美人顔の特徴・条件16個!バランス・黄金比・作り方のコツ

美人顔の特徴・条件16個!バランス・黄金比・作り方のコツ

美人な女性の顔には特徴や条件があるのでしょうか。美人顔のバランス・黄金比や特徴、さらに美人顔の作り方のコツについても説明します。メイクで美人顔を作ってみませんか。


「顔の造形は生まれ持ったものだから、美人じゃない人は一生美人になれない…」と思っていませんか?この世界には化粧品という素晴らしいアイテムがあります。

美人顔の特徴をしっかり理解して正しい化粧法を覚えれば、美人顔に近づけることは可能です。

そこで今回は、美人顔の特徴を徹底解説!美人顔を作るメイク方法を伝授します。

美人顔のバランス・黄金比は?

美人顔のバランス・黄金比は?

美人顔の知識がなくても、美人を見ると「きれい」「美人だな」と思いますよね。人は無意識にバランスの良さを感じ取り、美人か否かを見分けています。

美人、美形の代名詞でもある「黄金比」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

黄金比とは、万人が「バランス良く美しい」と感じる「1:1+√5/2(約1:1.6)」の比率のこと。人が無条件に美しいと感じる比率で、建築物などデザイン性の高いものに活かされています。

顔も例外ではありません。黄金比を顔に当てはめた場合、以下のようなバランスになります。

・髪の生え際から顎までを3分割し、上から3分の1のラインに眉、3分の2のラインに鼻の穴のラインがある
・小鼻から眉山をつないだラインに黒目の外側がある
・鼻の穴から顎までの3分の1のラインに口がある
・鼻の穴から顎までの2分の1のラインに下唇の外側がある
・顔の横幅を5分割し、5分の1が目の幅で、それぞれ均等に位置する
・小鼻の幅は目の幅と同等、もしくはやや狭い
また、左右対称であることも、美人顔の重要な条件です。

美人顔を目指すなら、まずは顔を良く観察し、それぞれの大きさや比率を知ることから始めましょう。自分の顔の比率を正しく測るのは手間がかかりますが、今は黄金比を利用した美人顔診断アプリ等があるので、利用するのも良いでしょう。

美人顔の日本人芸能人・女優

美人顔と言ってもタイプも年齢もさまざま。幅広く美人顔の芸能人や女優を五十音順に紹介します。

杏、井川遥、石田ニコル、石原さとみ、伊東美咲、上戸彩、川栄李奈、北川景子、吉瀬美智子、桐谷美玲、栗山千明、黒木メイサ、佐々木希、篠原涼子、白石麻衣、高橋メアリージュン、武井咲、中条あやみ、中谷美紀、仲間由紀恵、中村アン、菜々緒、新垣結衣、西野七瀬、橋本環奈、長谷川潤、浜辺美波、深田恭子、山本美月、ローラさんなど。

皆さん顔に個性があり、全く似ていないのに、「美人顔」という共通点があるのが不思議ですね。しかし、良く観察すると顔の至る部分に黄金比があるとわかります。

美人顔の特徴・条件16個

美人顔の特徴・条件16個

美人顔は黄金比を持っていることがわかりましたが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

1. 左右対称

美人顔は左右対称(シンメトリー)が条件です。人の顔は食べ物を噛むときのクセや寝方、表情の作り方などによって、顔の筋肉や骨格に意外なほど左右差ができます。

1つずつのパーツがきれいでも、正面から見てわかるほど左右が非対称だと、どこかアンバランスで不安な印象になってしまいます。

一方、若干の左右差があったとしても、ぱっと見でわからないほど左右対称の顔は、どの角度から見ても安定感があり美しいです。特に笑った時、目じりや口角が左右同じ角度だと、きれいな笑顔で外面も内面も印象が良くなります。

2. 小顔

美人顔は大きさも重要です。人は顔だけではなく全体像を見ています。小顔だと身長に関わらずスタイルが良く見えて、しかも儚い美しさを感じさせます。

一方、美人でも顔のサイズが大きいと、体とのバランスがチグハグに見えてしまいます。顔の大きさは変えられないからこそ、小顔の価値はとても高いです。

とは言え、小顔に見せるテクニックはあります。本物の小顔には勝てないものの、髪型やメイク、顔周りのファッションの工夫で体と顔のバランスを取れば美人顔を演出できます。

3. 美肌

美肌は美人顔の必須条件です。触れたくなるような透き通る美しい肌は、男性はもちろん、女性からも憧れの的となります。逆を言えば、せっかくの美人顔も吹き出物だらけだったり、手入れをせず乾燥してガサガサだったりすると台無しです。

肌質は個人差がありますが、日頃のスキンケアや栄養状態にも大きく左右されます。そして、美人顔の人ほど、毎日スキンケアを丁寧に行い、健康意識も高いものです。美肌は努力で手に入れられる美人顔の条件です。

4. 額が適度に広くつるっとしている

黄金比の顔は、生え際から顎までの3分の1が額と、意外に広いです。適度な広さでつるっとした艶感のある額は清潔感たっぷり。美人顔の特徴です。綺麗な額を持っているなら、隠さずに潔く見せると、更に美人度がアップします。

一方、額が広すぎたり狭すぎたりした場合、生え際は移動できませんが、前髪を工夫してカモフラージュすることが可能です。

5. 眉毛が整っている

眉毛が形よく綺麗に整っているのは、美人顔の条件です。目鼻立ちが美しくても、眉毛がぼさぼさだったり、逆に薄くて全然主張がなかったりすると、印象は全く変わってしまいます。

眉毛の太さや長さには流行がありますが、普遍的に美しく見えるのはやはり黄金比です。小鼻から黒目に直線を引き、その延長線上に眉山が位置すると、バランスが良く美人に見えます。

そして、眉毛はメイクで美しい形を作れるパーツです。黄金比を意識して眉毛のメイクをすれば、美人度は大幅にアップします。

6. 目が大きくバランスが良い

美人顔と言えば、大きくてパッチリした目をイメージする人は多いでしょう。やはり、美人顔は平均より目が大きい傾向にあります。しかし、大きいだけでは条件を満たしません。大切なのはバランスです。大きな目でも、間隔が近すぎたり遠すぎたりすると、美人顔から遠のいてしまいます。

最も美人顔に見えるのは、黄金比の間隔です。顔の横幅に対して目の横幅は5分の1で、目と目の間が目1つ分になります。尚、眉毛と目の間隔は広すぎると間延びして老けた印象となるため、適度に狭いのが理想です。

7. 黒目がちで瞳が輝いている

「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、目の印象はとても大切です。美人顔の人は、目が大きいだけではありません。黒目がちで瞳がとてもきれいに輝いています。

色や輝きが綺麗なだけではなく、目に生き生きとした表情があるのも特徴です。美人顔の瞳は明るく幸福感のある印象で、感情によって目の表情がくるくると変わります。特に楽しいときや嬉しいとき、キラッと瞳が輝いて、人を惹きつける魅力があるのです。

8. 鼻筋が高く通っている

鼻筋が高くすっと通っているのは、昔から美人顔の条件です。鼻筋は正面から見るとあまり目立ちませんが、横顔の美しさに大きな影響を与えます。鼻筋が低いと横顔は目が少し前に出た印象になり、バランスが崩れてしまうのです。

鼻筋が高いと、横顔のバランスが絶妙に美しくなります。顔の陰影も適度について、彫りがやや深くキリっとした印象になります。高い鼻筋には凛とした美しさがあり、美人顔の必須条件です。

9. 小鼻が小さい

顔の中心である鼻は、美人か否かを左右する重要なパーツ。小鼻は小さく、顔の中心にお行儀よく位置するのが美人顔です。小鼻の幅は目と目の間隔と同じくらいか、やや狭いのが美しいバランスになります。

鼻の角度も重要です。鼻の穴の部分は、縦に対して90度程度が良いでしょう。上向きだと鼻の穴が目立ち、下向きだと鷲鼻で美人度が落ちてしまいます。鼻の形はメイクでも変化をつけるのが難しいため、持って生まれた形はとても重要です。

10. 鼻下が短い

鼻下とは、鼻の下のラインから口までの距離ですが、ここが短いのが美人顔の条件です。顔の黄金比では、鼻から顎までの3分の1に口のラインがあり、下唇は調度2分の1になります。バランスが良いだけではなく、若々しくはつらつとした印象です。

年を取ると重力の影響を顔も大いに受けます。そのため、鼻下が長いと間延びするだけではなく、疲れて老けたイメージになります。キュッと口を引き締めて鼻下が短くなるだけで美人度は上がります。

11. 歯並びがきれい

歯並びがきれいなのも、外せない美人顔の条件です。口を閉じれば見えませんが、歯並びは顔の輪郭、特に口周りの印象を大きく左右します。きれいな歯並びだと、歯を見せた笑顔が美しくなるだけではなく、閉じているときも口元の美人度が上がるのです。

歯並びは矯正で整えられます。お金はかかりますが、ガタガタの歯並びを美しく矯正すると、一気に美人度と清潔感が上がるので、経済状況が許すならばやって損はないでしょう。

12. 顎のラインがスッキリしている

美人顔は「かわいい」より「きれい」な印象。やや面長で顎のラインがスッキリしているのが特徴です。丸い輪郭は愛らしく親しまれやすいですが、美人というよりアイドル的なかわいさです。一方、顎のラインがシャープでスッキリしていると、高貴で品のある美しい印象になります。

顎は整形で削らない限り形は変えられません。しかし、メイクでハイライトやシャドウをつけたり、髪型でバランスを整えたりすれば、顔の印象をスッキリ見せることが可能です。

13. 鼻・唇・顎の頂点が直線状にある

美人顔はどの角度から見ても美しく、特に横顔は重要です。鼻の頂点、唇、顎をつなぐと直線状になるのが美人顔の特徴で、Eラインと呼ばれています。

横顔は顔の凹凸が良くわかり、メイクで調整するにも限界があります。横顔のラインが美しいのは、本物の美人顔です。目鼻立ちに自信がなくても、横顔にEラインを持っているなら、メイクや髪型でグッと美人顔になれるでしょう。

14. パーツのバランスが良い

パーツ別に美人顔の特徴と条件を解説してきましたが、それぞれが美しくても、全体のバランスが崩れていたら違和感が残ってしまいます。美人顔で最も重要なのは全体のバランスです。パーツが顔の黄金比に当てはまっていると、誰が見てもバランスの良い印象を持ち、万人受けする美人顔となります。

美人顔を目指す際は、黄金比を持つパーツはナチュラルなメイクで、残りのパーツはメイクで比率を調整し、全体のバランスを整えましょう。

15. 髪質が良い

美人顔は髪質も重要です。せっかくの美人顔も、髪がボサボサだったり、手入れが行き届かずパサパサだったりすると、野暮ったくなります。一方、ツヤツヤと美しい髪質の女性は、それだけで美人の評価が上がります。髪は女の命と言いますが、美しい髪は人を魅了する力があるのです。

ですので、美人顔になりたいなら髪の手入れはとても重要です。丁寧に毎日洗髪し、定期的なトリートメントが必須になります。紫外線や静電気などで髪が痛まないように、しっかり対策もしましょう。

16. 笑顔が素敵

顔の造形とは関係ありませんが、素敵な笑顔は美人の条件です。と言うより、どんなに美人顔でも、笑顔がなくムスッとしていたら魅力は半減以下となります。笑顔は人の心を朗らかにする力があります。笑顔のない美人顔は、ただただ近寄りにくいだけです。

努力で美人度はアップできますが、最終的には笑顔の素敵な女性が最強です。笑顔の多い女性は、内側から心の美人度が溢れています。

人は外見だけ見ているようで、実は内面の魅力にも敏感です。外見を磨きつつ、心も磨いて素敵な笑顔で人と接すれば、素敵な美人になれるでしょう。

美人顔の作り方・メイクのコツ5個

美人顔の作り方・メイクのコツ5個

芸能人レベルの天性の美人にはなれなくても、メイクを頑張れば「美人」という印象は作れます。そこで、美人顔を作るメイクのコツを伝授します。

1. ベースメイクで透明感のある肌を作る

美人顔に大切なのは、透き通るような綺麗な肌。まずは、ベースメイクのポイントを押さえて、丁寧に塗っていきましょう。具体的な手順は以下の通りです。

(1)化粧品と乳液でしっかり保湿し化粧のノリを良くする
(2)化粧下地を指で顔全体に伸ばし、ブラシで均等に仕上げる
(3)シミやニキビ跡などにコンシーラーを塗る
(4)くすみの気になる部分は血色を良くするピンク系のカラーを乗せる
(5)ファンデーションを重ねる
(6)フェイスパウダーを軽く乗せる(粉っぽくならないように注意)

日頃のスキンケアもとても重要です。ベースメイクの腕を上げても、不摂生で肌がボロボロだと、仕上がりにも限界があります。正しい洗顔と丁寧な保湿はもちろん、生活習慣や紫外線対策をしっかり行い、肌状態を整えましょう。

2. チーク等で顔の陰影をつけて左右対称に近づける

良く観察すると、顔にはかなりの左右差があります。顔の形は変えられませんが、チーク等で顔の陰影をつければ、見た目を左右対称に近づけることが可能です。以下のポイントを押さえてメイクしましょう。

・フェイスラインにファンデーションよりやや暗いシェーディングを乗せて左右のバランスをとる
・頬の上や鼻筋、顎などにハイライトを乗せて凹凸のバランスをとる
・頬に薄くチークを乗せて健康的な印象にする

メイクをする際は、明るい部屋で正面から光を受けるような場所を選ぶのが重要です。左右で光の量が変わると、左右対称の陰影をつけるのが困難なので気を付けましょう。

3. 眉毛を整える

眉毛は顔の印象を大きく左右するポイントです。以下の手順に則って、特に丁寧にメイクしましょう。

(1)予め眉毛をカットするなどして形を整えておく。この時、小鼻と黒目の直線状に眉山がくるように調整する
(2)アイブロウパウダーで眉毛を描く(眉の幅は下側に増やして調整する)
(3)眉毛ペンシルで細かな部分を書き込んでいく。直線状ではなく眉毛を1本ずつ描くのが自然な仕上がりにするポイント
(4)眉毛が薄い場合は眉マスカラでボリュームを付ける

左右対称にするのは、かなりのテクニックが必要です。丁寧に時間をかけ、場合によっては眉毛テンプレートなどのアイテムを使うと良いでしょう。また、眉毛の色は髪色より少しだけ明るい色を選ぶと、あか抜けた印象になります。

4. 目の幅と顔の幅のバランスを考えてアイメイクする

美人顔を思い出した時、目の印象が強く残っているものですよね。アイメイクは特に大切です。時間をかけて丁寧に行いましょう。ポイントを以下にまとめます。

・明るめのアイシャドウをまぶた全体に載せて目の印象を明るくする
・茶系のアイシャドウを目の際や目頭に載せ、陰影をつける
・アイライナーを使って目の幅を顔の幅の5分の1に見えるよう調整する
・目を大きく印象付けるためマスカラを塗る。目のサイズによって下まつ毛にもつける

「目を大きくしなければ」と思うかもしれませんが、美人顔はバランス重視。目と顔の幅を良く観察し、5分の1を意識してアイメイクを行いましょう。アイシャドウは茶系が基本ですが、肌の色によってはくすんで見えてしまうかもしれません。自分の肌や年齢に合わせて、色を選んでくださいね。

5. リップメイクでつやのある唇を作る

美人顔を作るメイクの仕上げはリップです。整った形のツヤツヤと健康的な唇は、美人度をアップさせてくれます。以下のような手順で、バランスと形を意識してリップメイクをしましょう。

(1)リップ下地を塗って乗りを良くする
(2)リップライナーで輪郭を作る。この時、下唇は鼻下ラインから顎までの3分の1になるよう調整する。上唇と下唇のバランスは2:3が理想的
(3)血色がよく見える色のリップを塗る(オレンジやピンク系など)
(4)唇が乾燥気味なら適度にグロスを乗せる

理想の輪郭と唇の形に大きな差がある場合は、「ややはみ出す」「やや内側」を意識して調節すると良いでしょう。

まとめ

美人顔の特徴をしっかり理解すると、メイクのポイントもわかります。顔の形を変えるのは難しいですが、メイクや表情で印象はガラッと変わるものです。

工夫と心がけで美人度はアップしますので、練習して上手に自分を演出するテクニックを身に付けましょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


人相占い

関連する投稿


鼻が高い人の基準は?特徴・性格・髪型・芸能人!モテる?

鼻が高い人の基準は?特徴・性格・髪型・芸能人!モテる?

鼻が高いの基準は何センチ?鼻が高い人の特徴は?人相占いからわかる性格、鼻が高い人に似合う髪型、芸能人なども説明します。鼻が高い人と低い人の違いは?鼻が高い人あるあるなども解説します。


ローマ鼻とは?鼻の形の特徴・性格・芸能人

ローマ鼻とは?鼻の形の特徴・性格・芸能人

ローマ鼻とはどんな鼻の形でしょうか。鼻の形の特徴や人相占いからわかる性格などについて説明します。さらにローマ鼻をもつ芸能人なども紹介します。


下膨れ顔とは?特徴・原因・解消法!痩せたら?マッサージは?

下膨れ顔とは?特徴・原因・解消法!痩せたら?マッサージは?

下膨れ顔とは?下膨れ顔の特徴や原因、解消方法などを説明します。エラ張り顔との違いは?人相占いでわかる下膨れ顔の性格、ダイエットでやせたら変わる?マッサージ、似合う髪型、メイク、芸能人なども解説します。


おかめ顔とは?美人?特徴・性格・似合う髪型・メイク

おかめ顔とは?美人?特徴・性格・似合う髪型・メイク

おかめ顔とは?美人の顔つきなのでしょうか。おかめ顔の特徴や性格、似合う髪型、メイクなどを説明します。おかめ顔と言われる男性・女性芸能人なども紹介します。


男性で優しい人の顔の特徴10個!女性が好む?[人相占い]

男性で優しい人の顔の特徴10個!女性が好む?[人相占い]

人相占いで男性で優しい人の顔の特徴は?優しい男性の顔は女性が好むイケメンの顔なのでしょうか。また優しそうに見える顔の男性心理とは?人相占いでわかる男性の顔について詳しく説明します。