新年の開運に!関東の初詣神社おすすめ人気ランキング20

新年の開運に!関東の初詣神社おすすめ人気ランキング20

新しい年の開運を祈るために、やはり人気のある神社を参拝したいですよね。そこで、関東圏内で行ける神社仏閣の人気ランキング20を発表します。新年の始まりだからこそ、自分にあった神社仏閣を選択しましょう。


新しいスタートです

一年の始まり、今年こそは良い年になるように、この幸せが続くように、人はそれぞれの思いを胸に初詣へと出かけます。その神社仏閣選びも、間違えてしまったら、なんとなく一年が失敗することになってしまうような気分になってしまうかもしれません。

そこで、関東圏の初詣で人気のある神社仏閣をランキング形式で紹介します。大勢の人に揉まれるように、初詣へと出かけるのも、また楽しみの一つになるんでしょうね。

1位 明治神宮(めいじじんぐう)

全国で一番の参拝者数をほこる神社といえば、明治神宮です。その数は、300万人以上といわれています。御祭神として、明治天皇と昭憲皇太后を祀っています。明治天皇に対する人々の思いが国民の熱意となり、明治神宮に御霊をお祀りすることになったのです。明治天皇は常に国民のことを第一に考えるお方でした。だからこそ、人々はいつまでもその恩義を忘れないようにと、明治神宮が建立されました。

明治神宮のおみくじは「大御心(おおみごころ)」と呼ばれ吉凶がない。明治天皇の御製と昭憲皇太后の御歌に解説文を付したものになっている。

明治神宮は、強力なパワースポットでもあります。日本の未来を案じる人に、ぜひ参拝していただきたい神社です。新しい運命の流れを作り出し、人生をより良い方向へと変革するご利益が期待できるといわれています。

基本情報

【住所】
東京都渋谷区代々木神園町1-1

【ご利益】
新しい人生をより良くする

【HP】
http://www.meijijingu.or.jp/

2位 成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)

初詣の参拝者数が、全国で2位となる寺院が成田山新勝寺です。300万人近い人々が訪れるといわれています。不動明王が御本尊様です。年が明ける少し前に門が閉ざされ、新年を迎えると同時に門が開かれます。その時を門の前で待っていた人々が一斉に境内へと流れこみ、新しい年への祈願をします。

成田山新勝寺の参道へと続く道には、うなぎ屋が多いことでも有名です。もちろん、大晦日から元旦になる時間帯でも、店は開いています。

平将門が反乱を起こした際、京の朝廷は将門を呪い殺すために広沢僧正寛朝(かんちょう)を東国に派遣。寛朝は不動明王を成田山に祀り護摩祈祷を行った。そのかいあってか将門の乱は鎮圧され、ここのお不動様は霊験あらたかだということになり人々の信仰を集めるようになった。

「護摩焚き」の儀式が有名です。人間なら誰しもがもっている煩悩を不動明王の化身となっている炎で焼きつくす、真言密教の秘教になります。薪で燃やしてもらうことにより、願い事がより叶えやすくなるとされています。

基本情報

【住所】
千葉県成田市成田1

【ご利益】
開運厄除け・縁結び

【HP】
http://www.naritasan.or.jp/

3位 川崎大師(かわさきたいし)

880年の歴史がある川崎大師は、全国で3番めに初詣客が多いことで知られています。昔から、「厄除けのお大師さま」として、人々の信仰を集めてきました。成田山新勝寺と同じ真言宗の寺院になります。弘法大師空海上人の御尊像が御本尊様です。

真言宗の寺院なので、川崎大師でも「護摩焚き」がおこなわれます。

880余年前、平間兼乗(ひらまかねのり)という武士が、夢のお告げにより海から弘法大師の木像を引き上げた。その後、尊賢上人(そんけんしょうにん)とともに寺を建立した。これが川崎大師の起こり。

弘法大師空海上人は、今から1240年ほど前にご誕生されました。日本に真言密教を広めた、偉大なる聖人といわれています。真言密教は、現世で人々が悩みから解き放たれ、「心の目」を持つことにより、現実世界で仏になる、つまり「即身成仏」になるという教えです。

お大師さまは、目覚めた人間になる教えを広め続けました。その教えは、今でも脈々と続いているのです。

基本情報

【住所】
神奈川県川崎市大師町4-48

【ご利益】
厄除け

【HP】
http://www.kawasakidaishi.com/

4位 浅草寺(せんそうじ)

浅草寺は、初詣の参拝者数が多いことでも知られていますが、海外からの旅行客が多いことでも有名です。都会にありながら、日本らしい風情を感じられることが人気の理由となっているそうです。年間を通した参拝者数は、3000万人ともいわれています。

聖観世音菩薩が御本尊様です。日本で一番古い寺院だとの説もあるほど、歴史があります。

浅草寺は風水的に「右關中(うかんちゅう)」という構造をしており、このような場所では人が多く集まり富貴に恵まれ栄えるとされる。

お正月には、「亡者送り」の儀式があります。これは、冬から春へと季節を転換するための、呪術です。鬼の姿になった2名の僧侶が、松明を地面に叩きつけながら境内を巡ります。鬼が登場する前には、前もって掘っておいた穴を神様へのお供え物で埋めます。この穴には、冬を封じ込めるという意味が込められています。

基本情報

【住所】
東京都台東区浅草2-3-1

【ご利益】
人気運が上がる

【HP】
http://www.senso-ji.jp/

5位 鶴岡八幡宮(つるおかはちまんぐう)

鶴岡町満宮は、新年の祈願にピッタリな神社です。御祭神として、応神天皇(おうじんてんのう)、比売神(ひめがみ)、神功皇后(じんぐうこうごう)を祀っています。

源氏にゆかりのある神社といわれているため、源氏に興味のある歴女なら見逃せないスポットです。

旗上弁財天社(はたあげべんざいてんしゃ)の裏に「政子石(姫石)」というのがある。夫婦円満のご利益がある。

出世運、行動運、健康運、勝負事、家内安全など、初詣でお願いをしたいことではないでしょうか。
そんなご利益があるとされています。また、自分の人生に変化を与えるパワースポットでもありますが、例え望まないことが起きてしまっても、最終的には最良の方向に変わるといわれています。

基本情報

【住所】
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

【ご利益】
縁結び・家内安全

【HP】
http://www.hachimangu.or.jp/

6位 大宮氷川神社(おおみやひかわじんじゃ)

大宮氷川神社は、全国に存在する氷川神社の総本社です。主祭神として、須佐之男命(すさのおのみこと)、稲田姫命(いなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)を祀っています。須佐之男命は、ヤマタノオロチの伝説で有名です。毎年、ヤマタノオロチに娘を差し出さなければなりませんでしたが、最後に残った娘が稲田姫命といわれています。後に、須佐之男命と稲田姫命は結婚をして、生まれた子どもが大己貴命とされているのです。

心身ともにエネルギーに欠ける人は参拝するとよい。活力を得られ道を切り開く力を授かる。

首都圏で大きな仕事をしていて、どうしても失敗できないとき、新年のご挨拶に訪れるとミスが減るといわれています。愛と勇気と縁結びのご利益がいただけるそうです。地元を愛し、地元で頑張っていこうとする人を応援してくれる神社でもあります。

基本情報

【住所】
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407

【ご利益】
開運厄除け

【HP】
http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/

7位 千葉神社(ちばじんじゃ)

千葉神社は、妙見様とも呼ばれ、市民に親しまれている神社です。御祭神として、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)を祀っています。天之御中主神は日本神話に登場する神様で、千葉神社では北辰妙見尊星王(ほくしんみょうけんそんしょうおう)と同等のものとしてみなされています。つまり妙見菩薩のことです。

初詣は3が日で県下有数の60万人以上が参拝、祈祷を受ける人で賑わい、その後の1月3連休におこなわれる「通りぬけ神事」には合格を祈願する多くの受験生が訪れる。

千葉駅からオフィス街を抜け、公園にたどり着くまで歩きます。そこから、脇道に入った場所に千葉神社は鎮座しています。色鮮やかな社殿は、とても美しくみえます。土地に根付いた妙見信仰が、これからの時代も続くように、神社はそっと見守り続けているかのようです。

基本情報

【住所】
千葉県千葉市中央区院内1-16-1

【ご利益】
開運厄除け

【HP】
http://park.tachikawaonline.jp/shrines_temples/52_chibajinja.htm

8位 西新井大師(にしあらいたいし)

西新井大師は、真言宗豊山派の寺院です。弘法大師が関東を訪れたさい、悪い病気にかかってしまい困っている村人たちを救うために、十一面観音像と自分自身の像をお彫りになりました。枯れてしまった井戸に2つの像を置き、護摩焚きをおこなったところ奇跡がおきました。井戸に水が湧き、その水を飲んだ人々の病が治ってしまったというのです。

そのため、十一面観世音菩薩、弘法大師が御本尊様です。

また、厄災消除の祈願寺として創建されました当山は、江戸時代には女性の厄除け祈願所として名を馳せました。

現代になると、女性だけではなく老若男女問わず厄除けに訪れる寺院として、信仰を集めています。お正月は、日毎によって参拝時間、祈願の受付が異なります。初詣に出かける前に、サイトでチェックをしましょうね。

基本情報

【住所】
東京都足立区西新井1丁目15-1

【ご利益】
開運厄除け



【HP】
http://www.nishiaraidaishi.or.jp/

9位 増上寺(ぞうじょうじ)

都会の喧騒を忘れさせるように、オフィス街から東京タワーを望む場所にある、増上寺。東京で働く人々にとって、一服のオアシス的な存在になっています。増上寺へつ続く芝大門の通りには、大きな鳥居があります。それこそ、増上寺の入り口を示す、大鳥居です。

阿弥陀如来が御本尊様です。法然上人の浄土宗を伝える寺院となっています。ですから、お参りするさいには、「南無阿弥陀仏」と唱えます。

浄土宗は、"救いは念仏を称えることで得られる"という「専修念仏(せんじゅねんぶつ)」の教えを中心としていました。

これからの時代を切り開いていくためにも、念仏を唱え続け、浄土往生を願う、それこそが法然上人が望んでいた人々のあるべき姿、なのかもしれません。

基本情報

【住所】
東京都港区芝公園4-7-35

【ご利益】
勝運・厄除け


【HP】
http://www.zojoji.or.jp/

10位 寒川神社(さむかわじんじゃ)

全国で唯一、この寒川神社でしか、八方除けはおこなえないといわれています。八方除けは、地相、家相、方位、交通、日柄、厄年などありとあらゆる災難を取り除きます。御祭神として、御祭神は寒川比古命(さむかわひこのみこと)、寒川比女命(さむかわひめのみこと)を祀られているとされていますが、八幡神(はちまんじん)、菊理媛(くくりひめ)、素盞嗚命(すさのお)、稲田姫尊(いなだひめ)などが祀られているのではないかとの説もあります。

悪方位から来るマイナスの気に集まる邪気邪霊を払ってくれ、方災を最小限度に止めてくれる。

その他、視聴率祈願の神社として有名で、新番組を始める前に訪れる芸能関係者もたくさんいます。

寒川神社でしかおこなえない八方除けは、生活に潤いを与え、限りない恩恵をもたらすとされています。福徳開運を願い、遠方から訪れる人が後を絶ちません。

基本情報

【住所】
神奈川県高座郡寒川町宮山3916

【ご利益】
八方除け

【HP】
http://samukawajinjya.jp/index.html

11位 大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)

大國魂神社は、東京5社のひとつにあたる神社です。東京5社とは、大國魂神社、東京大神宮 、日枝神社、明治神宮、靖國神社です。その中でも、大國魂神社は、御祭神として大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を祀っています。

この大神は、出雲の大国主神と御同神で、大昔、武蔵の国を開かれて、人々に衣食住の道を教えられ、又、医療法やまじないの術も授けられた神様で、俗に福神、又は縁結び、厄除け・厄払いの神として著名な神様です。

年が明けた1月1日 午前0時には、初太鼓打初式があります。これは、お寺でおこなう除夜の鐘の代わりになる儀式です。羽織袴姿の約60人の崇敬者が、1人あたり3打ずつ太鼓を叩いていきます。境内に響き渡る太鼓の音が、悪い疫病神を追い払うといわれています。

基本情報

【住所】
東京都府中市宮町3-1

【ご利益】
厄払い

【HP】
http://www.ookunitamajinja.or.jp/

【出典】
IMG_2011.JPG by Takuya Oikawa
https://www.flickr.com/photos/takuyaoikawa/4238902450/

12位 神田明神(かんだみょうじん)

以前、神田明神は平将門の首塚の横にありました。徳川家康が江戸の鬼門を守る目的で、大手町から移動したとされています。御祭神として、御祭神として一之宮に大己貴命(おおなむちのみこと)であるだいこく様、二之宮に少彦名命(すくなひこのみこと)であるえびす様、三ノ宮に平将門命(たいらのまさかど)を祀っています。明治天皇が神田明神を参拝することになり、朝廷と敵対していた平将門が御祭神ではまずいだろうという話が持ち上がりました。そのため、平将門命は主祭神から外され、末社に移されてしまいました。その祟りなのかは不明ですが、関東大震災と東京大空襲がおこっています。

昭和59年(1984)、平将門が主祭神として祀られるようになった際、平田神社に秘蔵されていた将門の神像が神田神社に遷された。年に1度、像の拝観日が設けられている。

神田明神では、午前0時の年明けとともに門が開かれます。境内では酒がふるまわれ、年明けに始める儀式である歳旦祭がとりおこなわれます。

基本情報

【住所】
東京都千代田区外神田2-16-2

【ご利益】
除災厄よけ

【HP】
http://www.kandamyoujin.or.jp/

13位 東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)

東京大神宮は、明治天皇が東京でもお伊勢参りができるようにとの配慮から建立されました。江戸時代より、日本には伊勢神宮の参拝をするしきたりがあり、誰しもがお伊勢参りに出かけることが夢でもありました。

御祭神として、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、豊受大神(とようけのおおかみ)、他にも造化の三神(ぞうかのさんしん)でもある、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かみむすびのかみ)、そして倭比賣命(やまとひめのみこと)を祀っています。

基本的に神社でお願いするなら神主さんに任せた方がよい。下手に自分でお願いするとネガティブな思いが心に焼きついたりする。もし願い事をして願いが叶ったら御礼参りをすること。御礼参りをすることで心に焼きついた願望を消すことができる。

1月1日午前6時30分には、歳旦祭(さいたんさい)があります。これは、年の始めの朝に神様をお迎えするための大切な儀式です。東京大神宮では、まず神様に新年のご挨拶をしてから、国家の繁栄と国民の祝福を祈るしきたりとなっています。

基本情報

【住所】
東京都千代田区富士見2-4-1

【ご利益】
子孫繁栄

【HP】
http://www.tokyodaijingu.or.jp/

14位 三峯神社(みつみねじんじゃ)

三峯神社は、秩父神社、宝登山神社とあわせて秩父三社と呼ばれています。御祭神として、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀っています。この土地を通りかかった日本武尊(やまとたける)がその風景の素晴らしさに感動をしたことから、現在の御祭神をお祀りし、日本の永久平和を祈願したというのがルーツとされています。

境内の向かって左手奥に「えんむすびの木」がある。備え付けの紙に好きな人の名前を書いて納めるとよい。

元旦には、まだ夜が明けきらないうちから新春の歳旦祭が始まります。祭りの終了後、元旦祈願祭が始まるのです。開運、商売繁盛、疫病消失などの願いを込めたありがたいご祈願です。

基本情報

【住所】
埼玉県秩父市三峰298-1

【ご利益】
家内安全

【HP】
http://www.mitsuminejinja.or.jp/

15位 日枝神社(ひえじんじゃ)

日枝神社は、江戸三大祭りのひとつでもある山王祭で有名な神社です。江戸三大祭りは他にも、神田祭(神田神社)、深川八幡祭り(富岡八幡宮)があります。御祭神として、主祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)を祀っています。大山咋神は、日本神話に登場する日本を産んだといわれている、伊弉諾神宮と伊弉諾尊の息子とされています。

夫婦猿の像が安置されている。猿は「魔が去る」ということで神の使いと信じられた。猿は母性が強いことでも知られ安産や子育てのご利益があるとされる。

午前0時になると同時に若水祭りがとりおこなわれます。汲んだ若水を本殿の大神様に献上する儀式です。また、新年を祝うために「ひとり翁」の舞が奉納されます。これは、儀式的要素が強く、国の安泰への願いが込められています。当日は、由緒ある山階家の現当主、十二世山階彌右衛門師が舞をまいます。

基本情報

【住所】
東京都千代田区永田町2-10-5

【ご利益】
家庭円満

【HP】
http://www.hiejinja.net/

16位 富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)

富岡八幡宮は、深川の八幡様と呼ばれ親しまれてきました。1627年、長盛法印(ちょうせいほういん)という名前の僧侶が、八幡を祀るようにという霊夢を見たのだそうです。富岡八幡宮を建立したことが始まりという説があります。御祭神として、応神天皇(おうじんてんのう)、他に8つの神様をお祀りしています。

応神天皇は、確実に実在すると確認されている最初の天皇です。現代では各地の八幡様にお祀りされています。

度々社殿が破壊される災難に見舞われた神社だが、今でもちゃんと神様がいらっしゃる。境内末社14社の祭神が力を合わせて都会に住む人々を守っている。

毎月、1日、15日、28日には縁日が開催されます。繁栄を祈る「月次祭り」が厳かにとり行われます。月次祭りには誰でも参加することができます。祭りの当日には、門前仲町周辺に露天が立ち並びます。深川の風情を感じさせる、参加者の楽しみの一つにもなっているのです。

基本情報

【住所】
東京都江東区富岡1-20-3

【ご利益】
金運アップ

【HP】
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

17位 赤城神社(あかぎじんじゃ)

女性の願いならどんなことでも聞いてくれると評判の赤城神社。御祭神として、赤城大明神(あかぎだいみょうじん)、大国主尊(おおくにぬしのみこと)、磐筒男尊(すさのお)、磐筒女尊(いわつつのめ)、経津主尊(ふつぬしのかみ)、他39柱が祀られています。ずいぶん数が、多いんですね。

赤城山の神が中禅寺湖をかけて、日光二荒山の神と戦ったという伝説が残されています。他にも様々な伝説があります。その伝説の多くは、「神道集」におさめられています。

2人の姫が悲運の生涯を終え、赤城山の神になったという「赤城姫と淵名姫(ふちなひめ)」の伝説がある。

1月1日午前0時には、歳旦祭がとりおこなわれます。一年が良き年となるように、ご祈願がされるのです。1月3日になると元始祭があります。これは、日本が安泰であるようにと、祈りを捧げるお祭りです。

基本情報

【住所】
群馬県前橋市富士見町赤城山4-2

【ご利益】
開運招福

【HP】
http://akagijinja.jp/

18位 佐野厄除大師(さのやくよけだいし)

子供の頃、大晦日に入り新年が近づいてくると、佐野厄除け大師の宣伝を耳にしたり、目にする機会がよくありました。その影響からか、初詣といえば、佐野厄除け大師と即答できるくらいになっています。佐野厄除け大師と呼んでいますが、春日岡(かすがおか)という寺院です。

また当山は、厄よけ元三慈恵大師(御本地・如意輪観音)を安置し、厄よけ、身体安全の祈願を続けており、 年毎に信者が激増し、正月大祭には約百万人以上の参拝客を仰いでいる。

厄除け大師として、慈恵大師という僧侶の像を安置しています。如意輪観世音(にょいりんかんぜおん)のご化身ともいわれています。

【出典】
佐野厄除け大師 by inazakira
https://www.flickr.com/photos/inazakira/26009968425/

基本情報

【住所】
栃木県佐野市金井上町2233

【ご利益】
厄除け

【HP】
http://www.sanoyakuyokedaishi.or.jp/

【出典】
佐野厄除け大師 by inazakira
https://www.flickr.com/photos/inazakira/25889175562/

19位 息栖神社(いきすじんじゃ)

東国三社のひとつとされている、息栖神社。残りの二つは、鹿島神宮と香取神宮です。出雲と伊勢と東国三社を線状で結ぶと、地図上に二等辺三角形が現れるといわれています。そのため、日本で最も大切な神社の一つとされています。御祭神として、天鳥船(あめのとりふね)を祀っています。天鳥船とは、日本神話に登場する神様であると同時に、神様がお乗りになる船でもあります。

参道脇にあるほっかむりしているお稲荷さんは仕事を引き寄せてくれるご利益がある。

ちょっと前に流行った言葉ですが、ありのままの自分になれるパワースポットです。派手な作りの神社ではありませんが、その分親しみやすさを感じます。井戸がご神体です。強い浄化作用があり、ネガティブな思考を洗い流してくれるといわれています。

基本情報

【住所】
茨城県神栖市息栖2882

【ご利益】
仕事運アップ

【HP】
http://www.kamisu-kanko.jp/power/

20位 靖国神社(やすくにじんじゃ)

靖国神社は、明治天皇の思いから建立されました。「靖国」という名前も明治天皇がお考えになられたものです。御祭神として、246万6532柱の戦没者が祀られています。日本という国を考えるとき、絶対に外せない神社です。

明治2年(1869)、靖国神社の前身、東京招魂社が九段の田安台に創建された。田安台が選ばれたのには陰陽道の影響があるとされる。陰陽道では北西、乾(いぬい)の方角は「天門」「神門」」と呼び、福神などを祀ったりする。乾の方角は皇居を守るのにふさわしい場所だった。

1月1日午前0時とともに、大太鼓の音色で新年祭が始まります。太鼓の音色が鳴り響く中、参道には灯りがともされます。時を同じくして、境内はたくさんの初詣客で賑わいをみせます。
「国安かれ」の理念のもと、国を守るために尊い命を捧げた方々が、身分や男女の差を超えて神霊として祀られています。祖国の為に殉死をした、御霊を慰めるためです。

靖国という名前には、「平和な国家を建設する」という願いが込められているのです。

基本情報

【住所】
東京都千代田区九段北3-1-1

【ご利益】
自分にカツを入れられる

【HP】
http://www.yasukuni.or.jp/

新年の願いを込めて

まだ、初詣には早い…などと思っていると、あっという間に年の瀬を迎え、新年がやってきます。「今年こそ、良い年になりますように」、「家族が平穏で暮らせますように」、そんな願いを胸にみな初詣に出かけます。日本には、日本らしい初詣という風習があります。パワースポットが流行っている時代です。それでも、昔からの習わしに従って、新年には神社仏閣を訪れます。

今の平和がいつまでも続くように、そんな祈りを捧げてみるのもいいかもしれませんね。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

関連するキーワード


開運 初詣 パワースポット

関連する投稿


愛知県のパワースポットおすすめ40選!最強?恋愛・金運・自然

愛知県のパワースポットおすすめ40選!最強?恋愛・金運・自然

愛知県には名古屋市を中心に多くのおすすめ人気パワースポットがあります。恋愛&縁結び・金運・自然のあるところなど、神社や寺以外にも魅力的な場所があります。あなたの願いや求めるものに応じて、これから紹介するパワースポットを訪れてみて下さい。


東海地方の縁結び&恋愛成就の神社・パワースポット20選

東海地方の縁結び&恋愛成就の神社・パワースポット20選

東海地方(愛知、静岡、岐阜、三重県)の縁結び・恋愛成就のご利益がある神社やパワースポットを紹介します。恋愛で悩んでいる方はぜひ訪れてみてください。


四国のパワースポットおすすめ人気ランキング33選!神社寺だけじゃない

四国のパワースポットおすすめ人気ランキング33選!神社寺だけじゃない

四国地方(香川・徳島・愛媛・高知県)にはたくさんのパワースポットがあります。そして、恋愛運、金運、健康運、仕事運などそれぞれスポット毎にご利益が異なります。あなたの希望のご利益があるパワースポットへぜひ訪れてみてください。


パワースポット属性の調べ方と属性別スポット50ヶ所〜地水空火風〜

パワースポット属性の調べ方と属性別スポット50ヶ所〜地水空火風〜

パワースポットは各地にたくさんありますが、属性があります。自分と相性の良い属性のパワースポットに行くことによって、身も心もリフレッシュできます。あなたの属性が何なのか確認して、属性別のスポットを確認してみてください。


北海道のおすすめ人気パワースポット31選!神社寺だけじゃない

北海道のおすすめ人気パワースポット31選!神社寺だけじゃない

北海道には、北海道ならではのパワースポットがたくさんあります。その中からおすすめの人気パワースポットを、恋愛運・金運・健康運・仕事運など運勢別に紹介します。北海道に旅行や観光に行ったときにはぜひ訪れてみてください。