おみくじの効果が続く有効期限はいつまで?願い事が叶うのは?

おみくじの効果が続く有効期限はいつまで?願い事が叶うのは?

おみくじの効果が続く有効期限はいつまでなのでしょうか。来年には消えるのでしょうか。神社仏閣でお願いした願い事が叶うのはいつなのでしょうか。古いおみくじの処分方法・返し方なども説明します。


日本人にとって馴染みの深いおみくじですが、引き方や有効期限、処分の仕方など、意外と知らないことが多いですよね。

そこで今回は、おみくじの効果について徹底解説!有効期限や扱い方、どの期間で願い事は叶うのかまで詳しくお話しします。

おみくじはいつ引くのがいい?

おみくじは初詣のときに引く人が多いので、「1年の初めに引くもの?」と思う人もいるかもしれません。しかし、おみくじはいつ引いてもOK。

願い事や心配事があるとき、どのように行動するべきか迷ったときや、「この先の運勢を知りたい」と思ったときに、神様の言葉を聞くために引けば良いのです。「この期間に引くべき」というルールはありません。

では、神社に行ってからどのような流れでおみくじを引くべきでしょうか。「おみくじだけ引ければいいや」と、参詣もせずおみくじに一直線は神様に失礼です。神聖な気持ちで参拝をした後に、おみくじを引きましょう。

この時、心の中で願い事や心配事を思い浮かべ、神様に「道しるべを授けてください」と祈る気持ちで引くと良いでしょう。引いたおみくじは心して隅々まで読んでくださいね。

おみくじの効果が続く有効期限はいつまで?

おみくじの有効期限は気になるところですよね。結果が良ければ問題ありませんが、悪ければ「ずっと運勢が悪いの?」と、憂鬱になるかもしれません。

おみくじは願い事や心配事を心に思い浮かべながら引きますが、一般的には「願ったことが叶うまで」が有効期限と言われています。

例えば、「受験に合格しますように」と願って引いたおみくじは、受験が終わるまでが有効期限です。また、初詣のおみくじは今年の運勢を占うものなので、その年が終わるまでが有効期限となります。

「1つの願い事で引いたおみくじの結果が悪ければ、ずっと運勢が悪い?」と思うかもしれませんね。でも安心してください。運勢は常に変動しています。しばらく経ってから、再びおみくじを引くのもありです。この場合、次のおみくじを引くまでが有効期限になります。

だからといって、無闇に引き直すのは良くありません。おみくじの内容をよく読み、心に留めることが重要なのですから。

おみくじの種類で有効期限は変わる?

神社によっては、複数のおみくじがありますよね。1枚のおみくじで金運や健康運、恋愛運など総合的な運勢についてわかるものもあれば、「恋みくじ」のように、1つの運勢に特化したものもあります。中には、お守りや招き猫などが入っているおみくじも。

「これって、おみくじによって有効期限は変わるのかな?」と、素朴な疑問が浮かぶかもしれません。

しかし、おみくじの有効期限は種類を問いません。前述した通り、「願い事が叶うまで」もしくは「次のおみくじを引くまで」が有効期限です。

例えば、神社が複数のおみくじを扱っていて、「金運のおみくじ」「恋愛運のおみくじ」それぞれを引いたとします。それぞれの願いが叶う時期が違えば、有効期限も違うということです。

しかし、次に神社に来たときに、再び「金運のおみくじ」「恋愛運のおみくじ」を引けば、今回引いたのがこれからの運勢なので、2つのおみくじの有効期限は同じになります。

おみくじの願い事が叶うのはいつ?

おみくじの内容が良ければ、「いつ願い事が叶うんだろう」とウキウキしますよね。初詣のおみくじならば、その年の運勢を占っているので、来年になるまでにおみくじの内容の通り、願い事が叶うということになります。

しかし、「おみくじに良いことばかり書いてあるから、幸運が来るのを待っていれば良い」と油断してはいけません。せっかくの幸運のきっかけを掴み損ねれば、叶うはずの願いが叶わなくなってしまいます。

おみくじは未来予知ではなく、神様があなたに贈るメッセージです。「願いは叶う」という内容でも、必ず何を心掛け意識すれば良いのか、アドバイスが書いてあります。大事なのは、チャンスを掴むヒントを読み取り、努力しながら神様の言葉に耳を傾けることなのです。

おみくじを引いた後はどうするべき?

おみくじを引いた後は、用意された場所に結び付ける人が多いと思います。しかし、本来は大切に持ち帰り、神様の言葉を忘れないように持ち歩くものなのです。そして、迷いが出た時や、落ち込んで励まされたい時などに、おみくじを読み返して、気持ちを改めて先に進む力にします。

神様からのありがたいお言葉なので、おみくじは大切に扱いましょう。そして、願いが叶い「おみくじの役割は終わった」と感じたら、寺社に返します。具体的には、お炊き上げ納札所、用意されたおみくじを結ぶ場所などに収めるのです。

基本はおみくじを引いた寺社に返しますが、「旅行先で引いた」など、その場所に行くのが困難ならば、お寺ならばお寺に、神社ならば神社に返すと良いでしょう。

「そこまで丁寧に保管する自信がない…」という場合は、内容を熟読し、しっかり心に刻み込んだ後は、用意された場所におみくじを結んで帰れば問題ありません。

おみくじを結ぶ理由

おみくじを結ぶ理由には諸説あります。良く言われているのは、以下の理由です。

・「結ぶ」は縁を結ぶ意味があり、おみくじを結ぶことで神様とのご縁が深まる
・凶など悪い結果のおみくじを結ぶと、悪い運勢をその場に留め、運気上昇できる
・おみくじに自分の気が宿り、怪我や病気などになったとき結んだおみくじから気が帰ることで回復が早まる

どの理由にしても、大事なのは神様の存在を信じて感謝を忘れないこと。破れないように丁寧に、神様に感謝しながら結びましょう。

おみくじの処分方法・捨て方

引いたおみくじは、前述のとおり「役割は終わった」と感じたときに、寺社に返すのが最も良い方法です。

しかし、なかなか寺社へ行けない場合は、燃えるゴミとして処分するしかありません。その際は、おみくじを塩で清めて、感謝の気持ちを込めて紙にくるんでから捨てると良いでしょう。

「捨てるのは心が咎める…」という場合は、おみくじを引いた寺社に「引いたおみくじを返納させていただきたいのですが、そちらに行くのが困難な状態です。

郵送でお炊き上げをお願いすることは可能でしょうか?」と問い合わせをしてみましょう。受け付けてもらえるならば、郵送して処分できます。丁寧なお例文を一筆入れてくださいね。

古いおみくじの返し方・返納箱

おみくじがある寺社には、大抵おみくじを結ぶ場所が設置されています。おみくじを引いたタイミングに関わらず、その場所に結ぶのが良いでしょう。

「返納箱(もしくは返納所)」が設置されているならば、そちらへの返納でも構いません。返納箱の前に賽銭箱があるなら、感謝の気持ちを込めてお賽銭を入れましょう。

もしも、どちらも見当たらない場合は、寺社に直接問い合わせてください。寺社にある木の枝などに勝手に結びつけるのは、木を痛ませたりゴミになったりしてしまい、マナー違反となりますのでやめましょう。

まとめ

おみくじには明確な有効期限はありません。書かれている内容をしっかり受け止めた後は、あなたが有効期限を決めることになります。

神様からの言葉を胸に、願い事が叶うよう頑張ってくださいね。おみくじの役割が終わったと感じたら、感謝の気持ちを込めて、丁寧に返納しましょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


おみくじ

関連する投稿


おみくじの引き直しはあり?上書き?別の神社・有効期間

おみくじの引き直しはあり?上書き?別の神社・有効期間

おみくじの引き直しはあり?意味や運勢が上書きされる?別の違う神社で引き直した場合やおみくじの有効期間、引いても大丈夫な頻度など、気になることについて詳しく解説します。


おみくじを結ぶ理由と場所は?持ち帰る?基準・片手・切れるとき

おみくじを結ぶ理由と場所は?持ち帰る?基準・片手・切れるとき

おみくじを結ぶ理由と場所は?結ぶより持ち帰るべき?どちらのするかの基準は? など、おみくじのルールを詳しく知っておきたいですよね。片手で結ぶといい?切れたり破れていたらどうすべき?など結ぶときのことについても解説します。


おみくじを引く回数は何回まで?2回・複数回引くのはOK?

おみくじを引く回数は何回まで?2回・複数回引くのはOK?

おみくじを引く回数は何回までならOK?2回や3回など複数回引いても良いのでしょうか?おみくじの結果が悪いと大吉が出るまで何回でも引きたくなりますよね。2回引いたときにどっちが有効なのか、別の神社で引いた場合は?など気になることを解説します。


おみくじの種類一覧の意味と順番・順位は?読み方・割合・珍しい

おみくじの種類一覧の意味と順番・順位は?読み方・割合・珍しい

初詣や神社にお参りしたときに引くおみくじ。おみくじの種類一覧、読み方と意味、さらにおみくじの正しい順番・順位を解説します。おみくじの割合や確率は決まっているのでしょうか。珍しいおみくじの内容とは?など気になることを説明します。


おみくじの大吉は結ぶ?結ばない?持ち帰る?保管方法は財布?

おみくじの大吉は結ぶ?結ばない?持ち帰る?保管方法は財布?

おみくじの大吉は結ぶ?結ばない?持ち帰る?どちらがいいのでしょうか。おみくじを持ち帰った後の保管方法はどの場所がいい?大吉が出る確率は?大吉なのに内容が悪いのはなぜ?一番の大吉は怖い?など気になることを解説します。