おみくじを引く回数は何回まで?2回・複数回引くのはOK?

おみくじを引く回数は何回まで?2回・複数回引くのはOK?

おみくじを引く回数は何回までならOK?2回や3回など複数回引いても良いのでしょうか?おみくじの結果が悪いと大吉が出るまで何回でも引きたくなりますよね。2回引いたときにどっちが有効なのか、別の神社で引いた場合は?など気になることを解説します。


おみくじと言えば初詣。1年に1回引く人が最も多いでしょう。だけど、願い事によっては「もっとおみくじを引きたい!」というケースもあると思います。

そこで今回は、おみくじを引く回数について徹底解説します。

おみくじを引く回数は何回までOK?制限は?

最初のおみくじで結果が悪いと、良い結果が出るまで、引き続けたい衝動に駆られるかもしれません。しかし、おみくじは神様からあなたへの言葉の贈り物です。どんな結果でも、真摯に受け取るのが大切です。

そのため、「結果が悪いから」という理由での引き直しは、あまりお勧めできません。なぜならば、神様の言葉を否定しているのと同じだからです。

しかし、おみくじに「〇回以上はダメ」といった厳密なルールはありません。おみくじの内容が悪く、絶望して何もする気にならなかったり、未来を極度に恐れたりするくらいならば、安心できるまで引き直すのもありです。

また、おみくじは願い事を思い浮かべながら引くものですが、別々の願いがあるなら、それぞれに分けて引くのは問題ありません。寺社によっては、複数のおみくじを扱っていますよね。恋みくじなど願いに合ったおみくじがあれば、それを引くと良いでしょう。

おみくじが持つ効力

おみくじの効力は、「おみくじを引くときの願い事が叶うまで」とされています。初詣の場合は、その年の運勢を占いますから1年間、「合格しますように」など具体的な願い事があれば、その結果が出るまでです。

しかし、願い事によっては成就まで時間がかかりますよね。運勢は常に変わりますから、ある程度の期間が空いたら、同じ願い事でも再びおみくじを引いて問題ありません。

この場合、おみくじの効力は「次のおみくじを引くまで」となります。「嫌な結果だったから…」と、あまりにも短期間に引くのは良くありませんが、引く頻度については、あなたのペースで決めれば良いでしょう。

おみくじを2回引いたらどっちが有効?

前述のとおり、おみくじの効力は「次のおみくじを引くまで」です。同じ願い事でおみくじを2回引いた場合は、2回目が有効となります。

「1回目の結果がイマイチだから引き直したけど、2回目の方が良くなかったから、やっぱり1回目を信じよう」はNG。2回目の内容を謙虚に受け止めるか、どうしても悪い結果に気分が沈むなら、再び引くしかありません。

なお、別々の願い事の場合は、同じタイミングで引いても、両方有効です。AとBの願い事があり、それぞれ1回ずつ、計2回引いたなら、それぞれの願いが叶うまで、もしくは期間を空けて再度おみくじを引くまでが有効です。

おみくじを違う種類・神社で引くときは?

旅行先で神社巡りをしたり、願掛けのために複数の神社をはしごしたりすることもあるでしょう。「せっかく来たんだし、それぞれの寺社でおみくじを引きたい」という場合は、願い事を変えるのがおすすめです。

神様にも専門分野があります。例えば「学問の神」「無病息災の神」といった感じです。複数の寺社にいくなら、どのような神様がいるのか理解した上で、それに合った願いを込めておみくじを引きましょう。

なお、どの寺社でも同じ願い事でおみくじを引くのは、やはりお勧めできません。神様のありがたいお言葉を、あなたが取捨選択することになってしまうからです。初詣で複数の寺社に行ってそれぞれおみくじを引きたい場合は、「こっちは1年間の運勢、あっちは別の願い事」と、分けるのが良いでしょう。

おみくじを年に何回も頻繁に引くのは?

おもくじに細かいルールはありませんから、「1年に引いて良い回数」も特に決まっていません。

おみくじで大切なのは、結果よりも内容です。引いたおみくじが良くても悪くても、神様からあなたへの助言や心構えが書かれています。それを熟読し、心に留めて、願いを叶える糧にするのがおみくじの意味になります。

ですので、ルールがないとはいえ、1年に何回も頻繁におみくじを引くのは良くありません。神様の言葉を噛みしめる時間もなくなってしまいます。別の願い事なら良いですが、同じ願い事の場合は、せめて1カ月は時間を空けたいところです。

おみくじを同じ日に同じ内容で複数回引くのは?

今までの内容をまとめると、おみくじを同じ日に同じ内容で複数回引くのは、神様の言葉を軽んじる行為となります。できれば避けた方が良いでしょう。

「大事な局面なのに、おみくじの結果が悪くて不安しかない」という場合も、内容をよく読んでください。辛い事態を回避するためのアドバイスが書かれていますから、心がければ良いのです。

おみくじの「大凶」や「凶」を引いたとしても、「だから、気を引き締められる」「今が底。後は登るだけ」と、ポジティブに考えましょう。

それでも、良い結果が出るまで引き続けて晴れ晴れとした気持ちになれるなら、複数回引くのもあり。引いたおみくじは感謝の気持ちを込めて、きちんと奉納してくださいね。

去年と同じ・2年連続同じおみくじを引く確率と運勢

おみくじの結果の割合は、寺社によって違います。そこで、おみくじ発案者と言われる元三大師が書いた「元三大師御籤帳」に記されている割合を参考にしてみました。そこには、以下のように割合が示されています。

・大吉:16%
・吉:35%
・凶:29%

ということは、「末吉」などその他が20%となります。

さて、これを基準にした場合、それぞれ連続で引く確率は以下のようになります。

・大吉2連続:約2.6%
・吉2連続:約12.3%
・凶2連続:約8.4%

やはり、大吉2連続はかなり稀な確率です。「大吉を引くと、後は運勢が落ちるだけ」という説もありますが、「これから運勢バッチリだ!」と素直に喜んで良いでしょう。

なお、大凶は最も確率が低く、100枚中1枚前後、中には大凶を入れないおみくじもあります。そのため、大凶を2連続で引くのは、確率的にも相当低いです。正直2連続大凶はキツいですが、「むしろ引きが強いぞミラクル!」と、プラスに捉えてしまいましょう。

同じおみくじを引くスピリチュアルの意味は?

おみくじは同じ「大吉」でも、書かれている内容には複数パターンあります。内容の違いを含めると、おみくじは50~100通りあると言われています。単なる大吉2連続ならば、前述した通りの確率ですが、内容まで全くおなじおみくじを続けて引くのは、確率的にかなり低いです。

だからこそ、全く同じおみくじを引いたら、スピリチュアルな意味について考えると良いでしょう。「また同じ」ガッカリせず、気持ちも新たにして、内容に目を通すのです。

良い内容なら「引き続き頑張ろう」とパワーにし、悪い内容ならば「より一層気を付けよう」と慎重になれば良いでしょう。

どんなおみくじでも、神様の言葉を真摯に受け止めるのが大切ですが、同じおみくじを引いたなら「これから特別なことが起こるかも」と、期待を胸に気を引き締めてくださいね。

おみくじで大吉が当たるまで引くのは?

「ゲン担ぎのために、どうしても大吉を引きたい!」という場合は、大吉が出るまで引けば良いでしょう。

繰り返しになりますが、おみくじの引き方に厳密なルールはありません。あなたが大吉を引くことで、より一層打ち込めるならば、そうすれば良いのです。10枚中1枚以上大吉が平均的な確率ですので、引き続ければ必ず大吉を引けます。

ただし、大吉ではなかったおみくじの扱いは、丁寧にしてくださいね。ゴミのようにポイっと捨てるのではなく、「このおみくじがあったから、最後に大吉が引けました」と、感謝の気持ちを込めて、奉納したり、寺社に設置されているおみくじを結ぶ場所に丁寧に結んだりしましょう。

引いた大吉のおみくじは、財布の中に入れるなどして持ち歩きます。迷いが出たり、気合を入れたりするときに、改めて読み返せば心が引き締まります。願い事が叶って役目を終えた大吉のおみくじは、きちんと寺社に返納しましょう。

おみくじの引きすぎで複数所持しても大丈夫?

「お守りを複数持っていると神様が喧嘩する」という説がありますが、神様は広い御心を持っていらっしゃるため、「自分以外を信じるなんて許さない!」ということはありません。

おみくじも同じです。違う願いを込めておみくじを複数引いたなら、それぞれの願いが叶うまで大切に所持するのは、むしろ良いことです。

しかし、同じ願いでおみくじを引いた場合は、一番新しいものに効力が宿り、それ以外は役目を終えたおみくじとなります。お守り同様、役目を終えたおみくじは寺社に返納するのが最も良いでしょう。

所持し続けてはいけないルールはありませんが、持ち続けていてもかさ張りますし、紙なのでどうしても傷んでしまいますよね。

ボロボロにするよりも、「ありがとうございました」と、感謝の気持ちを込めて、購入した寺社、それが難しければお寺で引いたおみくじはお寺に、神社で引いたおみくじは神社に納めた方が、神様も喜んでくれます。

まとめ

おみくじを引く回数に厳密なルールはありません。おみくじはあなたが良い人生を送るために引くものですから、いつ引くのかは自分で決めれば良いのです。引いたおみくじはしっかり読んで、これからの自分に活かしてくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


おみくじ

関連する投稿


おみくじの引き直しはあり?上書き?別の神社・有効期間

おみくじの引き直しはあり?上書き?別の神社・有効期間

おみくじの引き直しはあり?意味や運勢が上書きされる?別の違う神社で引き直した場合やおみくじの有効期間、引いても大丈夫な頻度など、気になることについて詳しく解説します。


おみくじの効果が続く有効期限はいつまで?願い事が叶うのは?

おみくじの効果が続く有効期限はいつまで?願い事が叶うのは?

おみくじの効果が続く有効期限はいつまでなのでしょうか。来年には消えるのでしょうか。神社仏閣でお願いした願い事が叶うのはいつなのでしょうか。古いおみくじの処分方法・返し方なども説明します。


おみくじのスピリチュアルメッセージ!大吉と凶の意味は?

おみくじのスピリチュアルメッセージ!大吉と凶の意味は?

おみくじはどんなスピリチュアルメッセージがあるのでしょうか。大吉・凶など良い運勢・悪い運勢で意味はどうなるのでしょうか。大吉が連続で出たときのメッセージも説明します。


くじ運がいい人の特徴8個とくじ運を上げる方法!前世・風水

くじ運がいい人の特徴8個とくじ運を上げる方法!前世・風水

くじ運がいい人の特徴とくじ運を上げる方法を紹介します。くじ運が悪い人との違いは?くじ運がいい人の前世やくじ運アップの風水・おまじないについても解説します。


おみくじを結ぶ理由と場所は?持ち帰る?基準・片手・切れるとき

おみくじを結ぶ理由と場所は?持ち帰る?基準・片手・切れるとき

おみくじを結ぶ理由と場所は?結ぶより持ち帰るべき?どちらのするかの基準は? など、おみくじのルールを詳しく知っておきたいですよね。片手で結ぶといい?切れたり破れていたらどうすべき?など結ぶときのことについても解説します。