自己評価が低い人の原因・特徴19個と改善方法!治らない?謙虚で優秀?

自己評価が低い人の原因・特徴19個と改善方法!治らない?謙虚で優秀?

自己評価が低い人の原因は何なのでしょうか。自己評価が低い人の特徴や改善方法について説明します。自己評価が変われば、人生が変わるかもしれません。あなたや周りの人がもし悩んでいたら、ぜひ参考にしてください。


自分を客観的に評価するのは難しいですよね。謙虚な人ほど、自己評価が低くなりがちです。日本では自信満々で自慢するタイプは敬遠されますが、自己評価が低すぎるのは考えもの。返って周囲に気を遣わせる上に、自分の可能性を狭めてしまいます。

そこで今回は、自己評価が低くなる原因を解説!自己評価が低い人の特徴と改善方法もお話しします。

自己評価が低いの意味とは?類語・言い換えは?

自己評価とは、自分が自分の評価をすることを意味します。自己評価が低いとは、自分自身の評価を低くつけることで、周囲からの評価は全く関係ありません。誰が見ても素晴らしい能力を持っているのに、自己評価が低く「自分は全然ダメ」と本気で思う人もいます。

自己評価の類義語は以下の通りです。

・自尊心
・自己認知
・自己意識
・自己投影
・自己概念
・セルフレビュー
・セルフイメージ

「自己評価が低い」を言い換えると、上記の類義語に「低い」を付け足す形になります。例えば「自尊心が低い」といった感じです。

また、自己評価の低さは自己肯定感の低さと言い換えられるケースも多いです。自己肯定感とは「自分はすばらしい存在」と根拠なく思える、人の自信や生きる意欲に深くつながる意識です。自己評価が低い人は、総じて自己肯定感が低く、自分に自信が持てずに生きづらさを感じます。

自己評価が低い人の心理は?実は謙虚で優秀?

「私なんかまだまだ」という、程よい自己評価の低さは、周囲からは謙虚な姿勢に見られます。また、簡単に満足せず、「もっと努力しなければ」と自分に厳しくなるので、優秀な人材になる要素もあります。

しかし、自己評価が低すぎると、謙虚を通り越して卑屈になってしまいます。「自分なんかどうせダメだ」と決めつけ、未来に希望を抱けません。さらには「こんな自分は周囲から受け入れられないだろう」と悲観的になり、成長する努力をあきらめてしまいます。時には自暴自棄になり、自分を大切にできなくなります。

自分を客観的に評価するのはとても難しいですが、自己評価は極端に高くても低くても、良くないと言えるでしょう。謙虚が美徳の日本の文化では、客観的評価より自己評価がやや低い人が、もっとも社会に順応しやすいと言えるでしょう。

自己評価が低い人の原因は?病気?

自己評価の低さは成育歴と深く関係しています。以下のような家庭環境は、自己評価を低める原因になり得ます。

・周囲の目を気にする親で、人前では常にけなされて育った
・優秀な兄弟や親せきと比較され続けた
・「こうあるべき」という理想を強いられた
・厳しいしつけや教育を受け、誉められた経験が極度に少ない
・親の気性が激しく、常に顔色を見ながら空気を読んでいた

親の刷り込みは恐ろしいほど絶大な力を持っています。子供時代に親から認められず、否定ばかりされると、自分に価値が見いだせなくなり、自己評価が低くなってしまいます。

その他、家庭に問題がなくても、社会に出たときに大きな壁にぶちあたり、乗り越えられずにドロップアウトすると、今までの自信を喪失して、一気に自己評価が低くなるケースもあります。

自己評価が低いだけなら病気ではありませんが、生きづらさから精神を病みやすく、うつ病などのリスクは普通の人より高くなります。

自己評価が低い人の特徴・共通点5個[性格編]

自己評価が低いと、性格にも影響を及ぼします。自己評価が低い人の性格について解説していきましょう。

1. ネガティブ思考

自己評価が低い人は「自分はダメなヤツだ」という思いを根底に抱えています。そのため、何か行動しなければならないとき、「ダメな自分が成功するはずない」とネガティブ思考になってしまいます。仕事、勉強、人間関係、すべてにおいて希望を持てず、明るい未来を描けません。

2. あきらめが早い

明るい未来を描けないので、「がんばってもムダ」という思いが常にあり、自己評価が低い人はあきらめが早いです。必要に迫られての行動はできますが、自主的に努力を続けるのが苦手です。期待してがんばって失敗したときのことを考えると怖くなり、あきらめることで深く傷つかないよう自衛しようとします。

3. 疑い深い

自己評価の低さは思い込みの強さと比例します。子供のころから「自分はダメなヤツ」と刷り込まれているため、自己イメージは強固です。

実際には高い能力を持って結果を出しても、周囲からほめられても、目の前にある事実よりも「でも本当の自分はダメなんだ」という思いが勝ってしまいます。自分への思い込みが強すぎて、それに反する人の言葉を疑ってしまうのです。

4. 依存心が強い

自己評価の低い人は、必要にされてそれに応えることで、自分の存在価値を保っています。自分で自分を認められず誰かにすがってしまうのは、自己評価が低い人の弱点です。依存心が強いので、騙されやすく利用されやすいのです。頭の片隅では相手の思惑がわかっていても、「それでも今必要としてくれるのはこの人しかいない」と依存してしまいます。

5. 攻撃的な一面がある

自己評価が低い人は、オドオドとして消極的なイメージですが、攻撃的な一面があります。自分を「普通よりも能力が低い」と評価しているので、自分より更にできない相手に対して、「なんでこんなこともできないんだ」とイラついてしまい、時に精神的肉体的攻撃をしてしまうときがあるのです。

自己評価の低さは心の弱さでもあります。本当に心が強い人は優しい心を持ち、安易に人を攻撃しません。「弱い犬ほど良く吠える」ということわざがありますが、一見怒りっぽく気が強い人が、実は自己評価が低いというのは良くあることです。

自己評価が低い人の特徴・共通点5個[態度・行動編]

自己評価が低いと、積極的な選択や行動ができなくなります。「どうせダメだ」というあきらめが先に立ち、自分が希望する目的から遠のく言動をしてしまうのです。具体的にはどのような特徴があるのか、自己評価が低い人の態度や行動について解説します。

1. 人間関係が受け身

自己評価が低い人は「自分は人から好かれないタイプ」「話しかけたら迷惑かも」と思っています。自分から声をかけて冷たい反応をされたら立ち直れません。だから、ひっそりとたたずんで、誰かから声をかけられるのを待っています。人間関係がとても受け身なのです。

2. 自己主張できない

「自分の意見に説得力はない」「自分より良い案が出るに違いない」「言っても否定される」と、自己評価が低い人は考えます。また、自己主張をワガママと思っているケースもあります。子供のころから自分を押し殺してきたため、本当の気持ちをなかなか言葉にできません。

3. 強がる

自己評価が低いと人生は生きづらくなります。悩みも深く、困る場面も多いです。だけど、周囲が気付いて声をかけても、自己評価が低い人は「大丈夫」と答えてしまいます。相手を信頼していないから、「本音を言ってウザがられたらどうしよう…」と思い、甘えられないのです。必死で虚勢をはり、強がりを続けて、どんどん精神をすり減らしていきます。

4. 自分を卑下する

自己評価が低い人は安易に卑下します。「どうせ自分なんて」「でもダメに決まってるし」と、否定的な発言が多いのも特徴です。本気で自分はダメだと思っているので、自分を卑下して周囲に気を遣わせていることにも気づけません。

5. 批判的で不平不満が多い

自己評価が低い人の中には、周囲に批判的で不平不満が多いタイプもいます。理想が高すぎて、自分にも周囲にも高い水準を求めてしまうのです。そのため、自己評価が低いだけではなく、周囲の小さなミスや矛盾、全力ではない態度が目についてしまいます。そして、批判や愚痴が増えてしまうのです。

自己評価が低い人の特徴・共通点5個[恋愛編]

自己評価が低いと恋愛は難しくなります。特に女性の場合、自己評価の低さから男性の言いなりになり、幸せな恋愛ができません。恋人と心を通わせるには、自分も愛する必要があるのです。

1. すぐに体を許す

自己評価が低い人は、求められるとすぐに体を許してしまいます。体だけでも自分を必要とされていることが嬉しく、また、断って相手が離れていくのが恐いので、受け入れてしまうのです。

2. 相手にお金を渡してしまう

自己評価が低い人は、相手にお金をすぐに渡してしまいます。自分の魅力を低く評価しているので自信が持てず、目に見えてわかりやすいお金の力に頼ってしまうのです。男性をヒモにする女性、女性にお金だけを引っ張られる男性は、自己評価が低い人の典型です。

3. ひたすら尽くす

体やお金だけではなく、それ以外のすべてにおいて、ひたすら尽くそうとするのが自己評価が低い人の特徴です。恋人をつなぎとめたくて必死で、なんでも言いなりになってしまいます。恋人は絶対的な存在なので、例え世間的にほめられることではなくても、言われれば従います。そのため、暴力的で自分勝手な人に目を付けられやすいです。

4. 本音を言えずガマンしてしまう

恋人からの愛情にも自信が持てず、「本音を言ったら嫌われてしまう…」という危機感があるため、自己評価が低い人は自分の気持ちにフタをしてガマンしてしまいます。そのため、恋人との気持ちが通い合わず上手くいきません。恋人が極悪ならば、利用されつくしてポイ捨てです。

5. 束縛する

自己評価が低い人は、「魅力のない自分から、いつか恋人は離れてしまうだろう」という不安を常に抱えています。不安を解消したくてとるこうどうが束縛です。恋人の予定を把握し、できる限り自分の監視下におくことで、安心を得ようとします。しかし、強い束縛は恋人の心を遠ざけるだけです。

自己評価が低い人の特徴・共通点4個[仕事編]

自己評価が低い恩恵を最も受けやすいのが仕事です。本人の精神的負荷は大きいですが、自己評価の低さが慎重さにつながり、良い結果を残せます。しかし、周囲からの評価は高いのに、自己評価は低いままです。

1. 必要なくても残業する

自己評価が低い人は「定時で帰ると手を抜いていると思われる」と不安で、必要なくても残業するのが特徴です。残業が「がんばっている」というアピールなのです。ミスがないように慎重なので、ギリギリまで見直しを怠らないのも、残業が多い原因になります。

2. 「NO」と言えない

自己評価が低い人は、基本的に人の頼みを断れません。「断ったら必要とされなくなる」「非協力的だと思われたくない」と不安で、キャパオーバーでも仕事を引き受けてしまいます。ヘルプ発信ができないので、困っていても仕事を抱え込むのが特徴です。

3. 完璧主義で有能

「ダメなやつと思われる…」という危機感から、自己評価が低い人は完璧主義になります。仕事では成果や効率を総合的に考え、最高のパフォーマンスで結果を残そうと必死です。努力を惜しまないので有能になります。それでも、心の奥底に根付いた自己評価の低さは変えられません。

4. 職場や仕事への不満度が高い

自己評価が低い人の仕事の特徴を見ればわかると思いますが、職場ではガマンにガマンを重ねています。しかも、ガマンする姿をひた隠しにするため、周囲は本人が追い詰められていることになかなか気づけません。

自己発信しないのが原因なのですが、自分よりも楽をして、更に自分に頼ろうとする職場に、どうしても不満度が高くなります。「がんばっても報われない」という思いが強いのです。

自己評価が低い男性・イケメンの特徴

スポーツのできる男子がモテるのは、男女平等社会になった今も変わりません。そのため、子供時代に激しく運動が苦手だった男性は、自己評価が低くなる傾向が強いです。「男の子なのに」と言われる機会が多いからです。

大人になると、今度は経済力の有無が周囲の評価に大きな影響を与えます。スポーツが苦手でも、勉強などの得意分野を身につけて社会的地位を手に入れると、男性は自己評価を高めることができます。しかし、このタイミングで自分が満足する結果を出せないと、自己評価を更に低くしてしまうのです。

イケメンなのにモテない男性は、総じて自己評価が低いです。表面上は努力で水準を上げていますが、根底に「自分は運動が苦手で収入も低い」という強い劣等感があります。そのため、恋愛にも前向きになれず、彼女いない歴を密かに更新し続け、益々自己評価が低くなる負のスパイラルに陥ります。

自己評価が低い女性・美人の特徴

自己評価が低い女性は、過剰なまでに周りの空気を読もうとするのが特徴です。女社会は厳しく、子供時代でも出しゃばる美人、自分勝手な美人は嫌われます。また、男性よりもずっと美醜を意識するのが早いので、子供時代から美人だと嫉妬されるのです。そのため、「目立ってはいけない」「謙虚でなければいけない」という意識が強まり、自己評価が低くなります。

また、美人は高嶺の花で、男性から敬遠されやすい特徴があります。自己評価が低く受け身な美人は、「不愛想」「お高くとまっている」と誤解を受けやすく、モテないケースも少なくありません。

同性からも異性からも一線引かれた美人は「自分に問題があるのでは?」と自己評価がどんどん低くなります。心が弱ったところに妙な男が付け込むと、コロッと落ちて言いなりになり、恋愛では美味しい思いができません。それでも、誰かに依存しなければ自分を保っていられず、ダメな恋愛を繰り返してしまいます。

自己評価が低い部下の特徴

自己評価が低い部下は、仕事に自信が持てません。しかし、「迷惑をかけてはいけない」と遠慮して、わからなかったり自信がなかったりしても、相談できない特徴があります。そのため、目を離していると思わぬ大きなトラブルを引き起こす可能性が高いです。

また、「どうせ自分はダメだ」というコンプレックスがあるので、向上心がなく、言われたことを言われたままやるだけでも精一杯です。自信がないのでミスしないように細心の注意を払いますが、仕事の創意工夫は苦手な上に受け身なので、指示待ち人間になります。

部下が自己評価が低いタイプならば、人一倍目と手をかけなければなりません。丁寧に優しく接し、仕事や人間関係の不安を取り除いてあげるのが先決です。厳しく接すると「やっぱり嫌われている」と思い込み、期待をかけるとプレッシャーにつぶされるので、絶妙な距離感でのフォローが必須になります。

自己評価が低い人と自己評価が高い人の違い

自己評価が低い人は、自分が成長する姿をイメージできません。そのため、未来に対して希望を持てず、不安感や絶望感を持ちやすくなります。自己肯定感も低いので人間関係がこじれやすく、「自分は理解されない」と孤独感を持ち、「でもダメな自分が悪いんだ」と自己嫌悪します。消極的なので同じ環境下でひっそりと過ごし、閉鎖的で自分を変えるきっかけを掴めません。

一方、自己評価が高い人は「何とかなる」と人生に前向きです。自己肯定感が高く、根底に「自分は愛される存在だ」「周囲は良い人ばかり」という思いがあるので、逆境にもくじけず、人を頼りながら乗り越えるパワーがあります。チャレンジ精神も旺盛で、自分の世界をどんどん広げてたくさんの経験をし、人生を豊かにしていきます。

しかし、自己評価が高すぎると、周囲の評価とのギャップに苦しむことになります。傲慢で裸の王様状態に陥ります。自己評価は周囲の評価とのバランスが肝心です。

自己評価が低い人のメリット

適度な自己評価の低さにはメリットがあります。

・自然と謙虚な態度になるので、周囲から好感を持たれやすい
・人の良いところに敏感なので尊敬でき、良好な人間関係を築ける
・適度な注意深さがあり、ミスが少ない
・根拠のない自信に頼らず、適切な分析をして物事を判断できる
・今の自分に満足せず、常に向上心を持って努力できる

「自分は完ぺきではない」「人より少しウッカリしている」といった自己評価の低さは、程よい緊張感を与えてくれます。そのため、何事にも一生懸命取り組めるのです。

常にがんばり、周囲に誠意をもって接するので、相手からも信頼されるようになります。自己評価がやや低いと、自分を高く評価してくれる人に感謝し、「もっとがんばろう」と意欲が沸いてきます。

自己評価が低い人のデメリット

自己評価が低すぎると、前述したメリットは消失し、多くのデメリットが発生します。

・自己評価が低すぎて自分をきらいになる
・自分が周囲から好かれるはずはないと認知をゆがませる
・せめて嫌われたくなくて、言いなりになってしまう
・流されやすく善悪の判断が自分でできなくなる
・人間関係が上手くいかない
・「どうせダメに決まっている」と行動を起こす前にあきらめる
・アドバイスや小さな叱責を敵意だと感じて心を閉ざしてしまう
・恵まれない自分を悲観し、周囲に強く嫉妬する

自己評価が低すぎると、すべてをネガティブに考えてしまいます。「自分なんか何をしてもダメだ」という思いが根底にあるので、自分で成長する道を閉ざしてしまいます。また、些細なことにも神経をすり減らしてしまい、精神を病む可能性が高まります。

自己評価が低い人の改善方法12個

「自分は自己評価が低すぎて、人生をこじらせている…」と思うなら、今が変わるチャンスです。長い年月をかけて身についた自己評価の低さを改善する方法を、あなたに伝授します。

1. 自己評価は努力で高められると信じる

「私は自己評価が低い」と自覚するのが改善の第一歩。家庭の影響を大きく受け、自己評価を低くつけることが染みついているあなたは、「簡単には変われない…」と思うかもしれません。だけど、簡単にあきらめるのは自己評価の低さ故です。

確かに、自分を変えるのは簡単ではありません。だけど、「変わりたい!」という強い意志を持って努力すれば、人はいつからでも変わります。自己評価を高めたいなら、「努力すれば何とかなる」と信じてください。ネガティブな考えが頭をよぎったら、「自分は努力して変われる!」と声に出し、弱い自分を吹っ切りましょう。

2. 自分の長所をできるだけ多く書き出す

人には必ず長所があります。普段気付いていない自分の長所を意識すれば、自己評価の低さに歯止めをかけられます。どんな些細なことでも良いので、自分の長所を箇条書きで書き出していきましょう。目標は100個です。

長所がわからないときは、ほめられた記憶を掘り起こしましょう。できて当たり前のことができるのも、立派な長所に加えてくださいね。

3. 長所を強みにする方法を考える

自己評価が低い人は自分の短所に注目して「ここが周囲より劣っている」と考えてしまいます。しかし、誰にでも得手不得手はあるものです。そして、不得手を努力で標準に持っていくよりも、得手を伸ばして活かす方がずっと簡単です。

前述で書き出したあなたの長所の中には、必ず強みになるものがあります。強みは十分不得手をカバーしてくれます。あなたの自信につながる強みを探して活かしましょう。

4. 一般的な平均水準を把握する

自己評価は主観的で、置かれた状況に判断を左右されます。もしかしたら、あなたはとても優秀な人に囲まれ、自分が劣った存在だと誤解しているかもしれません。客観的に自己評価するためにも、一般的な平均水準を把握しましょう。

一般的な平均水準を知るには、厚生労働省や研究機関、庁舎会社などが公表しているデータが役立ちます。インターネットで探せば無料で閲覧できる資料はたくさんあるので、「世間の普通」を知識として集めましょう。

5. 目標と達成度を目視化する

充分できているのに「できない」と認識してしまうのが、自己評価が低い人の悪いクセです。自己評価を客観的な評価に近づけるには、数値化するのが良いでしょう。まずは仕事や勉強、プライベートなど、あなたが目標とするべき項目を書き出していきましょう。大きな目標の場合は、到達するために必要な小さな目標の設定も必要です。また、目標は平均水準に近く設定するのが重要です。

目標が達成できたら、塗りつぶすなど見てわかりやすく目視化しましょう。これで、あなたの達成度が一目瞭然です。何となく自己評価を低くつけることがなくなります。

6. 他人ではなく過去の自分と比較する

自分よりもずっと優秀な人と比較して「自分はダメだ」と思い込むのが、自己評価が低い人の特徴です。比較対象が常に自分より上に設定すれば、当然自己評価は低くなります。比較すべきは、他人ではなく過去の自分です。そうすれば、自分の成長を実感できます。

7. 人の言葉の裏を読まず素直に受け取る

「自分はダメだ」という思い込みは、認知を大きくゆがませます。人からほめられても「気を遣わせた」「お世辞だ」と思い込み、優しい言葉がけも「ダメ出しされた」と勝手に意味を変換してしまうのです。これでは、自分の良さを知っている人がいても、信頼関係を築けません。

人の言葉の裏を読むのは、相手を疑うのと同じです。もっと素直に言葉をそのまま受け取りましょう。そして、ポジティブな言葉をかけてくれた相手には、感謝の気持ちを持って信頼を寄せましょう。人間関係が良くなれば、自己肯定感と自己評価が同時に高まります。

8. 自己評価の低さをリスク管理に転換する

自己評価の低さにはメリットもあります。「自信がない」「うまくいかない」「きっとダメだ」と思ったら、「そうならないためにはどうすれば良いか」を考えて、リスク管理に転換しましょう。用心深く対策すれば、ミスやトラブルが減り、周囲からの評価が高まり、自信につながります。

9. 考える前に行動する

思慮深いのは自己評価が低い人の長所です。だけど、考え過ぎて不安になり、結局行動を起こさないのは、自己評価が低い人の短所です。

自己評価が低い人は、考える前に行動するくらいがちょうど良いです。自分の評価を正当につけるためには、多くの成功が必要になります。失敗も成功も、実体験なら成長の糧になるので「とりあえず行動」の精神で動きましょう。

10. 世界を広げさまざまな人と接する

世の中はさまざまな価値観があふれています。場所が変われば、高く評価される人も変わります。狭い世界で客観的に自分を見るのは難しいものです。世界を広げて、さまざまな人と接しましょう。この時も、人の言葉を素直に受け入れてくださいね。

11. 嫌なことは思い切って断る

自分から行動して世界を広げようとすると、時には嫌なことに直面します。自己評価が低いと「断ったら相手の気分を害するだろう」と不安で、ガマンして応じてしまいがちです。

だけど、どうしても嫌なら思い切って断りましょう。きっと受け入れてもらえます。世の中はあなたが思っている以上に優しい人が多いことを知れば、少しずつ自分を表現できるようになります。

12. ありのままの自分を認める

最も大切なのは、ありのままの自分をあなたが認めることです。自己評価が低く人生をこじらせる自分も、がんばろうとしてくじけてしまう自分も、勇気を出して一歩踏み出した自分も、良いところも悪いところも「これが自分だ」と、そのまま認めて自分を抱きしめてあげましょう。あなたは今のままでも尊い存在です。自分自身を愛してくださいね。

自己評価が低い人の診断チェックリスト

自己評価の低さが診断できるチェックリストを作成しました。

「はい」「いいえ」でお答えください。「はい」が多いほど、自己評価が低い傾向が強くなります。

・自分に自信がない
・外見に強いコンプレックスがある
・努力しても不安を感じる
・自分には短所ばかりだと思う
・自分の長所を聞かれても即答できない
・褒められてもお世辞だと思ってしまう
・良い結果を出してもまぐれだと思ってしまう
・注意されると激しく凹む
・自分は人に好かれないタイプだと思う
・自分さえガマンすれば良いと思う
・人に迷惑をかけたくない
・将来に明るい希望が持てない
・辛くなるのにSNSチェックがやめられない
・自分なんかいなくなればいいと思うときがある

殆どの項目に「はい」と答えたなら、あなたの心は今とても疲れているかもしれません。十分な休息をとって、辛い気持ちを誰かに相談してください。家族や友人に言いづらいなら、カウンセラーや精神科医など、プロに対応してもらうことも検討してみましょう。

まとめ

自己評価の低さはあなたのせいではありません。自己評価が低い自分を責めないでください。そして、いつまでも変われないと絶望しないでください。自己評価の低さは親など他者からの呪縛です。強い気持ちを持って、自分を解き放しましょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


自己啓発

関連する投稿


生きがいとは何?人生の生きがいの意味と見つける方法20個

生きがいとは何?人生の生きがいの意味と見つける方法20個

「生きがいを見つけると人生に潤いが生まれる」という話はよく聞きますが、実際に生きがいを見つけるのはなかなか難しいものですよね。この記事では人生の生きがいの意味と見つける方法についてまとめています。生きがいが分からずに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


インナーチャイルドとは?嘘・いない?特徴・見つけ方・克服改善方法10個

インナーチャイルドとは?嘘・いない?特徴・見つけ方・克服改善方法10個

インナーチャイルドとはどんな意味なのか、インナーチャイルドの特徴、見つけ方は何なのか詳しく説明します。さらに、インナーチャイルドの克服改善方法も紹介しますので、より充実した人生を歩むための役に立ててください。


自己肯定感の意味とは?低い人の原因・特徴17個と高める方法!接し方は?

自己肯定感の意味とは?低い人の原因・特徴17個と高める方法!接し方は?

自信がない人が多く、自己肯定感が大切と言われますが、自己肯定感という言葉はどんな意味なのでしょうか。自己肯定感の低い人の原因・特徴や高める方法について説明します。自己肯定感がない人、自己肯定感を育てたい人はぜひ参考にしてください。


マイナス思考の人の原因・特徴15個と改善方法!恋愛・メリット・チェック

マイナス思考の人の原因・特徴15個と改善方法!恋愛・メリット・チェック

マイナス思考になってしまう人の原因や特徴、恋愛傾向についてまとめています。また、マイナス思考の人のための改善・克服方法も紹介しています。マイナス思考かどうか確認したい人は診断チェックリストも紹介しているので試してみてください。


自分に自信を持つ方法34選!思考・習慣・容姿・恋愛・仕事・言葉・本

自分に自信を持つ方法34選!思考・習慣・容姿・恋愛・仕事・言葉・本

自分に自信がなくて悩んでいる方の中には、自信を持つ方法がそもそも分からない…という方も多いのではないでしょうか。今回は自信を持つための思考や習慣、容姿についてご紹介。恋愛や仕事面でも自信を持つ方法があるので試してみてください。


最新の投稿


怠け者の特徴15個!心理・性格・仕事・克服方法・優秀?

怠け者の特徴15個!心理・性格・仕事・克服方法・優秀?

怠け者の意味とは何でしょうか?怠け者の心理や特徴とは?性格・行動・仕事などの点から特徴を解説します。さらに、怠け者の克服方法・治し方についても説明します。


天王星人マイナス霊合星人の性格・相性・運勢は?2021年

天王星人マイナス霊合星人の性格・相性・運勢は?2021年

六星占術の天王星人マイナス霊合星人に当てはまる人は、どんな性格や相性なのでしょうか。また、2021年の全体運、恋愛運、仕事運、月運なども解説します。


天王星人プラス霊合星人の性格・相性・運勢は?2021年

天王星人プラス霊合星人の性格・相性・運勢は?2021年

六星占術の天王星人プラス霊合星人に当てはまる人は、どんな性格や相性なのでしょうか。また、2021年の全体運、恋愛運、仕事運、月運なども解説します。


金星人マイナス霊合星人の性格・相性・運勢は?2021年

金星人マイナス霊合星人の性格・相性・運勢は?2021年

六星占術の金星人マイナス霊合星人に当てはまる人は、どんな性格や相性なのでしょうか。また、2021年の全体運、恋愛運、仕事運、月運なども解説します。


金星人プラス霊合星人の性格・相性・運勢は?2021年

金星人プラス霊合星人の性格・相性・運勢は?2021年

六星占術の金星人プラス霊合星人に当てはまる人は、どんな性格や相性なのでしょうか。また、2021年の全体運、恋愛運、仕事運、月運なども解説します。


ランキング


>>総合人気ランキング