足を長くする方法16選!ストレッチ・筋トレ・ダイエット

足を長くする方法16選!ストレッチ・筋トレ・ダイエット

足を長くする方法を説明します。足が短いのがコンプレックスな人はぜひ試してみてください。平均の足の長さより短くても努力次第で見た目を変えることはできます。ストレッチ・筋トレ・ダイエットなどできることから始めてみましょう。


​​足の長さは大人になったら変えられないと思っていませんか?身長と同じで劇的に長くするのは難しいですが、足を長く見せたり、ゆがみを治して長くしたりできるんですよ。中学生や高校生で足が短くて悩んでいる人も自分次第で変えられる部分もありますので、試してみてください。

今回は、足を長くする方法を紹介します。

足が短いのがコンプレックス…

足が長くてスタイルのいい人を見ると、つい自分と比べてコンプレックスを感じてしまう人は多いかもしれませんね。やはり、スタイルがいい人は、誰が見てもかっこいいものです。「自分は足が短いからダメだ…」と、コンプレックスを感じることもあるでしょう。

しかし、足が短いコンプレックスが原因で、外に出る気が起こらず、さまざまなチャンスを逃しているのだとしたら、非常にもったいないことです。コンプレックスをバネにして充実した毎日を送る方が、大きな幸福感を得られますよ。

日本人男性・女性の足の長さ平均

そもそも、あなたは本当に足が短いのでしょうか。足が長い人ばかりに注目し、足が短いと思い込んでいる可能性もあります。モデルと比較すれば、誰だって「自分は足が短い」と感じてしまうでしょう。

日本人の平均的な足の長さは、股下が全身長の45%程度と言われています。股下とは、股(足の付け根)から足の裏までの長さです。

日本人の2015年時点の高校3年生の平均身長は、以下の通りになります。

・男子:170.7cm
・女子:157.9cm

この数字に0.45を掛け算した以下の数値が、高校3年生時点の日本の平均的な足の長さになります。

・男子:76.8cm
・女子:71.1cm


あくまでも、上記値は平均値です。あなたの足が平均より長いか短いかは、身長に対する股下の割合で判断しなければなりません。「あなたの身長×0.45>股下」であれば、足は長い方ということになります。

■股下の測り方
股下は以下のような方法で測ると良いでしょう。

(1)壁に後頭部、肩、お尻、かかとをつけて直立する
(2)本などある程度固くしっかりしたものを股で挟み壁に押し当て、上の部分に印をつける
(3)印から床に向かって直線状の距離を測る=股下の長さ

足を長くする方法16選

足を長くする方法16選

「計算してみたけど…やっぱり自分は足が短い方だった…」と落ち込まないで!足の長さはさまざまな工夫で「見え方」「実寸」を変えることができます。そこで、足を長くする方法を厳選して紹介します。

1. 適度にダイエットをする

体型が太めならば、適度なダイエットも効果的です。足だけではなく、体全体を細くしてスタイルアップすれば、足が長く見える効果が期待できます。

ただし、食事量だけを減らす不健康なダイエットはおすすめしません。足を長くするためには、正しい姿勢をキープする筋力や、スタイルアップするための運動が必要です。健康を保つためにも、栄養バランスを見直し、運動を取り入れたダイエットをしましょう。

2. ストレッチする

ストレッチには体のゆがみを治したり、血行を良くしたりする効果があり、足を長く見せることにつながります。日常的にストレッチを取り入れましょう。足の筋肉をほぐし、足長効果のある簡単ストレッチを1つ紹介します。

(1)仰向けになり、片方の膝を正座のように曲げて太ももの筋肉を伸ばす
(2)そのまま20秒キープ
(3)反対の足も同じ動作を行う

3. 筋トレする

足を長くするには、部分的な運動やストレッチだけではなく、体全体を鍛えるのが効果的です。全身が引き締まってスタイルアップするので、足も長く見えます。

特におすすめなのは、体幹を鍛える筋トレです。正しい姿勢をキープするためにも、体幹の筋肉は不可欠。簡単にできる体幹トレーニングを1つ紹介します。

(1)うつぶせになり、両肘を床に付ける
(2)肩幅に開いた足と肘をついた腕で体を支えて、腕立て伏せのような姿勢を作る
(3)2の姿勢を30秒キープする

上記はプランクと言う有名な体幹筋トレです。慣れてきたら片足だけで体を支えましょう。

4. ヨガをする

足を長くするためには、「体のゆがみを治す」「血行を良くする」の2点が重要ですが、どちらも効果が見込めるのがヨガです。血行が良くなれば、ダイエット効果も期待できます。

ヨガはさまざまなポーズをとることで、体をストレッチして筋肉を鍛えます。また、瞑想でリラックスすることで、睡眠の質も上がり健康的です。もちろん、姿勢も良くなります。「足を長くしたい!」という思いをきかっけに、趣味としてヨガを始めるのも良いでしょう。

5. 正しい姿勢をキープする

足が短いと思っている人に多いのが、姿勢が悪くて更に足を短く見せているケース。コンプレックスが原因で自信がなく、猫背になったり足が曲がっていたりと、無意識に悪い姿勢をとりがちです。姿勢が悪いと、それだけでスタイルも悪く見えてしまうので、とっても損なんですよ。

足を長くしたいなら、正しい姿勢をキープしましょう。背筋を伸ばし、つま先まで意識して足を真っ直ぐにするだけで、全身のバランスが良くなり、見た目の足の長さが変わります。また、日常的に正しい姿勢を心がければ、インナーマッスルが鍛えられて体が引き締まり、スタイルも良くなります。

6. 綺麗な歩き方をマスターする

歩いているときは、全身が良く見える状態なので、見え方を意識するのが大切です。正しい姿勢と同じように、綺麗な歩き方をマスターしましょう。綺麗な歩き方のコツを紹介します。

・胸を張り正しい姿勢を保つ
・重心は後ろにかけるイメージ
・1歩の幅は肩幅程度
・かかとから着地し、足裏全体に体重をかけて、つま先で蹴って前に進む
・着地する足の膝は伸ばす
・腕も真っ直ぐ伸ばし、後ろに振るように意識する

綺麗な歩き方は足を長く見せるだけではなく、良い運動にもなります。

7. ヒールのある靴を履く

手っ取り早く足を長く見せたいなら、ファッションの工夫は必須です。ヒールのある靴を選んで履きましょう。ヒールの高い靴に抵抗があるなら、インソールを利用すると良いでしょう。

また、靴とボトムスを同系色にすることで、足首と足の境界線がわかりづらくなり、足長効果が期待できます。女性の場合、足の甲が見える靴を選ぶと、目の錯覚で足がより一層長く見えるのでおすすめです。

8. ハイウエストのボトムを選ぶ

足を長く見せたいなら、ハイウエストのボトムがおすすめです。腰の位置を高く見せるので、足長効果も抜群!女性の場合は、ハイウエストのスカートを履けば、正確な股下の長さは完全にわからなくなるので、一気に足が長く見えるようになります。

9. 視線がトップスに集まるデザインを選ぶ

足を長く見せるには、全身のバランスも重要です。視線を足に注目させないためにも、少しインパクトのあるトップスを選びましょう。ボリュームをトップスに持ってくることで、周囲からの視線が上半身に集中し、足の長さが気にならなくなります。

首元に華やかな小物を使うのもおすすめです。女性ならば、イヤリングやネックレスなどのアクセサリーで、周囲の視線を上に持っていくことができます。

10. ワントーンコーデをする

ワントーンコーデは縦長効果があるので、足が長く見えます。特に足を長く見せたいなら、全身が引き締まって見えた方が良いので、淡い色よりもダーク系を選ぶと良いでしょう。トップスとボトムスの素材を変えると、ワントーンコーデを取り入れやすくなります。

ワントーンコーデ初心者には、ワンピースもおススメです。ワンピースは高い位置にウエストマークするデザインを選ぶと、とても足が長く見えます。

11. Iラインを強調したファッションを選ぶ

スタイルを良く見せて足長効果を狙うなら、Iラインを強調したファッションもおすすめです。ワントーンコーデに丈の長いカーディガンやシャツ、コートを羽織るだけで、簡単にIラインが作れます。

Iラインコーデをするときは、ハイウエストのボトムスを選ぶのもポイントです。足長効果抜群です。

12. ヒップアップする

日々の努力でも、足を長くすることができます。お尻を鍛えてヒップアップしましょう。すると、ヒップラインが高くなり、足が長く見えます。ヒップアップできる簡単な運動を1つ紹介します。

(1)仰向けになって膝を曲げる(膝と膝はくっつけて、足の裏は全部床につける)
(2)背筋を伸ばして、両腕は床に真っ直ぐつける
(3)息を吐きながらゆっくりお尻を上げて肩から膝を直線状にする
(4)息を吸いながらお尻を元の位置に下げる
(5)1~4を無理のない範囲で繰り返す

13. 足を細くする運動をする

運動で足を細くすると、全体像が縦長になるので、足が長く見えます。また、引き締まった足になると、スタイルも良くなって一石二鳥です。足を細くしやすい運動をいくつか紹介します。

・軽いジョギング
・ウォーキング
・サイクリング
・縄跳び

どれも足の筋肉を使い、誰でも手軽にできる運動です。足を細く長く見せたいなら、短時間で良いので、毎日続けることが大切です。足に負荷がかかり過ぎると、筋肉が付き過ぎて、逆に太く短く見えてしまうので注意しましょう。

14. 骨盤矯正する

骨盤が歪んでいると、左右の足の長さに微妙な差が出てしまい、姿勢が悪くなったり腰痛になったりします。骨盤矯正すれば短い方の足が長くなり、体のバランスもとれてスタイルも良くなります。

骨盤矯正は整体院でする方法もありますが、通うのが難しい人もいるでしょう。ですので、家庭でも簡単にできるストレッチがおすすめです。骨盤のゆがみに効くストレッチを1つ紹介します。

(1)椅子の上に片足を乗せ、膝たちのようなポーズをとる
(2)胸を張って腰を前に押し出して、お尻の筋肉を伸ばした姿勢で20~30秒キープする

15. O脚を改善する

O脚は膝が外側に向いているため、まっすぐに足が伸びた状態と比較すると短く見えてしまいます。O脚を改善するだけで、股下は長くできます。O脚を治すには、内腿にある内転筋を鍛えるのが効果的です。内転筋を鍛える筋トレ(ワイドスクワット)を1つ紹介します。

(1)肩幅より広く足を開く(つま先は外側の向きを意識する)
(2)胸を張って少し腰を逸らした姿勢で、腿が床と平行になるまでゆっくり膝を曲げる
(3)ゆっくりと元の姿勢に戻す

16. むくみを改善する

足がむくむと横幅が広くなり、足が短く見えてしまいます。むくみの自覚があるなら、改善するのが足を長くする近道です。むくみを改善する方法をいくつか紹介します。

・ふくらはぎの筋肉を鍛える
・体をよく温める(特に手先、足先など末端部分)
・湯船につかる習慣をつける
・適度に運動やストレッチをする

むくみ改善には血行促進が不可欠です。適度な運動と体を温めることを心がけましょう。

1日で足を長くする方法は?

姿勢やガニ股を改善するだけで、見た目の身長が変わり、足が長くなります。1日どころか数秒で足の長さは変えられるのです。具体的な方法を2つ紹介します。

①足が長く見えるきれいな姿勢の取り方
(1)かかとを付けて、つま先を広げた姿勢で直立する
(2)骨盤を少し後ろに下げて、胸を張る
(3)お尻を引き締めて膝を伸ばす

②一瞬でガニ股を改善し足を長くする方法
(1)壁に背中を付け、つま先を揃えて立つ
(2)膝を開いてゆっくり足を曲げる(背中は壁に付けたまま中腰状態になる)
(3)曲げた状態で膝をくっつけてゆっくり直立に戻す

同じ長さの糸があっても、ピンと真っ直ぐに張っているか歪んでいるかで、見た目の長さは変わりますよね。足にも同じことが言えます。足を長くしたいなら、姿勢が何より大切です。それに加えてファッションも工夫すれば、1日で見た目の足の長さの印象を一気に変えられます。

足を長くするにはジャンプが良い?

「バスケットやバレーをしたら身長が伸びた」という話は、割と良く聞く話です。身長が伸びれば相対的に足も長くなりますが、ジャンプは効果的な方法なのでしょうか。

身長を伸ばすには成長ホルモンが非常に重要。適度な運動は成長ホルモンを分泌させる効果があります。特に全身運動は骨に良い刺激を与えて、身長に関わる軟骨の増殖を促進する効果があると言われています。適度な運動は、身長や足を伸ばすのに効果的な方法です。

その中でも、バスケットやバレーが良いと言われるのは、ジャンプをするスポーツだからです。ジャンプ運動は骨に圧を加え、成長を促す効果があります。

身長に関わる骨の成長を促すには、適度な刺激、特に体を縦に伸ばす全身運動がよく、その中にジャンプも含まれるということです。

足を長くするのに効果的な生活習慣4個

足を長くするのに効果的な生活習慣4個

足を長くするには、毎日の生活習慣が大切です。特に成長期の中学生、高校生は重要になります。具体的にどのようにすべきなのか、足を長くするのに効果的な生活習慣について解説します。

1. 栄養バランスの良い食事を心がける

足を長くするためには、健やかな成長が必須です。そのため、毎日の食事はとても大切!栄養バランスの良い食事を心がけましょう。「足を長くするためには、骨の成長を促すべき!」と、特にカルシウムを多く食べようとする人もいますが、重要なのはバランスです。カルシウムばかり摂取して、他の栄養素が足りないと、本末転倒になります。

毎回の食事をきちんととるのは大変でしょうから、せめて1週間ベースで「タンパク質、炭水化物、ビタミン、カルシウム」など、バランス良く栄養を摂れるように心がけましょう。

2. 足を圧迫する姿勢を避ける

日本には正座の文化がありますが、足を長くしたいなら、足を圧迫する姿勢はできるだけ避けるのが理想です。正座に関わらず足を圧迫する姿勢は、血行を悪くしてしまいます。

また、間違った正座や悪い姿勢は骨格を歪めてしまうため、見た目の足の長さに悪影響を及ぼしてしまいます。

必要に迫られない限り、足を圧迫する姿勢は避けましょう。また、正座をする際は、背筋を伸ばして膝に体重をかけるようなイメージで、正しい姿勢をとると良いでしょう。

3. 運動習慣をつける

適度な運動は成長ホルモンの分泌を促します。また、ほど良く筋肉がつくので姿勢も良くなり、足が長く見えるようになります。ですので、足を長くするために、運動習慣を身に付けましょう。

と言っても、まとまった時間運動が必要なわけではありません。隙間時間を使って筋トレやストレッチをしたり、5~10分ウォーキングをしたりするだけでも効果があります。毎日続けることが重要ですので、できる範囲で体を動かしてくださいね。

4. 睡眠をしっかりとる

特に成長期の中学生、高校生に重要なのが睡眠です。質が高く充分な睡眠は、成長ホルモンの分泌を促し身長を伸ばします。毎日の睡眠時間はしっかり確保しましょう。

もちろん、大人も例外ではありません。良い睡眠は心身の疲労回復し、自律神経も整います。体だけではなく、脳のコンディションも良くなる睡眠は、人間にとって不可欠です。健康的に足を長くするためにも、睡眠の時間を大切にしてくださいね。

まとめ

「私は足が短い…」とコンプレックスに感じるのは辛いですよね。しかし、平均より数値が低くても、周囲にいる人は意外と気づかないものです。ファッションを工夫したり体を鍛えてスタイルアップしたりすれば、むしろ「足が長い!」と思われます。

まずは、今回紹介した足を長くする方法を試してみましょう。きっと、小さな努力や工夫で、見え方が劇的に変わるのだと実感できるでしょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


ダイエット

関連する投稿


コストコでダイエットに成功する食品30選!お菓子・サプリ

コストコでダイエットに成功する食品30選!お菓子・サプリ

コストコでダイエット向きの食品・食べ物を紹介します。コストコで買い物をするときにチェックしてみてください。ダイエット向きのお菓子やサプリも紹介します。


ダイエットの停滞期を抜ける前兆と方法7選!期間は長い?

ダイエットの停滞期を抜ける前兆と方法7選!期間は長い?

ダイエットの停滞期を抜ける前兆と停滞期を抜ける方法を紹介します。停滞期の期間はいつから?長い?停滞期に太る原因と停滞期のNG行動を解説します。


3キロ減!?ズボラ女子のダイエット方法12個!食事・筋トレ

3キロ減!?ズボラ女子のダイエット方法12個!食事・筋トレ

ズボラ女子がやせるためのダイエット方法を紹介します。食事や筋トレ運動などどんな方法があるのでしょうか。3キロ減らすためのカロリー目安なども紹介します。