ポテンシャルが高い人の性格的特徴20個とポテンシャルを高める方法

ポテンシャルが高い人の性格的特徴20個とポテンシャルを高める方法

ポテンシャルという言葉をよく耳にしますが、意味や使い方がいまいち分からないという人も多いのではないでしょうか。この記事ではポテンシャルの意味や使い方、そしてポテンシャルが高い人の性格的特徴や高める方法についてまとめています。


社会的に求められる人材像にポテンシャルの高さがあります。具体的にポテンシャルが高い人とは、どのような特徴があるのでしょうか?

今回は、ポテンシャルの意味を解説し、ポテンシャルが高い人、低い人の性格的特徴を紹介します。

ポテンシャルの意味とは?

ポテンシャルとは、「潜在能力」「将来性」など、対象の可能性を意味します。しかし、ポテンシャルという言葉の使い方は多様化され、やる気や取り組む姿勢を意味する場合もあります。

「ポテンシャルが高い」と言われた場合、次のような評価をされていると言えるでしょう。

・伸びる可能性を秘めている
・能力が高い
・やる気に溢れている
・ポジティブ

逆に、「ポテンシャルが低い」と言われた場合の評価は、以下のようになります。

・将来を期待できない
・能力が低い
・士気が低い
・ネガティブ

ポテンシャルの高さは、潜在能力や将来性だけではなく、明るくポジティブ思考で、周囲を良い方向へ引っ張ってくれる能力も含まれています。そのため、ポテンシャルの高さは特に職場で求められ、評価に直結する重要なポイントとなるのです。

ポテンシャルという言葉の使い方と例文

ポテンシャルの意味を考えると、対象を褒める時、または期待する時に使うのが適切と言えます。いくつか例文を挙げていきましょう。

・「今年の新人は皆ポテンシャルが高い」
・「あなたのポテンシャルの高さに期待しています」
・「彼のポテンシャルを引き出していこう」
・「この市場はポテンシャルを秘めているから、今後も注力していこう」
・「車のポテンシャル最高!」

ポテンシャルは人だけではなく、マーケットや乗り物などにも使用されます。内に秘められた可能性を感じた時に「ポテンシャル」という表現を使うのが、最も適した使い方です。

ポテンシャルが高い人の性格的特徴20個

ポテンシャルが高い人は、自分の可能性を切り開く力を持っています。ポテンシャルが高い人の特徴を理解し、それに近づこうと努力することで、あなたのポテンシャルを高めることが可能です。そこで、ポテンシャルが高い人の性格的特徴を徹底解説します。

1. 思考力がある

ポテンシャルが高い人は、思考力があります。仕事でも、プライベートでも、対人関係でも、まずは良く考えるのが癖のように身についているのです。だから、無意味に流されることがありません。

常に思考し、自分の確固たる考えを持っているので、周囲の意見に惑わされることなく、自分を貫くことができるのです。また、周囲との関係が上手くいくよう、常に考えて行動しているので、ポテンシャルが高い人は総じて人間関係に恵まれます。

2. 計画力がある

ポテンシャルが高い人は、計画力もあります。常に何事についても思考し、「どうすれば上手くいくか」を考えています。そして、より良い状況を作るために、きちんと計画を立てていくのです。闇雲に非効率に動くことはありません。そのため、ポテンシャルの高さは仕事の能力に比例します。ポテンシャルが高い人の行動は、いつだって計算されているので、仕事でも成果を出せるのです。

3. 行動力がある

計画まではするけど、行動に移さずに終わってしまう人は多いです。しかし、ポテンシャルが高い人は、計画したことを必ず実行します。キチンと思考し、計画された上での行動ですから、ポテンシャルが高い人は結果をきちんと出せるのです。もちろん、行動しながら思考も回転し、臨機応変に修正を加えながら実行していきます。

しかも、ポテンシャルが高い人は、行動を先延ばしにしません。やる準備が整ったら、即行動し、次を考えてまた行動の繰り返しです。そのため、ポテンシャルが高い人は仕事を溜め込まず、素晴らしい速さで片づけてしまいます。

4. 観察力がある

ポテンシャルが高い人の行動に成果が出るのは、鋭い観察力が理由です。やるべきことについて、環境や人の動きを良く観察しています。そして、人の動きや感情を読み取ります。だから、何が求められているのかを的確にキャッチし、相手が望む対応をとれるのです。そのため、ポテンシャルが高い人は、とても細やかな気遣いができます。

5. 分析力がある

ポテンシャルが高い人は、分析力も高いです。自分の行動に対し、どのような結果が出たのか、総合的に判断して分析します。常に振り返りを怠らず、良い点悪い点を明確にし、次の行動に反映させていくのです。だから、ポテンシャルが高い人は、結果を出し続けることができます。

6. 責任感がある

責任感の強さも、ポテンシャルが高い人の性格的特徴です。特に、社会的に評価されるタイプは、人徳があり、周囲から「あの人についていけば道は開ける」と希望を持たせる魅力を持っています。

決して投げ出さず、仲間を守り引っ張っていく責任感に溢れているからこそ、周囲からの信頼が厚くなるのです。また、責任感が強いので、与えられた仕事は必ずやり遂げます。困難を乗り越える粘り強さは、責任感からきているのです。

7. 向上心がある

ポテンシャルが高い人は、常に上を目指しています。ただ出世したいという単純なものではなく、自分を高め、今より素晴らしい社会にしようという、壮大な向上心です。だからこそ、目先の金銭に囚われることなく、グローバルな視点で物事を考えられます。ポテンシャルが高い人は、行動することで自然に評価が高まり、結果的に出世していくのです。

8. 積極的である

自分の道を切り開く力には、積極性が不可欠です。ポテンシャルが高い人は、あらゆる面で積極的。仕事はもちろん、趣味や交友関係も、自ら積極的に世界を広げていきます。苦手な事柄や人に対しても、避けるようなことはせず、積極的に向かい合います。そして、苦手を克服してしまうのです。

9. 社交的で顔が広い

ポテンシャルが高い人は、とても社交的な性格です。その上積極的なので、必然的に顔が広くなります。ポテンシャルが高い人は新しいものにも抵抗なく取り組むので、SNSも大いに活用しています。「え?そんな人とまで知り合いなの?」と、周囲がちょっと驚くような人脈を持っていたりするのです。

10. 努力家である

行動して評価を出せるのは、ポテンシャルが高い人が努力家だからです。潜在能力が高いと聞くと、天才をイメージするかもしれません。しかし、社会的にポテンシャルが高いと評価される人は、必ず努力を積み重ねています。行動して結果を出せるのは、人よりも多く勉強し、自分を磨く努力を怠らないからです。

11. 好奇心旺盛

ポテンシャルが高い人は、とっても好奇心旺盛。固定概念がなく、多様なジャンルに興味を持ちます。持ち前の社交的な性格もあり、興味を持った分野は、自分からどんどん入り込んでいきます。また、好奇心旺盛なので、人からの誘いは予定さえ合えば二つ返事で応じます。こうして、ポテンシャルが高い人は、新たな人脈を作っていくのです。

12. チャレンジ精神旺盛

ポテンシャルが高い人は、とにかくチャレンジ精神旺盛。しっかり考え、自分が納得できる計画を立てたら、失敗を恐れず挑戦します。それが、例え前例のないことでもチャレンジします。新たな道を作る人とは、いつの時代もチャレンジ精神旺盛ですが、それは自分のポテンシャルの高さを認めているからかもしれません。

13. ポジティブ思考

ポテンシャルが高い人が、失敗を恐れずチャレンジできるのは、ポジティブ思考だからです。もちろん、「考えて計画を立てたから大丈夫」という根拠ある自信もありますが、それ以上に「やればなんとかなる」と、基本的に超楽観的なのです。悲観からくる成功もありますが、ポテンシャルが高い人の場合は、ポジティブ思考が元となって、それが実現力に繋がっています。

14. 失敗から学べる

チャレンジすれば、当然失敗することもあります。しかし、ポテンシャルが高い人は、失敗を決して悲観しません。失敗は貴重な経験と認識し、そこから必ず何かを学び、次に繋げてしまいます。ポテンシャルが高い人にとって、失敗とは成功するまでの過程の1つでしかありません。転んでもただでは起きないのが、ポテンシャルが高い人の性格的特徴です。

15. 知識が広い

ポテンシャルが高い人は、好奇心旺盛で、多様なジャンルと繋がっています。しかも、自分から興味を持って取り組んでいます。人は、興味の対象については、通常より記憶力が高まるものですが、ポテンシャルが高い人は、全てが興味の対象なので、幅広い知識をドンドン吸収してしまうのです。更には、知識をつなげて新たな方法を編み出してしまいます。これが、ポテンシャルが高い人が結果を出す仕組みです。

16. 人との繋がりを大切にする

ポテンシャルが高い人は、社交的で顔が広いです。しかも、人との繋がりを大切にしています。常に上を目指すためには、良好な人間関係が不可欠だと認識しているのです。そのため、誰に対しても丁寧にマメに接します。ポテンシャルが高い人の人間関係は、広く深いのです。また、情に深いところがあり、損得抜きで人と接する律儀な一面を持っています。冷徹ではなく、人情溢れる人柄なので、周囲から愛され信頼されるのです。

17. 素直

ポテンシャルが高い人は、志も高く、素晴らしい能力を秘めていますが、それに驕るようなことはありません。自分をしっかり持っていながらも、とても素直な性格なのです。そのため、人の話には素直に耳を傾けます。素直な性格は、「助けてあげたい」と周囲を思わせるので、ポテンシャルが高い人の傍には、いつも助けてくれる存在があります。また、素直にアドバイスを吸収し、自分の力を高めていきます。素直な性格は周囲から親しまれるので、ポテンシャルが高い人には、事前と人が集まってくるのです。

18. 運の良さがある

ポテンシャルの高さとは、潜在能力の高さ。人から「将来性を感じる」と思わせるのは、努力や実力だけではありません。ポテンシャルが高い人は、不思議と運が良いのです。もちろん、成功の裏には努力があるのですが、それだけではなく「なぜか上手くいってしまう」という、不思議な運の良さを持っているのが、ポテンシャルが高い人の特徴です。運も実力の内ということなのでしょう。

19. コミュニケーション能力が高い

ポテンシャルが高い人が、自分の能力を発揮できるのは、周囲の人間関係に恵まれているからです。人間関係が円滑なのは、運の良さもありますが、ポテンシャルが高い人のコミュニケーション能力が高いのも理由です。

今の時代だからこそ、コミュニケーション能力の有無は、評価を大きく左右します。ポテンシャルが高い人は、社交的で誰に対しても温和、且つ広い知識でどんな話題にもついていけるので、広い層から受け入れられます。

20. 自己肯定感が高い

ポジティブに物事を考え、実行できるのは、ポテンシャルが高い人は自己肯定感も高いからです。自己肯定感とは「根拠なく自分は愛される存在だと思える気持ち」であり「自分を認めること」です。自己肯定感が高ければ、「こんなことして人からどう思われるんだろう」と、過度に人の目を気にせずに済みます。それどころか、「万が一のことがあっても、誰かが助けてくれるだろう」と、自分の周囲にいる人たちを信じられるのです。だから、失敗を恐れず、チャレンジできます。

ポテンシャルが高い人は、孤高の人ではありません。常に人の輪を大切にし、人を信頼しています。損得を考えず「困った時は支え合う」と無条件に思える人の良さがあります。だからこそ、人の力を借りて、高い潜在能力を発揮できるのです。

ポテンシャルが低い人の性格的特徴8個

ポテンシャルが高い人を目指すなら、相対するポテンシャルが低い人の性格的特徴を知る必要もあります。せっかくポテンシャルを高めようと努力しても、それに逆行する思考や行動パターンをしていたら、成果を出すのが困難だからです。そこで、ポテンシャルが低い人の性格的特徴を解説します。

1. 内向的

ポテンシャルが低い人は、例外なく内向的です。「内向的」と聞くと、受け身で消極的な性格を思い浮かべるかもしれませんが、それだけではありません。内向的な人は、興味の対象が内側を向いています。すなわち、自分が最も大事であり、最大の関心事が自分自身なのです。「人からどう思われているか気になる」というのが内向的な人の性格ですが、それは意識が自分にしか向いていない証拠です。

潜在能力を高めるためには、意識を外に向けなければなりません。「自分がどう思われているか」ではなく、周りの人に興味を持ち「あの人はどんなことを考えているのだろう」と、人主体で物事を考える必要があります。

2. 受け身

ポテンシャルが低い人は、あらゆる面で受け身です。仕事でも、友達関係でも、恋愛でも、自分から積極的に動くことはありません。人から促されたり誘われたりして、それに応えるのが、ポテンシャルが低い人の性格的特徴です。

受け身でいる限り、主体は自分ではなく他人にあります。人に行動を合わせ、決断を委ねるのは、運命を預けているのと変わりありません。しかし、ポテンシャルが低い人は、それに気付くことはありません。受け身でいた方が楽だから、待ちの態勢を貫きます。

3. 言い訳が多い

内向的且つ受け身、人に決断を任せておきながら、上手くいかないと言い訳や文句を言うのが、ポテンシャルが低い人の特徴です。人に決断を委ねた時点で、文句を言える立場ではなくなるという自覚がないのでしょう。それどころか、ポテンシャルが低い人に限って、自分の甘えた言動を「人に合わせている気遣いだ」と主張します。

自分から動かないくせに、文句だけは一人前。受け身でいるのは、責任を背負いたくないからであり、失敗した時に「自分が決めたわけではない」と逃げるための保険です。このような姑息な思考なのですから、ポテンシャルが低くなるのは必然と言えるでしょう。

4. 諦めが早い

ポテンシャルが低い人も、時には努力します。しかし、即結果が出ないと、すぐに諦めてしまいます。「自分には才能がない」「自分には合わない」と、言い訳して努力を止めてしまうのです。

ポテンシャルが低い人は、根気がなく、コツコツと努力するのが大の苦手。少しの努力で獲得できるものなど、たかが知れています。本当は、もっと努力すれば伸びる可能性を秘めているのに、ポテンシャルが低い人は、「頑張ったのにダメだった」と、早々に諦め、自分のポテンシャルを自ら下げているのです。

5. 創意工夫がない

ポテンシャルが低い人は、決して不真面目ではないので、やるべき最低限のことはやりますが、それだけで精一杯。目の前の課題をこなすのに必死で、どうすれば効率化が測れるのか、より良い結果が出せるのかなどは、一切考えません。また、受け身の性格が災いし、人から言われた内容に疑問を感じたとしても、訴えることなく応じてしまいます。

そのため、ポテンシャルが低い人は、高い結果を出せません。平均点を出すのがせいぜいです。自ら状況を良くする創意工夫をせず、所存は人に任せっきり。幸運に恵まれて、人に引っ張り上げてもらわない限り、いつまでも普通以下の領域に留まり続けます。

6. 悲観的で保守的

ポテンシャルが低い人は、ネガティブで悲観的です。常に最悪の事態を想定し、そうならないように安全な道を探そうとしています。そのため、必然的に無難な行動になり、無茶をすることはありません。ポテンシャルが低い人が受け身なのも、自ら危ない橋を渡らないように、常日頃から気を付けているからです。ポテンシャルが低い人は保守的なのです。

これは、ポテンシャルが低い人の短所であると同時に、長所でもあります。悲観的故に新しい道を開発する能力は弱いものの、注意深く慎重。ミスが少なく、リスクの少ない方法を見極める能力があります。

7. 腰が重い

ポテンシャルが低い人は、慎重な性格故に、何事に対しても腰が重いです。特に予測不能で答えがない恋愛は、守りに入りやすい特徴があります。新しい事柄には警戒し、本人が「大丈夫」と納得するまで行動を起こしません。そして、大抵は考えている内に気持ちが下がり、行動を諦めてしまいます。

仕事に関しても、新しい方法を思いついたとしても、前例がなければ行動を起こさず、今までのやり方で通そうとします。自分が新境地に行くことに、強い警戒心があるため、どうしても腰が重くなってしまうのです。

8. 自尊心が低い

ポテンシャルが低い人は、全般的に自分に自信がありません。その理由は、自尊心が低いからです。持ち前の性格や成育歴により、成功体験が少なく「自分ならできる」「自分の選ぶ道は正しい」と思えないのです。自尊心が低いと、自分が信じられず、能動的になれません。結局、今まで積み重ねた経験の中からしか正解を探せず、人生を守りに入ってしまいます。ポテンシャルが低い状態を脱する為には、何よりも、自分が自分自身を信じることが先決なのです。

ポテンシャルを高める方法5個

1. いろいろな分野にチャレンジする

ポテンシャルを高める方法には、チャレンジ精神を旺盛にすることが挙げられます。いろいろなことに挑戦してみると、自分に秘められた潜在能力を発見したり、引き出すことができます。これによってポテンシャルが高められます。

今までと同じことばかりをしていると頭が硬くなり、新たな視点に立ったり新しい能力を獲得することができなくなります。様々なものに興味を持つ視野も必要です。

2. 人と接することを苦にしない

ポテンシャルを高める方法には、人を好きになり、人と接することを苦にしないというものがあります。人には自分が持っていない能力や視点などを持っています。価値観などが違うと物の捉え方も変わります。

自分のポテンシャルは人によって引き出される面もあります。今まで気が付かなかった自分の姿が浮き彫りになり、ポテンシャルが高まるわけです。人を好きになれば、人から引き立てられることも多くなります。

3. 何事も楽観視できるようにする

ポテンシャルを高める方法に、何事も楽観視できるようにするというのがあります。焦っていたり、感情的になっていると冷静な判断が鈍ることになります。

楽観的に物事を捉えることができると、ネガティブな発想は見当たらなくなるはずです。過度な緊張などの切羽詰まった状況から遠ざかれます。そうすることで、ポテンシャルが高められ、潜在的な力が大いに発揮できるわけです。

4. 上昇志向にする

ポテンシャルを高めるには、何事にも向上心を持ち上昇志向となるのが良いとされます。目標としていた段階を達成したとしても現状に満足することなく、さらに上の段階を目指すとより前向きになれます。

先行きを見越して、今何をどう行動したら良いかを知れば、行動の筋道がハッキリとします。向上心は、物事を成長させる速度を速めるとされます。これらのことがポテンシャルを高めるはずです。

5. 常に考えることをやめない

ポテンシャルを高めるには、どのような状況にあっても考えることを止めてはいけないとされます。気が付いたことや疑問を抱いたことを忘れずに、その要因などを考えていると新たな視点にたどり着くことができます。

何が原因で失敗したかを考えて、失敗から学び取ることも大切です。既成観念に捉われて思考を停止させると進むものも進まなくなります。これらのことを念頭において考え抜いていれば、自ずとポテンシャルは高まるはずです。

まとめ

ポテンシャルが高い人と低い人の特徴や高める方法を解説してきました。誰だってポテンシャルを秘めているものです。ただ、自分のポテンシャルを引き出せる行動をしているかどうかが、表面に表れるポテンシャルを左右します。ポテンシャルが高い人は、例外なく自分の可能性を引き出す行動をとっているのです。

だから、仮に「あなたはポテンシャルが低い」と言われても、諦めないことが肝心です。ポテンシャルの高い低いは、常に変化するものだと認識してください。あなたが自分のポテンシャルを上手に高められたら、今よりもずっと明るい道が開けることでしょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


自己啓発

関連する投稿


自分磨きの方法45選!内面・外見・仕事・恋愛・趣味の努力

自分磨きの方法45選!内面・外見・仕事・恋愛・趣味の努力

自分磨きをして恋愛や仕事に潤いを与えたい!と思うことがあっても、どうやって内面や外見を磨けばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。この記事では男磨きの方法についてご紹介します。努力次第で誰でも磨けますよ。


引き寄せの法則のすごすぎる効果とやり方!恋愛・結婚・お金

引き寄せの法則のすごすぎる効果とやり方!恋愛・結婚・お金

「引き寄せ」とはその名の通り、運や出会いを引き寄せること。お金を引き寄せたり好きな人を引き寄せたり…そんな凄い力には法則というものが存在します。引き寄せのスピリチュアル効果や方法、コツについて解説していきます。


マイナス思考の人の原因・特徴15個と改善方法!恋愛傾向は?

マイナス思考の人の原因・特徴15個と改善方法!恋愛傾向は?

マイナス思考になってしまう人の原因や特徴、恋愛傾向についてまとめています。また、マイナス思考の人のための改善・克服方法も紹介しています。マイナス思考かどうか確認したい人は診断チェックリストも紹介しているので試してみてください。


頑張らない生き方とは?仕事で疲れている人が考えたいこと13個

頑張らない生き方とは?仕事で疲れている人が考えたいこと13個

人生に疲れている人のためにリラックスできる「頑張らない生き方」について説明します。頑張ることが求められる世の中で疲れている人は自分を見つめ直すきっかけになれば幸いです。仕事で疲れた人も参考にしてください。


お金持ちになる人の特徴・共通点44個!習慣・行動・見た目は?

お金持ちになる人の特徴・共通点44個!習慣・行動・見た目は?

お金持ちになるには習慣や行動に意識を向けることが大切です。この記事ではお金持ちになる人の特徴や共通点についてまとめています。彼らの見た目や言動を学び真似ることから始めることで少しずつお金持ちに近づけるかもしれませんよ!