性格が悪い人の性格や顔の特徴と見分け方!人気者?末路は?

性格が悪い人の性格や顔の特徴と見分け方!人気者?末路は?

性格が悪い人の性格や顔の特徴と見分け方を説明します。意外と人気者でモテる?会社では出世する?対処法・付き合い方、末路は?など気になることを解説します。


性格が悪い人って本当に嫌ですよね。でも、意外と巧妙で、周囲が性格の悪さに気付かないケースもあるので厄介です。実害がなければまだしも、ターゲットにされたら大変。

そこで今回は、性格が悪い人の性格や顔、職場での特徴を徹底解説!見分け方も伝授します。

性格が悪い人が嫌い…なぜ?

性格が悪い人が身近にいると、本当に嫌ですよね。楽しい雰囲気をぶち壊しにしたり、個人攻撃をしてきたり、厄介なことだらけです。自分に直接害がなかったとしても、性格が悪い人の言動や態度が目に入るだけで、モヤモヤとした気分になるでしょう。

性格が悪い人が要領よく動いて得をすると、真面目にやっている自分が馬鹿らしくなるかもしれません。

「普通なら罪悪感が辛くてできない」と思うようなことでも、平然とやってのけるのが性格の悪い人です。思考も心理も理解できず、「なぜ?」という疑問が解決できないのも、ストレスの原因ですよね。性格が悪い人は、一体何を考えて行動しているのでしょうか。

性格が悪い人の特徴7個[性格]

「性格が悪い」とは、具体的にはどのような性格なのでしょうか。性格が悪い人の思考や気質の特徴を解説します。

1. 自己中心的で相手の都合を考えない

性格が悪い人を一言で表現するなら「自己中心的」。とにかく、自分を基本に考えます。自分のためなら相手の都合は一切関係ありません。自分が幸せになれるなら、周囲が不幸になっても全く気にならないのです。

「なんでそんなことできるの!?」とビックリするような言動も、全ては「自分のため」というシンプルな理由からきています。性格が悪い人に「思いやりを持って」「皆一緒に協力をして」と訴えても、全く心に響きません。

2. マウンティング大好き

一番病でマウンティングが大好きなのも、性格が悪い人の特徴です。何かにつけて順位をつけたがります。しかも、自分に有利な場面にこだわりが強く、他の人から見ればどうでも良いことを取り出しては、マウンティングに必死。勝手に順位をつけては相手を見下し、上の立場になろうとします。

一方、自分に分が悪い分野ではとっても静か。別の人がマウンティングすると拗ねてしまいます。「あなたも普段マウンティングしてるじゃない」と指摘しても、「そんなことない」と否定して被害者の立場を訴えます。自分は棚に上げる性格なのです。

3. 噂が大好きで口が軽い

性格が悪い人は人のうわさが大好き。どんなことでも聞きたがるのは、マウンティングするためだけではなく、「こんな話を知ってるよ」と噂を披露して注目されたいからです。

相手の都合や気持ちを考えないので、普通の人なら聞き辛くてしないような質問も、平気でズケズケと聞いてきます。次のような質問を普通にしてくる相手は要注意。

・家族構成と勤め先
・家賃や家の値段
・学歴と出身校

平然と上記の質問ができる人は、普段から聞き慣れています。また、聞いてもいないのに周囲の人の個人情報や噂話を話してくるのも特徴です。「いつでも相談に乗るよ」と良い人を演じますが、口が軽いので相談してはいけません。

4. 嘘つきで人をはめるのが上手い

平然と嘘をつき、人をはめるのが上手です。自分のためなら嘘をつくなど朝飯前。心にもない言葉で相手を褒めちぎり、愛想を振りまいて相手を油断させます。また、自分の味方につけるために、されてもいないイジメなどを捏造することも…。相手を蹴落とすためなら、あることないこと言いふらします。

そして、簡単に人を裏切るのも性格が悪い人の特徴です。約束を破るのは良くあること。自分に都合が悪くなれば、いつでも約束を破ります。そのことを責められても、言い逃れする自信があるのでしょう。

5. 嫉妬深く不平不満が多い

性格が悪い人は嫉妬深く、自分より良い思いをしている人がいると不機嫌になります。不平不満が多く、「ズルイ」「酷い」は、性格が悪い人の口癖です。また、恋人や仲間にもすぐに嫉妬します。自分を一番大切にしてくれないと、拗ねたり怒ったりするので面倒です。逆に、他人の不幸話は大好きです。

不平不満を垂れ流すだけではないのが、性格が悪い人の特徴です。自分が得をするように、不平不満の先には相手への要求があります。ただ愚痴を聞いているだけでは収まらないのが、性格が悪い人の厄介なところ。愚痴相手に掴まると、解決や発散に無理矢理付き合わされるので大変です。

6. 残酷でサイコパス

簡単に嘘をつき人を裏切り、「自分さえよければ他はどうでも良い」という残酷さがあります。大切なのは自分だけで、他はどうでも良いのです。性格が悪い人はサイコパス要素が強いのが特徴。人の気持ちがわからないから、性格の悪さを貫けるのでしょう。

そのため、性格が悪い人に善意を期待しても意味がありません。頭の中は「どうすれば自分が得をするのか」でいっぱい。

しかも、精神的な利益よりも即物的な利益に目がないので、精神論を訴えても通じません。「善行は自分に返ってくるよ」ではなく、「良いことをしたらお金をあげよう」の方が、ずっと心に響きます。

7. 慎重で思慮深い策略家

もっとも気を付けなければならないのは、性格が悪い人の慎重さと思慮深さ。周囲を観察し、持ち前の洞察力で「手足として使って利用する人」「信用させて立場を利用する人」など、使い方を吟味します。自分の性格の悪さは巧妙に隠し、慎重に行動して相手に近づき、利用する策略家です。

第一印象から「この人性格悪い」と思うなら、むしろ安心しても良いでしょう。相手は所詮自分のマイナス部分を隠せない未熟者なので、どんなに性格が悪くても対策はいくらでもとれます。

しかし、性格が悪い策略家は最後まで自分の本性を見せずに、周囲を操るサイコパス。心から信頼していたのに、いきなり裏切られる…なんて恐ろしいことになり兼ねません。

性格が悪い人の特徴4個[顔つき]

内面は外見にも表れるものです。特に性格の悪さは、顔つきに表れます。性格が悪い人の顔つきの特徴について解説していきましょう。

1. 目つきが悪い

性格が悪い人は相手を信用せず、心の中は猜疑心だらけで、目つきの悪さに表れます。人を値踏みするような、疑うような視線を送ってくるのです。嫉妬深く不平不満だらけなので、瞳に敵意が現れるケースもあります。

「目は口程に物を言う」ということわざがありますが、性格が悪い人にはバッチリ当てはまります。「なんだか視線が嫌な感じ」と思うなら、警戒した方が良いでしょう。

2. 笑顔なのに目が冷たい

自分の利益のためなら、相手に合わせて自分を演じるのが、性格の悪い人の特徴です。楽しくもない話題でも、ニコニコと笑顔で聞くのは良くあること。しかし、心からの笑顔ではないので、肝心の目が冷え切っているのは良くあるケースです。

「いつも笑顔なのに目に温かみがない」「誰に対しても同じような笑顔を向ける」という場合は、内心は全く別のことを考えている可能性大。笑顔で相手を陥れようとしているのでしょう。

3. 顔が左右非対称

性格が悪い人は冷徹で、本来は笑顔が少なく表情が動きません。そのため、顔の筋肉が未発達で表情が乏しく、左右非対称なのが特徴です。本音を隠している場合、特に口が歪んで左側の表情が上手く作れない傾向があります。また、嫌悪などの負の感情を持った時は、片方の眉が動きやすいです。

負の感情が多く普段から嘘をつく性格が悪い人は、どうしても顔の片方の筋肉を酷使することになります。そのため、顔が左右非対称で歪みやすいのです。

4. 眉間にしわが寄っている

眉間にしわがある人は、人相学的に見ると非常に気難しい性格です。頭の回転が早いため、周囲とのスピードが合わず、イライラして眉間にしわを寄せやすくなります。また、神経質で小さなことでも不満を感じやすく、性格が悪い人に当てはまることばかりです。

実際、性格の悪い人は1人のときに難しい表情をしている時間が長いため、眉間にしわが寄っている人が多くなります。「眉間にしわ=性格が悪い」とは限りませんが、相手を見極める要素の1つになるでしょう。

性格が悪い人の特徴5個[職場]

性格が悪い人が職場にいると、実害を被りやすいので細心の注意を払わなければいけません。職場にいる性格が悪い人の特徴について解説します。

1. 相手によって態度も発言も変わる

友達関係とは違い、仕事には上下関係がつきものです。上司、先輩、後輩、得意先、下請けなど、立場は人それぞれ違います。性格が悪い人は職場で自分に都合良く渡り歩くために、相手によって態度も発言も変えるのが特徴です。

上司の指示には柔順に従うのに、後輩には傲慢だったり、得意先にはへりくだるのに、下請けには厳しく罵詈雑言を浴びせたりなど、「本当に同一人物?」と思うほど豹変します。慎重で狡猾なタイプ程、自分の悪い部分を見せる人を限定するため、人によって印象が大きく変わります。

2. 人の手柄を横取りする

性格が悪い人は利己的でずる賢いので、人の手柄をあっさりと横取りします。と言っても、相手はきちんと選びます。人が良く親切、だけど気が弱く主張できないタイプに目標を定め、美味しいところをサクッと持っていきますが、尊敬して立てた方が自分に利益がある人には、良きアシスタントとして従うのです。

また、人の成果に乗っかるのも得意です。横取りまではいきませんが、ほんの少しだけ関わっておいて、成功した際には自分が如何に重要な役割をこなしたかをアピールします。

3. 自分のミスを他人に押し付ける

高い評価を得るために、仕事でミスしたときは正直に伝えず、他人に責任を押し付けようとします。責任転嫁する相手もじっくり吟味。やはり、気弱な人がターゲットにされやすいです。

恐ろしいのは、自分のミスなのに全く罪悪感を持たずに他人のせいにすること。ミスから待逃れるためなら、平気で嘘をつきますし、自分のミスのせいで他人が怒られても、「ああ、誤魔化せて良かった」と全く気にしません。

4. 自分の評価のために他人を妨害する

更に厄介なのは、自分が高い評価を得るために、他人の仕事を妨害するタイプです。会社の利益を落としてでも、自分だけの評価は高めたいと考えます。性格が悪い人が職場で行う妨害行為をいくつか挙げましょう。

・有益な情報をあえて報告しない
・ミスに気付いても指摘しない
・手伝いを申し出ておきながらギリギリで「無理だった」と白紙で突っ返す
・ミスを捏造する
・面倒な仕事を押し付けて負荷をかける

周囲にはバレないように、巧妙に行うのが特徴です。

5. 無責任で言い訳ばかり

性格の悪い人は、万が一自分の悪行が職場にバレても、言い訳で言い逃れしようとします。自分だけが可愛い無責任な人なので、責められても心は痛みません。「早くこの場を逃れたい」としか考えないのです。

職場にいる性格が悪い人は、「自分の利益を追求し仕事が評価されるタイプ」と「無責任で自分勝手で周囲から放置されるタイプ」の二極化が激しいのが特徴です。

性格が悪い人ほど人気者でモテる?

性格の悪い人が異性からチヤホヤされていたり、ボス的存在だったりというのは、意外と良くあるケースです。

性格が悪い人は嘘をつくのに抵抗がないので、実は相手の機嫌をとるテクニックに長けています。「付き合うと得する」という人を選び、上手に喜ばせるので、人気が高くモテる場合も少なくありません。性格が悪い人は、人たらしでもあるのです。

また、性格が悪い人にはギャップがあり、それを魅力と感じる人が一定数います。依存的で自己主張が弱いと、自分の負の部分を代わりに表現してくれ、しかも利用する形でも自分を底上げしてくれるので、一緒にいるメリットを感じるのです。

しかし、一見人気者のようで、実は「この人性格が悪いから、適当に合わせておいた方が無難」と、周囲が合わせているだけ…というのも良くあること。周囲が大人だと、裏で悪口も言いませんから、「性格が悪いから」という理由であからさまに排除されません。

性格が悪い人の心理

性格が悪い人の心理は、「自分が得をしたい」というのが大きな一本軸。そこに以下のような複雑な心理が絡み合います。

・どんな形でも一番になりたい
・自分の理のためなら他人がどうなっても構わない
・利用できるものは何でも利用する
・高い評価を得たい
・なるべく楽をしたい

自分が自己中心的な心理なので、相手も当然そうであろうと考えるもの特徴的です。そのため、基本的に人は信頼しません。慕っているように見せるのは利用したいからで、価値がなくなればポイ捨てします。罪悪感がないのは、自分の行動が当然だと思っているから。「あなただって、自分が得をするためなら人を犠牲にするでしょう?」と、本気で思っているのです。

そこまで徹底できるのは、「自分が得をしたい」という心理が全くブレないから。奉仕や博愛の精神はなく、何より自分が大事です。人を大事にするのは、そうすることで結果的に自分に大きな得があるからに過ぎません。

性格が悪い人の原因・理由

性格が悪くなる原因の多くは、満たされない思いです。結局、性格が悪い人は「自分は幸せ」と心から感じていません。満たされず常に貪欲に得を求め続けるため、他人を思いやる余裕がないのです。

心が満たされない原因はいくつかあります。

・強いコンプレックスがある
・承認欲求が強すぎる
・物欲や独占欲が強く底がない

極端な心理に陥るのは、成育歴からきているケースが多いです。例えば、幼少期に親や養育者の愛情を感じずに育つと、社会への信頼感が持てないまま大人になり、利己的で性格が悪くなってしまいます。反対に過剰に甘やかされ、何でも思い通りになる環境で育つと、社会の厳しさが理解できず、子供のときのように我を通そうとしてしまいます。

また、トラウマになるような裏切りの経験も、性格が悪くなる原因です。「信頼してもろくなことはない」と自己防衛意識が高まり、人を利用してでも自分を守ろうとするようになります。

性格が悪い人の見分け方

性格が悪い人は巧妙に善人を演じていますが、表情に注目すると見分けやすくなります。特に目は大切です。笑っているのに目だけ冷たく感じたり、柔らかな人当たりのようでなぜか目に怖さがあったりするなら、性格の悪さが隠し切れず目に表れているのでしょう。

また、周囲にどのような接し方をしているのか、観察するのも有効です。性格が悪い人は相手に合わせて自分の表現を変えています。いくつか例を挙げましょう。

・仲の良い人にはフレンドリーだけど、そうではない人にはそっけない
・上の立場の人には柔順で気を使うけど、下の立場の人には高圧的で自分勝手
・異性の前では良い人アピール、同性の前では性格の悪さを隠さない

相手によってコロコロと態度を変えるなら要注意です。また、普段は人当たりが良いのに、人を選んでボソッと悪態を呟くのも、性格が悪い人の特徴です。同調すると仲間認定されるので気を付けましょう。

性格が悪い人ほど会社で出世する?

性格が悪い人は自分の利益を追求しますが、「会社を儲からせることが自分の利益につながる」と考えるタイプは出世します。当然ですが、会社の利益のためにあらゆる手を尽くすので、好成績を収め評価が高まるからです。

また、相手によってコロコロと態度を変える特徴も、仕事では有利に働きます。効率的かつ合理的に自分の評価を高める方法を追求するので、与えられた時間が同じでも、大きな成果を出しやすいのです。コネなどもためらいなく利用します。自分の利益のための行動に罪悪感がないので、清々しい程なんでも利用します。

一方、性格が良いだけの人は、会社では利用される側に立ちやすいです。自分より相手を優先する親切な人は、性格が悪い人の格好のターゲット。とことん利用され、手柄を横取りされ、散々な目に遭うリスクが高いです。性格が悪い人にとっては、人の言いなりに動いているだけの自業自得な存在です。

性格が悪い人の対処法・対策

「この人性格が悪いかも」と思ったら、自然にフェイドアウトするのが最も賢明な対処法です。露骨に関係を切ると恨みを買うので、近からず遠からずの立ち位置を取り、時間をかけて姿を消していきましょう。関わらないのが一番です。

同じコミュニティ内に性格が悪い人がいるなら、あなたが周囲と密にコミュニケーションを取り、関係性を築くのがポイントです。性格が悪い人は自分より上の立場だと判断した相手には攻撃をしないので、仲間を増やしてあなたがコミュニティ内のアドバンテージを取るのが効果的になります。

しかし、あなたの人気を利用しようと、性格が悪い人が近づく可能性は否定できません。この場合は、はねつけず、かと言って受け入れず、一線をきちんと引いて表面的な付き合いだけに留めましょう。挨拶はきちんとして礼儀正しく接し、隙を見せてはいけません。

性格が悪い人との付き合い方

同じ職場のチームやサークル内など、性格が悪い人と切っても切れない関係の場合は、自己防衛しながら付き合うしかありません。性格が悪い人との付き合い方のポイントを、いくつか紹介します。

・可能な限り雑談を避ける
・2人きりを避けて、できるだけグループで行動する
・雑談が避けられず悪口や陰口を聞かされたら、同調せず「そうなんだ」と聞き流し、同意を求められても「わからない」と答える

・性格が悪い人の話を否定したりアドバイスしたりしない
・自分の情報は可能な限り与えない
・性格が悪い人があなたを利用しようとしてきたときは毅然と断る

・同じコミュニティの立場の強い人と強いパイプを作っておく
・職場では自分の仕事の履歴をきちんと残し、横取りや妨害をされないよう対策をとる

あなたが性格が悪い人に注目しないのも大切です。「また、性格が悪いことをしている」とイライラするだけなので、なるべく別のことに集中しましょう。

性格が悪い人の末路

「性格が悪い人の末路は、本性がバレて孤独な老後に違いない」と思いたいですよね。しかし、性格が悪い人は純粋に自分の利益を求めるため、意外にも成功を収めるケースが少なくありません。利用価値が高い人を周囲に配置し、それなりの地位を築きます。もちろん性格の悪さが露呈し、孤独になる人もいますが、傍から見れば幸せなコースを歩む人が多いでしょう。

ただし、性格が悪い人の満たされない心理を忘れてはいけません。「絵に描いたような幸せ」を手に入れていても、本人が幸福に満ちているとは限らないのです。むしろ、平均より高い生活水準を送っていても、上を見ては羨ましがり嫉妬し、下を見下して満たされない思いを埋めています。幸せのハードルが高過ぎるのです。

性格が悪い人が幸せに満たされるには、自分を変えてくれるくらい丸ごと愛し、それを享受し、自分を顧みて「幸せになるために変わろう」という大きなきっかけが必要です。

まとめ

性格が悪い人とあなたでは、思考が全く違います。理解しようと歩み寄っても、虚しい結果になる可能性が高いです。性格が悪い人には近づかず、利用されないように警戒しましょう。優しい言葉をかけられて騙されないように、注意してくださいね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


人間心理

関連する投稿


詐欺師の特徴10個と対処法!男性・女性・恋愛や投資詐欺

詐欺師の特徴10個と対処法!男性・女性・恋愛や投資詐欺

詐欺師の特徴と対処法は?男性詐欺師や女性詐欺師の特徴、恋愛や婚活詐欺、投資詐欺の特徴などについても説明します。詐欺にだまされないように注意してください。


ずる賢い人の特徴・対処法・末路!ずる賢い人に勝つには?

ずる賢い人の特徴・対処法・末路!ずる賢い人に勝つには?

ずる賢いの意味とは?語源や類語は?ずる賢い人の特徴・対処法・末路とは?職場にいるずる賢い人は出世する?ずる賢い人に勝つにはどうしたら良い?などずる賢い人との人間関係について解説します。


ずるい男の特徴診断!対応・別れ方は?優しい?復讐

ずるい男の特徴診断!対応・別れ方は?優しい?復讐

ずるい男の特徴を診断チェックできるように紹介します。ずるい男への対応や別れ方は?ずるい男は女性に優しい?復讐するためには?などずるい男との恋愛について詳しく説明します。


尻軽女とは?意味・特徴10個と尻軽女性と思われない方法

尻軽女とは?意味・特徴10個と尻軽女性と思われない方法

尻軽女とはどんな意味の言葉でしょうか。尻軽女と言われる女性の特徴を説明します。尻の軽い女だと思われた女性に対する男性の対応や尻軽女性と思われない方法も説明します。


警戒心が強い人の原因と特徴!恋愛できない?仕事・接し方

警戒心が強い人の原因と特徴!恋愛できない?仕事・接し方

警戒心が強い人の原因と特徴は?警戒心が強いと恋愛できない?向いていない?警戒心が強い人の仕事や接し方も説明します。警戒心が強い人の心理や克服方法も解説します。