解説!四柱推命の基本と命式表の意味・見方

解説!四柱推命の基本と命式表の意味・見方

人生に迷ったときには四柱推命が役に立つかもしれません。この記事では、四柱推命の基本と命式表の意味・見方を説明します。四柱推命の基本を学んで自分の占いに役立ててください。


人生には予期できないトラブルや迷いがつきもの。少しでも不安を減らすために、さまざまな占いが誕生したわけですが、占いの帝王とも呼ばれる四柱推命の的中率は群を抜いています。

他人を鑑定するためには、長年の学習が必要ですが、自分のことを今日から見られます。四柱推命の初歩の初歩と、命式表の見方をご紹介しますのでぜひお読みください。

占いの帝王・四柱推命

四柱推命は、古代中国で生まれた「陰陽思想」(いんようしそう)と「五行説」(ごぎょうせつ)を足した「陰陽五行説」(いんようごぎょうせつ)から生まれました。そのベースには、「世の中のすべてのものやことは陰と陽に分かれる」、「さらに、木(もく)、火(か)、土(ど)、金(こん)、水(すい)の5つの要素によって構成される」という考えがあります。

そのため、人間も陰と陽、五行にまで分解することから四柱推命占いはスタートします。具体的には、生年月日時を四つの柱(四柱)に置きかえ、どのような陰陽、五行の要素になっているのかを見ていきます。これは、「その人間を決定づけるのは誕生日である」という考えによるものです。

その人が生まれる日は、親も本人も選ぶことはできません。何が決定するかといえば、親や祖先などの因縁によるものでしょう。ある日に、その人がこの世に生まれる瞬間、「おぎゃあ」と声を上げ、自分の力で肺呼吸をはじめます。このとき体に取り入れた空気の要素(陰陽、五行)がその人を決定づけると考えられています。生まれた日により、行動パターンや性格のクセなどが決まるのです。

運命の設計図=命式表を作って、簡単に読み解く

四柱推命はよく当たる占いのため「自分でも占いたい」と思う人は少なくありませんが、秘伝と呼ばれる部分が多く、信頼できる師匠について学習することが求められます。また、習得するのには5年、10年以上はかかります。

四柱推命鑑定の第一歩は、その人の「運命」を「式」(方程式のようなもの)にあらわす「命式表」を作ることです。かつては、分厚いこよみと教本を見ながら複雑な計算をしなければなりませんでしたが、いまはネット環境があればコンピューターが一瞬で計算してくれるようになりました。

命式表が一瞬で出せるようになっても、その読み解き方にはコツが必要となってきます。四柱推命の命式計算サイトには、簡単な解説文が添えられていることがありますが、どうしてそのような解説になるのかは勉強した人にしかわかりません。そこで、まったく知識のない人でも、性格や運命を把握する方法があるのでお教えいたします。

【おすすめの四柱推命 命式計算サイト】

マニアック四柱推命 http://www.koufuku.ne.jp/cgi-bin/unseiall.cgi
こちらはプロの占い師も使っているほどで、信頼性は抜群です。
占いたい人の生年月日を選ぶだけで命式表が出てきます。

まず、四柱推命の基本中の基本である、陰陽+五行のセオリーだけを使って、その人の持ち味を読み解く方法を教えましょう。

「マニアック四柱推命」の計算結果で出た、「日柱」の「天干(てんかん)」+「地支(ちし)」の漢字がそうです。

<天干の陰陽・五行> 運勢や性格の傾向などがわかります。
・甲(きのえ) 木の五行 プラス(陽)
・乙(きのと) 木の五行 マイナス(陰)
・丙(ひのえ) 火の五行 プラス(陽)
・丁(ひのと) 火の五行 マイナス(陰)
・戊(つちのえ) 土の五行 プラス(陽)
・己(つちのと) 土の五行 マイナス(陰)
・庚(かのえ) 金の五行 プラス(陽)
・辛(かのと) 金の五行 マイナス(陰)
・壬(みずのえ) 水の五行 プラス(陽)
・癸(みずのと) 水の五行 マイナス(陰)

<地支の陰陽・五行> 肉体の特徴などがわかります。
子(ね) 水の五行 プラス(陽)
丑(うし) 土の五行 マイナス(陰)
寅(とら) 木の五行 プラス(陽)
卯(う) 木の五行 マイナス(陰)
辰(たつ) 土の五行 プラス(陽)
巳(み) 火の五行 マイナス(陰)
午(うま) 火の五行 プラス(陽)
未(ひつじ) 土の五行 マイナス(陰)
申(さる) 金の五行 プラス(陽)
酉(とり) 金の五行 マイナス(陰)
戌(いぬ) 土の五行 プラス(陽)
亥(い) 水の五行 マイナス(陰)

天干と地支は、その人の個性や持ち味を知るための記号のようなもので、よく当たります。ちなみにこの天干+地支を抜き出した占いが「動物占い」です。簡単なのによく当たる動物占いは、れっきとした四柱推命をベースにしているからこその的中率なのです。

<天干+地支の組み合わせで、性格以前の特性を知る>

天干と地支の組み合わせは全部で60通りあります。この組み合わせでその人の行動のクセを読み解くことができます。

1.甲子(きのえね) 記憶力があり数字にも強いですが楽観主義のため、不意打ちや挫折に弱いという欠点があります。素朴でまじめなところが魅力です。

2.乙丑(きのとうし) 温厚で、華美なものを嫌う堅実さ性格の特徴です。控えめな態度から敵をつくることはありませんが、人の好き嫌いは激しいほうです。

3.丙寅(ひのえとら) 表向きは社交的な人ですが、内面は意外とデリケートです。権力志向の一面もありますがリーダーシップにはやや欠けます。

4.丁卯(ひのとう) 飾り気のないあっさりとした性格です。根っこは負けず嫌いで度胸もあります。平凡な人を軽視する傾向があるので人間関係に波乱を起こしやすいです。

5.戊辰(つちのえたつ) 人当たりがソフトですが、言い方によっては八方美人でもあります。天性のカンを持ちますがムラっ気もあり、情に流されやすという弱点があります。

6.己巳(つちのとみ) 人当たりはいいほうですが、適度な批判精神もあります。芸術的なセンスもあり、ビジネスの世界でも器用さを発揮してうまくやります。

7.庚午(かのえうま) どことなくニヒルな印象を与える人です。周囲との調和を欠きやすいため、自分の性格を活かせる職場を選ぶとよいでしょう。

8.辛未(かのとひつじ) 真面目な努力家で、人を見抜く能力もあります。組織の中では縁の下の力持ち的なポジションがよく合います。

9.壬申(みずのえさる) 神経質な印象を与える人で、社交性はそれほど広くありません。義理人情よりも実利を優先する傾向があります。

10.癸酉(みずのととり) 感受性が鋭くデリケートなので、周囲から孤立することもあります。とはいえ、人情家で世話好きの性格を活かせば成功できます。

11.甲戌(きのえいぬ) 地味で控えめな人です。周りの人のことを思ってきめ細やかに気遣いするため、誠実な印象を与えます。その割に権力を嫌うところもあります。

12.乙亥(きのとい) きりっとした風貌の人が多く、知性を感じさせます。正義や理想のために生きていきますが、挫折に弱いところもあります。理屈っぽいところが弱点。

13.丙子(ひのえね) 淡々としていてややぶっきらぼうなところがあります。その代わり、家庭を大事にする誠実さもあります。容姿端麗、頭脳明晰な人が多いです。

14.丁丑(ひのとうし) おっとりとした風貌で品がありますが、好き嫌いが激しく強引な一面もあります。協調性と粘り強さを心がけると、公私ともにうまくいきます。

15.戊寅(つちのえとら) 精悍な見た目の人が多く利発な印象を与えますが、せっかちな面もあり、意外と挫折も多い人生です。野心があるため努力を続けられれば成功します。

16.己卯(つちのとう) 明るくさっぱりとした性格です。どんなことも器用にこなすため、さまざまな分野で活躍できます。

17.庚辰(かのえたつ) 若いころは負けず嫌いですが、年を取るごとに円満な性格になります。行動は着実ですがスピード感がありません。

18.辛巳(かのとみ) 押しの強さと度胸を武器に、さまざまなおとを独断専行する人です。人の感情の機微がわからないところが欠点です。

19.壬午(みずのえうま) とっつきにくい印象がありますが、その実はけっこうな人情家です。発想がユニークで多趣味。知的好奇心が旺盛で大器晩成型です。

20.癸未(みずのとひつじ) 周囲の動きを冷静に観察し、さまざまなアイデアを出したり企画するのが得意です。ただし、保身的なところがありやや覇気に欠けます。

21.甲申(きのえさる) 温厚で素朴な性格です。人間関係をスムーズに調整する能力があります。研究や学問などの世界で活躍できます。

22.乙酉(きのととり) ワイルドさと知性を併せ持つ不思議な人です。合理的な考えするためヒラメキには乏しいですが、信頼感は抜群です。

23.丙戌(ひのえいぬ) 自分の世界や理想を強く持っているため、デリケートな印象を与えます。温厚で人情的なので、敵は少ないでしょう。

24.丁亥(ひのとい) 温厚で人当たりもソフトですが、性格は個性的。合理的にものを考える傾向があるため、直感で勝負する世界では力を発揮できません。

25.戊子(つちのえね) 人情よりも自分の信念を通すところがあり、偏屈な人と思われやすい人です。思ったことをすぐ口にするのが長所であり短所でもある。

26.己丑(つちのとうし) 鋭い観察眼を持っているために、保守的な傾向があります。数字に強く、情報収集能力にも長けています。

27.庚寅(かのえとら) ユニークなアイデアマンですがムラっ気もあります。大組織にいるより、小組織や自営業で才覚を発揮できます。

28.辛卯(かのとう) 意地と気力で人生を渡っていきます。情緒不安定なところもありますが人情家で、人を管理するのが得意です。

29.壬辰(みずのえたつ) 常識的でコンセンサスを大切にする人です。聞き上手で、冷静に相手を観察し、保守的に行動します。

30.癸巳(みずのとみ) 冷たい印象を与えますが、本来は律儀な性格です。仕事には熱心に取り組みますがコミュニケーションをおろそかにしがちです。

31.甲午(きのえうま) がっちりした体型の人が多く、素朴で明るい性格で人気を集めます。人を統率するのはやや苦手なので協調性を持つを出世します。

32.乙未(きのとひつじ) 温厚で楽観的。義理人情にも厚く、律儀な性格で人から信頼されます。組織の中でバリバリやるというよりは、潤滑油的な存在です。

33.丙申(ひのえさる) 純朴で無頓着な印象ですが、内面は意外とデリケートです。また短気な一面もあるので、しっかり支えてくれる人がいると成功します。

34.丁酉(ひのととり) 気さくで温厚な人柄ですが、なぜか周囲から浮きやすく孤立することもあります。専門性、技術を持つとよく、晩年に成功します。

35.戊戌(つちのえいぬ) ものごとを知的に判断する知性を備えています。ワンマン体制の中で能力を発揮するタイプです。

36.己亥(つちのとい) 知的でクールに見られがちですが実は情に厚いところもあります。要領はあまりよくありませんが、組織の参謀役として活躍します。

37.庚子(かのえね) 知性と教養を兼ね備え、努力を惜しまない人です。男性はきりっとした風貌で、女性に優しいジェントルマン。

38.辛丑(かのとうし) 腰が低く愛想はよいほうですが、内心はプライドが高く理想主義です。仕事には忠実に取り組みますが組織より自営業で能力を発揮します。

39.壬寅(みずのえとら) ワガママなところもありますが、ものごとの真相をつかむ能力に長けています。警戒心が強く、短気な面もあります。

40.癸卯(みずのとう) 社交性と精神の繊細さをあわせ持っています。博識で警戒心が強いですが、組織の中でも平和的にやっていけるタイプです。

41.甲辰(きのえたつ) 柔和で控えめな態度から、多くの人に親しまれる性格です。コツコツと努力を続ける大器晩成型なので、どのような組織でも重宝されます。

42.乙巳(きのとみ) 天性のヒラメキと実現力を兼ね備えた実力派。一匹狼的なところがあるので、組織では浮くこともあります。補佐役を得ると実力を存分に発揮できます。

43.丙午(ひのえうま) 正義感があり、どっしりとした風格を備えます。博識で理論家ですが、気分のムラも多めです。

44.丁未(ひのとひつじ) 親しみのある人柄で、直観力にも優れます。周囲の空気を読みながらものごとを進める手腕があります。面倒見もいいほうです。

45.戊申(つちのえさる) ワイルドな風貌の人が多いです。地道にひとつのことを貫く努力家ですが、争いを好まない平和主義者です。

46.己酉(つちのととり) 負けず嫌いで努力を惜しまない人ですが、チームワークを乱すこともあります。仕事の確実さや気配りを活かせる職種を選ぶといいでしょう。

47.庚戌(かのえいぬ) 思いやりにあふれた人格者。芸術的センスを持つこともあります。やさしすぎて決断を先延ばしにする傾向もありますが、円満な人生を送ります。

48.辛亥(かのとい) プライドは人一倍高いですが、目的が決まったら手段を選ばず、人目を気にせず突き進むパワーがあります。

49.壬子(みずのえね) 一見近寄りがたい雰囲気ですが、バランスの取れた好人物。人を才能の有無で判断する傾向があります。

50.癸丑(みずのとうし) おだやかな雰囲気を持つ人です。少年のように純粋な理念を持ち、ヒラメキに沿って行動します。前向きで過去にこだわらない性格です。

51.甲寅(きのえとら) 真面目で飾り気がありませんが、官僚的な組織の中ではよく活躍します。情緒性に乏しいという弱点があります。

52.乙卯(きのとう) 温和な人柄ですが、意外と合理的にものを考えるクセもあります。仕事と家庭、趣味をうまく両立する人が多いです。

53.丙辰(ひのえたつ) 開放的で朗らかですが、どことなく線の細さも感じさせます。シャープな感性を持ちますが、考えたことを実行するパワーに欠けることも。

54.丁巳(ひのとみ) おっとりしていて人を惹きつけます。運動神経がいい人が多く、闘争心も適度にあります。反権力志向があり、積極性に乏しい一面も。

55.戊午(つちのえうま) 竹を割ったような性格で、誠実さが魅力です。若いころはツメの甘さから失敗も多いですが、年を取るにつれて社会での価値が上昇します。

56.己未(つちのとひつじ) あか抜けない印象を与えることもありますが、人間味にあふれる人です。人からよく信頼され、良好な人間関係を築けます。

57.庚申(かのえさる) ガンコで理想主義な人です。目的のために努力は惜しまず、現実的な実行力があるので組織の中ではよく出世します。

58.辛酉(かのととり) おおらかな人ですが、几帳面な一面もあります。慎重で安全・安心な手法を好みます。参謀役として能力を発揮します。

59.壬戌(みずのえいぬ) 謙虚で庶民的な印象ですが、直感的な駆け引きが得意です。人情がありながらリーダーシップもあるので上役からの信頼を集めます。

60.癸亥(みずのとい) 冷たい印象ですがハートはホット。社交性があり平和主義で人間関係は良好です。人の管理は苦手かもしれません。

まとめ:命式は人生の設計図!

最初は暗号にしか見えかなった命式表が次第に読み解けてきたでしょうか? さらに学習を進めると、もっとおもしろく奥深い世界が見えてくるもの。占いを勉強すれば、自分の性格的な弱点と対処方法がわかったりと、人生に役立ちますよ。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。掲載情報は掲載時点の情報ですので、リンク先をよくご確認下さい。

この記事のライター

関連するキーワード


四柱推命

関連する投稿


通変星の意味とは?種類と組み合わせ・相性・出し方[四柱推命]

通変星の意味とは?種類と組み合わせ・相性・出し方[四柱推命]

四柱推命の命式にある通変星。通変星の意味とは何でしょうか。さらに通変星の種類と組み合わせ・相性・出し方を詳しく解説します。あなたの通変星の意味を知ってあなた自身の性格や運勢の理解に役立ててください。


身強・極身強・身弱・極身弱の意味・特徴は?四柱推命

身強・極身強・身弱・極身弱の意味・特徴は?四柱推命

四柱推命で大切な考え方である身強・身弱。さらに極身強・極身弱もあります。それぞれどんな意味があり、どんな特徴があるのか詳しく説明します。さらに調べ方なども解説します。


比肩とは?比肩格(建禄格)の性格・恋愛・適職・相性[四柱推命]

比肩とは?比肩格(建禄格)の性格・恋愛・適職・相性[四柱推命]

四柱推命の通変星のひとつである「比肩」。比肩格の人の性格的特徴・恋愛・適職や、比肩格を持つ芸能人・有名人を紹介します。比肩に当てはまる男性・女性はぜひ参考にしてください。


劫財とは?劫財格(月刃格)の性格・恋愛・適職・相性[四柱推命]

劫財とは?劫財格(月刃格)の性格・恋愛・適職・相性[四柱推命]

四柱推命の通変星のひとつである「劫財」。劫財格の人の性格的特徴・恋愛・適職や、劫財格を持つ芸能人・有名人を紹介します。劫財に当てはまる男性・女性はぜひ参考にしてください。


印綬とは?印綬格の性格的特徴・恋愛・適職・相性[四柱推命]

印綬とは?印綬格の性格的特徴・恋愛・適職・相性[四柱推命]

四柱推命の通変星のひとつである「印綬」。印綬格の人の性格的特徴・恋愛・適職や、印綬格を持つ芸能人・有名人を紹介します。印綬に当てはまる男性・女性はぜひ参考にしてください。


最新の投稿


ほくろ毛の意味とは?縁起は?たくさん・太い・長い・抜くのは?

ほくろ毛の意味とは?縁起は?たくさん・太い・長い・抜くのは?

ほくろから毛が生えていることってありますよね。ほくろ毛の意味とは?縁起が良いものなのでしょうか?また、ほくろの毛がたくさん・太い・長い・濃いなどの状況別の意味と、ほくろ毛を抜く・剃るなどの処理方法についても説明しています。


生きぼくろの意味11選!茶色・顔・頬・首・腕・背中・除去方法

生きぼくろの意味11選!茶色・顔・頬・首・腕・背中・除去方法

生きぼくろとはどんな意味なのでしょうか。生きぼくろが茶色、顔・頬・首・腕・背中などにある、生きぼくろの除去方法など、生きぼくろについて詳しく解説します。


手相でファティマの目の意味とは?手のひらに目のマーク?

手相でファティマの目の意味とは?手のひらに目のマーク?

手相占いでファティマの目と呼ばれる手相はどんな意味なのでしょうか。手のひらの真ん中あたりにある目のマークとは?ファティマの目の意味と状況別の意味について詳しく解説します。


手相の米印アスタリスクの意味12選!左手右手・人差し指・中指

手相の米印アスタリスクの意味12選!左手右手・人差し指・中指

手相占いで米印・アスタリスクが手のひらに現れている場合にはどんな意味があるのでしょうか。さらに米印・アスタリスクが左手・右手・人差し指・中指・薬指・小指、生命線・運命線・結婚線に現れている場合など、状況別の意味も詳しく解説します。


ヤンデレ男子の特徴20個!怖い?性格・恋愛は?対処法・別れ方

ヤンデレ男子の特徴20個!怖い?性格・恋愛は?対処法・別れ方

ヤンデレ男子は性格・見た目・行動・恋愛傾向などにどんな特徴があるのでしょうか。怖い存在なのでしょうか。ヤンデレ男性への付き合い方・対処方法・別れ方などについて詳しく解説します。


ランキング


>>総合人気ランキング