おみくじの大吉は結ぶ?結ばない?持ち帰る?保管方法は財布?

おみくじの大吉は結ぶ?結ばない?持ち帰る?保管方法は財布?

おみくじの大吉は結ぶ?結ばない?持ち帰る?どちらがいいのでしょうか。おみくじを持ち帰った後の保管方法はどの場所がいい?大吉が出る確率は?大吉なのに内容が悪いのはなぜ?一番の大吉は怖い?など気になることを解説します。


おみくじで大吉を引いたら嬉しいですよね。縁起が良いので持ち帰りたい人もいるでしょう。この時「おみくじは結ばなきゃいけないの?」「持ち帰った後どうすれば良い?」など、疑問点も多いと思います。

そこで今回は、おみくじの大吉について徹底解説!結ぶ場合、結ばない場合と保管、処分方法までお話します。

おみくじの大吉の効果

おみくじで大吉を引くと、純粋に嬉しいですよね。大吉はおみくじの結果の中では、最も運勢が良いものです。中には大大吉のあるおみくじがありますが、非常に稀な確率です。大吉をひきたら「運勢絶好調!」と、ポジティブに受け取って問題ありません。

しかし、おみくじで最も重要なのは、書かれている内容です。大吉に喜んだ後は、しっかり内容を読みましょう。更に運勢を良くするためのアドバイスや、大吉でも気を付けるべきことが書かれています。神様からのありがたいお言葉ですので、真摯に受け止めましょう。

尚、おみくじの効果は、「引くときの願い事が叶うまで」です。願い事の道のりが長い場合は、「同じ願い事で次のおみくじを引くまで」となります。初詣のおみくじは今年1年の運勢を見るので、効果は年内いっぱいです。大吉でもそれ以外でも、効果に違いはありません。

おみくじの大吉は結ぶ?結ばない?持ち帰る?

結論から言いますと、おみくじの大吉の扱い方に厳密なルールはありません。神様からの言葉ですので、丁寧に扱えば、結んでも結ばなくても良いのです。持ち帰る場合は、ときどき読み返してあなたの道しるべにすると良いでしょう。

もちろん、おみくじを結んでも構いません。おみくじを結ぶのは「神様との縁を結ぶ」という意味が込められているので、縁起の良い行為です。

結ぶ際は、おみくじを良く読んで神様の言葉を胸に刻んでからにしましょう。寺社の多くはおみくじを結ぶ場所が設置されていますので、そこに結ぶと良いでしょう。それ以外の場所に結ぶのはマナー違反となります。

おみくじの大吉の保管方法は?財布の中?

おみくじには神様の言葉が書かれているので、感謝の気持ちを持って丁寧に保管するのが大前提です。せっかくの大吉も、おみくじを粗末に扱っては台無しになってしまいます。

保管場所にも厳密なルールはありません。常に読み返せるように、手に取りやすい場所に保管すると良いでしょう。神棚があるなら、保管場所として適しています。

おみくじの周りは常に整理整頓し、清潔を心掛けてください。おみくじは紙ですので、風などで飛ばされないように、また、日に焼けて劣化しないように、綺麗な箱や封筒に入れるのがおすすめです。

おみくじをお守りのように持ち歩きたいなら、財布の中やいつも使うカバンに入れれば良いでしょう。この場合も、おみくじが汚れたり破れたりしないように、綺麗な和紙に包むなどして、丁寧に扱ってくださいね。

おみくじの大吉が出る確率

大吉の割合は寺社やおみくじの種類によって変わります。おみくじの起源である「元三大師御籤帳」では、大吉の割合は16%と記されており、それに倣ったおみくじが多いと言われています。例えば、浅草寺のおみくじは17%が大吉です。

しかし、寺社によっては大吉の割合を、「良い結果で気持ちが前向きになるように」と、多くしているところもあります。20~30%大吉のおみくじもあると言われています。割合から見ると、大吉は意外と引きやすいのです。

おみくじの大吉なのに内容が悪いのはなぜ?

「大吉なのに、書かれている内容が悪い」というケースもありますよね。運気は最高のはずなのに、「なぜ?」と疑問がわくでしょう。

これは、現在は良い運勢でも、今後は下がっていく可能性があることを意味しています。「運だけに頼らず、努力もしましょう」という神様からの言葉なのでしょう。

だからこそ、内容をよく読むのが重要です。おみくじには今後あなたがどうするべきか、神様からの助言が書かれています。これから運気が下がるとしても、あなたの行動や心がけ次第で、不運を防げるかもしれません。

調子が良い時に油断は生まれます。大吉なのに内容が悪いときは、気を引き締めるきっかけにすれば良いのです。計画と警戒を怠らないようにしましょう。

おみくじの一番の大吉は怖い?

おみくじには番号が書かれていますが、通し番号で「一番」と書かれている大吉があります。ただ一番だから良いわけではありません。

それどころか、一番の大吉には「生死死すべし」と書かれているものがあります。これは、「生死が分かれるような大変な事態に陥った場合、死んでしまう可能性が高い」という意味になります。大吉なのに、なんと恐ろしいのでしょうか。

明智光秀が本能寺の変でおみくじを引いたという話があります。1回目、2回目が凶で3回目にやっと大吉が出たのに「生死死すべし」と書いてあったという伝説です。人生の岐路に立った時に、このようなおみくじを引いたら、背筋がゾッとしますよね。

しかし、おみくじはあなたの未来を照らす神様からの言葉です。「生死死すべし」は、「運勢が良くても油断をせず慎重に誠実にがんばりましょう」というメッセージ。大吉ならまずは喜んで、その上で内容を良く読み、自分に何が必要なのか噛みしめましょう。

おみくじの大吉を持ち帰った後の処分方法

おみくじの役目が終わったら、引いた寺社に返納しましょう。遠くて行けない場合は、神社で引いたら神社に、お寺で引いたらお寺にお返しします。

寺社にあるおみくじを結ぶ場所や、返納箱や返納所に納めましょう。「古神札納所」「古神符治め所」という名称の場合もあります。

お焚き上げをしてもらうのも良いでしょう。場所がわからないときは、寺社の人にきちんと確認してください。

「やっぱり引いた神社に返納したい」という場合は、郵送する方法もあります。必ず寺社に郵送で受け付けしているか問い合わせし、許可を得てから送りましょう。

どうしても寺社に行くのが困難な場合は、紙ごみとして処分します。紙などに包み、「ありがとうございました」と神様に感謝しながら処分すれば問題ありません。

まとめ

せっかく縁起の良い大吉を引いたのですから、おみくじを正しく丁寧に扱って、より一層良い運勢を引き込みましょう。何より大切なのは、感謝の気持ちです。良い運勢だと調子に乗らず、謙虚に慎重に振る舞えば、おみくじのご利益を受けられるでしょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


おみくじ

関連する投稿


おみくじの引き直しはあり?上書き?別の神社・有効期間

おみくじの引き直しはあり?上書き?別の神社・有効期間

おみくじの引き直しはあり?意味や運勢が上書きされる?別の違う神社で引き直した場合やおみくじの有効期間、引いても大丈夫な頻度など、気になることについて詳しく解説します。


おみくじの効果が続く有効期限はいつまで?願い事が叶うのは?

おみくじの効果が続く有効期限はいつまで?願い事が叶うのは?

おみくじの効果が続く有効期限はいつまでなのでしょうか。来年には消えるのでしょうか。神社仏閣でお願いした願い事が叶うのはいつなのでしょうか。古いおみくじの処分方法・返し方なども説明します。


おみくじのスピリチュアルメッセージ!大吉と凶の意味は?

おみくじのスピリチュアルメッセージ!大吉と凶の意味は?

おみくじはどんなスピリチュアルメッセージがあるのでしょうか。大吉・凶など良い運勢・悪い運勢で意味はどうなるのでしょうか。大吉が連続で出たときのメッセージも説明します。


くじ運がいい人の特徴8個とくじ運を上げる方法!前世・風水

くじ運がいい人の特徴8個とくじ運を上げる方法!前世・風水

くじ運がいい人の特徴とくじ運を上げる方法を紹介します。くじ運が悪い人との違いは?くじ運がいい人の前世やくじ運アップの風水・おまじないについても解説します。


おみくじを結ぶ理由と場所は?持ち帰る?基準・片手・切れるとき

おみくじを結ぶ理由と場所は?持ち帰る?基準・片手・切れるとき

おみくじを結ぶ理由と場所は?結ぶより持ち帰るべき?どちらのするかの基準は? など、おみくじのルールを詳しく知っておきたいですよね。片手で結ぶといい?切れたり破れていたらどうすべき?など結ぶときのことについても解説します。