世の中にはいろいろな人がいます。メンタルが弱い人を「めんどう」「嫌い」と思う人もいますが、「優しくしよう」と思う人もいます。どうせなら、あなたを気にかけてくれる人に着目しましょう。

メンタルが弱い人の特徴・共通点12個[性格・心理編]

メンタルが弱い人には性格や心理に共通点があります。メンタルが弱くなりがちな性格的特徴を解説します。

1. 失敗を極度に恐れる

メンタルが弱い人は失敗を極度に恐れます。「失敗するくらいならやらない方がマシ!」と思う程です。少しでも自信がなければ、メンタルが弱い人はやらない選択をします。失敗することが恥ずかしく、周囲の目が気になって仕方がないのです。

2. 慎重すぎるくらい慎重

失敗を恐れているため、メンタルが弱い人は慎重すぎるくらい慎重です。石橋を叩いて叩いて渡らないような性格をしています。失敗しないように、可能な限り情報を集めたり練習したりして、準備万端にしたいタイプです。

3. 警戒心が強い

メンタルが弱い人は他者から低い評価をされること、傷つけられることを恐れています。人の目が気になってたまらないのです。そのため、簡単には心を許しません。本当の自分を見せても大丈夫と確信するまで、長い時間をかけて相手を見極めようとします。

4. 基本がネガティブ

メンタルが弱い人は基本がネガティブです。「悪いことが起きる」を前提に物事を考えます。慎重で警戒心が強い性格ゆえに、チャレンジの経験が少なくなります。そのため、自分に自信が持てず、成功イメージが掴めず、悪い方へと思考が傾いてしまうのです。

5. 常に最悪の事態を考える

基本がネガティブなので、常に最悪の事態を考えて行動するのが、メンタルが弱い人の性格的特徴です。

ほとんど起こらないような確率でも、最悪の事態を考えては万が一の事態を恐れています。一事が万事、万が一状態なのです。もちろん、最悪の事態が起こるのが不安なので、やらない選択をしてしまいます。

6. すぐ緊張する

メンタルが弱い人はすぐ緊張します。人前で話す時はもちろん、毎日とはちょっと違う流れになっただけでも、「いつもと違う」と緊張してしまうのです。メンタルが弱い人は変化に弱く、ルーティーンで安定した生活を好みます。

7. 優しい言葉に弱い

警戒心が強いくせに優しい言葉に弱いのが、メンタルが弱い人の特徴です。自分に自信がないので、「誰かに頼りたい」「助けてほしい」という思いが常にあります。

だから、優しい言葉で手を差し伸べられると、ついその手を掴んでしまうのです。これはメンタルが弱い人の弱点でもあります。裏の目的があっての優しさを見抜けないので、騙されやすい性格なのです。

8. 依存しやすい

メンタルが弱い人は自分に自信がなく、決断を人に委ねたいと思っています。そのため、一度心を許した相手にはとことん依存する特徴があります。また、人に限らずゲームやSNSなどにも依存しやすいです。依存して安心感を得ようとします。メンタルが弱い人は心の支えを探しているのです。

9. すぐに傷つく

メンタルが弱い人は、ガラスのハートの持ち主です。ちょっとしたことですぐに傷つきます。相手に攻撃したつもりが全くなくても、ネガティブに受け取っては1人傷ついています。

注意すべきは、傷ついた自分を周囲に見せるタイプと見せないタイプがいる点です。周囲を見せるタイプはある意味わかりやすく、本格的にこじれる前にフォローを入れやすいので、傷が深くなる前に問題解決できる可能性が高いです。

一方、見せないタイプは小さな傷がいえる前にどんどん細かく傷ついていき、ある日ポッキリと心折れたり、いきなりかんしゃくを起こしたりします。周囲が気付くのは限界値を突破してからなので、時すでに遅しです。

10. くよくよ悩む

メンタルが弱い人は精神的回復力が弱いです。一度悩んだら、くよくよといつまでも悩み続けます。解決策を提案されても、最悪の事態を考える悪いクセのせいで、「でもやっぱりダメかも」と身動きが取れません。解決への行動がとれないので、悩みは深くなる一方です。

11. 優柔不断で決断できない

優柔不断な性格はメンタルが弱い人の共通点です。常にネガティブで悪いことばかり考えているので、良い結果を導き出す選択肢が思いつかず、決断できない状態をダラダラと続けてしまいます。「自分が決断して失敗したらどうしよう」と、恐くて決められません。

12. 情緒不安定

日頃から失敗しないように目立たないように、なるべく前へ出てこないので意外と気付かれませんが、メンタルが弱い人は情緒不安定です。

特に不安や恐怖に苛まれやすく、心配事があるとそればかり考えてしまいます。感情と思考のコントロールが下手なのです。一見何事もなさそうに見えても、心の中では気持ちが乱降下しています。

※今の仕事が辛い、良い職場に変えたいという人は、転職先を探してみませんか?業界最大手のリクルートエージェントなら優良企業の求人がたくさんあります。
リクルートエージェント

メンタルが弱い人の特徴・共通点6個[態度・行動編]

メンタルが弱さは態度や行動に表れます。メンタルが弱い人に良くある態度や行動の特徴を解説します。

1. マウンティングする

メンタルが弱い人は、常に自分の立ち位置を確認したがります。自分より下の人を見つけて「まだ大丈夫」と安心したい心理があるのです。

そのため、マウンティングするのが特徴です。マウンティングをする人は一見上から目線で傲慢ですが、実は人と比較しなければ自分を持ち上げられないメンタルが弱い人なのです。

2. 本番に弱い

本番に弱いのもメンタルが弱い人の特徴です。練習を重ね準備をしっかり整えて挑んでも、いざ本番になると「これで良かったんだろうか」「もっと別のやり方があったのでは」「忘れていることはないか」と、急に不安に襲われてしまいます。

そして、「うまくいかなかったらどうしよう」と極度に緊張し、本領発揮できません。今まで一度もしなかったような失敗を本番でしてしまうこともあります。

3. 待つのが苦手

メンタルが弱い人はイレギュラーにも弱いので、待つのが非常に苦手です。待たされている時点で、自分が脳内で組んでいた予定とズレが発生しています。自分の思う通りに事が進まないと、メンタルが弱い人はテンパってしまうのです。

4. 精神状態が食欲に影響する

精神状態が食欲に大きな影響を及ぼすのも、メンタルが弱い人の特徴です。緊張や不安が強いと食欲が減退したり、逆に紛らわせるために過食気味になったりします。胃腸が弱い人も多く、ストレスが溜まると食欲不振や下痢などの症状が出るケースもあります。

5. 寝不足気味

メンタルが弱いと精神面が睡眠にも悪影響を与えます。心配事があると頭の中がいっぱいになり、考えたくないのに考え込んで眠気が遠のいてしまうのです。だけど、明日を考えたら早く寝なければなりません。

メンタルが弱い人は「寝なければいけないのに眠れない!」と、益々追い詰められて眠れなくなってしまいます。そのため、メンタルが弱い人は寝つきが悪かったり眠りが浅かったりして、寝不足気味になります。

6. 猫背

心と体は密接に関係しています。ネガティブ思考で不安が強いと姿勢が悪くなりがちです。だから、メンタルが弱い人は猫背が多く、動きにキレがありません。

メンタルが弱い人の特徴・共通点5個[仕事・職場編]

メンタルが弱い人は職場で懸命に気を張っています。そのため、メンタルの弱さに周囲が気付かない場合も少なくありません。本人もがんばるため、キャパオーバーなのに誰も気付かず、唐突に折れて会社に来なくなるケースもあります。メンタルが弱い人の仕事や職場での特徴を理解して、追い込まないようにしましょう。

1. トラブルが起こるとテンパる

メンタルが弱い人はトラブルに弱いです。前触れなくトラブルが発生すると、かなりテンパります。過酷な状況ではメンタルの弱さを隠せません。普段冷静なフリをしている場合、ギャップの激しさに周囲を驚かせてしまいます。

2. 仕事を断れない

既にキャパオーバーでも仕事を断れないのが、メンタルが弱い人の特徴です。「断ったら評価が下がる」「断ったら二度と頼まれないかも」「イヤな人と思われたくない」という思いから、断れずに引き受けてしまいます。

しかも、失敗は絶対嫌なので死に物狂いでがんばり、何とかこなしてしまいます。そのため「頼めばやってくれる人」と認識され、自分の首を自分でどんどん締めていくことになります。

3. 飲みの誘いも断れない

メンタルが弱い人は仕事だけではなく飲みの誘いも断れません。「せっかく声をかけてくれたから」「断ったらもう誘ってくれないかも」「付き合いが悪いと思われたくない」と考えてしまいます。だから、状況が許す限り応じて自分をすり減らしていきます。

4. 職場で泣く

メンタルが弱い人は職場で泣いてしまいます。「泣いたらダメ!」と思っていても、涙腺をコントロールできず泣いてしまうのです。作戦で泣いているわけではないため、泣いてしまった自分を後で激しく自己嫌悪しています。

5. 転職歴が多い

メンタルが弱いと仕事や人間関係のトラブルを乗り越えられません。そのため、壁にぶつかると辞める選択をしてしまいがち。もう少し仕事を続けて様子を見る精神力がありません。短期のアルバイトなど特別な事例を除き、雇用形態を問わず転職歴が多いのは、メンタルが弱い人の特徴です。

※今の仕事が辛い、良い職場に変えたいという人は、転職先を探してみませんか?業界最大手のリクルートエージェントなら優良企業の求人がたくさんあります。
リクルートエージェント

メンタルが弱い人の特徴・共通点5個[恋愛編]

メンタルが弱い人の恋愛的特徴は大きく2つに分けられます。恋愛依存するタイプと、失恋が怖くて恋愛に消極的なタイプです。具体的にはどのような特徴があるのかを解説していきましょう。

1. 恋人に愛されている自信が持てない

メンタルが弱い人は自己肯定感が低く、「自分なんかが愛されるんだろうか」と常に不安です。自分に自信が持てないのです。そのため、恋人がちょっと不機嫌なだけで愛情を疑ってしまいます。

2. 不安だから恋人を束縛してしまう

メンタルが弱い人の恋愛は常に不安な状態です。しかし、恋愛に依存しているので「絶対に恋人を手放したくない!」と考えて、過度な束縛に走りがち。恋人が何をしているのか把握していないと不安なのです。また、自分の束縛に恋人が応じることで、愛情を測ろうとしています。

3. 嫌われたくなくて言いたいことを言えない

メンタルが弱い人は恋愛依存が強いので、恋人に嫌われることを極度に恐れます。嫌われたくなくて言いたいことも言えません。約束をドタキャンされても怒れなかったり、言われるままにお金を貸してしまったりします。

4. 恋愛に対して受け身

メンタルが弱くて恋愛に消極的なタイプは、好きな人ができても自分からは一切動きません。全くアプローチしないのは、「何もしないのだから好きになってもらえないのは当たり前」と、先に諦めて失敗を避ける心理が働くから。恋愛に対しては完全に受け身です。

5. 好き避けする

好き避けするのもメンタルが弱い人の特徴です。

・好きな人が傍にいると何もできないから逃げたくなる
・挙動不審な自分を好きな人に見られたくない
・好意を迷惑と思われたくない
・好きな人から誘われても「からかわれているんだ」と思って断ってしまう

このような理由で、好きな人を過剰に避けてしまいます。

メンタルが弱い男性の特徴

メンタルが弱い男性は、ある日ポッキリと心折れてしまうのが特徴です。普段は冷静さを保っていますが、イレギュラーが起こると大きなストレスを受けます。本当はテンパっている自分を出せずに「ヤバいヤバい」と思いながらもギリギリまで1人でがんばって、それでもできなかった時に「もうダメだ!」と、いきなり挫折してしまうのです。

突然メンタル崩壊系は、高学歴で就職まで順調だった男性に多いです。親に支えられながら順風満帆の学生時代を送ってきたので、社会の荒波への耐性が皆無なのです。壁にぶつかって、初めてメンタルの弱さに気付きます。しかし、プライドが高く自分の弱さを見せられないので、周囲は突然心が折れたように見えるのです。

もちろん、普段からメンタルがバリバリに弱い男性も存在します。このタイプは自分に自信がないので、自ら前に出てきません。存在感が薄く注目されないので、案外メンタルの弱さがバレないことも多いです。

メンタルが弱い女性の特徴

メンタルが弱い男性が表面的には冷静に見えるのに対し、メンタルが弱い女性は普段から情緒不安定です。喜怒哀楽が激しく、喜んだかと思ったら、ちょっとしたことで深く落ち込みます。躁うつが激しく、気分のムラが酷いです。

また、メンタルが弱い女性は自意識過剰で被害妄想が強いのも特徴です。相手の態度を見て「陰口言われているかも」「私のこと嫌いっぽい」と、根拠なくネガティブな受け取り方をします。「期待して裏切られるくらいなら、最初から諦めた方がマシ」という考え方なので、人間関係で誤った認知をしてしまいます。

それでいて、依存気質が強いため友人にも恋人にも嫉妬深いです。寂しがり屋なので、常に傍にいてくれる人をキープしたくて、一度心を許した相手には特に感情をむき出しにして寄りかかってきます。

メンタルが弱いのはなぜ?原因・理由

メンタルの弱さは自己肯定感の低さと深く関係しています。幼少期から失敗体験を繰り返すと「何をやってもどうせダメだ」と、自己肯定感が低くなります。親から過度のプレッシャーをかけられ、厳しいしつけや教育で叱られてばかりいると、「親から叱られる=認められない=自分はダメな人」と、自己評価が下がってしまいます。自分に自信が持てず消極的になり、メンタルが弱くなってしまうのです。

また、親の過保護と過干渉も、メンタルの弱さの原因になります。安全な道を厳選し、失敗しないように親が先回りした育て方をすると、自分の力だけで成功や失敗をした経験が少なくなります。親に依存した形で大人になるため、メンタルが弱くなります。

もちろん、メンタルの弱さは成育歴が全てではありません。生まれながらにデリケートでメンタルが弱い気質の人もいます。その他、体調面の不調がメンタルの不調につながるケースなどもあります。

※今の仕事が辛い、良い職場に変えたいという人は、転職先を探してみませんか?業界最大手のリクルートエージェントなら優良企業の求人がたくさんあります。
リクルートエージェント

メンタルが弱い人の克服・改善方法15個

メンタルが弱い原因は根が深いですが、今からでも改善することは可能です。これから克服方法を紹介します。焦らずマイペースにするのがポイントですよ。

1. 睡眠時間を確保する

メンタルは体調に左右されます。メンタルを鍛えたいなら、まずは体調を整えるのが先決です。特に睡眠時間はとっても重要!睡眠が足りていないと、それだけでメンタルが不安定になります。なるべく充分な睡眠をとれるようにしましょう。メンタル強化は睡眠最優先です。

2. 朝日を浴びて生活リズムを調える

質の良い睡眠と健康のために、生活リズムも整えていきましょう。起きたらカーテンを開けて朝日を全身に浴びてください。朝日を浴びると体内時計がリセットされ、正確なリズムをつくる助けになります。

また、日光を浴びると幸せホルモンと言われるセロトニンが分泌され、メンタルを調えてくれます。更には睡眠を誘うホルモンのメラトニンの分泌も促し、眠りの質が高まります。

3. 適度な運動をする

メンタルを鍛えるには、適度な運動を心がけるのも大切です。辛くならない程度の適度な運動は、気分をすっきりさせてくれます。また、丁度良い疲労感は寝つきを良くする効果もあります。体力アップも兼ねて、日常的に運動を取り入れていきましょう。

4. 栄養バランスの良い食事をしっかり食べる

体調を整えるには食事も大切です。また、食事はメンタルにも影響を及ぼします。「お腹がすくとイライラする」と昔から言われますが、脳への栄養不足になると、判断力や精神力が落ちてしまいます。毎日の食事は内容に気をつけて、栄養バランスを考えながら3食しっかり食べましょう。

5. 姿勢を正す

体とメンタルは密接にかかわっています。姿勢が悪いと、理由もなく気分が落ちたり、意欲が減退したりと、メンタルにマイナス効果を与えてしまうのです。

逆に正しい姿勢は気分をシャキッとさせ、ポジティブにする効果があります。体幹も鍛えられるので、日頃から姿勢を正すよう心がけましょう。

6. 「失敗してもいいんだよ」と毎日自分を許す

「メンタルが弱い自分を変えたい!」と思うのは、ポジティブですばらしいことです。だけど、「強くならなければ!」と自分を奮起させるのは、逆効果になるかもしれません。メンタルが弱い人がいきなり自分にプレッシャーをかけると、追い詰められて大きなストレスを感じます。

むしろ、「失敗してもいいんだよ」と自分に寛大になるべきです。結果は求めずに行動できた自分を褒めて、仮に失敗しても「それでいいんだよ」と許してあげましょう。そうすれば、失敗が恐くなくなり、今よりも積極的に行動できるようになります。

7. 「今日もがんばったね」と毎日自分を労う

1日の終わりには「今日もがんばったね」と、自分を労ってあげましょう。メンタルが弱い人はネガティブなので、どうしてもマイナス部分に目が行ってしまい「自分はダメだ」と自己評価を下げて委縮してしまいます。

自分を褒めたり労ったりするのは苦手でしょうが、だからこそ毎日「今日もがんばったね」と、言葉に出してください。言葉には力があります。続ける内に、少しずつ自分を肯定できるようになるでしょう。

8. 自分の長所を探して書き出す

メンタル強化には、ポジティブ思考が必須です。自己肯定感を高めるために、自分の長所をたくさん探しましょう。どんなに小さな長所でも良いので、見つけたら書き出してください。目に見える形で自分の長所を確認すると、「確かに、これはできている」と自己評価が高まります。

9. 他人の長所も探す

メンタルが弱い人は他人の欠点にも敏感です。「あの人のこんなところがイヤだ」と気付くと、近づけなくなってしまいます。相手を深く知る前に苦手意識がついてしまうのです。認知のゆがみの原因にもなります。だから、他人の長所も探してください。小さな良い所をたくさん見つければ、コミュニケーションが楽しくなります。

10. 比較をやめる

メンタルが弱い人は、つい比べてしまうクセがあります。比較して自分の立ち位置を確認することで安心したいのです。しかし、比較は返ってメンタル不安定にする原因にもなりかねません。自分が周囲よりできていれば良いですが、「自分だけができない」と気付くと、メンタルが弱い人はそこにいるのが辛くなってしまいます。

人には得意不得意があって当たり前です。メンタルを安定させるためにも、比較はやめるように心がけましょう。無意識に比較している自分に気付いたら、比較ではなく良い所探しに転換してください。

11. 自己啓発や心理学の本を読んで知識を溜める

今は書店や図書館に行けば、自己啓発や心理学の本がたくさん見つかります。メンタル系の書籍も多いです。あなたが知りたい内容の本を探して、どんどん読んで知識を溜めていきましょう。メンタルが弱い人は未知なものに不安や恐怖を感じます。

メンタル系の知識を積めば、不安や恐怖を感じても「この場合はこうすれば良い」という方法が見つかるので、メンタル安定の手助けになるでしょう。

12. 合理的思考のクセをつける

合理的思考とは、問題に対して解決する方法を考える思考のこと。メンタルが弱い人は、問題に直面すると、困難さばかりに目を向けてしまうので、合理的思考のクセをつけるのが重要です。例えば、問題に対して次のように思考を転換してみましょう。

・成功率は50%→半分は成功できる可能性がある!
・以前失敗した→今は過去の自分より成長したから成功するかも!
・悪いことが続く→そろそろ良いことが起きるはず!
・小さなミスをした→大きなミスもなく無事済んだ!
・皆と考え方が違う→色々な意見を参考にしよう!
・きらいな人がいる→全てがきらいじゃない。良い所もあるはず!

合理的思考はポジティブ思考でもあります。視点を変えて上手くいく方法を考えられるようになれば行動できるので、メンタルも強くなります。

13. 新しいことにチャレンジする

未知の世界に飛び込むのは、メンタルが弱い人にとってかなり勇気が必要です。だからこそ、あえて新しいことにチャレンジしてください。不安だけど行動を起こし、何とかなった経験を積むことで、「思っていたよりどうにかなるものだ」と実感できるようになります。

14. たくさん笑う

笑いはメンタルに多大な影響を与えます。作り笑顔でも苦笑いでも、笑顔には人をポジティブにする力があるのです。

また、笑顔には免疫力アップなど、肉体へも良い影響を与えます。好きな動画を観たり、美味しいものを食べたり、気心の知れた友達と話したりして、笑う時間を積極的に作りましょう。笑顔が増えれば、自然と「なんとかなりそう」と楽観的になるものです。

15. そのままの自分を肯定する

メンタルが弱い人は失敗を振り返って「自分はダメだ」と自己否定してしまいます。でも、メンタルを鍛えたいなら誰よりもあなたがあなたを肯定することが大切です。

「こんな自分も悪くない」と思えば、気持ちが軽くなります。困難に直面した時、自分を信じれば「きっと大丈夫!」と希望を持てます。

メンタルが弱い人への接し方・付き合い方4個

身近にメンタルが弱い人がいると、接し方に気を使いますよね。それでも、自分の本意が伝わらずに相手が凹むこともあります。お互いストレスにならないよう、メンタルが弱い人への接し方、付き合い方を伝授します。

1. 急かさない

メンタルが弱い人は、慌てると前後不覚のパニック状態になります。だから、急かしてはいけません。急かすと余計に物事が進まなくなります。仲間内にメンタルが弱い人がいるなら、充分な時間をとって接しましょう。

もし、急がなければならない事態になっても、「大丈夫だから落ち着いてね」と、見守ったり手を貸したりしてサポートしてあげましょう。

2. 責めない

人生に失敗はつきもので、誰もが人から責められた経験がありますよね。責められれば反省して凹みますが、「次から気をつけよう」と成長につなげて立ち直るものです。しかし、メンタルが弱い人は責められるといつまでも引きずります。自分を責めた相手に委縮して、益々メンタルがやられてしまいます。

だから、失敗をしてもネガティブな責め方をしてはいけません。責めるのではなく、上手くいく方法を教えてあげましょう。そして、一緒に失敗を取り戻して成功体験を積ませてください。

失敗したけど周囲の協力で立ち直れた経験があれば、メンタルが弱い人も次第に周囲を信頼していきます。とは言え、立場上叱責が必要なケースもあるでしょう。この場合は、後で丁寧なフォローが必要です。責めっぱなし、叱りっぱなしはメンタルが弱い人へのNG行為です。

3. 事前告知をする

メンタルが弱い人はイレギュラーに弱く、ちょっとした変更や思わぬ出来事に、すぐパニックになります。一度パニックになるとなかなか落ちつけず、周囲は迷惑ですし、何より本人が辛いです。

メンタルが弱い人と上手に付き合うには、安心できる環境整備が必要です。予定は前もって事前告知をし、変更があればその際も連絡しましょう。それだけで、メンタルが弱い人の緊張と負担は軽減します。「言わなくてもわかるよね」ではなく、言葉での説明が重要です。

4. 話をきちんと聞いてあげる

メンタルが弱い人は自分の気持ちを伝えるのが苦手です。「本音を言ったら嫌われるんじゃないか」「自分なんかが意見しちゃいけないんじゃないか」と、心配がうずまいて黙る選択をしてしまいます。そのため、お互いの意思疎通に誤解が生まれ、余計にメンタルが弱い人を委縮させてしまいます。

人間関係はコミュニケーションがとても大切ですよね。メンタルが弱い人と接するときは、いつも以上に相手の話を意識的に聞くようにしましょう。相手が口下手な場合は、あなたが上手に質問して言葉を引き出してあげましょう。質問上手、聞き上手になるのが、メンタルが弱い人と上手に付き合うコツです。

メンタルが弱い部下への対応方法

メンタルが弱い部下には、講師になったつもりで丁寧に教えるのが正しい対処法です。「仕事は見て覚えろ」「先輩の技を盗め」という時代は終わりました。ほったらかしにしたら、メンタルが弱い部下は「何をすればいいのか…」と、それだけで心折れてしまいます。

大変ではありますが、メンタルが弱い部下でも辞めて欲しくないのであれば、あなたが1から10まで丁寧に仕事を教えてあげましょう。「言わなくてもわかるよね?」は封印です。一挙一動優しく指示するつもりが丁度良いです。また、丁寧なマニュアルを作って渡すのも良いでしょう。

「困った時はすぐに聞いてくれていいからね」と、ヘルプ発信を常に受け取る姿勢を見せるのも重要です。時々「わからないことある?」「大丈夫かな?」と声をかけるのも忘れないでください。メンタルが弱い部下が成長して自立するまで、手取り足取りで支えてあげましょう。

メンタルが弱い子供への対応方法

メンタルが弱い子供への対応は、ハードルを限りなく低くするのが基本です。「やればできる!」の精神論はもっての外。子供が何に対して困っているのかを良く観察し、困り感を具体的に解決してあげましょう。ちょっとした環境整備で子供の困り感が軽減すれば、毎日の負担が減って情緒が安定します。その他、以下の点を気にかけましょう。

・スローステップで育てる
・当たり前のことでも「できたね」と言葉に出して褒める
・「ダメ」「やらない」ではなく「どうしたら良いか」を提示する
・子供に伝わる方法で伝える
・スキンシップを充分にとる
・子供の話をたくさん聞いてあげる
・泣いて当たり前だと親が先に開き直る

メンタルが弱い子供には真面目なタイプが多く、失敗を過度に恐れる傾向が強いので、大人が「まちがっちゃった」と、あえて失敗する姿を見て「でも、こうすれば大丈夫」「でもがんばったからおわった」と、失敗した後の着地点を見せるのも効果的です。

メンタルが弱いかどうかの診断チェック項目

次の質問項目に「はい」「いいえ」で答えてください。「はい」が多いほどメンタルが弱い傾向にあります。

・人前で話すのが大の苦手だ
・グループで話すときは聞き役専門だ
・「自分から声をかけるのは迷惑かな」と思ってしまう
・嫌われたくなくて八方美人になってしまう
・ふられるのが怖くて告白なんか絶対ムリ
・ついつい我慢をしてしまう
・時間が迫ると慌ててしまう
・前もって準備しないと落ち着かない
・小さくてもミスをすると激しく落ち込む
・失敗するくらいならやりたくない
・感情が顔に出やすい
・涙もろい
・初めての経験が苦手だ
・我ながら変化に弱いと思う
・ストレスが溜まると体調を崩す
・常に最悪のケースを考えてしまう
・何となく明るい未来が想像できない

まとめ

メンタルが弱い人は、繊細で敏感なセンサーを持っています。このセンサーは使い方次第で長所にも短所にもなります。今は、「気付かないことに気付いて勝手に辛くなる」という短所が目立っているかもしれません。だけど、いろいろなことに敏感なあなたは、センサーを上手に使えば、優しくて気遣いができる素敵な人になれるはず!

まずは、自分に対して優しく大らかになりましょう。あなたを好きな人、応援してくれる人は必ずいます。周囲に頼りながら、少しずつメンタルを強くしてくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


メンタル 仕事

関連する投稿


すぐ怒る人の心理・性格の特徴15個と対処法!病気や障害?

すぐ怒る人の心理・性格の特徴15個と対処法!病気や障害?

突然スイッチが入り、すぐ怒る短気な人は身近にいますか?もしくは自分がキレやすいタイプだったりしませんか?この記事ではすぐ怒る人の性格的特徴や対処方法をご紹介します。


神経質な人の特徴30個!顔や性格・恋愛・仕事と対処法

神経質な人の特徴30個!顔や性格・恋愛・仕事と対処法

この記事では神経質な人の特徴や共通点を、性格・外見・恋愛傾向・仕事などの観点からまとめています。神経質を治すためにできる改善方法についてもご紹介しますので神経質なことでお悩みの方や、周りに神経質な人がいてお困りの方は参考にしてください。


臆病者な人の心理と性格の特徴20個と克服方法【専門家解説】

臆病者な人の心理と性格の特徴20個と克服方法【専門家解説】

人に強くものを言えない…ついオドオドしてしまう、自信のない怖がりな人は沢山おられます。どうにかして臆病で小心者な性格を治したい!と悩まれる人のために、この記事ではこの性格の特徴と、克服方法についてご紹介します。


仕事ができない人の特徴34個と対処法!口癖・生き方は?

仕事ができない人の特徴34個と対処法!口癖・生き方は?

本人にとっては張っているつもりでも仕事ができない人と思われてしまうことがあります。その人達の特徴や共通点は一体どんなものなのか、まとめています。さらに対処方法についても紹介していますので、仕事ができない人に悩んでいる人は参考にしてみてください。


メンヘラ女性の特徴47個と見分け方!見た目・対応・別れ方

メンヘラ女性の特徴47個と見分け方!見た目・対応・別れ方

精神的に不安定で依存心の強いメンヘラ女性。この記事ではメンヘラ女性の特徴や見分け方についてまとめています。彼女への対処法や別れ方に困った時には参考にしてください。