心が壊れる前兆25個!ストレス限界で涙?心が壊れる瞬間

心が壊れる前兆25個!ストレス限界で涙?心が壊れる瞬間

心が壊れる前兆と症状は?ストレスの限界になると涙が出る?心が壊れる瞬間、どこかぶっ壊れている人の行動、心が壊れないためのストレス解消法を紹介します。


ストレスが溜まってずっとイライラしたり、体を動かすのが酷く億劫になったりするのは、心が壊れる前兆かもしれません。本格的に心が壊れる前に、自分を労わる必要があります。

そこで今回は、心が壊れる前兆を解説し、ストレス発散方法を紹介します。

心が壊れる状態とは?

心が壊れる状態とは、悪い意味で今までの自分とは全く違う状況になることです。混乱して正気を失うような激しい状態や、静かに生気を失い動けなくなるなど、さまざまな症状が出ます。自分の意思に反して動けなくなり、感情のコントロールも難しくなるような状態です。

心が壊れる原因は、大切な人を失ったり、激しい攻撃を受けたりなど、明らかに大きなショックを受けたときだけではありません。少しずつストレスが蓄積し、本人も気付かない速度でゆっくり心が壊れ、ある日突然動けなくなるようなケースもあります。

心が壊れる前兆と症状25個

心が壊れる前兆と症状25個

心が壊れる前兆と症状には、以下のような特徴があります。

(1)食欲がない、あるいは食べる気力がない
(2)明らかに過食気味
(3)お酒に逃げてしまう
(4)胃腸の調子が悪い
(5)趣味を楽しめない
(6)無計画に浪費してしまう
(7)疲れているのに眠れない
(8)眠りが浅く何度も目が覚める
(9)朝なかなか起きられない
(10)睡眠不足なのに早く目が覚める
(11)身の回りのことに手が回らない
(12)今までできていたことができない
(13)どこにも行きたくない
(14)漠然とした不安を感じる
(15)ちょっとしたことで酷く落ち込む
(16)理由もないのに涙が出る
(17)物事に集中できない
(18)なぜか緊張感があり動悸がする
(19)すぐに疲れて横になってしまう
(20)自己嫌悪ばかりしてしまう
(21)ネガティブなことばかり考えてしまう
(22)思考が働かずボーっとしてしまう
(23)イライラしてすぐ怒ってしまう
(24)人に会いたくないと思う
(25)死について考えてしまう

普段通りのことに時間や気力を要するなら黄色信号。趣味など好きなことに手が付かなくなったら赤信号です。心が壊れる前兆を知りたいなら、自分の変化に敏感になりましょう。睡眠の質の低下や体調不良も、心が壊れる前兆のサインです。

また、ストレスが限界まで溜まると、感情のコントロールが難しくなります。イライラしてすぐ怒ってしまったり、小さなことで酷く落ち込んだりするなら、心がかなり疲弊している状態です。漠然とでも死について考えてしまうなら末期症状と言えます。すぐに然るべき医療や支援に繋がった方が良いでしょう。

ストレスの限界サインで涙が出る?

理由もないのに涙が溢れて止まらなくなるのは、ストレス限界のサインです。心が悲鳴を上げています。「泣く理由がないのにどうして」と思うのは、心が壊れる前兆が既に出ていて、感情の自覚ができなくなっているからでしょう。

辛くて苦しいのに、逃げ出さないように心の中で感情を否定している内に、一部がマヒしてしまったのです。なぜかわからないのに涙が出るなら、「大丈夫」と思っても、自分を守るための行動が必要です。

厄介なのは、ストレス限界でも涙が出ないケース。わかりやすいサインがないので、とっくに心が限界を迎えていても「まだまだいける」と頑張ってしまいます。そして、ある日突然動けなくなってしまうのです。

心が壊れやすい人の原因

どんな人でも、想定以上に大きなショックを受ければ、心が壊れてしまうこともあるでしょう。そのようなケースを除き、ジワジワと自分を追い詰めて心を壊してしまう人には、以下のような特徴があります。

・責任感が強い
・周囲の評価を過剰に気にする
・真面目で頑張り屋
・完璧主義で手抜きができない
・人のために自分を二の次にする
・感性が豊かで敏感

優しくて真面目で一生懸命、しかも自分に厳しい人は、疲れてもストレスが溜まっても頑張り続けてしまいます。気力と体力が限界を迎えても、休もうとしません。そのため、知らず知らずのうちに心身を疲弊させ、最後には心を壊してしまうのです。

そのようなタイプは、感性が豊かで敏感な傾向があります。人の痛みや悲しみを自分のことのように感じ、常に大きな刺激の中で生きているようなもの。自分が人より敏感で消耗しやすいと気付かず、周囲に合わせ限界を超え、心を壊してしまいます。

心が壊れる瞬間

大きなショックの瞬間に心が壊れた場合は、ガラガラと何かが崩れるような激変を実感するでしょう。自分は冷静ではないと気付き、必死に理性を働かせようとしても、感情がコントロールできなくなり、ダメージの大きさを痛いほど感じます。

しかし、ジワジワとダメージを蓄積させ、一線を超えた瞬間は、なかなか自覚できるものではありません。楽しいことが徐々に楽しくなくなり、動き出すのに時間がかかるようになり、「何かおかしい」と感じつつも、どうにかこうにかして日常をやり過ごします。

既に心が壊れ始めているのに気付かず頑張ってしまうのです。そして、「もうダメだ」「何もしたくない」と、ついには動けなくなります。本人的には「今心が壊れた瞬間だ」と思うでしょうが、実はもっと前に壊れていて、放置した傷が悪化している状態です。

心が壊れたら戻らない?

人には治癒力があります。擦り傷が治るように、心が壊れても適切な処置をすれば、ゆっくり回復するでしょう。

しかし、軽い風邪をこじらせて大きな病気を引き起こすように、壊れた心を放っておけば、さらに悪い状態になる可能性が高いです。心が壊れて辛いときほど、「もう元には戻れない」と悲観的になりますが、正しい知識を持って、自分を労わるのが重要です。

それでも、壊れた心を完全に戻すのは難しいかもしれません。そもそも、人は経験によって変化します。時が経っても、ずっと変わらない人の方が少数派。大きな変化があれば、そのままではいられないでしょう。そういう意味では、完全に心が壊れる前に戻るのは、非現実的と言えます。

心が壊れたら何も感じない?

感情がマヒしてなにも感じなくなるのは、心が壊れた症状の1つです。何をしても感情が動かないと、自分の危機を自覚できません。知識として「これは危ない状況だ」と理解しても、「だからどうした」と自暴自棄になってしまいます。

少しでも最悪の状態から脱するために、何も感じなくなったら、意識的に周囲に助けを求め、自分を休ませるべきです。

また、心が壊れた時の感情の動きには個人差があります。何も感じない人もいますが、怒りや悲しみに襲われるケースもあります。不安や緊張から不眠になったり、急に元気が出たと思ったら、反動で動けなくなったりなど、心の動きはさまざまです。

共通点は、普段の自分とは感情の動き方に変化が生まれること。「いつもの自分じゃない」と思ったら、早い段階で休息しましょう。

どこかぶっ壊れている人の行動

自覚なく心が壊れる人は、気づいた時にはかなり悪い状態に陥っています。できれば、周囲が本人よりも早く気付き、手を差し伸べたいところです。そこで、どこかぶっ壊れている人の行動を以下にまとめます。

・表情が暗くぼんやりしている
・情緒不安定になりすぐ泣くようになる
・常にイライラして怒りっぽくなる
・異常な程周囲の目を気にする
・自己嫌悪が激しくひどく落ち込んでいる
・ミスが激増する
・お風呂に入らないなど突然不潔になる
・自暴自棄になり暴言暴力が増える
・無気力で人付き合いをしなくなる

ポイントは、今までとは違う言動です。「こんな人じゃなかったんだけどな…」と感じるのは、心が壊れているサイン。小さな変化を見逃さず、早いタイミングで適切なフォローをすれば、傷は浅く済むでしょう。

心が壊れる人のストレス解消法5個

心が壊れる人のストレス解消法5個

心が壊れやすい人は、無意識に自分に無理を課しています。すると、心だけではなく体にも負担がかかり、心身両面のダメージが蓄積し、心が壊れるリスクがどんどん高まってしまうのです。だからと言って、手を抜くのもストレスというジレンマを抱えています。そこで、心が壊れる人のストレス解消法を紹介します。

1. 休息を最優先する

心が壊れる人は、何より休息を最優先しましょう。普通の人より頑張り屋さんなので、「いっぱい休息するぞ!」と思わなければ、最低限の休息も確保できません。休息に罪悪感があるなら、「休んだ方が作業効率も思考速度もアップする。休むのも仕事の内」と考えると良いでしょう。

実際、心が壊れるとさまざまな支障が出ます。心の健康をキープするのも仕事と考えて、しっかり休息を取ってくださいね。

2. 嫌なことを可能な限りしない

真面目で優しく人への奉仕を怠らないのが、心が壊れやすい人の特徴です。「嫌だな」と思っても、つい動いてしまいます。しかし、自己犠牲の歪は必ず表れるので、「嫌だな」という感情を受け流してはいけません。

「嫌だな」は、心からのSOS。無理は厳禁です。嫌なことがあるなら、可能な限りしない方法を探しましょう。工夫すれば、嫌なことを回避する方法は意外なほど見つかるものです。

3. 誰かに話を聞いてもらう

自分の気持ちを誰かに聞いてもらうのは、効果的なストレス解消法です。話している内に、自分の心の整理ができてスッキリします。

しかし、心が壊れる人は真面目で完璧主義なので、弱音や不安、不満を口にするのをためらうかもしれません。周囲の評価を気にして、本音を言えないこともあるでしょう。この場合は、カウンセラーなどの話を聞くプロを相手に選ぶと良いでしょう。

4. 少しずつ生活リズムを整える

心が壊れる人は無理をしがち。自分の生活を二の次にしてしまいます。周囲に合わせる毎日はストレスが溜まり、心へのダメージも大きいです。少しでもストレスから身を守るために、生活リズムを整えましょう。睡眠と食事のリズムを整えるだけで、心身が健康になります。

また、生活リズムを整えてルーティン化するのは、精神安定効果が期待できます。「今日もいつもと同じ」と心の安定につながり、ストレスが解消されるのです。

5. 好きな場所でゆっくり過ごす

ストレスが大きく心が壊れてダメージが大きいと、外出する気力もないでしょう。この場合は、休息を第一としましょう。少し心身が回復したら、好きな場所に出かけるのがおすすめです。

好きなものに囲まれていると、それだけで心が癒されます。ゆっくり過ごせば、体力消耗も最低限で済み、ストレス解消できるでしょう。家の近所でお気に入りの場所があるのが、理想的な環境です。

まとめ

心が壊れると、自分を大切にする意味を見出せなくなります。そうなる前に、周囲を頼り、自分を甘やかしましょう。それでも心が壊れてしまったら、誰かと一緒にいるように心がけてください。あなたを支えたいと思う人の存在を、忘れないでくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


人間心理 メンタル

関連する投稿


不幸を引き寄せる人の特徴15個!不幸を呼ぶ人の原因と対策

不幸を引き寄せる人の特徴15個!不幸を呼ぶ人の原因と対策

不幸を引き寄せる人の特徴は?不幸ばかりなのは自分のせい?不幸を呼ぶ人の原因、不幸な人のスピリチュアルな意味、不幸を断ち切るための対策について解説します。


LINEで落ち込んでる人にかける言葉25選!NG内容は?

LINEで落ち込んでる人にかける言葉25選!NG内容は?

LINEで落ち込んでいる人にかける言葉は?落ち込んでいる人にはどんなラインのメッセージ内容が良い?NG内容は?具体的なメッセージ文章例や連絡する時の注意点について説明します。


一緒にいるとイライラする人の特徴25個!スピリチュアル

一緒にいるとイライラする人の特徴25個!スピリチュアル

一緒にいるとイライラする人の特徴は?職場や友達、家族、彼氏や彼女で一緒にいるとイライラする人の特徴や、スピリチュアルな意味、対処法などについて解説します。


自分の都合のいいように嘘をつく人の特徴10個と見抜き方

自分の都合のいいように嘘をつく人の特徴10個と見抜き方

自分の都合のいいように嘘をつく人の特徴と見抜き方は?自分に都合のいい振る舞いや行動ばかりつく人には要注意です。だまされて痛い目にあわないように参考にして下さい。


メンヘラ顔の女性の特徴42個!見た目・髪型・服装

メンヘラ顔の女性の特徴42個!見た目・髪型・服装

メンヘラ顔の女性の特徴は?メンヘラ女性の顔やメイク、見た目の特徴や、髪型・服装、性格や行動の特徴などについて詳しく解説します。


\メディア掲載多数/

Spicomi掲載実績はこちら