職場でいじめに遭う人の原因や特徴と対策13個!退職時は注意

職場でいじめに遭う人の原因や特徴と対策13個!退職時は注意

職場で同僚や上司からいじめに遭ってしまうことがあります。いじめに遭う人には原因や特徴があるのでしょうか。さらに何かできる対策はあるのでしょうか。耐えられずに退職するときの注意点も含めて詳しく解説します。


職場の人間関係が劣悪で、自分がいじめのターゲットにされた場合、毎日がとても辛いですよね。「なぜ、自分がいじめに遭うんだ」と、理不尽な思いといじめのストレスで、心身共に疲弊していきます。可能であれば、いじめの現状を少しでも打開したいと思うものです。

だけど、いじめによって心神喪失状態だと、自分だけで頑張るパワーもなくなっていることでしょう。

そこで今回は、職場でいじめに遭う人の原因や特徴を解説し、退職前にしておきたい対策について紹介します。苦しいと思いますが、客観的に現状を把握し、冷静に対策をとることで、きっと光が見えてくることでしょう。

職場のいじめで仕事がつらい・・・

職場でのいじめはとても辛いです。生きていくために仕事は不可欠だからこそ、職場のいじめは逃げ場がなく、被害者を追い詰めていきます。なぜ、よりによって自分がいじめのターゲットになってしまったのか、理不尽な思いで押しつぶされそうになることでしょう。

しかし、職場のいじめは決して珍しいことではありません。全ての職場にいじめがあるわけではありませんが、非常に身近な問題なのです。

厚生労働省が発表した「平成28年度個別労働紛争解決制度の施行状況」では、総合労働相談の内容が5年連続「いじめ・嫌がらせ」がトップという結果でした。いじめは特別な人が遭うことではありません。誰に降り注いでもおかしくない災いなのです。

職場でいじめに遭う人の原因や特徴12個

職場でいじめに遭う人には、原因や特徴があるものです。なぜならば、いじめをするような性悪な人間は、自分に害を与えない相手を選んでいじめるからです。逆に、いじめたら倍返しするようなタイプは、いじめの対象にはなりません。

いじめをする人間とは、元々精神が弱く、自分より弱い物をいじめることで、自分の存在意義を確認しているのです。だから、自分より強者をいじめることは、まずありません。

それでは、具体的に、どのようなタイプが職場でいじめに遭いやすいのか、原因と特徴を解説します。

1. 我慢強い

職場でいじめに遭う人は、我慢強いタイプが多いです。我慢強いからこそ、最初のいじめを受け止めてしまい、相手に「この人はいじめても害がない」と思わせてしまいます。そして、更にいじめられることになりますが、持ち前の我慢強さで限界を感じるまで耐えてしまうのです。これが、いじめを助長させてしまいます。

一方、我慢強くない人は、最初にいじめられたと感じた時に、キレたり文句を言ったり、場合によっては人前で大泣きしていじめた相手を悪者にしたりします。だから、いじめの相手には向きません。

2. 真面目

真面目な性格も、いじめに遭う人の特徴です。真面目な人は、投げかけられた言葉を正面から受け止めてしまいます。いじめ目的の発言でも、「自分に非があるのかも」と、深く考えてしまい、そして落ち込みます。ダメージを受けたあなたを見て、

いじめをする人は「自分の方が強者」と満足し、更にその満足感を味わうためにいじめるようになります。ちゃらんぽらんな性格の人は、いじめ発言を聞き流しますし、いじめられている事実に気付かないことすらあります。だから、いじめ甲斐がなく、ターゲットから外されていくのです。

3. 控え目で口下手

控え目でおとなしく、しかも口下手で上手に言い返せない人も、職場ではいじめに遭いやすいタイプです。いじめる人は、自分より弱い相手をターゲットにします。強い反撃をされる心配がなく、しかも高圧的な態度に出て黙らせることが簡単な口下手タイプは、いじめの格好の餌食になってしまいます。

一方、口が達者な人は、いじめに対して口で対抗することができます。しかも、いじめた相手を上手に糾弾して、口論で勝つことができます。そのため、いじめられにくいのです。

4. あまり人と群れない

いじめをする人は、職場で仲間を囲い込もうとします。そして、自分が絶対的に強い立場になって、味方が少ない人を選んでいじめます。普段あまり人と群れないタイプは「この人は、いじめても守ってくれる人がいない」と思われやすく、いじめのターゲットにされやすくなってしまいます。

5. オドオドしている

いじめをする人は、「いじめても反撃してこない相手」を選んでいます。だから、普段からオドオドしていると、「こいつなら、いじめても何もできないだろう」と狙われてしまいます。また、いじめをするような人間は、理由を適当に作って相手を糾弾します。「なんでオドオドしているの?」「もっとしっかりしろよ」など、オドオドした態度がミスを招いているわけでもないのに、「その態度が良くない」と、わけのわからない難癖をつけていじめてくるのです。

6. 動作が遅い

いじめをする人は、「何となく癇に障る」というだけでいじめます。良くあるのが、「見ているとイライラする」という訳の分からない理由です。特に職場では、動作が遅いと目を付けられやすく、「ノロノロするな」といじめられやすくなってしまいます。動作が遅くても、仕事が丁寧で期限に間に合っていれば全く問題ないのに、いじめる相手はそんなことはお構いなしです。

7. 声が小さい

声が小さいというのも、いじめに遭いやすい人の特徴です。いじめる相手は狡猾です。「自分があからさまにいじめをしている」と周囲に知られないように配慮します。だから、いじめる相手の声が大きいと、目立ってしまって困るのです。だから、声が小さい相手を選びます。また、声が小さいと、それだけで弱そうな印象を与えますから、尚更いじめのターゲットにされやすくなります。

8. 仕事を覚えるのが遅い

新しい職場でいじめのターゲットになりやすいのが、仕事を覚えるのが遅いタイプです。決して仕事ができないわけではないのですが、新しいことを飲み込むのに、人より少々時間がかかります。本来ならば、相手に合わせてしっかり仕事の指導をするものですが、いじめをするような性格の悪い人間は、「仕事を覚えるのが遅い」ということを責め立てるのです。

いじめる側にとっては、「非難する明確な材料がある」というのが安心感につながります。「これはいじめじゃない」と言い切る人すらいます。新参者は周囲のネットワークもまだ希薄ということも手伝って、孤立しやすく、益々いじめられやすくなってしまうのです。

9. 仕事ができ過ぎる

プライドが高く、自分の地位を守ることに必死なタイプは、仕事ができ過ぎる人をいじめのターゲットにします。仕事ができ過ぎて、自分を追い抜かすのではないかと脅威に感じているのです。だから、早い内にいじめて追い出そうとします。

この場合、いじめ方も変わってきます。あえて必要な情報を与えなかったり、嘘をついたりして、仕事ができる人の評価を落とそうとしてくるのです。また、普通に会話しているだけなのに、「態度がなってない」「随分と偉そうだな」と、クレーマーのようなことを言っていじめます。

10. 空気が読めない

空気が読めないタイプは、無意識に相手をイラッとさせてしまうことが多いです。この「イライラ」が原因で、いじめのターゲットにされてしまうことがあります。空気が読めずに、求められたことを汲み取れないだけで、いじめをする人の感情を逆なでしてしまうのです。

いじめをする人は、常に不満を抱えてイライラしていて、それを発散する相手を探していますから、イラッとさせられると「自分をイライラさせるこいつが悪い」と捉えて、いじめることに躊躇しなくなってしまうのです。

11. 天然

同じく「相手をイライラさせる」という原因でいじめに遭いやすいのが、天然の性格をしているタイプです。天然がキャラならば、実はしたたかに相手の感情を読んで対応を変えていくので、いじめを上手にすり抜けることができます。

しかし、本物の天然は、それがその人の素の状態なので、合わない相手をイラッとさせてしまうのです。イライラさせられた方は、段々天然の性格が鬱陶しく邪魔に感じるようになり、排除という名目でいじめをすることがあります。

12. 嫉妬されやすい

なぜか上司に可愛がられたり、家庭に恵まれて今の地位を獲得していたりと、実力以外の要素がある人は嫉妬されやすいですが、この嫉妬心がいじめの原因になります。相手に全く非がなくても、「羨ましい」「なぜあの人だけ」という嫉妬心があると、それだけで憎いという感情が芽生えてしまうのです。

もちろん、人には自制心がありますから、嫉妬を感じてもいじめをする人は少数派。でも、その少数派にとって嫉妬程相手を憎らしく思う感情はなく、酷いいじめの原因になるのです。

職場でいじめに遭ったときの対策・対処法13個

職場に大きな問題がある場合、退職を検討するのも1つの対策です。しかし、今の職場で働き続けながら、いじめの現状を打開することができる可能性もあります。退職は最終手段としていつでも選択が可能です。その前に、正しい対策でいじめの現状が改善するかどうか試してみましょう。

1. まずは冷静に観察する

いじめの渦中にいる時、精神状態は極めて衰弱していると思いますが、まずは冷静になって職場を良く観察してみましょう。あなたには「退職」という手段が残されています。どうにもならなければ、今の職場をいつでも捨てることは可能です。

それを心の支えにして、いじめをする人の様子や、職場の人間関係、仕事の流れなどを観察するのです。冷静さを取り戻し、状況を把握することが、いじめ対策の第一歩です。

2. いじめの詳細をメモする

職場でいじめ行為があった時は、なるべく詳細をメモにして残しておきましょう。誰が、どのタイミングで、どんないじめをあなたにしたのか、しっかり書面に残すことで、相手を訴える材料になります。また、自分の状況をメモすることで、客観的視点を取り戻すことができ、冷静にいじめに対処できるようになります。

3. 酷い暴言がある時はボイスレコーダーを使う

職場のいじめに酷い暴言がある場合は、ボイスレコーダーを用意して、こっそり録音しましょう。ボイスレコーダーは3000円前後で購入できるものがあります。スマホのボイスレコーダーアプリでも良いですが、サイズが大きいため、相手に気付かれるリスクが高まりますので注意してください。

いじめの被害に遭った際、証拠を残しておくのはとても重要です。いじめをするような性悪な人間は、証拠さえなければしらばっくれます。今後録音した音声を使うかどうかはともかく、決定的証拠だけはしっかり残しておきましょう。

4. いじめに暴力がある時は被害届を出す

もしも、職場のいじめに暴力行為がある時は、被害届を出しましょう。これも、いじめの証拠集めの内の1つです。「被害届なんて…事を大げさにして大丈夫かな…」と不安になるかもしれませんが、被害届をしたから、相手を即訴えるわけではありません。被害届は「このような事件があった」という記録のようなものです。暴力以外にも、あなたの持ち物を奪われたり、破壊されたりした場合も、被害届を出すことができます。

被害届の書類は交番など警察機関に常備されています。最寄り駅の交番で、警察の方に聞けば、被害届けの出し方について教えてくれるでしょう。記載する場合は、あなたが被害に遭った日時や場所、被害の様子や犯人(いじめの相手)の情報など、詳細を記載することになりますので、間違いがないよう、忘れないように先にメモをしておくと良いでしょう。

5. 心身に影響が出ている時は診断書をもらう

職場のいじめによって、精神疾患やストレスによる体調不良、または暴力によるケガなどがある場合は、病院を受診して診断書を貰いましょう。これもまた、いじめの証拠集めです。証拠は多ければ多いほど、周囲を動かす力が大きくなると思ってください。

6. 自分に落ち度がないかを考える

「いじめに遭う人に原因がある」という説があります。しかし、いじめは悪です。相手に何かしらの原因があったからと言って、いじめをして良いはずがありません。それでも、「いじめられるのには、自分に落ち度があるからでは?」という角度で、一度考えることが必要です。その理由は2つあります。

1つめは、もし落ち度があった場合、それを補うことでいじめから逃れる術が見つかるかもしれないという理由です。2つめはもっと重要で、いじめに立ち向かおうと思った時、相手に「おまえに原因がある」と攻撃されないように、潔白であることを改めて確認するためです。

7. 仕事のミスを限りなく減らす

職場のいじめにたいして、どう対処するかをあなたが決めるまで、少なからず時間がかかるかもしれません。その間、少しでもいじめの被害を少なくするための対策も必要です。職場でいじめがあると、精神的に追い詰められるでしょうが、仕事になるべく集中して、可能な限りミスを減らしていきましょう。

仕事のミスは、相手にいじめのネタを与えているようなものです。また、仕事のミスが減れば評価も高まり、周囲があなたに対する印象を変える可能性もあります。

8. 身内に相談する

いじめの悩みを1人で抱えているのは、とても辛いことですよね。だから、まずは家族や友人、恋人など、あなたのことを大切に思ってくれる身内のような人に、職場でいじめに遭っていることを相談してください。話を聞いてもらうだけでも、いじめの精神的負担を軽減することができます。

また、職場とは全く関係のない人の方が、客観的に現状を理解し、的確な指摘をすることができるかもしれません。

とにかく、職場のいじめで心が弱った時、あなただけで解決しようとしてはいけません。周囲にSOSを発信してください。

9. 社内で信頼して相談できる人がいないか探す

身内の相談は、場合によっては決定的な打開策の提案がもらえる可能性はゼロではないものの、どちらかと言えば精神的負担を軽くするという意味が大きいです。いじめの実害を小さくするためには、やはり職場で味方を見つけることが重要です。

ただし、いじめが横行するような職場は、既に何かが狂っていることが少なくありません。皆あなたがいじめを受けていると知りつつも、自分に害が及ぶことを恐れて、知らん顔を決め込む可能性があります。また、いじめをする人と実は繋がっていて、あなたに味方をするふりをして、後で酷く裏切る可能性もあります。

だから、安易に相談するのではなく、慎重に信頼できる相手を探しましょう。

10. 社内の相談窓口に相談する

社内に個人的な相談相手が見つからない時は、あなたの会社に従業員の悩みに対応してくれる部署がないか調べてみましょう。

平成24年度に厚生労働省が東京海上日動リスクコンサルティング株式会社に委託した調査「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」では、調査対象となった企業の70.7%が、相談窓口を社内に設置していると回答しています。まずは、社内でサポートしてくれる部署がないか調べ、あれば相談窓口に相談してみましょう。

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002qx6t-att/2r9852000002qx99.pdf

11. 外部の相談窓口に相談する

社内に職場のいじめを相談するような窓口がない場合、または相談しても取り合ってくれない場合は、外部の相談機関に相談することができます。公的な相談窓口なら、総合労働相談コーナーがあります。各都道府県の労働局や労働基準監督署など、全国380カ所に設置されています。相談無料、予約不要、秘密厳守です。相談を受けるだけではなく、必要に応じて直接的なトラブル解決サポートまで対応してくれます。しかも、利用は無料なので、資金の心配がありません。

いじめをするような姑息な人間は、まさかいじめている相手が、公的機関に相談という具体的行動に起こすなど、夢にも思っていません。だから、いじめても糾弾されることなどないと思っています。その間違った認識を、叩き壊してやりましょう。

総合労働相談コーナー:www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html

12. 部署移動を検討する

職場のいじめが、今現在の部署に限ったことで、会社全体に問題がないのであれば、部署移動を検討しましょう。異動願いは必ず受理されるものではありませんが、手っ取り早くいじめから逃れる最良の手段と言えます。異動願いを出しても、簡単に異動できない場合は、今まで集めたいじめの証拠を持って、「この部署では耐えられない」と訴えるのも1つの手段です。

13. 休職を検討する

職場いじめのダメージが大きく、しばらく働けない位疲弊している場合は、会社に休職制度がないかを調べてみましょう。休職とは、労働者が一身上の都合で長期休暇をとる制度のことです。休職に法的義務はありませんが、制度として取り入れている企業はあります。

もしも、あなたの会社に休職制度があるならば、雇用関係を解消することなく、一時的に休養期間を設けることができるのです。

まずは、いじめという劣悪な職場から離れて、心身回復させることが先決かもしれません。また、会社から離れることで、ゆっくりと今後を考える時間を作ることができます。

耐えられずに退職する場合の方法と注意点4つ

職場のいじめに耐えられず、退職を選ぶこともあるでしょう。退職の方法はザックリ分けると4ステップです。

①直属の上司に退職願を提出する
②会社と相談の上退職日を決定する
③必要な手続きを済ませる
④退職日に離職票等の必要書類を受け取る

基本的に、あなたが退職願を提出すれば、会社が退職に向けて動くことになります。財形貯蓄をしていたり、団体生命保険に加入していたりなど、会社によって手続きの内容は変わりますが、会社は社員が退職する際の手続きに慣れているので、流れ作業のようになることでしょう。

ただし、いじめが横行する職場の場合、あなたが退職を希望しても、すんなりといかない場合があります。最後の最後まで揉めて、嫌な思いをしないためにも、退職する際の注意点を紹介します。

1. 退職に関わる社内規定を確認する

まずは、退職に関わる社内規定がないかを確認しましょう。文句を言われないためにも、社内規定に沿って、退職届を出すタイミングを決める必要があります。

2. 遅くとも退職したい日の2週間前に退職願を出す

民法627条にこのような記載があります。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

法律的には、退職したい場合、その意思を2週間前に伝えれば良いということです。2週間という猶予を持てば、労働者としての義務を果たしていることになります。しかし、仕事の引継ぎなどを考えると、1ヶ月前には退職願いを提出した方が良いでしょう。

3. 退職届の受理を渋られたら内容証明郵便を使う

退職届をいざ提出しようとしたら、上司から受理を渋られてしまうというケースも少なくありません。上司は「いじめによって部下が退職した」という事実を作りたくないのです。その場合は、内容証明郵便を利用しましょう。

内容証明郵便とは、あなたが謄本を作成し、確かにそのような内容のものを送ったという証明できるサービスです。これさえあれば、会社は「退職届など受け取っていない」という嘘をつけなくなります。

内容証明/郵便局:www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/

4. 退職を引き留められても屈しない

退職届を出しても、会社から退職を引き留められるケースもあります。場合によっては、「勝手だ」「許さない」「契約違反だ」と、訳の分からない難癖をつけてくるかもしれません。しかし、退職を決意したら、どんなに引き留められても屈しないことです。あなたは法的に正しい処置を行いました。どんなに引き留めようとしても、会社にあなたの退職を止める権利はないのです。だから、自信を持って退職を実行してください。

※転職するなら、求人数・募集職種数が業界トップクラスのマイナビがおすすめです。
 まずは、自分の市場価値やどんな仕事があるのか見てみませんか?
#NAME?

まとめ

いじめは悪です。もしも、あなたにいじめに遭う人の原因や特徴があったとしても、あなたが悪いわけではありません。ただし、ターゲットになりやすい性格をしていることを自覚して、自衛できるように対策をした方が良いでしょう。また、企業には労働者が快適に働けるよう環境を整える努力義務があります。いじめを放置している職場は、企業の義務を放棄しているのと同じです。だから、いじめに対する苦情と改善を訴えるのに遠慮はいりません。

職場のいじめの渦中ですから、とても辛い毎日でしょう。あなたにとって最善の対策を選んで、現状を打開できることを願っています。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


仕事

関連する投稿


仕事ができない人の特徴34個と対処法!口癖・生き方は?

仕事ができない人の特徴34個と対処法!口癖・生き方は?

本人にとっては張っているつもりでも仕事ができない人と思われてしまうことがあります。その人達の特徴や共通点は一体どんなものなのか、まとめています。さらに対処方法についても紹介していますので、仕事ができない人に悩んでいる人は参考にしてみてください。


受け身な人の心理と特徴!向いてる仕事・改善方法

受け身な人の心理と特徴!向いてる仕事・改善方法

受け身な人の心理や特徴は?受け身な人に向いている仕事とは?受け身な人の長所や職場で受け身な人への対処方法、受け身な人の改善方法について解説します。


自宅警備員の意味とは?種類・仕事内容・給料・転職・装備・末路

自宅警備員の意味とは?種類・仕事内容・給料・転職・装備・末路

自宅警備員という職業の意味とは何なのでしょうか?自宅警備員の種類・仕事内容・給料・転職・装備・末路など、自宅警備員について徹底解説します。


働きたくない人の心理とそんな人でも働ける向いている仕事30選

働きたくない人の心理とそんな人でも働ける向いている仕事30選

きっと大多数の人は「働きたくない!」と感じながらも会社に行かれているでしょう。働きたくない人の心理とはどんな状態なのでしょうか、この記事ではそんな心理状態の人でも働けるような向いている仕事を30種類ご紹介しています。


会社を休む理由・言い訳62個!当日・前日・事前など状況別に紹介

会社を休む理由・言い訳62個!当日・前日・事前など状況別に紹介

誰でも一度はズル休みしたい!と思ったことがあるはず。この記事では会社を休む理由や言い訳を紹介しています。当日・前日・事前など状況別に対応した言い訳なので、どうしても休みたい時は内緒で使ってみてください。コロナ以外の体調不良の理由も多数紹介しています。