六星占術の早見表と相性2016(運命星別)

六星占術の早見表と相性2016(運命星別)

六星占術は人気ですよね。ただ、少し自分で調べるのは面倒という人のために、2016年の早見表と相性を運命星別に説明しました。自分の運命星が何なのか知った上で見てみてください。※自分の運命星の調べ方については別記事でも詳しく説明しています。


あなたは“六星占術”を知っていますか?人気のある占いの一つですよね。毎年本も出ているので、今年の運勢が気になる人は、手にとってみてください。

今回は六星占術の調べ方やそれぞれの本質や性格、相性をご紹介していこうと思います。気になっている方も多いので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

六星占術の運命星を調べる方法

まず、あなたと気になる人の運命星を調べてみましょう。
https://fortune.spicomi.net/rokuseiauto/

上記ページで生年月日から運命数と星数を自動で算出し、ご自身の運命星を調べることができます。運命数を導き出すことでその人の性格、相性、月運、年運を知ることが出来ます。

月運、年運というのは、その名の通り、“その月の運”と“その年の運”のことを差し、1年間の中に3か月、12年の中に3年間、運気が低迷する「大殺界」というものがあります。

月運と、年運はそれぞれ12周期で回っていて、

種子、緑生、立花、健弱、達成、乱気
再会、財成、安定、陰影、停止、減退

の順番に巡ってきます。

陰影、停止、減退の大殺界の時期には引っ越しや結婚、就職、転職などは行わない方が良いと言われています。

順番は上記の通りですが、巡ってくる時期は運命星によって違いますので、まず上記のサイトで占いたい人の運命星を調べてから、その運命数が今年・今月どの周期にあたるのかを調べてみましょう。

ご自身や占いたい人の大殺界を知って、悪い運気に負けないようにしましょう。

2016年六星占術の早見表(運命星別:年運・月運)

自分で調べるのが面倒な方のために、早見表(年運・月運)を掲載します。

◇土星人+

「安定」の時期です。来年から3年間大殺界に入りますので、今のうちに身構えおきましょう。悪いものは今年のうちにすっきり捨てておくといいでしょう。今年は行動を起こさず、ゆっくり過ごすと吉です。

■1月/緑生
■2月/立花
■3月/健弱(小殺界)
■4月/達成
■5月/乱気(中殺界)
■6月/再会
■7月/財成
■8月/安定
■9月/陰影(大殺界)
■10月/停止(大殺界)
■11月/減退(大殺界)
■12月/種子

◇土星人−

「財成」の時期です。経済面で絶好調です。仕事も想うように進むはずです。この時期に貯まったお金は貯蓄するように心がけてください。

■1月/種子
■2月/緑生
■3月/立花
■4月/健弱(小殺界)
■5月/達成
■6月/乱気(中殺界)
■7月/再会 
■8月/財成 
■9月/安定 
■10月/陰影(大殺界)
■11月/停止(大殺界)
■12月/減退(大殺界)

◇金星人+

「停止」の時期です。大殺界のど真ん中なので、何をやってもうまくいきません。もし何かを始めたいのであればあと2年我慢してください。2018年には大殺界があけます。

■1月/健弱(小殺界)
■2月/達成
■3月/乱気(中殺界)
■4月/再会
■5月/財成
■6月/安定
■7月/陰影(大殺界)
■8月/停止(大殺界)
■9月/減退(大殺界)
■10月/種子
■11月/緑生
■12月/立花

◇金星人−

「陰影」の年です。大殺界に突入しています。人間関係に陰りがでてくるかもしれません。今年から3年間は運気が良くありません。おとなしくしておきましょう。

■1月/立花
■2月/健弱(小殺界)
■3月/達成
■4月/乱気(中殺界)
■5月/再会
■6月/財成
■7月/安定
■8月/陰影(大殺界)
■9月/停止(大殺界)
■10月/減退(大殺界)
■11月/種子
■12月/緑生

◇火星人+

「種子」の時期です。長い大殺界がおわり、やっと悪い運気から抜け出せました。この時期には新しいことを始めることに向いています。また、この時期に出会った人は将来自分にとって大切な存在になりそうです。

■1月/乱気(中殺界)
■2月/再会
■3月/財成
■4月/安定
■5月/陰影(大殺界)
■6月/停止(大殺界)
■7月/減退(大殺界)
■8月/種子
■9月/緑生
■10月/立花
■11月/健弱(小殺界)
■12月/達成

◇火星人−

「減退」の時期です。大殺界の最後の年です。あと、ひと頑張りで大殺界をぬけることができます。この時期にすべての事を清算し、来年2017年に新しい事を始めるようにしましょう。

■1月/達成
■2月/乱気(中殺界)
■3月/再会
■4月/財成
■5月/安定
■6月/陰影(大殺界)
■7月/停止(大殺界)
■8月/減退(大殺界)
■9月/種子 
■10月/緑生
■11月/立花 
■12月/健弱(小殺界)

◇天王星人+

「立花」の時期です。この時期に得た財は一生のものになります。この先の10年を左右する大事な年です。大きな花を咲かせるように、大きな決断は十分熟考してから決めるようにしましょう。

■1月/財成 
■2月/安定 
■3月/陰影(大殺界)
■4月/停止(大殺界)
■5月/減退(大殺界)
■6月/種子 
■7月/緑生 
■8月/立花 
■9月/健弱(小殺界)
■10月/達成
■11月/乱気(中殺界)
■12月/再会

◇天王星人−

「緑生」の時期です。去年スタートしたことを成長させる年です。この時期は愛情運、財運、仕事運ともに上昇するので、何事にもチャレンジできます。

■1月/再会 
■2月/財成 
■3月/安定 
■4月/陰影(大殺界)
■5月/停止(大殺界)
■6月/減退(大殺界)
■7月/種子 
■8月/緑生 
■9月/立花
■10月/健弱(小殺界)
■11月/達成 
■12月/乱気(中殺界)

◇木星人+

「達成」の時期です。12周期の中で一番いい時期になります。何をするにも良い方向に進みますので、人生が楽しく感じます。この時期に大胆に行動するといいでしょう。

■1月/陰影(大殺界)
■2月/停止(大殺界)
■3月/減退(大殺界)
■4月/種子 
■5月/緑生
■6月/立花
■7月/健弱(小殺界)
■8月/達成 
■9月/乱気(中殺界)
■10月/再会
■11月/財成 
■12月/安定

◇木星人−

「健弱」の時期です。身体がつかれています。小殺界なのであまり大胆には動かず、おとなしくしておいた方が良い一年になります。

■1月/安定 
■2月/陰影(大殺界)
■3月/停止(大殺界)
■4月/減退(大殺界)
■5月/種子
■6月/緑生 
■7月/立花 
■8月/健弱(小殺界)
■9月/達成
■10月/乱気(中殺界)
■11月/再会 
■12月/財成

◇水星人+

「再会」の時期です。運気の上昇する3年間の始まりです。種子の時期に撒けなかった種をまくチャンスでもあります。なにかを始めたりやり直すにはもってこいの時期です。

■1月/減退(大殺界)
■2月/種子 
■3月/緑生 
■4月/立花 
■5月/健弱(小殺界)
■6月/達成 
■7月/乱気(中殺界)
■8月/再会 
■9月/財成
■10月/安定
■11月/陰影(大殺界)
■12月/停止(大殺界)

◇水星人−

「乱気」の時期です。中殺界なのであまり行動を起こさずゆっくり過ごしてください。精神的にも肉体的にも運気が乱れています。トラブルに見舞われることが多いので注意しましょう。

■1月/停止(大殺界)
■2月/減退(大殺界)
■3月/種子
■4月/緑生 
■5月/立花
■6月/健弱(小殺界)
■7月/達成 
■8月/乱気(中殺界)
■9月/再会 
■10月/財成
■11月/安定 
■12月/陰影(大殺界)

運命星別の本質や性格

◇土星人の本質や性格

理想が非常に高く、完璧主義者です。また、みんなでワイワイすることよりも一人で何かに没頭したり、同じような性格の人と一緒に居た方が楽しめるタイプです。唯我独尊という言葉がとてもピッタリで、大人っぽく落ち着いている人が多いです。

恋愛に関しては切り替えが下手な人が多く、恋人とお別れしてからも気持ちがなかなか次に進めません。特に、フラれてしまうと気持ちを引きずってしまい、何度もヨリを戻してしまう人が多い傾向があります。

完璧主義者の割にはわがままで自分勝手な人に魅力を感じてしまい、サバサバとした相手を好きになります。さらに略奪愛や上司との不倫関係など危険な恋にハマりやすい人が多いです。

一度、恋に落ちるとその人のことばかりを考えてしまい、周りが見えなくなってしまいます。友達のアドバイスを聞きつつも結局は自分の意見を通します。たとえ、辛くなる恋だと分かっていてもやめられず浮気に走ってしまうことも多いです。

◇天王星人の本質や性格

楽天家です。人生楽しければそれでいいと思っています。大人になっても子どものような性格をしている人が多く、非常に好奇心が旺盛で、一度興味をもってしまうと友達に止められても止まらなくなってしまいます。恋愛においてはさみしがり屋で甘えん坊の人が多く、自分のことをしっかり理解してくれて、優しく見守ってくれるお母さんのような人が好きです。とてもくだらない話で盛り上がったりする相手が好きです。平和主義なのでケンカや争いごとが嫌い、すぐに起こる人も苦手です。

時間にルーズな人が多く、「少し遅れもいいや」という考えを持っているので、時間に遅れただけで怒ってしまうような短気な人とはうまくいきません。怒られたときはとても辛くなり、「性格を直そう」と決意するのですが時間が経つと忘れてしまい、結局もとの性格に戻ってしまいます。とても忘れっぽい人が多いのでちょっとやそっとのことじゃ悩むことはありません。また頭で考えるよりも行動する派なので、自然に浮気に走ってしまう人が多いでしょう。

◇金星人の本質や性格

とても自由主義者で束縛を嫌います。とても面倒くさがりな性質を持っているため、やりかいことしかしません。基本的にマイペースで自己中な人が多く、合う人と合わない人とはっきりと分かれます。非常に飽き性なので、何をしても続かない人も多く、「すごいことを成し遂げる!」と決意した翌日には忘れていたりすることも多いです。ファッションはとても派手ではやりに敏感な人が多く身なりなどにはとても気を使う人です。恋愛においては、自分のわがままを聞いてくれる人が大好きで、お互い気の使うような関係は苦手です。

分かりやすく、自分を楽しませてくれるような人が好きで、いちいち計算してくるような人よりも素直に「好き」「会いたい」と言ってくるような人を好みます。しかし、金星人の人は素直じゃない人が多く、「好き」と返さない人が多いです。

また、口はかなり強いので、ケンカで言い合いになると負けることはないでしょう。ただ、勢いよく人が傷つくこともズバズバというので、そのままお別れしてしまう人も少なくありませんので要注意です。

しかし、サッパリした性格をしているので、別れたとしても諦めが早く、よほどの大恋愛じゃない限り別れても立ち直りは早いです。

◇木星人の本質や性格

真面目で、コツコツと成し遂げていく努力家が多いです。几帳面で忍耐強く、一度決めた目標は揺るがず、達成するまで努力し続ける強さを持っている人です。感情よりも理性を重んじるタイプの人なので、浮気せず一途に相手を思うことが多いです。

自分の意見が一番正しいと思っている人が多く、あまり人の意見を聞かない頑固さを持っています。自分の意見をしっかり持っているのですが、それを伝えることは非常に苦手です。相手に思ったように気持ちを伝えられないことも木星人の特徴のひとつです。

恋愛においてはお互い何でも知っている関係を大事にするので、「いつ、どこへ、だれと」といちいち説明を求めてくる特徴があります。束縛を嫌う人からすれば木星人と付き合うことは苦痛になるかもしれません。結婚に関しては愛情あふれる家庭が普通と考えているので、結婚してからも家庭第一に考えてくれる人がおおいです。男性は妻を大事にし、女性は良妻賢母となるでしょう。

◇火星人の本質や性格

火星人は「奇人変人」の星とも言われていて、ユニークで少し変わり者の人が多いです。一方で非常にプライドが高く警戒心が強いため、自分の本音をなかなか見せません。また、常識のある考え方をしているので、時間にルーズだったり、いい加減な人は近づきたいとも思えません。闘争心も強く短気なので、怒ると全く喋らなくなります。しかし、機嫌がよければだれでも分け隔てなく優しくするほど良い人で、「気まぐれ」という言葉がぴったりの星です。

恋愛では追いかける側でないと長続きしません。優しい人よりも冷たくてわがままな人が気になります。タイプな人があらわれても最初はとても嬉しくなるのですが、いざ自分のものになると興味がなくなったりしてしまうのも火星人の特徴です。付き合ったとしても常に追いかける立場であることがとても重要になります。

◇水星人の本質や性格

口がとても達者で言い訳や嘘が得意です。自分でも知らないうちに強がって自分を大きく見せるための嘘をついたりしてしまいますが、実はものすごいビビリです。また、嘘が顔に出やすく自分では気づいていないと思っていても周りは気づいていることが多いです。他人と自分をきっちりと分けて考えるので、人にあんまり干渉せず、意外と冷たい一面を持っています。残念ながら水星人は家庭環境に恵まれない人が多く、苦労する人が多いです。常識と言う言葉が嫌いなので決められたルールやマニュアルは守りません。

恋愛において水星人はかなりモテます。あまり、結婚に夢を描けない人が多いため、簡単に心揺さぶられることはありません。割り切った関係で終わることがとても多いです。結婚したとしても束縛は苦手で、家庭よりも自身の興味のあることに没頭します。そういった面を見て冷たいと感じるようであれば水星人とはお付き合いしないことをおすすめします。

六星占術の運命星の相性2016

◇土星人×土星人

土星人は孤独を好む性格をしています。そのため、お互い似たような雰囲気をもっているので、一緒にいると落ち着いていられるでしょう。ただし、恋愛においては安心しすぎて面白みがないということもこの組み合わせの特徴です。さらに、上下関係があると、下のものからするとかなりのストレスになるため、お互いフェアである状況でないとうまくいきません。そのため、上司と部下であっても関係が対等であることが理想です。

◇土星人×天王星人

結論からいいますとあまり相性はよくありません。運気どうこうというよりも、性格が真逆だからです。土星人は孤独の世界に住む性質を持っており、一方で天王星人はさみしがり屋で愛に飢えている人が多いです。「もっと一緒にいたい」と思う天王星人にとって、土星人は冷たく映り、最初は持ってないもの通しすごく惹かれあうかもしれませんが、時間が経つにつれて「やっぱり住む世界が違うかも・・・」と思ってしまうことでしょう。

◇土星人×金星人

土星人は大人っぽく落ち着いているのに対し、金星人はわがままでマイペースな子どものような性格をしています。お互いサバサバしていることもあり、相性的には最高にいいといえます。それぞれの欠点をお互い補っていくことができるため、恋愛や結婚生活に置いてもとても理想的な関係を築くことができます。

◇土星人×木星人

この組み合わせの相性はお互いの育ってきた関係で左右されます。とても良い相性なのですが、他に邪魔者が入ると相性は一気にうまくいかなくなってしまいます。2人だけで過ごすのであれば、とても良い相性なので、デートをするときもダブルデートなどはせず二人の時間を大事にするようにしましょう。2人の時間を大事にすることで関係も良好になり、結婚してからも最高の家族になることができますよ。

◇土星人×火星人

2人の相性はよくありません。火星人はフィーリングを大事にする奇人変人。土星人は唯我独尊で頑固な面を持っています。お互いが相手に合わせることを苦手としますので、理解できないことがたくさん出てくるでしょう。2人はお互いに自分の世界を持っているため、仕事においても恋愛・結婚においても良いパートナーになるとはいえません。

お互いが干渉しない関係ならいいのですが、結婚をするとそういうわけにはいきませんので、出来ればお付き合いはしないほうがいいでしょう。運気の相性も波があります。すごくいい結果を生むことができるような運気のときもあれば、人生のどん底を見るような失敗をおかしてしまうときもあります。土星人と火星人が付き合っていくことは一種のギャブルだとも言えるでしょう。

◇土星人×水星人

土星人が主導権を握れば関係は良好に進みます。しかし、水星人が主導権を握って、一度道をはずれてしまうとブレーキを掛ける人がいないため、そのまま落ちてしまうことになります。そのため、水星人が主導権を握るような恋愛や結婚は向いていません。水星人の意思を尊重しなければならない関係であればすぐに関係は終わってしまいますので要注意です。運気の相性もとてもいいです。水星人の良い面が土星人の運気を上昇させる力をもっています。しかし、そのためには主導権は“土星人”が持つことです。それさえ守れば恋愛関係も結婚性格も円滑に進めることができます。

◇天王星人×天王星人

似たもの同士でかなり相性がいいです。寂しがり屋同士なので、友人関係でも恋愛関係でもとてもうまくいきます。ただ。運気的には波乱万丈の人生をお互いが歩んでしまう事となりそうです。しかし、どちらも明るく楽天的な性格をしているので、波乱万丈な人生になるほど結束力がうまれ、立ち向かう事ができます。何かに立ち向かっていくほど、二人は仲良くなれるような相性です。もし、何か敵がいなければ逆にお互いといがみ合ってしまう相性でもあるので要注意です。 何か2人が目標をもって取り組んでいくものがあればいいでしょう。

◇天王星人と金星人

金星人は決定力があり、優柔不断な天王星人を引っ張っていく力をもっています。そのため、相性はかなりいいです。お互いないものばかりを相手が持っているので感化されやすく、お互いが成長していくこともできます。恋愛においてはサバサバしている金星人にすこし寂しさを感じる天王星人ですが、結婚をすれば寂しい想いをする必要はないので、大丈夫です。しかし、周りからは変わった夫婦と見られることが多いです。

◇天王星人×木星人

楽天的で頭で考えるよりも行動に移す天王星人と理性を大事にし、行動するより先に色々考えすぎてしまう木星人は一見相性が悪そうにも感じますが、実はかなりいい組み合わせです。お互い「今までの常識と違う」と感じる面を相手が持っているので、特に木星人からすると慎重な性格から解放され、「もっと人生を楽しく生きよう」と感化されるのです。

ちなみに天王星人と木星人の結婚は離婚率はとても低いというデータもあり、恋愛だけではなく友人関係・結婚生活でも相性は抜群ということが見て取れます。お互いが精神を成長させることが出来る関係は人生を謳歌する上でとても大事なことなのです。

◇天王星人×火星人

天王星人からすると火星人はミステリアスでとても魅力的に見え、火星人からしても天王星人は明るく人見知りの自分にグイグイ来てくれるのですぐに仲良くなることができるでしょう。友人関係や恋人関係ではとてもいい関係を築くことができるのですが、結婚した途端うまくいかなくなってしまいますので要注意です。付き合い始めは「いいなぁ。」と思っていたところも結婚するとすべて欠点として見えてきてしまいます…。もし、お互いの欠点を許してあげられるほど、愛し合っているのであれば話は別ですが、結婚は少し考えてみたほうがいいかもいいかもしれませんね。

◇天王星人×水星人

この2人の相性はゼロからスタートしていくことで運気が上昇します。なので、お金などを与えてしまうと組み合わせが悪くなってしまうので、よろしくありません。あくまでもゼロからスタートしていくことで、道が開けるということです。天王星人が自分の人生を変えたいと思った時には水星人とともに行動することで、今までとは全く違う人生を歩むことも可能になります。2人の運気の相性は周りの状況によっても大きく変わってきます。第3者が支援したり、邪魔をしたりすると2人の運気は一気に落ちてしまいます。周りが干渉しないような状況でうまく付き合うことができれば、運気は上昇していくので、2人で誰にも援助を受けずゼロからスタートすれば吉です。

◇金星人×金星人

金星人はとても気の強い性格をしているので、対立しやすくなる相性でもあります。また、金星人同士で恋愛を始めたとしてもお互いが強すぎて、喧嘩が絶えなくなってしまいます。しかし、2人のパワーは絶大ですから、うまく付き合っていくと大きな成功をうむこともできます。止めてくれる人がいないので気づいたら周りに人がいない状況になっている可能性もあるので注意が必要です。
また運気の相性はよくなく、金星人同士で家庭をもってしまうと家族の大事な人が亡くなってしまうとされています。

◇金星人×木星人

相性はあまりよくありません。信頼関係を大事にする木星人からすると金星人は束縛されることを嫌うかなりのめんどくさがりです。金星人からすると気が乗らないときに信頼関係を築くことはめんどうでしかないのです。最初のうちは衝突してしまうこともしばしばあると思います。最初は相性が悪いのですが、衝突していくうちに信頼関係も築かれていき、最終的には木星人からすると理想の関係になっています。そうなると、二人の関係はより良いものになり、恋愛も結婚もうまくいきことでしょう。最初は色々と心労が伴いますが、時間をかけてじっくり仲良くなっていくことで、最高のパートナーになることは間違いありません。

◇金星人×火星人

どちらもマイペースなので、本質的には似ているので、相性はいいです。またはっきり言い合うところも似ています。ただ、ケンカになると金星人は口が悪く歯止めがきかないところもあり、火星人も短気なので、ケンカを長引かせてしまう可能性がありますので、注意が必要です。運気の相性はかなりいいです。女性が火星人の場合は玉の輿に乗れることがあります。この2人が一緒にいると信じられないような出来事ばかりが起こるので、一緒にいて飽きないです。ただし、結婚してしまうとお互い飽き飽きしてしまい、寂しい結婚生活を送ってしまうことも少なくありません。刺激を求める2人なので、たまには旅行に出掛けたり、普段を違う生活を送ってみると吉です。

◇金星人×水星人

この2人の相性は最高にいいです。2人の生まれつきもっている性格が合わさることによって、両方の性格が中和されます。自身の短所を目立たなくするには理想的な相性なのです。何か新しい事を始める場合にもスムーズにいくこと間違いなしですし、事業を起こした場合には成功することが多いです。この相性は新しいことを始めることに向いています。水星人は初代運の持ち主なので、なにか始めることに長けているのです。恋愛関係のときは相性ばっちりの星は多いですが、金星人と水星人の相性は結婚してからもいいです。水星人はあまり人に干渉しないので、金星人を自由にしてあげることができ、金星人も水星人を縛ることはありません。お互い無理せず自由に自分の好きなことをすることができるので、居心地よく感じるはずです。

◇木星人×火星人

この2人の相性はいいともいえますし、悪いともいえます。2人が上手くいくためには精神的に喜び・楽しみを見出すことが大事です。2人でボランティアに出掛けたり、犬を保護して育てたり善意でなにかを行うととてもいい方向に進むことがおおいです。また2人が惹かれあってであったとしてもすぐには結婚しない方が良いです。2人の相性をよくするためには、長い時間をかけることが大事です。また、精神的に充実させないまま一緒にいてしまうと相性が悪くなってしまうので要注意です。精神面が未熟のまま一緒にいることはやめ、ある程度長い時間をかけて精神面を充実させてから、一緒に居る回数を増やしていくことが大事です。この2人はとくに晩年に出会うとかなりいい相性です。とにかく、この組み合わせがよくなるためには“長い時間をかけること“と“お互い精神面を充実させる”ことにかかっていると思ってください。

◇木星人×水星人

この組み合わせは六星占術の中でも1位、2位を争うほど悪いです。まさに水と油ということばがぴったりで性格的にも全く合いません。木星人は信頼関係を非常に大事にしますから、ウソやごまかしを得意とする水星人のことは生理的に受け付けないことが多いです。しかし、こんな2人でも相性がよくなる方法があります。それは上下関係を用いることです。木星人が水星人の上に立つのです。そうすることで最悪の相性は最高の相性に変わります。たとえば木星人の男性と水星人の女性が付き合う場合には男性が上にたち、女性を引っ張ることで、良い相性となり、逆に木星人の女性と水星人の男性が付き合う場合には木星人の女性が引っ張って付き合っていきます。それだけで、相性はどんどんよくなっていきます。この2人はどちらが主導権を握っていくかが非常に重要なことなのです。
もし、結婚したい場合にもどちらかが上に立つかをはっきりさせておく必要があります。

◇火星人×火星人

どちらも奇人変人で、お互いが自分の世界を持っています。2人が一緒にすると自分の好きなことをマイペースに始めるので、どちらかが譲って相手に合わせてあげられるような関係でなければあまりよくありません。なぜなら、2人で何かするためにはなかなか前進できない関係になってしまうので、あまり相性はいいとはいえません。結婚するのであれば、火星人と火星人の組み合わせはあまり良いものではありませんが、友人関係・恋人関係であれば、相性は最高のものとなります。想像力が豊かな火星人なので、アイデアがどんどん飛び出し、現実離れしたすごいことを考えることができます。なにか芸術的なものを2人で作り出したりする場合には最高のパートナーと言えるでしょう。

◇火星人×水星人

あまり相性はよくありません。真面目で道を外すことが嫌いな火星人は水星人の性格を理解できず、距離を取ってしまうことが多いです。しかし、2人で一緒にいるとお金や土地、不動産さんなどが集まってくるので、運気的には相性がいいです。ただ、いくかお金が舞い込んできたとしても心は冷たく「好きではないけど、お金のために一緒にいる。」といったような寂しい生活を送ってしまうことになるかもしれません。「周りから見るとすごい良いカップルだね。」と言われることがあるかもしれませんが、本人たちの愛はあまり燃え上がることはなく、心がないカップルになってしまいます。もし、一緒に過ごしていきたいのであれば火星人が水星人に合わせてあげることが大事です。水星人がリードして付き合っていくと最高の状態を保つことが出来ます。

◇水星人×水星人

結婚の相性はよくありません。友人関係や恋人関係では問題ありませんが、結婚した途端寂しい人生を過ごしてしまう事になるのです。水星人は初代運を持っていますから、2人でゼロから新しい事業を立ち上げると繁栄しやすいのでおすすめです。お金はたくさんたまりますが、あまり愛のある生活を送れないかもしれません。遊び相手としては後腐れなくとてもいい相手だと言えますが、結婚は絶対にしないほうがいいです。そのまま一緒にいたとしても離婚いてしまうことが多い相性でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?あたってると感じるところ、多かったのではないでしょうか。それぞれの星にいいところ、悪いところがありますが、そんなところを補っていけるようなパートナーとであれば嬉しいですね。ぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


六星占術

関連する投稿


水星人マイナスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

水星人マイナスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

六星占術の運命星のひとつである水星人マイナス(−)の人はどんな人生の運勢なのでしょうか。年表・年運・月運を表形式で分かりやすくお伝えします。さらに、大殺界はいつなのか。大殺界のおすすめの過ごし方は何なのかも説明します。


水星人プラスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

水星人プラスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

六星占術の運命星のひとつである水星人プラス(+)の人はどんな人生の運勢なのでしょうか。年表・年運・月運を表形式で分かりやすくお伝えします。さらに、大殺界はいつなのか。大殺界のおすすめの過ごし方は何なのかも説明します。


木星人マイナスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

木星人マイナスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

六星占術の運命星のひとつである木星人マイナス(−)の人はどんな人生の運勢なのでしょうか。年表・年運・月運を表形式で分かりやすくお伝えします。さらに、大殺界はいつなのか。大殺界のおすすめの過ごし方は何なのかも説明します。


木星人プラスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

木星人プラスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

六星占術の運命星のひとつである木星人プラス(+)の人はどんな人生の運勢なのでしょうか。年表・年運・月運を表形式で分かりやすくお伝えします。さらに、大殺界はいつなのか。大殺界のおすすめの過ごし方は何なのかも説明します。


天王星人マイナスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

天王星人マイナスの年表・年運・月運!大殺界はいつ?過ごし方

六星占術の運命星のひとつである天王星人マイナス(−)の人はどんな人生の運勢なのでしょうか。年表・年運・月運を表形式で分かりやすくお伝えします。さらに、大殺界はいつなのか。大殺界のおすすめの過ごし方は何なのかも説明します。


\メディア掲載多数/

Spicomi掲載実績はこちら