ベタの繁殖方法!水槽・時期・難しい?組み合わせは?

ベタの繁殖方法!水槽・時期・難しい?組み合わせは?

人気の熱帯魚ベタの繁殖方法を説明します。繁殖は難しいのでしょうか。繁殖に適した水槽や時期は?また繁殖に成功するコツと繁殖におすすめの組み合わせなども説明します。


オスとメスを混泳させるとベタ同士が喧嘩して、繁殖を断念してしまった人も多いのではないでしょうか。しかし設備を整えて正しい環境を作れば繁殖を成功させることが出来ます。

今回はベタの繁殖方法と生まれてきた稚魚の飼育方法についても紹介していきますので最後まで見てください。

ベタの繁殖は難しい?失敗する?

ベタの繁殖や交配は難しいです。なぜならオスとメスを混泳させるとメスがオスを攻撃してオスが弱ってしまうからです。2匹を混泳させる前に仕切りを作って2匹を慣れさせる必要があります。そして広い水槽を用意して十分に泳げるスペースを作ってあげないといけません。

またメスが卵を産んだ後はオスが24時間体制で卵の管理をしてくれるのですが、管理中はオスの体力が激減します。そのためオスが卵を餌として食べてしまうことがあるのです。しかも一度食べてしまうと癖がついて何度も食べてしまいます。

なのでフードを定期的にあげて卵を食べさせないようにします。ベタの繁殖は難しいといいましたが、これらを守れば繁殖に成功させることが出来ます。

ベタの繁殖に適した水槽の大きさ・水温

◯水槽の大きさ
ベタの繁殖に適した水槽の大きさは30~40cmです。大きすぎず、小さすぎない大きさで飼うことで、オスとメスが交尾しやすくなり、喧嘩の頻度も落とすことが出来ます。

また繁殖中は水面と底を行ったり来たりと上下運動を繰り返すことがあります。ですので体力温存のためにも水深は15cmほどにすると良いです。

◯水温
ベタは低温にも強い熱帯魚ですが、繁殖をさせる場合は体力温存のために温度は27~28度と高めに設定しましょう。温度が低すぎるとベタの行動が不活性になり、なかなか交尾をしようとしてくれません。また卵からかえった稚魚に対しても温度が低すぎると生存率が落ちてしまうので注意が必要です。

◯ポイント
水槽の大きさ:30~40cm
水槽の深さ:15cm
水温:27~28度

ベタの繁殖の準備に必要なもの

◯メイン水槽
水槽の大きさは30~40cm、深さは15cm程度のものを準備します。レイアウトはシンプルにしてあげて泳ぐスペースを確保してあげましょう。

◯サブ水槽
オスや稚魚、卵を隔離するための水槽です。メスから攻撃されオスが弱ると繁殖どころの問題ではなくなるのでサブ水槽に移してあげます。また稚魚や卵をオスが食べてしまうことがあります。それを防ぐためにも使います。

◯餌(ブラインシュリンプ)
稚魚用の餌です。ブラインシュリンプはプランクトンの一種なのでとても小さく稚魚も食べることが出来ます。

◯水草
ベタは繁殖の際にメスがオスを追いかけたり、オスが卵の世話をしたりと体力を使うことが多いです。水草を入れることでベタの休憩場所を作ってあげることが出来ます。

◯ヒーター
低温にも強いベタですが繁殖の際はヒーターを必ず入れてください。水温が低いと繁殖しにくくなったり、稚魚が死んでしまう恐れがあるからです。

ベタの繁殖方法5ステップ

ベタの繁殖方法5ステップ

1. 繁殖に必要な道具を準備する

ベタの繁殖には他の熱帯魚と違いオスを隔離するための仕切りが必要になります。また稚魚が生まれた際に稚魚を隔離するための仕切りや水槽の準備も必要です。

稚魚の餌としてブラインシュリンプというプランクトンを買っておきましょう。稚魚は成魚に比べると温度に敏感なのでヒータの準備もします。水温は27~28度にします。

2. メスとオスを仕切りで分ける

最初からメスとオスを混泳させるとメスがオスを攻撃してオスが弱ってしまいます。ですのでまず仕切りで分けて2匹をお見合いのように慣らすことから始めます。

最初は仕切り越しにメスがオスを攻撃しようとしますが、その行動がなくなりだすので、その段階で仕切りを外してあげます。

メスがオスを攻撃しようとして壁や仕切りにぶつかり続けるとメスが傷つくので注意して観察します。また混泳し始めてオスの尾ビレが傷ついたところを確認したらメスから攻撃されているということなので様子を見て隔離を再開させるようにします。

3. 有精卵を隔離する

メスとオスの遊泳を開始するとメスが有精卵を生むようになります。有精卵はオスが育てるのですが、そのオスが有精卵を食べてしまうことがあります。それは餌と間違え栄養補給のためです。ですので有精卵を確認したら隔離する必要があります。

隔離するための道具は市販で売っています。しかし有精卵と無精卵は見分けるのが難しいため基本的に卵はすべて隔離するようにします。また稚魚が生まれるとその稚魚を隔離するための道具として使えます。

4. 稚魚にプラインシュリンプを上げる

プラインシュリンプは栄養が高く稚魚の餌にはもってこいの餌です。しかし非常に小さな餌で大量に水槽に入れてしまうと水質が悪くなる原因になります。水質が悪くなり水を換えようとしても稚魚がいるので水替えに苦戦してしまいます。

ですので餌は適度に上げ水質を綺麗に保ってあげる必要があります。水替えの際は稚魚を流してしまわないように気を付けましょう。

5. オスとメスを分ける

稚魚が成長しオスとメスの判断が出来始めたら水槽を分けます。喧嘩をしてしまうと稚魚が弱って生存率が下がってしまいます。

ベタの繁殖時期・季節

ベタは水温が上がる春や夏に繁殖時期を迎えます。産卵周期は1ヶ月おきに来るので1年で2〜3回産卵できます。ただこれは野生の話で、ペットとして飼う場合はヒーターで水温を27~28度に保てば1年を通して繁殖時期になります。

繁殖時期になると水面にオスが卵を育てるための泡巣を作り始めます。水面に泡の塊が確認できた時には繁殖の準備をしてあげる必要があります。泡巣の中に卵がありオスが泡巣からはなれなくなった時から3日ほどで孵化します。それに合わせて隔離の準備や餌の準備をします。

※ヒーターを使わずに繁殖させたい方は春や夏に太陽が当たる暖かい場所に水槽を移して水温管理をしっかり行ってください。直射日光はあまり当たらない方がいいです。苔が生えたり水質の調整が難しくなるので、ヒーター無しはおすすめ出来ません。

ベタのオスの繁殖時期と選び方

ベタのオスの繁殖時期は水温が暖かくなる春や夏です。選び方は若い個体ではなく大人の個体を選ぶことです。生まれて半年以上たった個体がベストです。

また繁殖前から泡巣を作っているような個体は「繁殖準備が整っていつでも繁殖できる」という状態なので泡巣をよく作る個体を選びます。

あとはヒレがボロボロになっておらず、丈夫で元気な個体を選ぶと繁殖に成功しやすいでしょう。そういう個体は体力がある状態で、孵化した稚魚たちの世話をしてくれ、稚魚の生存率も上がります。

ベタのメスの繁殖時期と選び方

ベタのメスの繁殖時期は水温が暖かくなる春や夏です。メスも生まれて半年以上たった個体を選ぶと良いです。

メスの場合はお尻の所に産卵管が確認できるのですが、その産卵管は成熟するにつれお尻の外に出てきます。産卵管が確認できないメスはまだ繁殖には早い個体です。

産卵管が確認できる個体を選びましょう。あとお腹が卵巣で膨らんでいる個体は産卵が上手な個体です。卵巣の大きさにも注意して選びましょう。ま

たベタも個体によって性格が違うのであまりオスを追いかけなかったり水槽から飛び出したりしないおとなしい性格の個体を選ぶと良いです。

ベタの繁殖に成功するコツ4個

1. 最初からオスとメスを混泳させない

最初から混泳させてもメスがオスを追いかけオスが弱るだけです。最初は仕切りを作った水槽を用意したり、2つ水槽を用意し隣同士で飼育してあげることで2匹を慣らさせることが、とても大切になってきます。仕切りや2つ目の水槽を用意することで後々稚魚を育てるのに使えるので便利です。

2. オスは大きく丈夫な個体を選ぶ

オスは喧嘩したりフレアリングしたり、繁殖、稚魚の世話と体力を使うことをたくさんします。ですので大きく丈夫な個体を選ばないと体力がなくなり死んでしまう可能性があります。もし弱ってきたなと感じたら隔離してあげて療養することが大切です。

3. 水温を一定に保つ

産卵後、オスは24時間体制で卵の世話をし、孵化後は稚魚の世話まで担当します。ヒーターで水温を上げるのは良い事ですが、日中に直射日光に当たるところに水槽を置いていて28度を超える水温になっていたり、夜にヒーターを切っていて水温が低下していたりすると、良くありません。

繁殖時期の間は直射日光の当たらない場所に水槽を置き、24時間体制でヒーターを付けてあげることが大切です。

4. 常に水質を綺麗に保つ

卵を確認できる以前からこまめに水槽を綺麗にし、水替えを行いましょう。生まれたての稚魚はとても小さく稚魚がいる水槽の水替えは稚魚を流しそうになり怖いです。また餌のブラインシュリンプを入れることで水質が悪くなりやすいので気を付けないといけません。

ベタの繁殖の回数・頻度

ベタは野生環境で1年を通して2〜3回繁殖を行います。水槽の場合は温度を28度に保つことで1ヶ月に1回の頻度で繁殖を行います。

そして1回の繁殖で100~150個ほどの卵を産みます。卵の数はピンキリですが孵化出来て無事に育つのは2~5匹ほどです。

ペットとしてのベタは、産卵後にオスとメスを隔離しておきましょう。そうすれば何回も繁殖して「数が増えすぎた」という事態を防ぐことが出来ます。

ベタの繁殖におすすめの組み合わせ・相性

◯トラディショナル同士
1番のおすすめはトラディショナル同士の組み合わせです。丈夫な個体で繁殖させやすく同種ということで相性も抜群です。

◯ハーフムーンとトラディショナル
メスはハーフムーン、オスはトラディショナルの組み合わせは相性がよくハーフムーンのキレイで大きなヒレを出し、好きな色のトラディショナルの体色を継承させることが出来ます。トラディショナルが入っている分丈夫になり生存率も上げることが出来ます。

◯クラウンテールとトラディショナル
メスはクラウンテール、オスはトラディショナルの組み合わせでオスの体色を引き継いだトゲトゲしてかっこいい個体を作ることが出来ます。

◯ハーフムーンとプラカット
ハーフムーンとプラカットの組み合わせでプラカットハーフムーンという種類の個体が出来ます。こちらは有名な組み合わせで相性がとてもいいです。尾ビレが太く広い半円になっているのが特徴です。

◯ハーフムーンとダブルテール
ハーフムーンとダブルテールの組み合わせでフルムーンという種類がいます。こちらはヒレを広げると円のように丸く見えることが特徴でフレアリングの際はとても大きく見えます。

ベタの違う種類の繁殖は?

ベタは基本的にどの種類同士を組み合わせても繁殖可能で上級者の方たちはオリジナル個体を作ろうと色々な種類を組み合わせています。

現に「カッパー」というカラーの個体と「ドラゴン」というカラーの個体を掛け合わせた「カッパードラゴン」という有名な種類のカラーがいたりします。

またよく言われているのが、異種同士での繁殖で生まれた稚魚の特徴としてヒレはメスから、色はオスからの遺伝が強いということです。ヒレを重視したいならメス、色を重視したいならオスを慎重に選ぶことがポイントです。

ただ近親での組み合わせを繰り返したり奇形を組み合わせると、奇形が生まれるリスクが上がるので注意が必要です。

ベタの片方が攻撃してボロボロになるときの対策

1. 早めに隔離させる

ベタは基本混泳させる熱帯魚ではないのでどうしても繁殖の際に喧嘩して片方のヒレがボロボロになってしまうことがあります。

片方が傷ついたのを確認した場合は急いで仕切りを作ったりもう一つ水槽を準備して隔離してあげましょう。早めに隔離してあげることでヒレの回復を望むことが出来ます。

2. 塩水浴

塩水浴という方法もあります。0.5%ほどの塩水で泳がせることで粘膜保護作用があり回復力が上がります。あまり塩を入れすぎると逆効果なので注意が必要です。

3. ウォーターサプリを使う

魚を健康に育てるアイテムも売られているのでそれを使用するのも一つの手です。

ウォーターサプリ ベタ・アカヒレ用 250ml

まとめ

ベタの繁殖は難しいですが、今回紹介した数少ないポイントを押さえるだけで成功率を上げることが出来ます。参考にしてみてください。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


ベタのフレアリングの意味は?フレアリングしない理由

ベタのフレアリングの意味は?フレアリングしない理由

熱帯魚ベタのフレアリングの意味とは?フレアリングしないときの理由は?フレアリングする頻度や時間、フレアリングするタイミング、フレアリングのさせ方、フレアリングをやめない時の対策などについても解説します。


ベタのメスの特徴と見分け方!性格・強い・かわいい?

ベタのメスの特徴と見分け方!性格・強い・かわいい?

熱帯魚ベタのメスの特徴と見分け方を解説します。メスとオスの違いはどこなのでしょうか。メスの性格は?強い・かわいい?などベタが飼うときの参考にしてください。


ベタの水草おすすめ7種類!必要?寝る?食べる?

ベタの水草おすすめ7種類!必要?寝る?食べる?

人気の熱帯魚ベタを飼うときにおすすめの水草の種類を紹介します。水草は水槽の中に必要なのでしょうか。ベタは水草で寝る?食べる?乗る・隠れる?など気になることも詳しく説明します。


ベタの水槽レイアウトおすすめ13選!おしゃれ・シンプル

ベタの水槽レイアウトおすすめ13選!おしゃれ・シンプル

熱帯魚ベタを飼う時の水槽レイアウトとしておすすめのものを紹介します。おしゃれなレイアウトやシンプルなレイアウトなど好みのものを探してみてください。水草は必要なのか、レイアウトを作るコツなどについても説明しています。


ベタの種類の名前一覧!人気の種類や色は?性格・見分け方

ベタの種類の名前一覧!人気の種類や色は?性格・見分け方

ベタの種類の名前を一覧で紹介します。人気の種類を色カラー別にも説明します。またベタの性格や見分け方、ベタの料金相場など、これからベタを飼いたいと考えている人はぜひ参考にしてください。