回避依存症の女性の原因と特徴・克服方法!美人でモテる?

回避依存症の女性の原因と特徴・克服方法!美人でモテる?

回避依存症の女性の原因と特徴・克服方法について解説します。回避依存症の女性は美人でモテる人が多い?恋愛傾向は浮気しやすい?音信不通になることがある?接し方・付き合い方など気になることも説明します。


人とのコミュニケーションが苦手なわけではないけど、一定の距離より近くなると、なぜか離れたくなってしまうなら、あなたは回避依存症かもしれません。

回避依存症の女性は、特に恋愛が上手くいかない傾向が強いので、思い当たる節があるなら注意が必要です。

今回は、回避依存症の女性の原因と特徴を徹底解説し、克服方法についてもお話します。

回避依存症とは?

回避依存症とは、人との深いつながりを回避することを意味します。なお、「依存症」とありますが、アルコール依存症やギャンブル依存症など、診断が必要なものとは違い、心理状態を表す言葉になります。表面的な人間関係は円滑にこなせますが、一歩踏み込まれると急に拒否感が出るのが特徴です。

人との深いつながりを回避する心理が働くのは、人から傷つけられることに対する極度な恐怖感が原因です。回避依存症の人は信頼した相手から心無い扱いを受けた時のショックが大きく、深いつながりを避けることで自分を守っています。

しかし、回避依存症を自覚する人は少ないです。そのため、人と親しくなると急に不安になり、結局疎遠にしてしまう自分の心理が理解できず、「またやってしまった…」と自己嫌悪に陥りやすくなります。しかも、回避依存症なので人に相談するのも難しく、1人で悩みを抱え続けてしまいます。

回避依存症の女性の原因4個

回避依存症と向き合うには、原因を知る必要があります。回避依存症になる原因について、詳しく解説していきましょう。

1. 愛情が満たされた経験がない

人と深くつながるメリットよりデメリットを強く感じていると、回避依存症に陥りやすくなります。回避依存症の女性は、愛情が満たされた経験がないまま大人になってしまった人が多いです。特に家庭環境は重要で、以下のような家族のもとで育つと愛情が満たされず、人と深くつながることを恐れるようになります。

・両親の仲が悪く、日常的に夫婦喧嘩をしていたり家庭内別居状態だったりした
・兄弟姉妹間で比較して育てられ、自分へ向けられる愛情が少ないと感じていた
・両親がとても忙しく、寂しいのをずっと我慢していた

最も近しいはずの家庭で愛の枯渇を感じていると、外の世界で愛情の形成が難しくなります。なぜならば、家庭で愛情の育て方を教えてもらえなかったからです。そのため、愛情を向けられてもどうしたら良いのかわからず、逃げ出してしまいます。

2. 親からの過干渉

無関心や愛情不足と同じくらい悪影響を受けるのが、親からの過干渉です。幼少期から親に管理され、自分の意志を尊重されずに押さえつけられたまま大人になると、「近しい関係になると、支配されて自由がなくなる」という危機感が生まれてしまいます。

親は「あなたを思って」と愛情を理由に過干渉を行うため、別の人から愛情を向けられると反射的に過干渉された辛さが思い出され、逃げ出したくなってしまうのです。

また、過干渉が酷い支配的な毒親の元で育つと、「自分の言うことを何でも聞くのが愛情」と誤学習してしまいます。回避依存症の女性は度々無茶振りをして相手を困らせますが、そうすることで愛情を試そうとしているのでしょう。

3. いじめられていた

家庭内に特に問題がなくても、学生時代にいじめられていると、心に大きな傷を負ってしまいます。学生時代のいじめは特に理由がないことも多く、自分に非がないのにいじめられた経験をすると、相手の何を信用すれば良いのかわからなくなってしまうのです。

特に、仲良くしていた友達からイジメや無視をされた場合、回避依存症が強く表出します。一度心を許した相手だからこそ、裏切られたという思いが強く刻まれ、「二度とこんな辛いもいはしたくない」とトラウマになります。

そして、再び誰かと距離が縮まった時に「また裏切られるのでは」と猜疑心と恐怖心が膨らみ、傷つく前に自ら離れていこうとするのです。

4. 大きなコンプレックスがある

自分の外見や不得意分野にある大きなコンプレックスも、回避依存症の原因になります。根底に「こんな劣った部分がある自分が、誰かから愛されるはずがない」という思いがあり、愛情を向けられても「どうせ一時的」「いずれ本当の自分を知れば去っていく」と、ネガティブにしか考えられません。

回避依存症の女性に外見が綺麗で優秀な人が多いのは、劣等感を隠すためのテクニックと言えるでしょう。一定の距離感を保っていれば、コンプレックスを隠し続けられる自信があるのです。

しかし、あまりにも距離が縮まると、「本当の自分」がバレるのを恐れるようになります。そして、せっかく親しくなった相手から離れていきます。

回避依存症の女性は美人でモテる?

回避依存症の女性は美人が多いという説がありますが、顔の骨格と心理の因果関係は解明されていません。回避依存症の女性は他者からの評価を気にして、美容やファッションに気を使うタイプが非常に多いので、生まれ持った造形ではなく、演出によって「美人」と認識されやすい傾向はあります。

また、回避依存症の女性は追う恋愛よりも追われる恋愛が多く、しかもミステリアスで魔性の魅力があるため、「モテる」と思われるケースは少なくありません。一定の距離をとり、相手が近づくと一歩下がる特徴は、本人の意思に反して「駆け引き上手」に映るでしょう。

もちろん、回避依存症の女性の中には、モテない人もいます。このタイプは人との接触そのものを避けて存在感を消しています。「如何にもモテない」ではなく、印象に残らないだけです。

回避依存症の女性の特徴10個

回避依存症の女性に良くある特徴を解説します。当てはまる部分はあるか、考えながら読んでくださいね。

1. 秘密主義で自分の情報を外に出さない

回避依存症の女性は秘密主義。女性ならではのおしゃべりな感じはなく、自分の情報を外に出さないのが特徴です。会話は聞き役に回ります。大して興味もないのですが、聞いているふりをして適度にスルーするのはお手の物です。

噂好きやおしゃべりなタイプにいろいろと質問されても、「私の話なんてつまらないから」と受け流し、別の話題へサラッと誘導します。それでも相手がしつこいと、トイレなどを理由にその場を立ち去ってしまうことも…。回避依存症の女性はしつこく追ってくる人が苦手です。

2. 常に冷静で感情に動きがない

自分の感情を知られないように、ポーカーフェイスを貫くのが回避依存症の女性の特徴です。常に冷静で感情に動きがあまりありません。そもそも、人といて心底楽しいと思う瞬間が非常に少なく、皆がワイワイ盛り上がっていても、一歩離れた場所で静かに眺めているようなタイプになります。

怒りや悲しみも同じです。いきなりキレたり泣き出したりしません。感情を訴えても意味がないと思っているため、怒ったり悲しんだりするくらいなら、そっとフェイドアウトします。

3. 人への興味が希薄

人と深いつながりを求めないのは、人への興味が希薄だからです。回避依存症の女性は「どうせ皆自分が一番かわいい」「いざという時は裏切る」と、人に対する期待がありません。最初から一定の距離を保つ前提なので、相手を知る必要性を感じていないのです。

興味の希薄さは、顔や名前の覚えの悪さにも表れます。仕事など必要に迫られれば覚えますが、そうではない場合大半が自分にとってどうでも良い存在なので、端から覚える気がありません。

その場をやり過ごすのは上手なので、相手が「親しくなった」と誤解して話しかけると「誰だっけ?」とつれない反応なのは、回避依存症の女性に良くあることです。

4. 1人が好き

回避依存症の女性は1人が大好き。心からホッとできるのは、誰もいない1人だけの空間です。「人なんてどうでも良い」と思いながらも、傷つけられないように一生懸命神経を張り詰めさせているため、同じ空間に自分以外の人がいるだけで疲れてしまいます。

しかし、1人行動は苦手なタイプが多いです。家から一歩外に出ると、関りを持って幸せそうに過ごしている家族やカップルなどが目に入ります。

すると、1人でいる自分は寂しい人と思われているのではないかと、不安になってしまうのです。そのため、回避依存症の女性は自宅で1人ゆっくり過ごすのを好みます。

5. 警戒心が強く慎重

傷つけられた経験が多いため、回避依存症の女性はとても警戒心が強く、特に人間関係には慎重です。時間をかけて相手を吟味します。プライベートの誘いには、なかなか応じてくれません。簡単に応じて、「やっぱりつまらない人」と相手が自分を切り捨てるのが恐いのです。

また、社交的でグイグイと距離を詰めてくる人が苦手です。持ち前の警戒心を大いに発揮しますが、社交的なグイグイタイプ程、「心の扉を開けてやるぜ!」と張り切るので、勘弁してほしいと思っています。

6. 何に対しても愛着が薄い

人に対してだけではなく、何に対しても愛情が薄いのも特徴です。身なりには気を使いますが、「このブランドじゃないとダメ」という拘りはありません。なぜならば、一度こだわってしまうと、万が一ブランドが倒産してなくなったときに、自分が傷つくのがわかっていて怖いからです。

可能な限り愛着を捨てることで、回避依存症の女性は精神バランスを保っています。なくなっても良いものに囲まれていた方が安心できるのでしょう。

7. 承認欲求が強い

人とのつながりに恐怖心があるのに、「自分を高く評価してほしい」という気持ちが強いのも、回避依存症の女性の特徴です。承認欲求が非常に強く、人に認めてもらってこそ自分の価値が実感できるのです。

そのため、回避依存症の女性は仕事や勉強に打ち込む優等生タイプが多くなります。距離が縮まると背を向けますが、当たらず触らずの人間関係はそつなくこなします。周囲から「デキる女性」と思われることで、「私はここにいて良いのだ」と思えるのです。

8. 仕事や趣味に熱中しやすい

人との深いつながりを持たない分、回避依存症の女性は他の事、例えば仕事や趣味に熱中しやすい傾向があります。人とのつながりを二の次にするために、別の何かに没頭するという捉え方もできます。承認欲求を満たすためにも、仕事や趣味で結果を残すのは有効です。

また、仕事や趣味などに比重を置いていると、誘いを断りやすいメリットもあります。回避依存症の女性にとって、仕事や趣味は自分を生きやすくするツールなのでしょう。

9. 世間体や人からの評価を気にする

「人からどう見られても構わない」と吹っ切れないのが、回避依存症の女性の辛いところです。1人が好きなのに1人活動が苦手なのも、人と関わりたくないのに承認欲求が強いのも、世間体や人からの評価が気になってたまらないからです。

孤高になり切れず、ある程度社会で認められた立場は死守したい思いが、回避依存症の女性を複雑にしています。

世間体や評価を気にするのは、本当は人とつながっていたい気持ちの表れです。しかし、「人と一緒にいたい→でも恐い→だから逃げる」のループから抜け出せません。本当に1人が大好きで、誰にどう思われても関係なく、自分の好きなように生きられるなら、回避依存症にはなりません。

10. 外見を磨いている

周囲の評価を大いに気にするため、回避依存症の女性は自分磨きに余念がありません。特に、成果がすぐに表れる外見磨きに力を入れています。スキンケア、ヘアケアを丁寧に行い、流行を意識しながらファッションも勉強しているため、姿が綺麗な女性が多いです。

また、高級志向の傾向が強くなります。身に付けているものだけで「安い女」と判断されるのを恐れているのです。誰もが一目でわかるブランドは避けますが、上質なものを選び、丁寧に手入れをして使います。

回避依存症の女性の恋愛傾向は?浮気する?

回避依存症の女性の恋愛傾向には、以下のような特徴があります。

・好きになっても気持ちを外に出さない
・連絡は必要最小限
・突然音信不通で行方不明になることもある
・恋人の関係になりたがらない
・好きな人を蔑ろにする
・束縛が大嫌い

好きな人ができても、思いが叶わないのが恐くて気持ちを綺麗に隠す好き避けタイプです。きっかけがあって距離が縮まっても、自分から積極的なアプローチはしません。そのため、多くは男性から追われる形で恋愛が始まります。

いざ交際が始まっても、自由奔放にふるまいます。約束をドタキャンしたり、突然連絡がとれなくなったりなど、恋人を困らせる行動が多いのは、相手の気持ちが冷めたときの保険です。「自分がこんな行動をとれば、そりゃ嫌われるでしょ」と、納得する理由をあえて作っているのです。

また、恋人に強く惹かれると、彼1人に依存しそうな自分を止めるために、あえて浮気するケースもあります。

回避依存症の女性が音信不通になる理由

友人関係でも恋人関係でも、順調に距離が縮まっていると思っていたのに、突然音信不通になるのが回避依存症の女性あるあるです。原因が思い当たらず、音信不通にされた方は困惑するしかありませんが、これこそが回避依存症の厄介なところで、本人も苦しんでいます。

可否依存症の女性は、人との距離が縮まると、突然「親しくなった後に、失望させられたり利用されたりしたらどうしよう」という不安に襲われます。それを払拭するために、音信不通という手段を取るのです。そこには以下の心理があります。

・これ以上親しくなって本当の自分を知られたら、失望されるかもしれない
・全てを相手に委ねてしまいそうで恐い
・連絡を待つ側ではなく待たせる側になりたい(自分が主導権を持った関係を維持したい)

相手を好きだからこそ、あえて遮断してしまいます。嫌いで音信不通になるのは、強い束縛をされて、嫌気がさしたときくらいでしょう。

回避依存症の女性への接し方・付き合い方

回避依存症の女性が恐れているのは、信じた相手からの裏切り行為。基本的に疑うことから始まるので、一気に距離を詰めるのはご法度です。ゆっくりと距離を縮め、時間をかけて信頼関係を育む必要があります。ですので、相手のペースに合わせたコミュニケーションを取りましょう。

また、回避依存症の女性は自分の思い描いていたものとは違う対応をとられただけでも、「なんで?」と思ってしまいます。突然のサプライズや駆け引きは不安にさせる原因です。いつでも穏やかで安定感バッチリの情緒をあなたが保ち、優しく大らかに接しましょう。問題が起こった時も、声を荒げず、理性的に話し合ってください。

また、興味があるからといって根掘り葉掘り聞くのもNG。相手から話をしてくれるまで、のんびり待ちましょう。グルメや観光スポットなど、当たり障りのない楽しい話題を入口にして、少しずつ話題の幅を広げるのがポイントです。

回避依存症の女性の克服方法

人と深く愛情で結ばれるためには、回避依存症を克服する必要があります。まずは、「私は回避依存症なのだ」と意識することから始めましょう。距離が縮まると反射的に発生する「逃げ出したい」という思いが、どこからきているのか自覚するのです

その上で、小さな成功体験を積み上げて、自己肯定感を高めていきましょう。自己肯定感とは、「自分は素晴らしい存在だ」という気持ちです。成功を重ねる際は、評価の基準を他者ではなく自分にするのが重要になります。

毎日自分のための幸せになる目標を掲げ、着実にクリアしていきましょう。例えば「1日頑張った自分にご褒美をあげる」などです。自分自身を「えらかったね」と褒め、自分に褒美をあげて労うのです。そこに他者は必要ありません。

自己肯定感を少しずつ高めれば、幸せの選択肢はいつでも自分が握っているのだと少しずつ実感でき、徐々に他者から傷つけられることへの恐怖心が和らぐでしょう。

まとめ

回避依存症の女性は、相手を信用したい気持ちと裏切られる恐怖心の狭間で苦しんでいます。自分勝手に見える行動も、辛い過去にもがき苦しんでいる姿なのです。

回避依存症の女性と距離を縮めるには、あなたが大きな愛情で包み込むことが重要です。相手に何も求めず、無償の愛情を注げば、少しずつ心を許してくれるでしょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連する投稿


詐欺師の特徴10個と対処法!男性・女性・恋愛や投資詐欺

詐欺師の特徴10個と対処法!男性・女性・恋愛や投資詐欺

詐欺師の特徴と対処法は?男性詐欺師や女性詐欺師の特徴、恋愛や婚活詐欺、投資詐欺の特徴などについても説明します。詐欺にだまされないように注意してください。


ずる賢い人の特徴・対処法・末路!ずる賢い人に勝つには?

ずる賢い人の特徴・対処法・末路!ずる賢い人に勝つには?

ずる賢いの意味とは?語源や類語は?ずる賢い人の特徴・対処法・末路とは?職場にいるずる賢い人は出世する?ずる賢い人に勝つにはどうしたら良い?などずる賢い人との人間関係について解説します。


ずるい男の特徴診断!対応・別れ方は?優しい?復讐

ずるい男の特徴診断!対応・別れ方は?優しい?復讐

ずるい男の特徴を診断チェックできるように紹介します。ずるい男への対応や別れ方は?ずるい男は女性に優しい?復讐するためには?などずるい男との恋愛について詳しく説明します。


尻軽女とは?意味・特徴10個と尻軽女性と思われない方法

尻軽女とは?意味・特徴10個と尻軽女性と思われない方法

尻軽女とはどんな意味の言葉でしょうか。尻軽女と言われる女性の特徴を説明します。尻の軽い女だと思われた女性に対する男性の対応や尻軽女性と思われない方法も説明します。


警戒心が強い人の原因と特徴!恋愛できない?仕事・接し方

警戒心が強い人の原因と特徴!恋愛できない?仕事・接し方

警戒心が強い人の原因と特徴は?警戒心が強いと恋愛できない?向いていない?警戒心が強い人の仕事や接し方も説明します。警戒心が強い人の心理や克服方法も解説します。